小規模M&Aもしっかりサポート!オンデックの特徴や注意点とは

オンデックアイキャッチ

オンデック」についてお調べですね。

オンデックは、小規模なM&Aも仲介してくれる実力のあるM&A仲介会社です。

多くの実績をもとに、最後までM&Aを細やかにサポートしてくれます。

今回は、オンデックの特徴や注意点、手数料を徹底解説!

オンデックがあなたの会社に合った仲介会社でなければ、お金や時間をかけてもM&Aが成立しないなんてことになってしまいますよ。

オンデックの特徴を知り、自社のM&Aを成功させてくれる仲介会社か判断しましょう。

目次

1.オンデックの3つの特徴

オンデックトップ

オンデックは、創業から今まで中小企業のM&A支援に特化してきた仲介会社です。

実力のあるコンサルタントの丁寧なサポートを武器に、実績を積み上げてきました。

オンデックの特徴は3つあります。

  1. 最低成功報酬が300万円と安い
  2. 成約実績の多いコンサルタントがサポートしてくれる
  3. 多彩なネットワークから買い手企業を見つけてくれる

それぞれの特徴を詳しく確認しましょう。

特徴1.最低成功報酬が300万円と安い

オンデックは、最低成功報酬を300万円に設定しています。

最低成功報酬とは、M&Aが成立したときに仲介会社へ支払わなければならない最低額のことです。

M&Aの成功報酬は譲渡価格の数%で算出され、譲渡価格により金額は変動します。

たとえば譲渡価格は5,000万円、成功報酬は譲渡価格の10%で、最低成功報酬が2,000万円の場合を考えてみましょう。

譲渡価格5,000万円の10%は500万円のため、成功報酬は500万円です。

しかし、最低成功報酬が2,000万円の場合、成功報酬は2,000万円になります。

最低成功報酬が高く設定されていると、譲渡価格が低い小さなM&Aは割高になるのです。

その点、オンデックは最低成功報酬を300万円に設定しています。

M&Aの最低成功報酬の相場は500万円~1,000万円なので、相場から考えてもオンデックの最低成功報酬は非常に安い設定です。

上記の例の場合、成功報酬は300万円を下回らないため、計算通りの500万円が成功報酬となります。

成功報酬が2,000万円と500万円では、1,500万円もの差額が発生するのです。

最低成功報酬が安いと、小規模な会社でもM&Aをしやすいでしょう。

オンデックなら、個人事業主や店舗単位のM&Aも積極的に行ってくれますよ。

特徴2.成約実績の多いコンサルタントがサポートしてくれる

経験とノウハウを持ったコンサルタントが、M&Aを成立まで支えてくれます。

オンデックのコンサルタントの成約実績は業界平均を上回っており、成約数から見ても経験を積んでいるコンサルタントが多く在籍しているのです。

M&A仲介業界では、コンサルタント1人あたりの年間成約数は1件にも満たないと言われています。

しかし、オンデックのホームページには「業界平均の倍以上の水準で推移している」と記載されているのです。

単純計算しても、コンサルタント1人あたり年間2件以上成約していると考えられます。

オンデックなら、経験を積んだコンサルタントが担当してくれる可能性が高いでしょう。

特徴3.多彩なネットワークから買い手企業を見つけてくれる

創業から蓄積されたネットワークを駆使し、ベストな買い手企業を見つけてくれます。

オンデックは中小企業のM&Aに特化し、業務を通じて数多くの企業とのつながりを構築してきました。

金融機関や会計事務所、法律事務所など、1万社以上と協力関係にあります。

全国の事業引継ぎ支援センターとも連携し、買収ニーズを持った企業の情報を集めているのです。

オンデックに依頼すると、様々なネットワークから最適な買い手企業を探してくれるでしょう。

2.オンデックとは

オンデックの特徴を見てきましたが、「実際、どんな会社なの?」と思う方もいると思います。

会社概要や企業理念から、オンデックがどんな会社か読み解いてみましょう。

会社情報を知ることで、より深くオンデックを理解できるはずです。

2-1.会社概要

企業名 株式会社オンデック
代表取締役社長 久保 良介
創業 2005年7月
資本金 1億円
従業員 23名
本社所在地 〒541-0056
大阪市中央区久太郎町1丁目9-28
松浦堺筋本町ビル 2階
TEL: 06-4963-2034
東京オフィス 〒100-0014
東京都千代田区永田町1丁目11-28
合人社東京永田町ビル 3階
TEL: 03-6434-0132
公式ホームページ https://www.ondeck.jp/

オンデックは、中小・小規模企業へのM&A支援を目的に創業されたM&A仲介会社です。

2005年創業以来、大阪と東京を拠点に数多くの実績を積み重ねてきました。

オンデックの事業内容は以下の通りです。

  • M&Aに関する仲介、斡旋、アドバイザリー業務
  • 企業及び事業の再生、再構築に関するアドバイザリー業務
  • 企業、事業のデューデリジェンス業務

個人事業主から上場企業まで、事業規模に関わらない仲介を行っています。

中小企業M&Aの支援に特化しているオンデックは、どのような方針で経営を行っているのでしょうか。

企業理念から確認しましょう。

2-2.企業理念

オンデックは、「価値を繋ぎ、発展を導く」という理念を掲げています。

「価値を繋ぐ」というのは、不況時でも継続してM&A支援を続けてきた企業としての自負が表れた言葉でしょう。

創業して間もなく起こったリーマン・ショックにより競合他社が廃業する中、オンデックは着実に実績を積み重ねてきたからです。

不況時は再生型M&Aを積極的に取り組み、現在は後継者問題による事業承継に尽力しています。

これからも時代のニーズに合わせて、M&Aを活用する企業を支援してくれるでしょう。

2-3.運営メンバーの特徴

オンデックのメンバーには、実力のあるコンサルタントが多いです。

M&A仲介業界の平均を上回る年間成約数(1人あたり)を誇っています。

多くの成約に携わってきたコンサルタントが多いことは、M&Aが初めての経営者にとって頼もしい限りでしょう。

ただし、社内に公認会計士や弁護士といった専門家が所属しているという記載は見つかりませんでした。

代わりに外部の専門家と提携しています。

コンサルタントでは判断の難しい専門的な質問には、すぐ回答を得られないかもしれません。

3.オンデックに依頼したときの手数料

オンデックに依頼した場合の費用は、以下の4つです。

  1. 相談料
  2. 着手金
  3. 中間報酬
  4. 成果報酬

それぞれ詳しく確認しましょう。

手数料1.相談料

オンデックの相談料は無料です。

相談では自社の状況や希望条件を、コンサルタントがヒアリングしてくれます。

簡易的な企業評価価値の算定も無料です。

ヒアリングと直近3期分の決算書から、算定してくれます。

自社の価値を知りたい場合、まずは気軽に相談しましょう。

手数料2.着手金

オンデックの着手金は、一律30万円です。

着手金とは調査や資料作成のために使われる費用で、正式な契約時に仲介会社に支払います。

一般的に着手金は、50万円~200万円かかるため平均より低い料金設定です。

着手金を払うと、買い手企業との基本合意まで報酬は発生しません。

着手金の料金が明記されている仲介会社は珍しく、安心して依頼できる環境を整えている会社でしょう。

手数料3.中間報酬

オンデックでは、買い手企業との基本合意時に中間報酬が発生します。

中間報酬とは、M&Aが基本合意などある程度進んだ時点で仲介会社に支払う報酬のことです。

オンデックでは、成果報酬の10%を中間報酬として支払います。

たとえば成果報酬が2000万円の場合、10%の200万円が中間報酬です。

最低中間報酬は50万円に設定されています。

中間報酬は、M&Aが不成立であっても戻ってこない費用です。

中間報酬を無駄にしないよう、基本合意までにしっかり互いの理解を深めましょう。

手数料4.成果報酬

オンデックの成果報酬は、レーマン方式で譲渡価格の1%~5%となります。

成果報酬とは、M&Aが成約した場合に仲介会社等に支払う報酬のことです。

一般的に、M&Aの成果報酬はレーマン方式を使い計算します。

レーマン方式とは、取引された金額に対して一定の報酬料率を掛けた金額を求める方法のことです。

一般的に使われているレーマン方式で成果報酬を算出するため、オンデックの成果報酬は平均的な金額でしょう。

具体的な金額を当てはめてみると、イメージが掴みやすいはずです。

実際に、オンデックの成果報酬を考えてみましょう。

レーマン方式の計算方法

たとえば、譲渡価格が10億円と想定して計算しましょう。

レーマン方式の報酬料率は以下になります。

譲渡価格 レーマン方式
5億円までの部分 5%
5億円超え~10億円未満の部分 4%
10億円超え~50億円未満の部分 3%
50億円超え~100億円未満の部分 2%
100億円を超える部分 1%

譲渡価格が10億円の場合、計算は以下のようになります。

計算の結果、譲渡価格10億円の場合、成果報酬は4,500万円です。

コンサルタントに相談するときに、大体の譲渡価格と成果報酬を見積もってもらいましょう。

レーマン方式は、『レーマン方式によるM&A仲介会社の報酬料の計算方法を世界一わかりやすく解説』で詳しく説明しています。

4.オンデックに依頼するときの注意点

オンデックに依頼するときに、注意することがあります。

  1. 着手金・中間手数料は一度払うと戻ってこない
  2. 会計士などの専門家が社内にいない

それぞれの注意点を確認しましょう。

注意点1.着手金・中間報酬は一度払うと戻ってこない

着手金と中間報酬は一度払うと戻ってきません。

着手金は依頼するときに支払いますが、何らかの理由でM&Aを途中でやめても返金されない費用です。

基本合意時に支払った中間報酬も、M&Aの成立・不成立にかかわらず返還されません。

着手金や中間報酬が負担に思うようならば、これらの費用がかからない仲介会社を検討した方がいいでしょう。

注意点2.会計士などの専門家が社内にいない

専門家の在籍について、オンデックの公式ホームページには記載していません。

オンデックは外部の約700の税理士事務所・会計事務所と提携しています。

専門家が必要な場合は、提携している外部の専門家と協力するのでしょう。

しかしそのため、専門的な税務や会計の質問にはすぐ回答が得られない可能性があります。

専門家のサポートを直接受けたい場合は、専門家が社内に在籍している仲介会社の方が合っているでしょう。

5.オンデックに依頼したときの流れ

オンデックに依頼した場合の流れについて、見ていきましょう。

流れは以下のように9つに分けて説明します。

  1. 問い合わせ
  2. コンサルタントとの面談
  3. M&Aアドバイザリー契約
  4. 買い手企業候補の選定
  5. 買い手企業との面談
  6. 意向表明書の受け取り
  7. 基本合意契約の締結
  8. デューデリジェンス対応
  9. 最終契約交渉・締結とクロージング

流れを詳しく確認して、オンデックに依頼したときのイメージを描いてみてくださいね。

流れ1.問い合わせ

問い合わせは電話またはホームページから行えます。

電話の場合、平日の10時から18時までに0120-769-732から問い合わせましょう。

ホームページの場合、『お問い合わせ』から問い合わせフォームに進み、以下の内容を入力します。

  • 名前※
  • 会社名
  • メールアドレス※
  • 電話番号
  • オンデックからの連絡方法※
  • 問い合わせ内容※
  • 譲渡または買収か※

「※」は必須項目です。

問い合わせ後、オンデックから連絡がきて軽いヒアリングを行われ、実際にコンサルタントと面談します。

流れ2.コンサルタントとの面談

コンサルタントとの面談では、財務状況や譲渡の希望条件などを話します。

おおまかな企業評価も見積もってくれるため、3期分の決算データを用意しておきましょう。

また、どのような譲渡方法が適しているか提案してくれます。

コンサルタントからの提案に納得すれば、オンデックに正式に依頼するか検討してください。

M&Aに対する疑問や不安があれば、遠慮せずコンサルタントに聞いておきましょう。

流れ3.M&Aアドバイザリー契約

コンサルタントからの提案に同意すれば、オンデックとM&Aアドバイザリー契約を締結します。

M&Aアドバイザリー契約とは、M&A仲介会社とM&A業務のサポートを依頼する契約です。

契約すると、以下のようなサポートを行ってくれます。

  • M&Aのスケジュール管理
  • 買い手企業へ提出する資料の作成
  • 買い手企業の選定
  • 買い手企業の経営者との面談のセッティング
  • 基本合意、最終契約等に関する交渉・締結・アドバイス
  • デューデリジェンス対応
  • M&A成立時の手続きに関するアドバイス

この段階で、着手金30万円をオンデックへ支払います。

契約後はコンサルタントがあなたの会社に関する詳細な資料を作成してくれるため、謄本や労務関係資料などを揃えておくとよいでしょう。

流れ4.買い手企業候補の選定

コンサルタントが、希望条件に合った買い手企業を探してくれます。

買い手企業候補が現れると、売り手企業に対して事業や財務について追加の質問が出てくる場合が多いです。

オンデックを通して、両社の質疑応答を進めます。

買い手企業から質問だけでなく追加資料を依頼される場合もあるため、すぐに資料を提出できるように準備しておきましょう。

十分に互いの会社を知ってから、実際に経営者同士の面談を行います。

流れ5.買い手企業との面談

オンデックを通しての質疑応答を終えると、実際に買い手企業の経営者とトップ面談を行います。

トップ面談とは、M&Aを行う経営者同士が直接話し合う面談のことです。

面談では、経営方針やM&Aに対する考えを話し、互いの会社について理解を深めます。

相互理解のための場であり、譲渡条件の交渉はしません。

面談は1回きりではなく、複数回行うことが多いです。

また、面談だけでなく工場や事務所など現地視察を行うこともあります。

不安なことは質問し、あなたの会社を任せられるか判断しましょう。

流れ6.意向表明書の受け取り

買い手企業が買収の意思決定をしたら、買い手企業から意向表明書が提出されます。

意向表明書とは、買い手企業が売り手企業を買収する意思を示す書類です。

売り手企業は意向表明書を受け取り、納得できれば買い手企業と基本合意契約締結に進みます。

面談や意向表明書の内容について分からないことがあれば、オンデックの担当者にすぐに相談しましょう。

意向表明書については、『LOI(意向表明書)とは?内容や条項についてわかりやすく解説』で詳しく説明しています。

流れ7.基本合意契約の締結

買い手企業からの意向表明書に同意すると、基本合意契約を締結します。

両社で合意した大まかな条件が記載された基本合意契約書をもとに、最終契約まで交渉するためしっかり内容を確認しましょう。

基本合意契約を締結は、M&Aにおいて一つの節目です。

このときに、オンデックへ中間報酬の支払いを行います。

契約後は、買い手企業が実施するデューデリジェンスの対応をしましょう。

流れ8.デューデリジェンス対応

基本合意契約を締結すると、買い手企業は売り手企業に対してデューデリジェンスを行います

デューデリジェンスとは、買い手企業が売り手企業の財務状況や事業などを詳しく調査することです。

売り手企業はデューデリジェンスがスムーズに終わるよう、オンデックの担当者と提出資料の用意をしておきましょう。

デューデリジェンスについては、『デューデリジェンスの正しい意味は?目的や方法をわかりやすく解説』で詳しく説明しています。

流れ9.最終契約交渉・締結とクロージング

デューデリジェンスの結果を踏まえ、最終契約条件の調整を行います。

M&A実行後の経営体制の検討や準備、従業員や取引先に対しての告知などにもオンデックの担当者と対応していきましょう。

最後に譲渡対価の受け取りなど、必要な手続きを行います。

オンデックへ成果報酬の支払いを行えば、M&Aは完了です。

以上が、オンデックに依頼した場合のM&Aの流れになります。

一般的なM&Aの流れと同じです。

M&Aの流れについてさらに詳しく知りたい人は、『【初心者向け】M&Aの手続きの流れを12のステップでわかりやすく解説!』で詳しく説明しています。

6.オンデックの実績と評判

オンデックの注意点や流れを見てきてきました。

でも、実際どんな仲介をしたのか気になる人もいるでしょう。

オンデックのホームページから、3件の実績を紹介します。

ただし、オンデックのホームページには評判は載っていませんでした。

オンデックに依頼した場合の参考にしてくださいね。

実績1.M&Aで熟練技術者の技術力を次世代へ承継

売り手企業A社は、ステンレスサニタリー機器の設計から工事までワンストップで行う産業用機器メーカーです。

後継者不在と熟練技術者の高齢化から、将来も継続できる組織体制作りが課題でした。

商工会議所に相談したところ、オンデックを紹介されたそうです。

オンデックと複数回面談を重ね、企業評価や企業マッチングなどについて説明を受けました。

M&Aに対する不安を解消したところで、オンデックに正式に依頼することにしたのです。

一方、買い手企業B社は製造設備の制御ソフト開発から制御盤設計・製作まで様々な分野で事業を行っています。

しかし、設備の製造ノウハウは持ち合わせておらず、設備製造分野への進出を課題でした。

売り手企業A社にとって、買い手企業B社の従業員は若く、技術承継する相手として最適の企業だったのです。

M&A実行後、買い手企業B社の役員派遣により、売り手企業A社の後継者問題が解消されました。

このように、オンデックは売り手企業にとって魅力的な買い手企業を見つけてくれるでしょう。

実績2.好調事業を関連分野への拡大を目指す企業へ売却

売り手企業C社は、成長を見込めるものの経営資源を効率的に活用できていない事業の売却を考えていました。

売却を検討していた事業は人材派遣業で、特定業種の派遣に特化しています。

前経営者の紹介により、買い手として取引のあったオンデックに相談しました。

オンデックが譲渡先を探すと、非常に多くの企業から反響があったそうです。

その中でも、最も好条件であった買い手企業D社と独占交渉に入りました。

買い手企業D社は、売却事業と同じ人材派遣業を展開しています。

ニッチな市場に特化した売り手企業C社の売却事業に、買い手企業D社は魅力を感じたのです。

両社の経営者のスピーディーな決断により、トップ面談からわずか1ヶ月でクロージングされました。

この事例のように、オンデックなら売り手企業を高く評価してくれる買い手企業を紹介してくれるでしょう。

実績3.中堅企業との統合で経営基盤安定化を実現

売り手企業E社は、電子工業装置機器等の設計開発を行っている中小メーカーです。

後継者問題による将来への不安を感じていました。

古くから取引のある信用金庫に相談したところ、小規模M&Aにも対応するオンデックを紹介されたのです。

オンデックが買い手企業候補を選定し、最終的に買い手企業F社が残りました。

買い手企業F社は、計測装置機器等の開発から販売を手掛けている中堅企業です。

業界では一定のシェアと知名度があり、海外展開も積極的に行っています。

買い手企業F社は、売り手企業E社の高い技術力に興味を持ちM&Aを決断しました。

M&A実行後、売り手企業E社は後継者問題を解決でき、安定した経営基盤のもと技術力を活かして事業領域を拡げています。

このように、オンデックは小規模な会社でもその技術力などの特性を活かせるM&Aを行ってくれるでしょう。

7.オンデックがオススメ・オススメじゃない経営者

オンデックの実績を読んだものの、「自社に合った仲介をしてくれるか判断できない」という人もいると思います。

ここではもっと分かりやすく、オンデックがオススメな経営者、オススメできない経営者を確認しましょう。

オンデックが自社のM&Aを成功に導いてくれる会社か、判断してみてください。

7-1.オンデックがオススメな経営者

以下に当てはまるなら、オンデックとの相性は良好です。

  1. 中堅・中小企業の経営者
  2. 経験豊富なコンサルタントにサポートしてもらいたい経営者

それぞれの理由を詳しく確認しましょう。

①中堅・中小企業の経営者

売上数千万から売上100億円ほどの中堅・中小企業は、オンデックに向いています。

オンデックは中小企業のM&A事業に特化し、実績を積んできたからです。

中小企業のM&Aなら、蓄積した経験からスムーズに対応してくれるでしょう。

②経験豊富なコンサルタントにサポートしてもらいたい経営者

実績を積んだコンサルタントに支援してもらいたいならば、オンデックはぴったりです。

オンデックのコンサルタント一人当たりの成約数は、平均を上回っています。

成約件数が多いということは、それだけ経験を積んでいるということです。

オンデックなら、経験豊富なコンサルタントが担当者につく可能性が高いでしょう。

7-2.オンデックをオススメできない経営者

一方、オススメできない経営者は以下のような経営者です。

  1. 大手企業の経営者
  2. 着手金や中間報酬を払いたくない経営者

オススメできない理由も確認しましょう。

①大手企業の経営者

大手企業の経営者の場合、オンデックは向いていません。

オンデックは中小企業のM&A専門の仲介会社です。

売上数百億円の大手企業の場合、証券会社や仲介会社の方が大きなM&Aの対応に慣れているでしょう。

②着手金や中間報酬を払いたくない経営者

着手金や中間報酬を支払いたくない経営者も、オンデックはオススメできません。

着手金や中間報酬は一度払うと戻ってこないため、支払ったのにM&Aが成立しなかったということもあり得ます。

そのようなリスクを負いたくない経営者は、着手金や中間報酬が不要な仲介会社を検討した方がいいでしょう。

8.もっと低価格で気軽にM&AをしたいならM&A総合研究所がおすすめ

オンデックは、実力のあるコンサルタントが小規模なM&Aでもサポートしてくれる会社です。

でも、オンデックが自社に合わない気がする人もいるでしょう。

そんな方にオススメするのは、M&A総合研究所です。

オススメ理由は2つあります。

  1. 着手金・中間報酬不要で負担が少ない
  2. 専任の公認会計士がフルサポートしてくれる

それぞれの理由を、詳しく確認しましょう。

理由1.着手金・中間報酬不要で負担が少ない

M&A総合研究所は、相談料、着手金、中間報酬が無料です。

最後まで費用がかからないため、M&Aを進めやすいでしょう。

詳しく説明すると、売り手企業の場合相談料、着手金、中間報酬に一切費用はかかりません。

買い手企業の場合、相談料と着手金は無料ですが、基本合意時に中間報酬を支払います。

売り手企業にとって負担の少ない料金体系で、M&Aを進ませやすいでしょう。

理由2.専任の公認会計士がフルサポートしてくれる

M&A総合研究所なら、公認会計士が直接サポートしてくれます。

M&A総合研究所にはM&Aに強い公認会計士が多く在籍しており、M&Aの相談にのってくれるのです。

案件には公認会計士が必ず1名ついて、M&Aを支援してくれます。

高度な知識が必要な課題にも、専任の公認会計士が解決に尽力してくれるでしょう。

M&A総合研究所については、『業界最安値って本当に大丈夫?M&A総合研究所がおすすめの4つの理由とは』で詳しく説明しています。

まとめ

オンデックは、中小企業に特化した実力のあるM&A仲介会社です。

以下の点を求める経営者は、オンデックに相談してみてもいいでしょう。

  • 中堅・中小企業である
  • 着手金を払った方が安心できる
  • 絶対に経験豊富なコンサルタントにサポートしてもらいたい

経験と信頼を兼ね備えたオンデックが、最適な買い手企業を見つけてくれるでしょう!

でもあなたの会社にぴったりの仲介会社を見つけるには、オンデック以外の仲介会社も比較するべきです。

仲介会社によって料金やサポート範囲の違いがあり、M&Aの成功は仲介会社の選択によって左右されます。

他の仲介会社については、『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』で紹介しています。

複数の会社を比較して、あなたの会社のM&Aを成功させてくれる仲介会社を見つけましょう!