М&A戦略とは?目的別に戦略を策定し利益の最大化をはかろう

М&A戦略とは?目的別に戦略を策定し利益の最大化をはかろう

М&A戦略についてお調べですね。

М&A戦略とは、М&Aを行う際に入念に計画を立案したり目的に合った方法を作成することを指します。

M&Aを実施するにあたって、どれだけ緻密な戦略がなされているかでは成果が変わってくるのです。

しかし、М&A戦略とひとことで言っても目的や策定方法により方法は異なります。

間違った方法で戦略を立ててしまっても、意味がないのです。

そこで今回は、М&Aを成功させるためのМ&A戦略策定方法や具体的な手続きについて確認していきましょう。

М&Aを戦略をしっかり策定することで、目的に沿った満足感の高い取引を行うことができますよ。

1.M&A戦略とは

M&A戦略とは

М&A戦略とは、М&Aを行う際に入念に計画を立案したり目的に合った方法を作成することです。

М&Aを成功させるために、戦略は欠かせません。

なぜなら、М&Aには様々な方法があるからです。

例えば、中小企業同士で合併する形のM&Aがあれば、大企業が中小企業を買収するM&Aもあります。

このように、取引内容によって事例が異なるので必ずしも類似した前例があるわけではありません。

そのため、全てのM&Aで戦略が同じでないのです。

では、具体的にМ&A戦略を策定するとどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

2.М&Aの戦略を策定するメリット

М&Aの戦略を策定するメリット

М&A戦略を策定するメリットは、以下の3つとなっています。

  1. М&Aの目的が明確化
  2. 取引がスムーズになる
  3. リスクやデメリットを予測できる

では、1つずつ見ていきましょう。

メリット1.М&Aの目的が明確化

М&Aの目的が明確化

М&A戦略を策定することで、М&Aの目的が明確になります。

あなたがМ&Aを行う際には、明確な目的があるはずです。

例えば、「多くの現金を手にしてリタイアしたい」「弱小事業強化のためにある部門に強い企業に売却したい」などがあげられます。

しかし、М&Aの戦略を策定していなければ、優先順位があいまいになり交渉途中で目的からそれてしまう場合があるのです。

例えば、弱小事業強化のためにМ&Aをなのに、目先の譲渡額を優先してしまったなどが挙げられます。

М&A戦略を策定することで目的が明確化し、目的に沿ったМ&Aを遂行することができるのです。

メリット2.取引がスムーズになる

取引がスムーズになる

М&A戦略を行うことで、取引がスムーズになります。

なぜなら、優先順位が明確になるからです。

М&A完了までは様々な場面で選択が強いられます。

しかし、あらかじめ戦略を練っていることで、どのような選択をするべきか明確になるのです。

そのため悩み時間が少なくなってスムーズな取引になります。

メリット3.リスクやデメリットを予測できる

リスクやデメリットを予測できる

М&A戦略を行うことで、リスクやデメリットを予測することができます。

なぜなら、М&A戦略の中ではあらかじめ自社の分析や市場調査などを行うからです。

分析や調査を行う中で、自社の弱みを詳しく把握することができます。

例えば、簿外債務が多すぎる・システム統合コストが高いなどです。

あらかじめリスクやデメリットを把握することができるので、その対策を練ることができます。

3.М&Aの目的を確認しよう

М&Aの目的を確認しよう

М&A戦略を練る際には、М&Aの目的が非常に大切となります。

М&Aで事業を売却する人の目的は、以下の2つです。

  1. 高額での売却
  2. 売却後の企業成長の最大化

では、1つずつ見ていきましょう。

目的1.高額での売却

高額での売却

М&Aで、高額での売却を目指す経営者は多いでしょう。

事業を売却することで、多くの現金を手にすることができるのです。

その現金を手にすることで、リタイアしたり新しい事業を始める人もいます。

もちろん、買い手企業は少しでも安い価格で買収したいため、交渉しなければいけません。

目的2.売却後の企業成長の最大化

売却後の企業成長の最大化

М&Aの目的は、売却後の企業成長の最大化です。

自社のみでは成長が難しい場合に、信頼できる買い手企業に譲渡する場合があります。

そのためには、企業の成長をできる譲渡先を見つけなければいけません。

正しい譲渡先を見つける必要があります。

目的3.事業継承

事業継承

事業継承を目的にМ&Aを行う経営者も増えてきています。

というのも、日本では人手不足による後継者不足が深刻化しているからです。

事業を第三者に譲渡することで、継承することができます。

廃業コストをかけずに、リタイアすることが可能です。

4.М&Aの戦略を策定するための5ステップ

М&Aの戦略を策定するための5ステップ

М&Aの目的が明確になれば、本格的に戦略を策定していきます。

М&Aの戦略を策定する場合には、以下の3つステップがあるのです。

  1. 自社分析をする
  2. 企業価値算定のための市場調査
  3. 自社の財務や会計について知る
  4. 企業価値を算出する
  5. М&A戦略の策定

では、1つずつ見ていきましょう。

ステップ1.自社分析をする

自社分析

М&Aの戦略策定において、自社分析は大切です。

自社分析をしっかり行うことで、客観的に企業価値を知ることができます。

企業価値や自社の強みを客観的に把握することで、譲渡先企業や金額なども明確になるのです。

М&A戦略の際には、自社の分析をしっかり行いましょう。

ステップ2.企業価値算定のための市場調査

企業価値算定のための市場調査

М&A戦略には、市場調査が欠かせません。

なぜなら、企業価値は市場価値によって変動するからです。

市場価値を算定するためには、その業界の知識はもちろん他業種の動きも知る必要があります。

また、現在の市場価値だけではなく今後の動きの予測も必要です。

自分の企業・業種が市場においてどのような価値を発揮しているのかを知る必要があります。

ステップ3.自社の財務や会計について知る

自社の財務や会計について知る

М&Aを行う際には、自社の財務や会計についても詳しく知る必要があります。

財務や会計は、企業価値に即決するを決める重要な要素だからです。

特に、負債や簿外債務がある企業はM&Aにおいて不利になります。

なぜなら、手法によっては買い手企業がマイナス面を処理しなければいけないからです。

例え負債があったとしても、それに対する対策がきちんとなされていれば、希望に近い取引を行うことができるでしょう。

あらかじめ、財務や会計面についても詳しく知っておきましょう。

ステップ4.企業価値を算出する

企業価値を算出する

市場調査・自社調査を実施した後には、企業価値を算出しましょう。

あらかじめ、企業価値を算出することでおおよその譲渡額が分かります。

譲渡額が分かることで、候補先とのやりとりもスムーズに進むでしょう。

企業価値を算出方法は以下の3つがあります。

  1. インカムアプローチ
  2. マーケットアプローチ
  3. コストアプローチ

では、1つずつ見ていきましょう。

方法1.インカムアプローチ

インカムアプローチとは、企業が将来生み出すと予測されるキャッシュフローをもとに企業価値を計算する方法です。

多くの場合、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法)で計算をします。

DCF法とは、会社が将来生み出す価値をフリーキャッシュフローで推測し、資本コストで割り引く方法です。

将来生み出す利益を反映することが出来るため、M&Aの売却価格を決める時によく使われます。

DCF法についての詳細は『DCF法とは?企業価値を算出する方法を初心者でも分かりやすく解説!』を併せてチェックしてくださいね。

方法2.マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは、上場企業の場合は市場株価を基礎とし、非上場会社の場合は上場している同業他社をもとに企業価値を算出する方法です。

業種など類似した上場企業と財務諸表で対比率を出し、時価総額に倍率をかけて算出します。

ただし、倍率によって大きく企業価値が変動するので注意が必要です。

第三者にも説明できる倍率の根拠を示さなければなりません。

一方で手早く企業価値を算出することが出来るので、会社売却をする時にどれくらいの価格になるか目安を知ることができます。

方法3.コストアプローチ

コストアプローチとは、企業が保有している純資産をもとに、企業価値を算出する方法です。

コストアプローチの中でも3つの算出方法があります。

  1. 貸借対照表上の純資産額を株主価値とする簿価純資産額法
  2. 貸借対照表の資産と負債を時価評価した上で時価純資産額を算出した後、その額を株主価値とする時価純資産額法
  3. 時価純資産額と営業権の合計を株主価値とする時価純資産額と営業権を考慮した算出方法

これらの方法には、将来性を考量していなかったり、時価評価額を考慮していないというデメリットがあります。

そのため、M&Aでは、ほとんどコストアプローチは使われません。

一般的には、企業の清算や相続評価をするときに使われる方法です。

企業価値に関しての詳細は、『企業価値とは?評価方法やメリット、向上の条件を分かりやすく解説!』をチェックしてくださいね。

ステップ5.М&A戦略を策定する

M&A戦略の策定

最後に、М&A戦略の策定を行います。

今回の取引の目的を明確にし、逆算して計画を立てていくのです。

まずは、М&Aの目的を明確にしましょう。

そして、その目的を達成するために必要な準備を行う必要があります。

例えば、少しでも多くの現金を手元に残すには対価が現金である手法を選択し、他にない企業の強みを見つけるなどの業務が必要です。

その際、より専門的な知識やアドバイスが欲しい場合には、М&Aの専門家に相談するようにしましょう。

その際、あらかじめ以下の内容を決定しておきましょう。

  • 売却時期
  • 譲渡企業の理想像
  • 希望譲渡額
  • 従業員の雇用について
  • 負債の処理について
  • М&Aの手法について

そうすることで、М&Aの目的や優先度をより理解してもらえるでしょう。

過去の実績や、同業種の実績などから具体的なアドバイスをもらえます。

まずは、戦略をしっかり練ってから具体的なアクションに移りましょう。

5.М&Aの戦略後のスケジュール

企業価値を算出する

М&A戦略を行う際のステップを確認していきました。

では実際に、М&Aの戦略を行った場合のスケジュールが気になりますよね。

スケジュールは以下の通りです。

1つずつ見ていきましょう。

流れ1.候補企業の選定

候補企業の選定

М&A戦略が決まったら、その目的にあった候補企業を選定しましょう。

М&A専門家に相談することで、優良な企業を探してきてくれます。

候補企業同士を選定する際にも、М&A戦略に沿って行いましょう。

そうすることで、スムーズに候補企業を選定することができます。

候補企業を選定したら、双方の企業のトップ同士が取引について話し合うのです。

この際も戦略通りに交渉することで、素早く交渉が進みます。

流れ2.M&A基本合意書締結

M&A基本合意書締結

双方の企業間で取引の合意を得たら、基本合意書を締結します。

基本合意書は、取引の大筋に関して合意したというものです。

デューデリジェンスの結果によっては、価格や条件が変更される場合もあるので、基本的には法的拘束力は持たせません。

しかし、独占交渉権においては法的拘束力を持たせます。

独占交渉権とは、売り手企業が買い手企業に対して2~6ヶ月程度、他の第三者と交渉することを禁止する権利です。

このように、双方の企業間で基本合意書を締結します。

流れ3.デューデリジェンスの実施

デューデリジェンスの実施

基本的合意書を締結した後、買い手企業がデューデリジェンスを実施します。

デューデリジェンスとは、財務・税務・法務、人事・環境、ITなどさまざまな角度より、企業の検証を行う作業のことです。

デューデリジェンスを実施することで買い手企業の価値を客観的に知ることができます。

デューデリジェンスの際には、売り手企業は買い手企業に対し必要書類を提出しなければいけません。

また、売り手企業内の立ち入りなどにも協力します。

デューデリジェンスについての詳細については『デューデリジェンスの正しい意味は?目的や方法をわかりやすく解説』を併せて確認してくださいね。

流れ4.契約書締結

契約書締結

デューデリジェンスを経て、双方の企業間で取引の意思がある場合は契約書を締結します。

契約書を締結することで、最終的な取引内容が決定するのです。

契約書には以下の内容を記載します。

  1. 売買条件
  2. 手続条項
  3. 前提条件
  4. 表明保証
  5. 遵守条項
  6. 補償条項
  7. 解除条項
  8. 一般条項

これらの内容を双方の企業間で協議し、締結します。

なお、М&A専門家に相談した場合においては契約内容の確認はもちろん作成も行ってくれるのです。

流れ5.クロージング

クロージング

契約書を締結したら、クロージングを行います。

クロージングとは、契約締結後の作業や取引完了後の統合作業を指します。

特に合併や買収の場合において、統合作業は非常に大切な作業です。

なぜなら、きちんと統合を行わなければ、従業員の反感を買うだけではなく売り上げ低下にも直結するからです。

クロージングが完了した段階で、取引が終了します。

М&Aの流れについては、『【初心者向け】M&Aの手続きの流れを12のステップでわかりやすく解説!』を併せて確認してくださいね。

6.М&A戦略を策定する際のポイント

М&A戦略を策定する際のポイント

М&A戦略を策定する際には、以下の2つのポイントに気を付けましょう。

  1. 目的の明確化
  2. 懸念点に対する打開策の策定

では、1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.目的の明確化

目的の明確化

まずは、目的の明確化を行いましょう。

М&A戦略において、もっとも大切なことは目的です。

なぜなら、「高く売却したい」場合と「早く事業を売却したい」場合では同じ企業でも全く異なった条件になります。

また、目的を明確にするだけではなく、目的い沿った手法や戦略をとることが大切です。

ポイント2.懸念点に対する打開策の策定

懸念点に対する打開策の策定

М&A戦略の際のポイントは、懸念点に対する打開策の策定です。

М&A戦略策定時には、自社の価値や財務面なども深く調べます。

その際に、マイナスとなる懸念点が発覚することもあるでしょう。

ただマイナス面として捉えるのではなく、打開策を策定しなければいけません。

たとえマイナス面があったとしても、それ以上のメリットがあると思われた場合、企業価値は上がります。

そういった意味でも、懸念点に対する打開策の策定をしておきましょう。

7.戦略策定でМ&A専門家がサポートしてくれる内容

戦略策定でМ&A専門家がサポートしてくれる内容

М&A戦略は、経営者のみで実行するのは非常に難しいでしょう。

しかし、専門家に相談することで、同業種や類似企業の経験を元に戦略を策定してもらえます。

また、М&A交渉時のやりとりのアドバイスももらえるので、非常にスムーズにМ&Aが進むのです。

М&A専門家に依頼した際の内容は以下の4つです。

  1. 競合環境の分析
  2. 事業ポートフォリオ作成
  3. 対象分野のスクリーニング
  4. デュー・ディリジェンス対策

1つずつ見ていきましょう。

業務1.競合環境の分析

競合環境の分析

М&A専門家は、競合環境の分析を行ってくれます。

具体的な業務は以下の通りです。

  • 競合となりうる企業の洗い出し
  • 他社との比較
  • 他社と比較した際の強みの洗い出し

上記の業務を実施することで、自社の立ち位置や強みを客観的に知ることができます。

客観的に理解することで、今後の手法や戦略も具体的に決定することができるのです。

業務2.事業ポートフォリオ作成

事業ポートフォリオ作成

М&A戦略の際にポートフォリオを作成してくれます。

事業ポートフォリオとは、その会社の事業の一覧のことです。

会社の収益性や安全性、成長性を確認することができます。

経営者のみでは判断しきれない細かな部分まで、文書にしてくれるのです。

業務3.対象分野のスクリーニング

対象分野のスクリーニング

М&A戦略の際に、対象分野のスクリーニングを行ってくれます。

スクリーニングとは、選別や選抜の意味です。

М&Aの目的が明確になれば、その目的に合った企業を選定してくれます。

複数の企業を選定してくれるので、最も良いと思う企業を選びましょう。

業務4.デューデリジェンス対策

デューデリジェンス対策

実際に取引を行うことになった際には、デューデリジェンス対策も実施します。

デューデリジェンスとは、財務・税務・法務、人事・環境、ITなどさまざまな角度より、企業の検証を行う作業のことです。

デューデリジェンスの結果によっては、譲渡額が低くなったり取引が中止になったりする場合があります。

そのため事前にしっかりと対策を練っておく必要があるのです。

具体的には、以下の準備が必要です。

  • チェックリストの事前活用
  • 買い手企業に提出する資料の準備

あらかじめデューデリジェンス対策を実施しておくことで、スムーズに取引を行うことができます。

上記の業務の料金は、М&A仲介会社によって異なります。

有料の会社もありますが、着手金0円の完全成果報酬の企業の場合は無料で行ってくれるのです。

取引完了まで料金が発生しない完全成果報酬型のМ&A仲介会社に依頼するのが良いでしょう。

8.日本企業におけるМ&Aの戦略の成功事例

日本企業におけるМ&Aの戦略の成功事例

М&Aを行う際には、事前に戦略を立てることが非常に大切になってきます。

具体的に戦略を行い成功した事例があるのか気になりますよね。

この章では、具体的なМ&A戦略の成功事例を確認していきましょう。

今回は、事業譲渡を目的にМ&Aを行った企業の事例です。

ネイルサロンのオーナーであるAさんは、出産と旦那さんの転勤のために企業売却を検討し始めました。

譲渡条件について話し合った結果、従業員の雇用を第一に考えてくれる会社に譲渡したいとのことだったのです。

そこで、同業社でなく、今後ネイルサロン業界進出を検討している異業種から探すことにしました。

同業社ではなく、あえて健康食品販売をしているB社に話を持ち掛けたのです。

B社は、今後ネイルサロン事業に新たに進出を目指しておりプロのネイリストもМ&Aで手に入れたいと考えていました。

従業員の雇用を継続させたいという双方の意見がマッチし、わずが2ヶ月でクロージングまで進んだのです。

今回のМ&A戦略は、従業員の雇用を継続させるために従業員ごと買収したいと考える業界に絞ったことでした。

同業種ではすでに従業員は在籍しているので、従業員が不在の他業種にアプローチをしたのです。

このように、М&Aの目的が何かを明確にすることで、М&Aの戦略は策定することができます。

9.М&A戦略を策定するならM&A専門家に相談しよう

М&A戦略を策定するならM&A専門家に相談しよう

М&A戦略を行う際には、知識や経験豊富なМ&A専門家に相談するようにしましょう。

経営者のみでM&Aの戦略を練るのは非常に難しいです。

仮に策定できたとしても、本業に支障をきたし、М&Aが失敗に終わってしまう場合もあるのです。

しかし、М&A専門家に相談することで、自社分析、業界分析、他社分析など多岐に渡る業務をサポートしてくれます。

そうすることで、スムーズかつ目的に沿ったМ&Aを実施することができるのです。

М&A戦略を実施する際には、М&A専門家に相談しましょう。

М&A専門家に相談することで、戦略通りのМ&Aを実現させることができますよ。

おすすめのМ&A仲介会社については『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』を併せて確認してくださいね。

まとめ

М&A戦略とは、М&Aを行う際に入念に計画を立案したり目的に合った方法を作成することを指します。

М&A戦略を行う際には、以下の2点が非常に大切です。

  1. 目的の明確化
  2. 懸念点に対する打開策の策定

М&A戦略を策定することで、目的に沿ったМ&Aを実施することができるのです。

М&Aを実施する際には、戦略をしっかり立てましょう。

そうすることで、目的に沿った満足感の高い取引を行うことができますよ。

М&Aの手法に関しての詳細は『M&Aの基本的な手法とは?手法を分類する3つのポイントから解説!』を併せて確認してくださいね。