500万円のМ&A案件買収で経営者に!ポイントを抑えて早期に利益を上げよう

500万円以下のМ&A案件についてお調べですね。

近年、500万円以下のМ&A案件のМ&Aが非常に増えています。

なぜなら、後継者不足や人口減少により売り手のМ&Aが急増しているからです。

低価格でのМ&Aでも、ポイントを抑えて賢く行うことで早期に利益を上げることができます。

しかし、誤った候補企業や手法を選択すると失敗してしまう可能性もあるのです。

そこで今回は、500万円規模のМ&Aのポイントや注意点を分かりやすく見ていきます。

正しい方法でМ&Aを行い、利益を早期に手に入れましょう。

目次

1.500万円以下のМ&A案件は本当にあるのか

500万円で買収できるМ&A案件は沢山あります。

譲渡価格が安いと、欠陥があるのではないかと不安に思う人もいるでしょう。

実際に、赤字が多くて立て直しのために売却する会社もあります。

しかし、規模は小さくても優良な企業や、将来性のある企業も沢山あるのです。

そのため、500万円規模のМ&Aの成功は、売り手企業と買い手の慎重な判断にかかっています。

というのも、500万円のМ&A案件にはリスクが非常に沢山あるからです。

では、どのようなリスクがあるのか具体的に見ていきましょう。

2.500万円以下のМ&Aを行う際に考えておくリスク

500万円以下のМ&A案件の場合、リスクが大きいです。

なぜなら、その会社を高い価格で売れない事情があるからです。

具体的には、以下の4つのリスクが考えられます。

  1. 売上や利益も少ない可能性がある
  2. 簿外債務などが買収後に発覚するかもしれない
  3. 従業員が辞めてしまい営業ができなくなる可能性がある
  4. 譲渡価格以外にも経費がかかる

では、1つずつ見ていきましょう。

リスク1.売上や利益が少ない可能性がある

500万円のМ&A案件の場合、売上や利益が少ない可能性があります。

М&A譲渡価格を算定する際にデューデリジェンスを実施しなければいけません。

デューデリジェンスとは、М&Aが成立する前に買い手企業が売り手企業について調査することです。

売上や決算の財務諸表などから、譲渡価格を算出します。

譲渡価格を算定するためのポイントは以下の4つです。

  1. 過去の業績推移
  2. 収益性
  3. 設備投資
  4. 簿外債務の有無

そのため、売上や利益が高ければ譲渡価格も高くなるのです。

言い換えると、500万円の案件の場合、売上や利益も低い可能性があります。

リスク2.簿外債務などが買収後に発覚するかもしれない

500万円のМ&A案件の場合、簿外債務などが買収後に発覚するかもしれません。

簿外債務のリスクは、譲渡価格に関係なくあるリスクです。

しかし、小規模予算でМ&Aした際取引後に債務が発覚するのは非常にリスクが高でしょう。

なぜなら、資金が底につき倒産してしまう可能性があるからです。

最悪、多額の負債を抱えてしまう可能性もあります。

リスクを最小限にするためにも、デューデリジェンスを徹底する必要があるのです。

決算の財務諸表をしっかりチェックしましょう。

リスク3.従業員が辞めてしまい営業ができなくなる可能性がある

500万円の案件のМ&Aにおいて、従業員の退職によって営業ができなくなる可能性があります。

企業や業種にもよりますが、500万円で買収した企業の従業員はそこまで多くないでしょう。

経営者や企業の方針、待遇が変わったことが原因で、従業員が退職してしまう可能性があります。

もともと少ない数の従業員がさらに減ってしまっては、営業に支障をきたしかねません。

従業員の退職を防ぐためにも、PMIの徹底が必要です。

PMIとは、新しい組織体制の構築のための統合プロセスを指します。

PMIの徹底し、従業員の退職を最小限に抑えましょう。

従業員の配置を考慮したり、モチベーション維持のために報酬制度の見直し、個人ミーティングなどを実施するのがいいでしょう。

PMIについての詳細は、『PMIとは?初めてのM&Aでもシナジー効果を最大化させる方法を解説』を併せて確認してくださいね。

リスク4.譲渡価格以外にも経費がかかる

企業を買収場合、買収以外にも経費が掛かります。

具体的には、М&A仲介手数料、税金、人件費などです。

そのため、ぴったり500万円で買収することはできません。

経費は、おおよそ50〜300万円ほどかかります。

譲渡価格だけではなく、経費も含めた金額を用意しておきましょう。

3.500万円以下の企業をМ&Aするメリット

500万円以下の案件をМ&Aするリスクを確認してきました。

ここまで読んで「500万以下の案件のМ&Aは危険」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、賢く正しい方法を選択しМ&Aを行うことで大きな利益を上げることができます。

500万円以下の企業をМ&Aするメリットは、以下の2つです。

  1. 起業するよりも時間や金銭的コストを抑えられる
  2. うまく経営すればすぐに収益を上げることもできる

では、1つずつ見ていきましょう。

メリット1.起業するよりも時間や金銭的コストを抑えられる

500万円の案件をМ&Aする場合、起業するよりも時間や金銭的コストを抑えることができます。

1から起業するとなると、規模にもよりますが最低でも1,000万円ほどの費用が必要です。

また、従業員の募集や経営の戦略なども全てゼロから始めなければいけません。

しかし、М&Aすることで時間や金銭的コストを抑えることができるのです。

М&Aの場合、すでに出来上がったビジネスモデルがあります。

それゆえ、経営者になってからの目標や経営戦略も立てやすいでしょう。

500万円以下の案件のМ&Aは、起業したいと考える人にとって時間やコスト削減の非常に有効な手段です。

メリット2.うまく経営すればすぐに収益を上げることもできる

500万円以下の案件をМ&Aすることで、うまく行けばすぐに利益を上げることができます。

なぜなら、既存のビジネスモデルがすでにあるため今後の改善策や目標なども立てやすいからです。

また、買収額が低いため早期に費用を回収することも可能となります。

結果的に、すぐに収益を上げることもできるのです。

しかし、収益を上げるためには経営に関する知識が必要となります。

経営に関する知識を身に着けた上で、М&Aを検討しましょう。

4.500万円以下でМ&Aできる業種

500万円以下の案件をМ&Aすることで、大きな利益を上げることもできます。

具体的に検討していきたいと思っている方は、どんな業種があるのか気になりますよね。

500万円以下でМ&Aできる案件は非常に様々です。

業種に絞っても、売り上げや規模感で変動はあるので、一概に○○業とは言えません。

しかし、以下のような業種が多いです。

500万円以下でМ&Aできる案件の多い業種

  • 飲食店
  • 小売店
  • 学習塾
  • エステサロン
  • ECサイト事業
  • 介護
  • 旅館
  • フランチャイズ
  • コンビニ

あくまでも一例ですが、上記のような企業が多いです。

特徴としては、BtoC企業が多いことや、規模が小さいことなどが挙げられます。

規模感としても大きくなく、地元のお店などをイメージすれば分かりやすいでしょう。

5.500万円以下のМ&Aを失敗させないポイント

500万円の案件をМ&Aする際には、注意して行わなければいけません。

なぜなら、リスクも多く失敗する可能性も高いからです。

500万円以下のМ&Aを失敗させないポイントは、以下の3つです。

  1. М&Aする企業の利益額に着目する
  2. 経営に関する知識を身に着けておく
  3. М&Aアドバイザーに相談する

では、1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.М&Aする企業の利益額に着目する

М&Aする企業の利益額に着目しましょう。

利益額とは、売上-営業活動費で出すことができます。

М&Aをする際に、売上や資産に注目する人が多いですが、本当に着目すべきなのは利益額です。

仮に、売上が高くても営業活動費も高ければ手元に残る利益は少なくなります。

経営者になり、役員報酬を受け取るためにはより高い利益を出している企業でなければなりません。

貸借対照表を確認し、利益額を確認しましょう。

ポイント2.経営に関する知識を身に着けておく

М&Aを行うのであれば、最低限の経営に関する知識は必須といえます。

具体的には、以下の知識です。

  • 財務知識
  • 人事知識
  • マーケティング知識
  • 業界知識

会社を経営するためにはあらゆる知識が必要です。

最低限の経営の知識を身に着けたうえで、М&Aを検討しましょう。

ポイント3.М&Aアドバイザーに相談する

500万円の案件のМ&Aをする際には、必ずМ&Aアドバイザーに相談しましょう。

なぜなら、500万円の案件のМ&Aはリスクが高いからです。

知識と経験豊富なМ&Aアドバイザーに相談することで、あなたのМ&Aを成功させるための様々なサポートをしてくれます。

実際に500万円の案件のМ&Aの事例なども持っているので、納得感を持ってМ&Aできるでしょう。

ややこしい書類作成や税務面のサポートもしてくれます。

М&Aアドバイザーに相談しながら、500万円の案件のМ&Aを進めましょう。

6.実際にM&Aを行うときの流れ

М&Aを実際に行う際、どのような流れなのか気になりますよね。

М&Aを行う場合、以下の12ステップを踏んで行います。

  1. М&Aの検討
  2. アドバイザリー契約の締結
  3. 相手企業の選定
  4. 相手企業への打診
  5. 秘密保持契約の締結
  6. トップ面談の実施
  7. 意向表明書の提示
  8. 基本合意契約の締結
  9. デューデリジェンス
  10. 条件交渉
  11. 最終契約・クロージング
  12. 統合プロセス

手法によって若干異なることもありますが、大きな流れは同じです。

M&Aの検討~最終契約まで少なくとも3ヶ月以上かかり、規模の大きいM&Aだと1年かかるケースもあります。

それでは、M&Aの手続きの流れを次の章から確認していきましょう。

流れ1.М&Aの検討

まずは、М&Aの検討をしていきます。

以下の5つを固めていきましょう。

  1. 本当にM&Aをするべきか
  2. どれくらいの価格で買収したいのか
  3. どのような企業を買収したいか
  4. 営業する地域や場所はどこにするか
  5. いつまでにM&Aを終えたいか
  6. 毎月どれくらいの額の役員報酬を受け取りたいか

上記の内容を固め、М&Aアドバイザーに相談しましょう。

流れ2.アドバイザリー契約の締結

アドバイザリー契約の締結

M&Aをすることが決まれば、M&Aのアドバイザーとアドバイザリー契約を交わします。

例えば、M&Aアドバイザー、M&Aコンサルタント、公認会計士、弁護士などがM&Aのアドバイスをしています。

M&Aを成功させるためには、必ずM&Aアドバイザーに相談し、アドバイザリー契約を結びましょう。

M&Aアドバイザーは以下のような業務を行ってくれます。

  • 戦略やスケジューリング
  • 相手企業の選定
  • 企業価値評価
  • 条件交渉
  • 弁護士などの士業の紹介

M&Aには非常にたくさんの専門知識が必要なため、M&Aアドバイザーに頼ることが効率的です。

あなた個人と相手企業だけで完結させようとすると、思わぬトラブルが起きたり、途中で交渉決裂してしまう恐れがあります。

アドバイザリー契約を結び、M&Aアドバイザーに的確なアドバイスをしてもらいましょう。

流れ3.相手企業の選定

理想の相手企業のイメージや条件の優先順位を伝え、選定企業をM&Aアドバイザーと一緒に固めていきましょう。

今回の場合、相手企業候補は以下の2つのような企業です。

  1. 500万円の案件
  2. 小規模だが利益額が高い案件

上記のような案件を、自力で探すのは非常に難しいでしょう。

しかし、M&Aアドバイザーは500万円規模の案件も豊富に持っています。

なぜなら、全国に豊富なネットワークがあるからです。

М&Aアドバイザーに相談しながら、候補企業を選定していきましょう。

流れ4.相手企業への打診

条件が固まったら、3社~5社程度、条件にあてはまる企業をM&Aアドバイザーから紹介してもらいましょう。

その中に気になる企業があれば、ノンネームシートと呼ばれる匿名の企業概要資料で相手企業に打診していきます。

ノンネームシートを作成する際には、自分自身のアピールポイントを分かりやすく記載しましょう。

具体的には、売却後にどのようなメリットがあるのかをアピールするのです。

また、打診する前には、重要な資料を渡して良いか(ネームクリア)の確認あります。

そのため、外部にM&Aを検討していることは漏れる心配はありません。

流れ5.秘密保持契約の締結

相手企業が興味を持って、さらに詳細な情報を求められると、秘密保持契約を締結します。

M&A成立に至らない可能性も十分にあり得るため、詳細な情報を開示する前に互いに秘密保持契約を締結しておくのです。

このタイミングで、あなたの情報が相手企業に知らされます。

流れ6.トップ面談の実施

互いに、M&Aを前向きに進める意思がある場合、売り手企業の経営陣とトップ面談を行います。

トップ面談の目的は、売り手企業の経営者との信頼関係の構築です。

そのため、基本的にM&Aの契約条件についての話し合いは行われません。

具体的には、以下のような内容を話し合うことが多いです。

  • M&Aに至った経緯
  • M&Aの目的
  • 経営の知識
  • これまでの経歴
  • 理念や今後のビジョン
  • 事業の業務内容
  • 強みや弱み
  • M&A成立後のスケジュール

「この人になら自社を任せることが出来る」と思ってもらえるかがポイントです。

お互いが納得できるまで、何度もトップ面談は行われます。

流れ7.意向表明書の提示

トップ面談を繰り返し、互いに納得のいく相手だと判断をしたら、買い手側が意向証明書を提出します。

意向証明書とは、買い手側が「買収の意志」を表明するための書類です。

具体的には以下のような内容が記載されます。

  • 買い手側の概要
  • M&Aによって想定されるシナジー効果
  • 予想されるM&Aのスケジュール

意向表明書の提出は必須ではありませんが、書面にて買収の意志を伝えることで円滑なM&Aの成約に繋がるのです。

この意向証明書を元に、M&Aアドバイザーが間に入って基本合意契約の締結に向けて条件の調整を行います。

流れ8.基本合意契約の締結

売り手企業が意向証明書に合意したら、互いに合意している条件を記載した基本合意契約書を作成して締結します。

意向表明書との違いは、両社の間で合意した条件が記載されていることです。

具体的には、以下の5つの条件が記載されます。

  1. 取引方法(事業譲渡・吸収合併などの手法)
  2. 譲渡価格
  3. 今後のスケジュール
  4. 独占交渉権
  5. デューデリジェンスの協力義務

独占交渉権とは、他のM&A候補先と接触を禁止することです。

一般的に、独占交渉期間は2ヶ月~6ヶ月程度とされています。

このあとのデューデリジェンスに問題がなければ、基本合意契約書に記載された条件でM&Aが成立すると考えましょう。

もちろん、デューデリジェンスの結果によっては、条件の変更が発生する可能性もあります。

そのため、法的拘束力を持たせない内容にすることが一般的です。

流れ9.デューデリジェンス

基本合意契約を締結した後は、買い手企業が売り手企業に対してデューデリジェンスを行います。

デューデリジェンスとは、法務・財務・税務・ビジネス・ITなどの分野ごとに売り手企業を調査することです。

資料の提出を求めたり、会社や工場施設などへ専門家が訪問して調査します。

デューデリジェンスの目的は、出来るだけ売り手企業を知り、リスクを予防・対策をすることです。

特に500万円の案件をМ&Aする場合、デューデリジェンスは念入りに行わなければいけません。

簿外債務はないか・今後の利益の見通しが具体的にイメージできるのかなど、懸念点を全て払しょくしましょう。

デューデリジェンスについての詳細は『デューデリジェンスの正しい意味は?目的や方法をわかりやすく解説』を併せて確認してくださいね。

流れ10.条件交渉

デューデリジェンス後、取引の条件を決定していきます。

具体的には以下の点です。

  • 譲渡価格
  • 最終契約・クロージングまでのスケジュール
  • 売り手企業の役員の処遇
  • 売り手企業の従業員の処遇

条件交渉は、買い手側・売り手企業双方にとっても非常に重要です。

М&Aアドバイザーに相談しながら、有利に交渉を進めていきましょう。

流れ11.最終契約・クロージング

条件交渉でまとまった内容を最終契約書に明記し、締結しましょう。

M&A成立後に発生したトラブルは、この最終契約書の内容を元に判断されます。

そのため、責任がどちらにあるのか、文章内で指しているものは何か(不動産なら住所まで書く等)、第三者が見ても判断の出来る文章を明記しなければなりません。

以上で、M&Aの契約は完了です。

しかし、実際には譲渡対価の受け渡しや契約の引継ぎ作業などの細かな手続きが残っています。

これら全てを完結させてクロージングとなるのです。

流れ12.統合プロセス

クロージング後は、買い手側と売り手の統合プロセスです。

統合プロセスとはPMI(Post Merger Integration)と呼ばれることもあります。

個人がМ&Aを行う場合、「金持ちの素人に乗っ取られた」と売り手企業の従業員から反感を買う可能性もあるでしょう。

最悪の場合、従業員が退職してしまい営業ができなくなる可能性もあるのです。

そのためにも、人事面でのPMIは非常に大切です。

具体的には、以下の点を実施しましょう。

  • 従業員との個人面談
  • 最適な人事配置
  • 密なコミュニケーション
  • 意見箱などの設置

M&A自体が成立しても、統合が上手くいかなければ期待した売上、利益やメリットを得ることは出来ません。

事前に、売り手企業の経営者とPMI計画を立てておきましょう。

PMIについての詳細は『PMIとは?初めてのM&Aでもシナジー効果を最大化させる方法を解説』を併せて確認しましょう。

7.М&Aアドバイザーに相談すべき理由

500万円以下の案件をМ&Aする場合、必ずМ&Aアドバイザーに相談しましょう。

М&Aアドバイザーに相談すべき理由は、以下の2つです。

  1. 目的にあった候補企業を探してくれる
  2. 経営のアドバイスをもらえる

では、1つずつ見ていきましょう。

理由1.目的にあった候補企業を探してくれる

М&Aアドバイザーに相談することで、目的にあった候補企業を探してくれます。

例えば、地元でМ&Aしたい場合にはその地域の案件を探してくれるでしょう。

また、あなたの強み・弱みから客観的におすすめの業種を紹介してもらうことも可能です。

なぜなら、М&Aアドバイザーの在籍する仲介会社には、非常に豊富な案件が揃っているからです。

500万円以内の案件となると、自力で探すのは非常に難しいでしょう。

しかし、М&Aアドバイザーであれば豊富なネットワークを駆使して目的に合った候補企業を探してくれます。

理由2.М&A戦略のアドバイスをもらえる

М&Aアドバイザーに相談することで、М&A戦略のアドバイスももらえます。

М&Aアドバイザーは、ただМ&Aの知識を持っているだけではありません。

財務・税務・法務に加え、経営に関する知識も要しているのです。

それゆえ、どのような企業にどうアプローチをしていけば良いのかなど、戦略的なアドバイスももらえます。

М&Aを行う際に入念に計画を立案したり目的に合った方法を作成するのです。

М&A戦略をしっかり練ることで、目的にあったМ&Aをすることができます。

М&A戦略に関しては『М&A戦略とは?目的別に戦略を策定し利益の最大化をはかろう』を併せて確認してください。

8.М&A仲介会社を選ぶ際のポイント

М&A仲介会社に実際に依頼しようと思っている場合、選定ポイントが気になりますよね。

М&A仲介会社は、М&A取引完了までのあらゆる業務を行ってくれます。

そのため、М&Aの成功はМ&A仲介会社の選び方にかかっているといっても過言ではありません。

М&A仲介会社を選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

  1. 実績や経験があるかどうか
  2. 完全成功報酬型かどうか
  3. 相談しやすいかどうか

では、1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.実績や経験があるかどうか

実績や経験があるかどうか

まずは、М&A仲介会社の実績や経験を見てきましょう。

なぜなら、М&Aにおいて企業の希望や業種ごとに必要な知識やスキルが異なるからです。

そのため、少額のМ&Aをこなすことができる経験と実績豊富なМ&A仲介会社をおすすめします。

実績や経験を知るために、これまでの実績や成功事例などを参考にしましょう。

相談を受けた際のМ&Aアドバイザーにこれまでの小規模М&Aの実績を聞くのがおすすめです。

ポイント2.完全成功報酬型かどうか

完全成功報酬型かどうか

М&A仲介会社を選ぶ際には完全成功報酬型かどうかも確認しましょう。

М&Aを行う際には、報酬体系も非常に大切となってきます。

なぜなら、М&Aの手数料は非常に高額だからです。

せっかく安い価格で買収できても、手数料が高ければ払う金額は高いでしょう。

そこでおすすめなのが、完全成功報酬型となっています。

完全成功報酬型の場合においては、取引完了まで一切報酬が発生しません。

万が一、М&Aをしなくなった場合にも、安心です。

また月々の料金も発生しないので、納得がいくまでじっくり交渉することができます。

ポイント3.相談しやすいかどうか

М&A仲介会社は、相談しやすさも大切な選定ポイントとなります。

取引完了までの数ヶ月を一緒に過ごすので相性や相談しやすさは非常に大切です。

意見を言いやすいことはもちろん、あなた自身も気づいていない強みや特色を引き出してくれるアドバイザーを選びましょう。

しかし、相性に関しては実際に話してみないと分かりません。

無料で相談をできるМ&A仲介会社も多いので、実際に足を運んで話を聞いてみましょう。

М&A仲介に関する詳細は『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』を併せて確認してくださいね。

まとめ

500万円の案件のМ&Aは成功すれば、低コストで大きな利益をもたらすことができるのです。

一方で、500万円の案件のМ&Aはリスクも高くなっています。

500万円の案件のМ&Aを成功させるためには、以下のポイントが重要です。

  1. М&Aする企業の利益額に着目する
  2. 経営に関する知識を身に着けておく
  3. М&Aアドバイザーに相談する

特にМ&Aアドバイザーには必ず相談するようにしましょう。

500万円の案件のМ&Aを成功させることで、大きな利益を手に入れることができますよ。

М&A案件についての詳細は、『M&Aの案件を見つける4つの方法とは?実際に会社買収をする流れまで』を併せて確認してくださいね。