業界最安値って本当に大丈夫?M&A総合研究所が選ばれる4つの理由

M&A総合研究所のアイキャッチ

M&A総合研究所へ相談しようかお悩みですね。

M&A総合研究所は、業界最安値水準で公認会計士がフルサポートをするM&A仲介会社です。

まだまだ新しい会社ではあるものの、スピーディーにM&Aを実現させることで実績を積み重ねています。

今回は、M&A総合研究所に依頼する前に知っておきたい情報や利用するときの流れについて詳しく解説!

「業界最安値で本当に大丈夫?」という疑問を解決するために事例も載せています。

なんとなく利用を考えている人も、本当にM&A総合研究所を使うべきなのか、答えが出るはずです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1.M&A総合研究所が選ばれる4つの理由

M&A総合研究所は、公認会計士など経験豊富なアドバイザーがフルサポートする業界最安値水準のM&A仲介会社です。

他のM&A仲介会社とは違って、初期費用がかからず、気軽にM&Aを検討できる仕組みとなっています。

M&A総合研究所が選ばれる4つの理由を確認しましょう。

  1. 相談料、着手金が無料なので気軽に相談できる
  2. 交渉力があるので高い価格でM&Aが成立する
  3. スピーディーにM&Aを成立させてくれる
  4. 会計士、弁護士、M&Aアドバイザーの3名によるフルサポート

それぞれわかりやすくお話しますので参考にしてみてください。

理由1.相談料、着手金が無料なので気軽に相談できる

M&A総合研究所は、相談料、着手金が無料なので気軽に相談することができます。

完全成功報酬という報酬制度を取っており、M&Aが成立するまで一切の費用がかかりません。

通常、M&A仲介会社に依頼をすると50万円~200万円の着手金や中間金が必要です。

しかし、M&A総合研究所ならM&Aが成立するまでの業務も無料で行います。

日本のM&Aにはお金と時間がかかりすぎることで事業承継やスタートアップに苦しむ人が多いです。

そこで、着手金、中間金が無料となる完全成功報酬とすることであらゆる障壁を取り除き、M&A成立に集中してもらえる体制を整えています。

そのため、専門家への相談に不安がある、手持ちの資金では厳しいという人でも、気軽にM&Aを検討していただけるのです。

完全成功報酬とした背景やスピード成立を重視する理由などはForbes(フォーブス)や日本経済新聞から取材を受けたことがあります。

もし、詳しく知りたいという人がいましたら以下でチェックしてみてください。

理由2.全国のネットワークを使って最適な相手企業を見つけてくれる

M&A総合研究所なら、広いネットワークの中から優良な相手企業を複数見つけてご紹介します。

優良な買い手企業とは、あなたの会社をM&Aをすることに強い魅力を感じる企業のことです。

たとえば、あなたの会社が関西で展開しているスーパーだとしましょう。

関東でしか展開できていないスーパーの会社はあなたの会社を買収することで、手軽に関西進出できるのです。

このように強い魅力を感じてもらえる会社は、高い価格を払ってでもその事業を手に入れようとします

M&A総合研究所は全国の銀行や証券会社とのネットワークを持っているため、常に多くの買い手企業情報を持っているのです。

また、独自のAIシステムより、優良な買い手企業を紹介することができます。

理由3.スピーディーにM&Aを成立させてくれる

M&A総合研究所は、すぐにM&Aを実現させるので無駄がありません。

通常M&Aは、検討~成立まで6ヶ月以上かかると言われています。

しかし、M&A総合研究所は平均3~6ヶ月でM&Aを成立させることを目標にして実現し続けているのです。

M&A専門の公認会計士や弁護士がいることで、企業価値算定やデューデリジェンスにかかる時間が短縮できます。

また、専門知識が豊富なので買い手企業との交渉もスムーズに進めることができるのです。

こうした強みがあることで、スピーディなM&Aの成立を実現しています。

理由4.会計士、弁護士、M&Aアドバイザーの3名によるフルサポート

M&Aを行うには経理、財務、法務など様々な知識が必要となります。加えて、業界ごとの事情を理解も求められます。

M&A総合研究所では、会計士、弁護士、M&Aアドバイザーの3名をアサインすることで、M&Aのあらゆる場面に対応しています。

この3名体制を敷ける仲介会社は少ないので、買い手と売り手の双方にとって心強い味方になってくれるはずです。

2.M&A総合研究所とは

M&A総合研究所の4つの特徴を紹介しましたが、「そもそもどんな企業なの?」と疑問に思う人も多いですよね。

そこで、会社概要や企業理念、運営メンバーの特徴を確認していきましょう。

どんな企業なのか、より理解が深まるはずです。

2-1.M&A総合研究所の会社概要

企業名 株式会社M&A総合研究所
代表取締役 佐上 峻作
本社住所・電話番号 東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
0120-401-970
アクセス 都営大江戸線、東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩3分
メールアドレス all@masouken.com
資本金 4.11億円(資本準備金含む)
従業員 72人(アルバイト含む)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

まずは、会社概要から確認しましょう。

株式会社M&A総合研究所は、2018年に設立されたばかりの新生企業です。

現在は、以下の3つを中心に事業運営をしています。

  • M&Aプラットフォーム事業(M&Aのマッチングサイト事業)
  • M&A仲介事業(公認会計士が専属でサポートするM&A仲介事業)
  • M&Aメディア事業(M&Aの情報発信メディア事業)

なぜこの3つの事業を展開しているか、企業理念を確認すると理由が分かります。

2-2.企業理念

M&A総合研究所は、『M&Aを企業戦略や事業承継の手段として、より身近なものにしたい』という思いで経営をしています。

現在、中小企業の後継者不足が社会問題となっており、日本でも気軽にM&Aを行う時代です。

しかし、以下のような問題がM&A業界にはあります。

  1. 不透明な点が多く安心してM&Aを検討出来ない
  2. 仲介手数料が高い
  3. 経営者の納得のいく相手企業とM&Aが実施されていない

そこで、M&A総合研究所はメディア事業でM&Aの基礎知識を伝え、仲介手数料を他社よりも低く設定しました。

また、最先端のAI技術を使って優良企業を紹介する体制を整えたことで、納得のいく相手企業とのM&Aを実施することができるようになったのです。

このように、M&A総合研究所では『もっとM&Aを身近に』をテーマに事業を運営しています。

2-3.運営メンバーの特徴

M&A総合研究所の運営メンバーは、M&Aのプロフェッショナル揃いです。

代表の佐上は自身が立ち上げたIT企業をM&Aで売却したことをきっかけに、「もっとM&Aを身近なものにしたい」という思いでM&A総合研究所を立ち上げました。

また、公認会計士の高谷は財務・税務のデューデリジェンスなどM&A関連の実績が豊富です。

さらに、顧問弁護士の小鷹も、M&Aのサポートやベンチャー企業の法務サポートの実績があります。

他にもM&Aコンサルタントが在籍していますが、全員M&Aに強い公認会計士ばかりです。専門知識豊富な公認会計士他、アドバイザーによってM&Aをフルサポートすることができます。

2020年には、中途採用のホームページを開設し、更なる体制の強化を図っています。もし、M&Aアドバイザーとして活躍したいという人がいましたら、以下でチェックしてみてください。

M&A総合研究所の採用サイト(中途採用)

3.M&A総合研究所のこれまでの実績

M&A総合研究所について詳しく紹介していきました。

しかし、一番大切なのはこれまでの実績ですよね。

M&A総合研究所は、月間相談数や手数料満足度、相談したい会社のすべての実績で1位を獲得した実力があります。(M&A仲介会社のブランド認知度に関する調査2019年11月:株式会社ESP総研)

そこで、M&A総合研究所が行ってきたM&Aの事例の中からいくつか紹介します。

順番に確認してみてください。

実績1.創業から3年のIT企業を10億円で売却

売り手企業のT.Y.さんは、創業3年のIT企業を10億円で売却することに成功しました。

実は、M&A総合研究所に相談する前に、他の仲介会社へ相談していたそうです。

しかし、なかなか決まらずM&A総合研究所へ相談をしたところ、1社目との面談でM&Aが決まりました。

この事例では、相談して3ヶ月後にはM&Aが成立したスピード感がポイントです。

M&Aの経験が豊富なため、デューデリジェンスから契約締結まで非常にスムーズに進み、安心してお任せできました。

M&A総合研究所│M&A成功事例

公認会計士が対応したことで、T.Y.さんも安心してM&Aを進めることが出来たようです。

実績2.経営基盤強化のため介護施設を売却

A.K.さんは、介護施設を運営していましたが、経営基盤強化のために大企業の参加に入ることを決意しました。

時代に合わせた経営が出来ていないことに縮小傾向となっていた事業に従業員も不安を感じていたのです。

不安があるなか、M&A総合研究所に思いを打ち明け、二人三脚で戦略を練りました。

そして、相談から6ヶ月で会社の売却が決まったのです。

交渉段階では、売却後も従業員の待遇を下げることをしないと約束して頂くなど、私の意見を反映して頂くこともできました。

M&A総合研究所│M&A成功事例

このように、大企業傘下に入っても従業員の待遇を下げたくないというA.K.さんの思いを汲み取り、最後までM&Aの交渉を進めました。

実績3.事業承継のために飲食会社を売却

まだまだ現役!と頑張っていたときに体調を崩したK.N.さんは、事業承継のためのM&Aを決意しました。

すでに体調を崩していたため、出来るだけ早くM&Aを成立させたいという思いを持っていたようです。

M&A総合研究所へ相談してから1ヶ月で買い手企業を選定、4ヶ月でM&Aが実現しました。

このスピード感は全国に公認会計士ネットワークがあるM&A総合研究所だからこそ実現したのです。

担当していただいた小泉さんには、相続の話などの相談にも乗っていただき、親身に寄り添っていただき本当に感謝しています。

M&A総合研究所│M&A成功事例

このように、K.N.さんは親身になって相談を受けてもらえたことに満足しているようです。

その他もっと事例が見たいということでしたら以下の記事を参考にしてみてください。

M&A事例50選!成功への鍵を徹底解説!【2020年最新版】

4.M&A総合研究所を利用する流れ

「M&A総合研究所に相談してみようかな」と思った人は、M&A総合研究所を利用する流れが知りたいですよね。

M&A総合研究所を利用する流れは9つのステップに分けることができます。

売り手目線で詳しく確認していきましょう。

STEP1.ヒアリング

まず、M&A総合研究所の無料相談で気になることから依頼内容までお聞かせください。

WEBのお問い合わせフォームもしくは電話(0120-401-970)で遠方の方でも相談することができます。

相談をいただくと、あなたの会社についていくつかヒアリングを進めていくのです。

ヒアリングされる内容は以下が代表的なものとなります。

  • 事業内容などの会社概要
  • なぜM&Aを検討しているのか
  • いつまでにM&Aを成立させたいか
  • いくらでM&Aを成立させたいか

こうしたヒアリングの内容は外部に漏らすことはありません。

いただいた情報から最適な方法を模索していきますので執行役員会などで事前に協議しておくとより素早く進められるでしょう

STEP2.M&A総合研究所からの提案

ヒアリングである程度の情報をいただきましたら、そこから最適な戦略をご提案いたします。

例えば、以下のような戦略を組み立てることが可能です。

  1. 譲渡価格の目標と磨き上げ
  2. M&A成立までの大まかなスケジュール
  3. どこを強みとしてアピールを進めるか

このとき、気になることや疑問に思うことすぐに伝えてください。

そうすることでより最適な戦略を導き出すことができます。

このステップで決定された大まかな方針と戦略で今後は動いていくことになりますので、些細なことでもお気軽にお声掛けください。

STEP3.M&Aアドバイザリー契約の締結

戦略と方針が決定したら動き出す前に料金はかかりませんのでアドバイザリー契約を結びましょう

この契約では、今後の意見に相違がでないよう以下のような内容を取り決めて進めていきます。

  • M&A成立したときの報酬料と支払いのタイミング
  • M&A総合研究所が行う業務はどこまでなのか
  • M&A総合研究所との秘密保持内容

どれも重要なことなので、しっかりと契約内容を確認しましょう。

契約をしていただくことで、本格的に進めることが可能です。

お互いに相違がないよう取り決めをしてから一緒にM&Aの成立に動き出しましょう

※M&Aアドバイザリー契約については、『アドバイザリー契約とは?目的やコンサルティング契約との違いを解説』で詳しく説明しています。

STEP4.事前準備

M&Aアドバイザリー契約が済みましたら、さっそく動き出したいところだと思います。

しかし、動き出す前にリスクを最小限に抑え、スムーズに進めるために事前準備をしていきましょう。

内容は以下の通りです。

  1. あなたの会社の企業価値評価で目安を知る
  2. 買い手企業候補をいくつか見つける
  3. 買い手企業候補への提案資料を作成しておく

企業価値評価はM&A総合研究所に属する公認会計士や弁護士が行いますので、正確な評価をいたします。

もちろん評価を出すための費用は必要ありません。

譲渡価格の目安も優良かつ適切な買い手を見つけるためにも必要ですから、調べておきましょう。

ある程度の候補を絞り、何を求めて何を譲渡するのかなど提案資料を作りこみます。

STEP5.買い手企業候補への打診

優良な買い手候補をいくつか選定し、提案資料が完成しましたらさっそく交渉に向かいます。

交渉に不安を感じる人もいるかと思いますが、提案資料さえ完成していればM&A総合研究所が交渉を進めることが可能です。

安心してお任せいただければ、約1週間から1ヶ月ほどで交渉のステップまでは進められます

STEP6.交渉

作成した資料を活用しながら、候補となった相手企業に打診して意思があれば交渉が始まります。

まずは、両社の経営者がお互いの企業について以下のような内容をまとめるために話し合いをするのです。

  • M&Aに至った経緯
  • M&Aの目的
  • 経営者の理念や今後のビジョン
  • 事業の業務内容
  • 会社の強みや弱み
  • M&A成立後のスケジュール

この話し合いにはM&A総合研究所の担当が立ち合いますので、わからないことがあれば随時説明をしながら進められます。

もし、交渉のときに何か意見がありましたら、事前に相談していただければ話し合いのときにお話しますのでお任せください。

STEP7.基本合意契約の締結

トップ面談での話し合いが進みましたら、ある程度の内容をまとめて基本合意契約書を作成します。

具体的には以下のような内容を含めて作成するのです。

  1. 取引方法(事業譲渡・吸収合併などの手法)
  2. 譲渡価格
  3. 今後のスケジュール
  4. 独占交渉権
  5. デューデリジェンスの協力義務

もちろん契約書の作成、チェックはM&A総合研究所にお任せください

ちなみに、独占交渉権は他の企業とのM&Aを並行して進めないように取り決めすることを指します。

そうすることで、お互いが「今、目の前にあるM&Aに集中することができる」わけです。

大体2~6か月程度までが独占交渉権の有効範囲目安で、それまでに交渉がまとまらなければ別企業との商談を進めることもできるでしょう。

そして、基本合意契約書の作成が終わり、お互いが同意して締結すれば次のステップです。

STEP8.最終合意契約の締結

基本合意契約書に合意し、デューデリジェンスが行われた後は最終合意契約を進めます。

条件交渉から契約書のチェックまでM&A総合研究所が行いますので、一緒に確認して自身の意見が反映されているのか見ていきましょう。

そして、問題がなければ締結してM&Aが確定します。

ちなみに、デューデリジェンスとは法務・税務・財務状況を専門家が確認して問題がないか、不備はないかを見るものです。

ここで、何か不備が見つかれば譲渡価格や条件に修正が入り、最終合意契約書が作成されます。

一緒に確認して問題がなければ次のステップに向かいましょう。

※デューデリジェンスについて詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください。

デューデリジェンスとは?注意点と相談すべき専門家を解説!

※株式譲渡の最終合意契約となるSPAについては、『SPA(株式譲渡契約)とは?必須ポイントを知って自社を守ろう』で詳しく説明しています。

STEP9.クロージング

M&Aについては確定しているので、ここからは最終合意契約の内容に合わせて譲渡対価の受け渡しや統合作業が待っています。

このお互いの企業を統合するなどの最終段階のことをクロージングと呼ぶのです。

クロージングが終われば、譲渡価格によってM&A総合研究所に成功報酬を支払う形となります。

以上がM&A総合研究所を利用する流れでした。

M&Aの手続きの流れについては、『【初心者向け】M&Aの手続きの流れを12のステップでわかりやすく解説!』で詳しく説明しています。

5.M&A総合研究所への相談がおすすめな経営者

ここまでM&A総合研究所の説明をしてきました。

実際どのような経営者におすすめなのか気になりますよね。

以下の条件にあてはまる経営者は特にM&A総合研究所へご相談ください。

  • 中小企業の経営者
  • すぐに売却したい経営者
  • 初期投資のリスクを背負いたくない経営者 など

経験豊富なアドバイザーが徹底的にサポートいたしますので無料相談から気軽にお声掛けください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

M&A総合研究所は、『M&Aを身近に』をテーマに経営者に寄り添うM&A仲介会社です。

  • 中小企業の経営者
  • すぐに売却したい経営者
  • 初期投資のリスクを背負いたくない経営者

これらにあてはまる経営者は、M&A総合研究所へ無料相談をお待ちしております。

納得のいくM&Aプランを提案し、リスクを最小限に抑えて効果を最大化するお手伝いをいたしますので、まずはお気軽なお声掛けをお待ちしております。

※その他のM&A仲介会社について知りたい方は『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』も参考にしてみてください。