サイト売買(M&A)のサイトの比較ランキングTOP25!オークション形式あり!【メディア/アプリ/EC】

サイト売買(M&A)のサイトの比較ランキングTOP25!オークション形式あり!【メディア/アプリ/EC】

サイト売買する方法は複数あり、オークション形式を採用しているサイトもあります。サイト売買を行う際は、さまざまな方法を比較検討することにより、費用やリスクを抑えることが可能です。

本記事では、サイト売買のオークション形式の解説や、サイト比較ランキングTOP25を紹介します。

サイト売買(M&A)のサイトとは

サイト売買(M&A)のサイトとは

サイト売買(M&A)のサイトとは、アフィリエイトサイトやECサイトなどのウェブサイトをM&Aで売買するサイトです。

ウェブサイトは実態のないものですが、アクセス数が多いサイトはビジネスチャンスが大きく、事業価値も高く評価される傾向にあるため、売買需要がとても高い特徴があります。

サイト売買で特に注目される部分は、アクセス数や検索ランキングなどです。個人運営でも達成しているサイトは沢山あるので、サイト売買(M&A)のサイトを活用して売却することで、思わぬ売却益を獲得することも珍しくありません。

しかし、サイト売買(M&A)は、必ず成功するわけではありません。悪質なサイトやユーザーにあたるとサイトや金銭だけを手放して、結果的に対価を取得できないという状況にもなりえます。

本記事では、サイト売買(M&A)の成功率を上げるポイントとして、サイト売買(M&A)サイトの比較方法やランキングを紹介します。

サイト売買(M&A)サイトの需要

サイト売買(M&A)サイトの需要

IT・デジタル化が推進される世の中において、ウェブサイトの事業利用の価値は年々高まり続けています。

それに比例して、サイト売買(M&A)サイトの需要も高まっており、多くの企業がサイト売買(M&A)の専用サイトを立ち上げています。

サイト売買(M&A)の目的

サイト売買(M&A)の目的は、売却益の獲得です。自分で立ち上げてアクセス数を伸ばしたサイトを売却すると、高額の売却益を獲得できるケースも多いです。

サイト運営による収入には、広告・アフィリエイトなどがあります。アクセス数やクリック数に応じて報酬が高くなる仕組みで、毎月一定の収益を獲得することができます。

通常の運営では毎月の収益をコツコツ積み重ねていくものですが、サイトの売買相場は月々の収益の数ヵ月分なので、売却益を一度に獲得することも不可能ではありません。

アクセス数が伸びた個人運営のまとめサイトを企業が買収するというケースも増加しています。立ち上げ当初から売却目的というサイトも多く、一大事業になりつつあります。

サイト売買(M&A)の対象サイト

サイト売買(M&A)の対象サイトは、企業・個人運営に限らず広範囲に渡ります。売買成立の是非はともかくとして、所有権があるサイトであれば売却案件として登録することができます。

ただし、個人ブログの場合は注意が必要です。無料ブログとしてサービス提供されている場合、運営会社に所有権があるため法的にサイト売買(M&A)が不可能です。

そのほか、アダルトサイトや違法性のあるサイトについても、登録不可のスタンスを取っているサイト売買(M&A)サイトが多いです。

対象サイトはサイト売買(M&A)サイトによって違いがあるので、事前に比較しておくことをおすすめします。

サイト売買(M&A)のメリット

サイト売買(M&A)のメリット

サイト売買(M&A)のサイトの需要が高まる理由の1つに、サイト売買で得られるメリットが大きいことがあります。

この章では、買い手・売り手側のそれぞれの視点からサイト売買(M&A)で得られるメリットを解説します。

買い手側

まずは、サイト売買(M&A)の買い手側のメリットから解説します。主なメリットは以下の3点です。

【サイト売買(M&A)の買い手側のメリット】

  1. 新サイト立ち上げ期間の削減
  2. 事業価値を高める
  3. サイトのベースを手にできる

①新サイト立ち上げ期間の削減

事業用に新たなサイトを作る場合、一定の立ち上げ期間が必要になります。特に新ドメインは検索上位ランクインが難しく、アクセス数を伸ばしにくい問題があります。

サイト売買(M&A)で一定数のアクセス数を獲得しているサイトを買えば、サイト成長にかける期間や人件費を大幅に短縮することができます。

買ったサイトを通じて多くのユーザーに対してアピールすることができるので、即座に事業に取り組むことができ業績向上を期待できます。

②事業価値を高める

新規事業の参入以外に、買ったサイトのオウンドメディア化や、ECサイトとのシナジー効果を活用することで事業価値を高めることができます。

例えば、食品のECサイトを運営する会社がグルメ記事を扱うまとめサイトを買収すると、グルメ記事サイトのユーザーを自社のECサイトに誘導することができます。

ECサイトの認知度を急激に上げることができるので、売上と検索ランキングの向上というシナジー効果を期待することができます。

③サイトのベースを手にできる

サイト売買(M&A)の買い手は企業であることが多いですが、個人がサイト運営するために買収を希望するケースもあります。

個人でサイトを運営する場合、ゼロからサイトを立ち上げるのは大変な労力が必要です。サイトの方向性やコンテンツ作り、SEO対策など、軌道に乗せるまで多大な時間がかかります。

その点、サイト売買(M&A)でサイトを買うと、固定ファンを獲得できるので収益化するまでの作業を大幅に短縮することができます。事業価値の高いサイトであれば、即座に収益を生み出すことも不可能ではありません。

売り手側

続いて、サイト売買(M&A)の売り手側のメリットを解説します。特に大きなメリットは以下の2点です。

【サイト売買(M&A)の売り手側のメリット】

  1. 思わぬ売却益が出る
  2. サイト管理の手間がなくなる

①思わぬ売却益が出る

一つ目のメリットは、思わぬ売却益がでることです。サイト売買(M&A)の売却価格は、基本的に月の利益をベースに算出されます。

1ヵ月分の利益の数ヵ月分となっており、乗する月数はサイトのタイプによって変化します。そこにアクセス数や利益率で金額が上乗せされ、さらに高い評価に繋がることもあります。

本業の合間に片手間で運営していたサイトでも、高い評価を受けて思わぬ売却益を獲得する可能性もゼロではありません。

②サイト管理の手間がなくなる

サイト運営は、コンテンツの追加やSEO対策を継続的に実施する必要があり、少しでも手を抜くと、サイトのクオリティ低下によるユーザー離れにつながってしまうことも少なくありません。

管理の手間も安定した収益があればそこまで苦になりませんが、かけた労力が必ずしも収益に繋がるとは限りません。

サイト運営に疲れた人にとって、サイト管理の手間がなくなることは大きいメリットであるといえるでしょう。

【関連】事業譲渡とは?仕組みや手続きを理解し、効果的に事業を売却しよう!

サイト売買(M&A)サイト選び!比較のポイント

サイト売買(M&A)サイト選び!比較のポイント

サイト売買(M&A)する場合は、サイト売買(M&A)サイトを比較検討することが大切です。この章では、複数あるサイト売買(M&A)サイトを比較するポイントを解説します。

【サイト売買(M&A)サイトの比較ポイント】

  1. 運営歴・取扱実績
  2. サポート体制
  3. 企業情報の記載

運営歴・取扱実績

1つ目の比較ポイントは、運営歴・取扱実績です。ユーザーが安心してサイト売買(M&A)するためには、専用サイトの運営会社による良質なサービスが必要不可欠です。

良質なサービスが提供されているサイトであれば、自然とユーザーも集まります。登録した案件が多くのユーザーの目に触れれば交渉へ進みやすくもなり、結果的にサイト売買(M&A)が成立する可能性も高くなります。

逆に十分なサービスが行われていない場合、サイト売買(M&A)が失敗に終わる可能性が高いです。事前にサイトの運営歴や取扱実績を基準に比較することで、ある程度リスクを抑えることができます。

サポート体制

2つ目の比較ポイントはサポート体制です。サイト売買(M&A)のサイトによってサポート範囲が異なるため、サポート体制について事前に確認しておくことも大切です。

特にサイト売買(M&A)サイトは、マッチングの場を提供するだけでM&A仲介サポートはサポート範囲外であることが多いです。

サポート範囲外の場合、交渉の段階でトラブルが発生しても対応してもらえないので、自分自身で対応しなくてはなりません。M&Aや法務の知識が求められる契約書も、当事者同士で締結する必要があります。

交渉に不安がある場合は、サイト売買(M&A)サイトのサポート体制に注目しながら比較することが大切です。

企業情報の記載

3つ目の比較ポイントは企業情報の記載です。当事者同士でトラブルが発生した場合は、運営会社の仲介が必要になることもあるので、連絡先は控えておかなければなりません。

電話番号が記載されている場合は、一度問い合わせておくことをおすすめします。電話が通じることが確認できれば、いざという時も連絡することができます。

事業に真摯に取り組んでいるサイトであれば、企業情報を記載していることが多いです。逆に企業情報を記載していない場合、トラブルに関して関与しないスタンスか、もしくは高確率で危険なサイトであると考えられます。

サイト売買(M&A)サイトを比較する際は、会社概要や企業情報などのページ・項目を探して記載内容を確認することが大切です。

サイト売買(M&A)サイトの形態

サイト売買(M&A)サイトの形態

サイト売買(M&A)サイトは沢山存在しており、その形態もさまざまです。一般的な形態は以下の3種類です。

【サイト売買(M&A)サイトの形態】

  1. WEBサイト
  2. アプリ
  3. 各種メディア

WEBサイト

サイト売買(M&A)サイトで、最も主流な形態はWEBサイトです。サイト売買(M&A)に必要な手続きをウェブ上で進めることができます。

パソコンとスマートフォンの両方から閲覧可能で、多くのユーザーが集まる傾向にあります。大手のWEBサイトの場合は、登録案件が検索から直接ヒットする可能性があるのも魅力です。

サイト売買(M&A)をするのであれば、売り手・買い手のどちらの立場であってもWEBサイトの利用を検討したいところです。

アプリ

専用アプリを使ってサイト売買(M&A)する方法もあります。スマートフォンから気軽にアプリを起動できるので、利便性が高い特徴があります。

サイト売買(M&A)のアプリを提供している場合、WEBサイトも提供されていることが多いです。ユーザー側も場面に応じ、WEBサイトとアプリを使い分けることが多くなるでしょう。

各種メディア

メディアを使ったサイト売買(M&A)もあります。基本的にメディアは広告を収益源としているので、既に多くのユーザーを獲得していることが多く、登録案件の閲覧数が伸びやすいメリットがあります。

ニュースや記事を公開する1次メディア、企業が自社運営するオウンドメディアなど、形態はさまざまですが、豊富なコンテンツを扱っていることで固定のユーザーが多い特徴があります。

【関連】事業譲渡契約書の書き方や記載内容、注意点!印紙代も紹介

サイト売買(M&A)サイトの取引形式

サイト売買(M&A)サイトの取引形式

サイト売買(M&A)サイトを選ぶ際は、取引形式も確認しておく必要があります。サイト売買(M&A)サイトの取引形式には以下の2つがあります。

【サイト売買(M&A)サイトの取引形式】

  1. オークションにて
  2. 順番にて

オークションにて

オークション形式は、入札最低額・即決額・期限などを設けて最も高い金額を提示した相手とサイト売買(M&A)取引を行うという形式です。

オークション形式は特定の相手と交渉するのではなく、不特定多数から金額を提示してもらうため、ほかの形式と比較すると必要以上に安売りするリスクが低くなるメリットがあります。

オークション形式を採用しているサイトは少ないですが、うまく活用することができれば高額の売却益の獲得に繋がることもあります。

オークションの細かなルールは、サイトによって異なります。認識が誤っているとトラブルに発展しかねないので、事前に複数サイトのルールを比較して確認しておくことが大切です。

順番にて

先着順で交渉権を獲得する形式です。必ずしも入札期限を待つ必要はないので、オークション形式と比較すると早期に成約できる可能性があることが特徴です。

オークション形式は参加者に対して情報を公開する必要があるため、基本的に順番や個別交渉形式を採用するサイト売買(M&A)サイトが多いです。

ただし、事業価値の高いサイトはすぐに応募が殺到して締め切られてしまう可能性が高いです。オークション形式は即決額が提示されない限り締め切られることはありませんが、順番形式は頻繁にチェックしておく必要があります。

サイト売買(M&A)サイトの比較ランキングTOP25

サイト売買(M&A)サイトの比較ランキングTOP25

この章では、サイト売買(M&A)サイトの特徴や取引形式を比較しやすいようにランキング形式で紹介します。オークション形式を採用しているサイトもあるので、比較検討の参考にしてみてください。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、M&A・事業承継の仲介サポートを行っているM&A仲介会社です。M&A仲介事業以外にM&Aプラットフォーム事業も手掛けており、サイト売買(M&A)サイトとしても活用することができます。

サイトの特徴

M&A総合研究所のサイト売買(M&A)サイトは、売り手の利用手数料が完全無料です。買い手との交渉開始までは完全に匿名で進められるので、リスクを抑えながらサイト売買を検討することができます。

サイト売買以外にもさまざまな業種を扱っています。多数のユーザーからのアクセスが集中しているので、良質の案件が集まりやすい傾向にあります。

サポート範囲はマッチングだけではなくM&Aの仲介サポートまで含まれています。契約書の締結を当事者のみで進める必要がないので、安心してサイト売買(M&A)を進められます。

取引形式

M&A総合研究所のサイト売買(M&A)サイトの取引形式は、個別交渉形式です。譲渡・譲受の案件をそれぞれ掲載することができるようになっており、興味のある案件にアプローチすると交渉を開始することができます。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②サイト売買Z

サイト売買Z

https://www.site-z.com/

サイト売買Zは、株式会社サイトM&Aパートナーズが運営しているサイト売買(M&A)サイトです。2018年3月に株式会社スモールラボのサイト売買(M&A)仲介業を引き継ぎ、新体制に移行しています。

サイトの特徴

サイト売買Zの手数料は成約段階で発生する仕組みになっています。売り手は成約額に応じて成約額の3~20%、買い手は成約額の3~10%です。

案件一覧ページでは、希望価格・月間売上・月間コスト・営業利益など、重要な指標が一目でわかるようになっています。

複数の案件を比較検討しやすい作りになっているので、毎日の案件チェックもそれほど時間をかけることなく行えます。

取引形式

サイト売買Zの取引形式は、個別交渉です。複数の相手との交渉を同時進行することができるので、よりよい条件を提示してくれる相手と契約を締結することができます。

③サイトストック

サイトストック

https://sitestock.jp/

サイトストックは、株式会社サイトストックのサイト売買(M&A)サイトです。M&A仲介事業はサイト売買に特化しており、ウェブサイトのアドバイザリー事業やリノベーション事業も手掛けています。

サイトの特徴

サイトストックの手数料は成約段階で発生します。成約額180万円未満の場合は一律55,000円、成約額180万円以上の場合は成約額の3%です。

ウェブサイトに関連するノウハウを活用した無料のサイト査定が特徴的です。プロモーション価値や収益力などを基準として、適正な価値を査定してもらえるので、成約率を高めることができます。

また、成約後のドメイン移管やコンテンツの移行など、引継ぎに関してもサポートを受けることができます。

取引形式

サイトストックの取引形式は、個別交渉です。人気の案件には数十件以上の交渉がつくこともあり、最も好条件の相手と契約する形式になっています。

④サイトトラスト

サイトトラスト

http://sitetrust.jp/

サイトトラストは、株式会社スペースウォークが運営するサイト売買(M&A)サイトです。幅広いジャンルのサイト買取を行っていますが、特に健康・ライフスタイル系の実績が多くなっています。

サイトの特徴

サイトの利用方法は、無料査定を依頼した後に売却の意思を決定する流れです。サイトトラストの価格査定算出方法に基づき、適正な価格を算出しています。

大規模のサイトの場合は、事前の面談にも対応しています。担当者と直接顔を合わせながらサイト売却について打ち合わせすることができます。

取引形式

サイトトラストのサイト買取では、指定銀行(国内限定)への振り込みで支払われます。他の支払い方法を希望する場合は別途相談しておく必要があります。

⑤サイト売買屋さん

サイト売買屋さん

http://xn--eck7a6c879tprd955g.com/

サイト売買屋さんは、サイト売買屋さん運営事務局が運営するサイト売買(M&A)サイトです。運営者は法人名義ではなく、サイトも掲示板のような作りになっています。

サイトの特徴

サイト売買屋さんの手数料は成約時に発生します。買い手・売り手共に成約額の5%(最低料金31,500円)です。

サポートはマッチングの場の提供のみとなっており、サイト売買屋さん運営事務局は、交渉中や成約後のトラブルに関して一切関与しないことが明言されています。

掲載されている案件の安全性が担保できないため、一定のリスクを孕むことを覚悟しておく必要があります。

取引形式

サイト売買屋さんの取引形式は、個別交渉です。サイトのトップページに案件一覧表が掲載されているので、気になる案件に問い合わると交渉を開始することができます。

⑥サイトキャッチャー

サイトキャッチャー

https://sitecatcher.net/

サイトキャッチャーは、M&Aファースト株式会社が運営するサイト売買(M&A)サイトです。サービス提供15年以上、サイト売買(M&A)成約件数1,200件以上を誇る老舗のサイト売買(M&A)サイトです。(2020年11月現在)

サイトの特徴

サイトキャッチャーの手数料は売買成立時の成約手数料のみです。買い手・売り手共に成約額の5%(最低料金50,000円)です。

直接交渉だけでなく仲介交渉プランも用意されており、その場合は別途利用料金が上乗せされて、5~10%の手数料が発生します。

なお、2020年内限定で売り手の手数料無料キャンペーンを開催しており、専任アドバイザーによる契約書の締結まで無料サポートを行っています。

取引形式

サイトキャッチャーの取引形式は個別交渉です。気になる譲渡案件に個別に交渉を申し込む形式になっています。

⑦サイトバリュー

サイトバリュー

http://www.site-value.jp/

サイトバリューは、留学JP株式会社が運営するサイト売買(M&A)サイトです。2001年設立の会社で、ウェブコンサルティング事業を中心に手掛けています。

サイトの特徴

サイトバリューはマッチングサイトではなくサイト買取サイトです。サイトバリューがサイトを買い取り、リノベーション(再構築)した後に転売あるいは運営するとしています。

手数料や利用料金、買取価格に関しては明記されていません。売却を希望する場合は問い合わせフォームから見積もりを依頼する形式になっています。

また、サイトの販売リストも一般公開されていません。サイトの購入を希望する場合も別途問い合わせする必要があります。

取引形式

取引形式はサイトバリューによる直接買取・販売です。サイトの情報が一般公開されることがないので、秘匿性が高く情報流出のリスクは限りなく低い特徴があります。

⑧プレミアM&A

プレミアM&A

https://www.premierma.co.jp/

プレミアM&Aは、株式会社トポロジが運営するサイト売買(M&A)サイトです。サイト売買(M&A)事業以外にマーケティング・通信販売業などを手掛けています。

サイトの特徴

プレミアM&Aの手数料は売却成立後に発生します。登録は無料であることが明記されていますが、成立後の手数料に関しては記載されていないので、事前に問い合わせておく必要があります。

クローズドメニュー(非公開案件)というシステムが用意されており、情報保護の観点から一般公開に抵抗がある場合はサイト上に掲載せずに買い手を探すこともできます。

マッチングサービス以外には、ウェブサイトの無料査定を行っています。該当サイトのURLを送信するだけで査定してもらえるので、大まかな方針を立てるのに役立てることができます。

取引形式

プレミアM&Aの取引形式は個別交渉です。会員登録すると直接交渉できるようになるので、早期成約を目指すことも可能です。

⑨TRANBI

TRANBI

https://www.tranbi.com/

TRANBIは、株式会社トランビが運営するサイト売買(M&A)サイトです。国内最大級のM&Aプラットフォームとして知られており、登録ユーザー数や掲載案件数など、多数の強みを持っています。

サイトの特徴

TRANBIの手数料は成約時点で発生します。売り手は完全無料(期日までに成約報告手続きの必要有り)、買い手は成約額の3%(最低30万円)です。

また、掲載案件のなかには専門家による代理案件もあります。専門家への別途手数料が発生する場合があるので、事前に問い合わせて確認しておく必要があります。

サイト売買以外にさまざまなカテゴリーを扱っており多数の案件が掲載されていますが、ウェブサイト・アプリというカテゴリー分けがされているので、サイト売買の案件を簡単に厳選することができます。

取引形式

TRANBIの取引形式は、個別交渉です。複数の相手と交渉を並行する形式で、最も条件がよい相手と成約することができます。

⑩Awesome

Awesome

https://awesome-ma.com/

Awesomeは、株式会社ユービジョンが運営するサイト売買(M&A)サイトです。M&Aコンサルティングとウェブコンサルティング事業に特化した会社となっています。

サイトの特徴

Awesomeの手数料は公開されていません。取り扱い対象を1億円以上の価値があるサイトに限定しており、クローズド(非公開)でマッチングさせるサービスを提供しています。

完全審査制なので敷居が高い反面、審査を通った案件は良質な案件である可能性が高く、大きなビジネスチャンスが集中しやすい傾向にあります。

また、マッチングサービス以外にM&A戦略立案やコンサルティングも提供しています。サイトの状態をより良い状態に保って万全の態勢でM&Aに臨むことができます。

取引形式

Awesomeの取引形式は不明です。公式サイトには複数の買い手が入札を行うという文言があるため、オークション形式の可能性があります。

売り手登録数75件、買い手登録数1079件(2020年11月現在)となっており、売り手市場の傾向が強いのでオークション形式であれば譲渡価格の引き上げも期待できます。

⑪RESITE

RESITE

https://growth-ma.jp/

RESITE(現Growth M&A)は、AIGATE株式会社が運営するサイト売買(M&A)サイトです。2020年2月にサービス名をGrowth M&Aに変更して大幅リニューアルを果たしています。

サイトの特徴

RESITEの手数料は成約時点で発生する成功報酬のみです。直接交渉では売り手・買い手共に一律2%の手数料がかかります。

RESITEによる仲介交渉プランは、売り手は一律3%、買い手はレーマン方式による算出で料率は2~10%です。

一般公開されている案件の他に、非公開案件もあります。完全にクローズドで交渉を進めることも可能なので、情報漏洩が心配な場合も安心して利用することができます。

取引形式

RESITEの取引形式は個別交渉です。会員登録すると問い合わせやダイレクトチャットによる直接交渉が使えるようになります。

⑫サイトトランスファー

サイトトランスファー

https://paradigm-shift.co.jp/

サイトトランスファーは、株式会社パラダイムシフトが運営するM&Aサイトです。2011年の設立以来、サイト売買の他にM&Aアドバイザリーや事業開発を手掛けています。

サイトの特徴

代表取締役がIT業界で事業開発を行っていたこともあり、特にIT分野に強みを持っています。サイト運営に関して知識・ノウハウを有しているので、サイト売買の相談先としておすすめの一社です。

なお、サイトトランスファーのサイトにアクセスすると、パラダイムシフトの公式サイトに遷移するようになっています。(2020年11月現在)

サイトの利用料や売買成立時の手数料など、利用に関する情報に関しては、運営会社に直接問い合わせる必要があります。

取引形式

サイトトランスファーの現在の取引形式は不明です。サイトトランスファーのサイトにアクセスできないため、オークション形式か順番形式か分からない状態です。

オークション形式か順番形式か判断するためには、運営会社のパラダイムシフトの公式サイトの専用フォームから問い合わせする必要があります。

⑬サイトレード

サイトレード

https://site-trade.jp/

サイトレードは、株式会社ゼスタスが運営するサイト売買(M&A)サイトです。2006年、ウェブサイト売買のニーズの高まりを受けて日本初のサイト売買専門会社として設立されました。

サイトの特徴

サイトレードの手数料は成約時点で発生する成功報酬のみです。売り手・買い手共に成約額の6~10%(最低30万円)の手数料が発生します。

マッチングの場の提供だけでなく、M&A成約までの仲介事業も行っています。事業譲渡契約書の締結までサポートを受けられるので、リスクを抑えたサイト売買(M&A)が可能です。

また、無料サイト査定サービスも行っています。10年以上の運営実績で培ったノウハウを活用した自動査定システムにより、迅速かつ精度の高い査定を受けられます。

取引形式

サイトレードの取引形式は個別交渉です。好条件の相手を選んで直接交渉する形式になっています。

⑭サイトサクセス

サイトサクセス

http://sitesuccess.jp/

サイトサクセスは、株式会社スプリングフィーリングが運営するサイト売買(M&A)サイトです。非公開式のサイトとなっており、サイトサクセスを介して売却・買取の両方を行うことができます。

サイトの特徴

サイトサクセスの手数料は成約時点で発生する成功報酬のみです。売り手・買い手共に成約額の3~10%(最低10万円)の手数料が発生します。

最大の特徴は、Webのプロコンサルタントによる無料価値査定です。高い専門性を持った査定を無料で受けられるので、趣味で運営していたサイトの売却で思わぬ売却益を獲得できる可能性もあります。

取引形式

サイトサクセスの取引形式は、サイトサクセスによる買取です。無料査定で評価を行った後、売却の意思がある場合に取引が進められます。

⑮サイト売買楽市

サイト売買楽市

http://www.site-rakuichi.com/

サイト売買楽市は、手軽さを重視したサイト売買(M&A)サイトです。運営者は公開されておらず、保証・トラブル対応もないため、利用は完全に自己責任となっています。

サイトの特徴

サイト売買楽市の手数料は完全無料です。売り手・買い手共に案件登録料や成功報酬が無料となっています。

サイトの利用に会員登録が必要ありません。買い手は直接交渉を申し込めるため、気軽に利用することができます。売り手の譲渡案件の登録に関しては、サイトの情報以外にメールアドレスの登録が必要になります。

登録案件数自体は多いですが、ステータスが受付中になったまま数年経っている案件も少なくありません。各案件の信ぴょう性は担保されていないので、利用する際は注意が必要です。

取引形式

サイト売買楽市の取引形式は個別交渉です。気になる案件に対して問い合わると個別交渉を始められます。

⑯ヤフーオークション

ヤフーオークション

https://auctions.yahoo.co.jp/

ヤフーオークションは、Yahoo! JAPANが運営するオークションサイトです。日本最大級のネットオークション・フリマアプリで知られており、幅広いジャンルの商品が出品されています。

サイトの特徴

ヤフーオークションの手数料はオークション落札時に発生します。売り手側にオークション落札価格の8.8%(プレミアム会員)もしくは10%(プレミアム会員以外)がかかります。

ヤフーオークションのサポートは、商品の受け取りを確認してから後払いできるかんたん決済サービスや、個人情報を伏せながら取引できる匿名配送サービスなどがあります。

取引形式

ヤフーオークションの取引形式はオークション形式による入札です。期限までに最大金額を提示あるいは即決額を提示することでオークション落札できます。

また、オークション形式以外に定額販売も可能です。必要に応じてオークションと定額を使い分けられるのもヤフーオークションの大きな魅力です。

⑰WEBサイト買取サイノツノ

WEBサイト買取サイノツノ

https://www.sainotsuno.com/

WEBサイト買取サイノツノは、株式会社Easy Communicationsが運営するWEBサイト買取サイトです。2007年の設立からWEB関連の事業に携わっており、豊富なノウハウを蓄積しています。

サイトの特徴

WEBサイト買取サイノツノは仲介・マッチングではなく、買取専門サイトです。買取対象サイトは、ポータルサイトやECサイトなどです。

買取査定はアクセス数や会員数を基準にして行われています。公式サイトに提示されている査定例では、月間営業収益の約10倍の査定がされています。

売却後のサイト運営は、Easy Communicationsがリニューアルして行うとしています。売却後の運営方針に関しても意見することも可能です。

取引形式

サイトバリューの取引形式はEasy Communicationsによる直接買取です。販売に関しては明記されておらず、売却したサイトはEasy Communicationsあるいは関連会社による運営を行うと明記されています。

⑱サイトバンク

サイトバンク

http://sitebank.jp/

サイトバンクは、株式会社サイトバンクが運営するサイト売買(M&A)サイトです。4985件の案件が掲載(2020年11月現在)されており、毎日の新着案件も多数あります。

サイトの特徴

サイトバンクの手数料は完全無料です。ベータ運用のため、案件掲載・商談からサイト売買成約の成功報酬まで全て無料になっており、交渉に集中することができます。

ただし、仲介サポートは受けられない点に注意が必要です。交渉中にトラブルが発生した時は、当事者同士で解決しなくてはなりません。

取引形式

サイトバンクの取引形式は個別交渉です。複数の相手との交渉を並行して行い、好条件を提示する相手と成約する形式になっています。

⑲ソフトウェアM&A.jp

ソフトウェアM&A.jp

https://rakkoma.com/

ソフトウェアM&A.jp(現ラッコM&A)は、ソフトウェアの売買を扱っているサイトです。IT全般を取り扱っていましたが、ラックM&Aにリニューアルしてからはサイト売買に特化しています。

サイトの特徴

ソフトウェアM&A.jpの手数料は、成約時に成功報酬が発生します。買い手に成約額の5%(最低55,000円)がかかり、売り手は完全無料です。

他サービスとの比較で手厚いリーガルサポート(無料)を掲げており、弁護士監修の契約書を自動作成できるなど、法務リスクを抑えたサイト売買を行うことができます。

掲載案件のバリエーションは豊富で、ECサイトもあればYoutubeチャンネルなども見受けられます。

取引形式

ソフトウェアM&A.jpの取引形式は、個別交渉です。交渉開始でサイト名やサイトURLが公開される仕組みになっており、本格的な交渉に移ることができます。

⑳サイトマ

サイトマ

https://saitoma.com/

サイトマは、エベレディア株式会社が運営するサイト売買(M&A)サイトです。サイト売買一筋で4年間運営しており、豊富な成約実績を保有しています。

サイトの特徴

サイトマの手数料は着手金と成功報酬が発生します。売り手は着手金3万円+成功報酬5~15%(最低30万円)、買い手は着手金3万円+成功報酬3~7%(最低30万円)です。

ほかのサイトと比較すると、マッチング以外のサービスが充実している特徴があります。契約書の作成やサイトの引っ越し作業を代行してもらえるので、煩雑な作業をする必要はありません。

また、オプションとして部分作業を追加できるサービスもあり、別途手数料が発生しますが、必要に応じて作業を依頼することができます。

取引形式

サイトマの取引形式はサイトマによる仲介です。当事者同士の交渉ではなく専門家のサポートを受ける前提なので、ほかのサイトと比較するとM&A仲介会社としての傾向が強いです。

㉑ビザイン

ビザイン

https://www.bizign.jp/

ビザインは、中小企業・スモール企業のM&A仲介を手掛けているM&A仲介会社です。公式サイトには譲渡案件を掲載するなど、M&Aのマッチングの場も提供しています。

サイトの特徴

ビザインの手数料は成約時に発生する成功報酬のみです。M&Aアドバイザーの報酬として売り手・買い手共に2~5%の手数料がかかります。

公式サイトには複数の業種の譲渡案件が掲載されています。業種・ジャンルによる検索機能はありませんが、掲載案件が厳選されているので案件チェックに大した時間はかかりません。

取引形式

ビザインの取引形式はビザインによる仲介です。譲渡案件の掲載者と直接交渉する形式ではなく、ビザインに問い合わせが届いて仲介に入るという形になっています。

㉒M&Aクラウド

M&Aクラウド

https://macloud.jp/

M&Aクラウドは、株式会社M&Aクラウドが運営するM&Aプラットフォームです。買い手側の買収ニーズが公開されているため、仲介業者を介することなく直接サイト売買を行うことができます。

サイトの特徴

M&Aクラウドの手数料は売り手側は完全無料です。買い手側の広告掲載費用と成約報酬で賄われているため、売却側が手数料を負担することはありません。

交渉の進行中に疑問が生じたときは、プロのアドバイザーに無料相談することができます。必ずしも全ての交渉を当事者同士で進める必要がないので、気軽に登録できるのも大きな魅力の一つです。

取引形式

M&Aクラウドの取引形式はユーザー同士の直接交渉です。掲載されている買収ニーズに打診して、買い手側より反応が得られたら直接交渉に移行します。

㉓アクセス中古ドメイン

アクセス中古ドメイン

https://communityserver.org/

アクセス中古ドメインは、中古ドメインの売買を行っています。サイト売買ではありませんが、中古ドメインを活用することでSEO対策に活用することも可能です。

サイトの特徴

アクセス中古ドメインは販売ドメインに対して、SEOへの影響力を基準にブロンズ>シルバー>ゴールド>プラチナの4段階評価を行っています。

販売ドメインは、数千円のリーズナブルなものから、10万円前後のパワーランクの高いものまで豊富な品揃えになっています。

また、ドメインの買取の際は無料査定も行っています。査定の結果次第で売却を決定することができるので、とりあえず査定を依頼するという使い方もできます。

取引形式

アクセス中古ドメインの取引形式は、アクセス中古ドメインによる販売・買取です。販売価格はドメイン毎に明記されており、買取価格については査定を受けることで判明します。

㉔株式会社ファベル カンパニー

株式会社ファベル カンパニー

https://www.fabercompany.co.jp/

株式会社ファベル カンパニーは、サイト売買(M&A)サイト「サイトキャッチャー」を運営していた会社です。現在手掛けているマッチングサービスは、Webマーケターマッチングサービス「ミエルカコネクト」です。

サイトの特徴

株式会社ファベル カンパニーのミエルカコネクトは、人材を欲する企業とWebマーケターをマッチングさせるサービスです。

SEOコンサルティングの実績のある人材が仲介を行い、状況に合わせたWebマーケターとのマッチングを実現させることで、課題解決に貢献するというものです。

Webマーケターのコストは30~50万円/月です。Webマーケターは、Light>Basic>Commitに分類されており、高水準な能力になるほどコストがかかります。

取引形式

株式会社ファベルカンパニーのミエルカコネクトの取引形式は、ミエルカコネクトによる仲介です。Webマーケターへの報酬の支払いはミエルカコネクトを介して行われます。

㉕株式会社ストロボ

株式会社ストロボ

https://www.strobo-inc.jp/service/ma/

株式会社ストロボは、コンテンツマーケティング事業を中心に手掛けるIT会社です。M&A事業にも参入しており、サイト売買事業として「運用移管エスクローサービス」も展開しています。

サイトの特徴

運用移管エスクローサービスの特徴は、サイト買収後の運用体制面とノウハウ不足の解消に向けたサービスの充実です。

ストロボのリソースを活用することで、大手メディアの運用受託やマネタイズ支援などを受けられるので、サイトや関連事業の成長を図ることができます。

なお、運用移管エスクローサービスの利用料金は明記されていません。サイトによって必要となるサービスも変わるため、直接問い合わせる必要があります。

取引形式

運用移管エスクローサービスの取引形式は、運用移管エスクローサービスによる仲介です。独自のネットワークを活用することで、好条件の相手とのマッチングを実現してくれます。

【関連】革新的プラットフォームを持つFUNDBOOK!特徴や手数料・注意点・評判を紹介

サイト売買(M&A)サイト利用上の注意点

サイト売買(M&A)サイト利用上の注意点

サイト売買(M&A)サイトの利用上の注意点は、イト上のやり取りのため安全性が保証できないことです。オークション形式は情報流出のリスクが高いことや、ユーザーが悪意を持った行動を起こすことなど、常にリスクが伴います。

実態を持たないサイトが存在することもあります。ダミーサイトの制作自体は数万円単位でできてしまうため、情報や金銭を騙し取られてしまうことがあります。

また、単純にサイトのユーザー数が少ないことで取引価格が高くなりづらいという問題もあります。サポートが充実していないサイトの場合、大した売却益を獲得できずに終わってしまうケースも少なくありません。

安心して利用できるサイトを見つけるためには、複数のサイトを比較検討することが大切です。本業の片手間に複数のサイトを比較するのは大変ですが、サイト売買を成功させるためにも時間をかけて厳選することをおすすめします。

【関連】サイトM&Aで相談すべき仲介会社5選!サイト売買の相場やメリットを紹介

リスクを無くしたサイト売買(M&A)のご相談先

リスクを無くしたサイト売買(M&A)のご相談先

リスクをなくしたサイト売買(M&A)なら、サイト売買サイトだけでなく、M&A仲介会社の比較検討も視野に入れることをおすすめします。

M&A仲介会社は仲介サービスが充実しているので、サイト売買(M&A)サイトと比較するとリスクを大幅に抑えることができます。

M&A総合研究所は、M&A・事業承継の仲介を行っているM&A仲介会社です。M&A経験豊富なアドバイザーが、M&A相手との交渉や契約書の締結を含めた一貫したサポートを行います。

また、M&A仲介事業以外にM&Aプラットフォームも運営しており、多数の案件を取り扱っています。お問い合わせ頂いた案件に弊社のスタッフがサポートに就き、そのまま成約というケースもあります。

無料相談は24時間お受けしています。サイト売買(M&A)のリスクに不安のある方は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

まとめ

本記事では、サイト売買(M&A)の概要やサイトの比較ランキングを紹介しました。サイト売買(M&A)の需要の高まりから数多くの事業者が参入しており、数多くのサイト売買(M&A)サイトが存在します。

自身のサイトを好条件で売却するためには、複数のサイトを比較検討することが大切です。また、比較対象の候補の1つとして、M&A仲介会社も視野に入れると選択肢の幅が広がって、よりよい結果が得られやすくなります。

【サイト売買(M&A)のまとめ】

  • サイト売買(M&A)はウェブサイトをM&Aで売買すること
  • サイト売買(M&A)の目的は高額の売却益の獲得

【サイト売買(M&A)の買い手側のメリット】

  1. 新サイト立ち上げ期間の削減
  2. 事業価値を高める
  3. サイトのベースを手にできる

【サイト売買(M&A)の売り手側のメリット】

  1. 思わぬ売却益が出る
  2. サイト管理の手間がなくなる

【サイト売買(M&A)サイトの比較ポイント】

  1. 運営歴・取扱実績
  2. サポート体制
  3. 企業情報の記載

【サイト売買(M&A)サイトの形態】

  1. WEBサイト
  2. アプリ
  3. 各種メディア

【サイト売買(M&A)サイトの取引形式】

  1. オークションにて
  2. 順番にて