M&Aの相談先はどこを選ぶべき?仲介会社6選もご紹介

M&Aの相談をどこにしようかお悩みですね。

M&Aは、どの相談先にサポートしてもらうかによって成功するのかが決まると言っても過言ではありません。

今回はM&Aをサポートを依頼できる適切な相談先を徹底的にご紹介します。

相談相手の賢い選び方や必要な手数料、相談の注意点も解説しているので、適切な相談相手を選んで、M&Aを成功させましょう。

1.M&Aについて聞ける民間の相談先一覧

M&Aについて聞ける民間の相談先は、以下の通りです。

  • 金融機関
  • 会計士・税理士事務所
  • M&A仲介会社

以上の相談先のほとんどが初回の相談料無料となっているので、最初はどこに相談しても金銭的な違いはそれほどありません。

しかし、それぞれの相談先ごとに得意としているM&Aの種類、サポートの方法が異なるため特徴を頭に入れてから相談すべきです。

ここからはそれぞれの相談先について、メリットとデメリットを中心に特徴を紹介していきます。

相談先1.金融機関

銀行や信用金庫などの金融機関では、専用のカウンターを設置しM&A相談を受け付けているところも少なくありません。

特に融資の視点で見る不動産や会社の価値評価に強く、金融機関によっては専門のアドバイザーを多数所属させ積極的なアドバイスを行います。

しかし銀行など金融機関が対応しているのは基本的に大企業のM&Aです。

中堅企業であればサポートしてもらえる可能性もありますが小規模な会社に対しては融資という形でしか対応してもらえないケースが多くあります。

また地方銀行などでは人員が足りず、そもそもM&Aサポートを行っていないこともあるので一度懇意にしている金融機関のサイトなどを確認してみましょう。

相談先2.会計士・税理士事務所

会計士・税理士事務所ではM&Aの会計・税務を中心としたサポートを行っています。

サポートの充実度合いは事務所によって異なりますが、M&Aに特化した会計士・税理士事務所であれば買い手探しや会社同士の統合作業までトータルでサポートしてくれることが多いです。

しかし、会計士・税理士事務所はM&A専門の機関ではないので経験豊富なアドバイザーがあまり在籍していない可能性もあります。

またM&A以外の業務も行う会計士・税理士事務所の場合、M&Aに回せる人材が足りず、サポートに時間がかかることも少なくありません。

M&Aを徹底的にサポートしてもらうには、M&Aに特化した会計士・税理士事務所を利用するか、次で説明するM&A仲介会社を利用しましょう。

相談先3.M&A仲介会社

M&A仲介会社とは、企業のM&Aを専門にサポートしている民間の会社となっています。

M&A仲介会社には色々な種類があり、業界に特化した会社や、小規模なM&Aに特化した会社など多様なので、自分に合った相談先と出会うことが可能です。

M&A仲介会社は、M&Aに特化しているためM&Aに詳しい専門家の数が非常に多く、別の業務も無いので案件には集中して取り組んでもらえます。

そのためM&A成約までのスピードは業界全体の平均で半年、早い仲介会社だと3ヶ月ほどと大変スピーディです。

早く、確実にM&Aを実現するならM&A仲介会社に相談してみましょう。

次は、M&Aの相談先として多くの人が考える「公的機関」の特徴について解説していきます。

2.公的機関に相談するかは状況に合わせて判断しよう

各都道府県では、事業承継やM&Aに関して無料で相談に乗ってくれる公的機関が多数存在していますが、利用は状況に応じて判断しましょう。

各都道府県ごとの相談機関には、商工会議所や事業引き継ぎ支援センターなどがあり、無料で事業承継の相談に乗ってくれます。

しかし公的機関では、あくまでも相談機関なのでM&Aの手続きをダイレクトにサポートしてもらうことはできません

公的機関に相談した後の、具体的な手続きに関してはM&A仲介会社や金融機関、会計士・税理士事務所を紹介されるケースが多いので、スピーディな承継はどうしても難しくなるのです。

持病を抱えている、少しでも早くリタイアしたい、という方は直接民間の相談先に行くのが良いでしょう。

次は、数ある民間の相談先の中で、最初にM&A仲介会社を選ぶべき理由を解説していきます。

3.M&A相談は最初にM&A仲介会社にすべき理由

小規模な会社がM&A相談をM&A仲介会社に依頼すべき理由は、以下の通りです。

  • M&Aサポートを専門に行う機関だから
  • 専門家とのネットワークが広いから
  • 小規模M&Aを積極的に取り扱う会社もあるから

M&Aを成功させて思い入れのある会社を残したいなら、専門家に細かい部分まで頼って進めるほうが安全に成立ままでたどり着けます。

なるべく早く、確実にM&Aを実現するためここからはM&A仲介会社のメリットを見ていきましょう。

理由1.M&Aサポートを専門に行う機関だから

M&A仲介会社は基本的にM&Aサポートのみを業務としている機関であるため、M&Aの知識と経験が豊富なアドバイザーが多く在籍している相談先です。

また、M&A全般の相談に乗ってくれるので「なんの準備をすれば良いか分からない」「買い手の選び方を知りたい」など、率直な質問にも丁寧に答えてくれます。

さらにM&A専門の会社として、常に最新の買い手情報を多数持っているのも特徴です。

広範なネットワークから会社に合った最適な買い手を見つけてくれるので、自力でM&A相手を探すより早く、相性の良い買い手と出会えます。

理由2.専門家とのネットワークが広いから

M&A仲介会社は弁護士や税理士、公認会計士ともネットワークを持っているので、M&A仲介会社に相談すればいろんな専門家のアドバイスをもらうことができます。

まずは弁護士、次は会計士、次は税理士…と、自分で複数の事務所を回る必要が無いので、非常に効率的にM&Aを進められるでしょう。

また、M&A仲介会社によっては公認会計士などの専門家が専任でサポートを行ってくれることもあります。

どの専門家に相談するのが良いか迷っている方は、まずM&A仲介会社に相談してみましょう。

理由3.小規模M&Aを積極的に取り扱う会社もあるから

M&A仲介会社の中には、小規模なM&Aを積極的に扱っているところもあります。

小規模な会社の場合はM&Aをしたいと考えていても、もらえる報酬の額が少なくなることから相談先側が取り扱ってくれない可能性も少なくありません。

しかしM&A仲介会社は非常に数が多く、それぞれ得意分野が異なります。

大手企業のM&Aを中心に取り扱うところもあれば、個人サイト売買など小さなM&Aの仲介に特化しているところも少なくありません。

そのため小規模な会社は、小規模なM&Aに対応した仲介会社を選ぶことができれば丁寧なサポートが受けられます

以上が、M&A仲介会社に相談すべき理由でした。

次はM&Aのお悩み別にぴったりのM&A仲介会社を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

4.M&A相談全国対応の仲介会社3選

M&A相談に全国対応している仲介会社は、以下の通りです。

  • M&A総合研究所
  • M&Aキャピタルパートナーズ
  • ストライク

拠点が地方にある場合など、自分から東京や大阪などの大都市に移動するのが難しいという会社は少なくありません。

相談に行く時間が取れない」という方は、全国どこでも対応しているM&A仲介会社を選びましょう。

ここからは全国に拠点を置いている仲介会社、会社までアドバイザーが全国出張を行ってくれる仲介会社を紹介していきます。

仲介会社1.M&A総合研究所

M&A総合研究所は、アドバイザーが全国出張を行い相談に対応しています。

相談は電話とWEBから申し込めるので、地方に拠点がある場合でもわざわざ依頼や相談に出向く必要はありません。

さらにM&A総合研究所では、専任アドバイザーと公認会計士2名体制での徹底的なサポートをお約束します。

専任アドバイザーと公認会計士がいれば、M&Aに関する疑問や不安もすぐに解消可能です。

またM&A総合研究所は完全成功報酬制となっており、相談からM&A成約までは料金がかかりません

そのため今着手金を支払えるだけのまとまったお金が無い場合でも、気軽にご相談いただけます。

まずは以下の記事でM&A総合研究所の特色や実績をチェックしてください。

業界最安値って本当に大丈夫?M&A総合研究所が選ばれる4つの理由

会社名 M&A総合研究所
URL https://masouken.com/lp01
電話番号 0120-401-970
料金体系 完全成功報酬制
特徴 ・アドバイザーが全国出張可能
・専任アドバイザーと公認会計士の2名体制
・完全成功報酬制

仲介会社2.M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、中小・中堅企業を専門にしたM&A仲介会社です。

コンサルタントが全国各地に出張をしてくれるので、地方に拠点のある方も安心して相談できるでしょう。

M&Aキャピタルパートナーズの強みは、豊富な買い手情報と経験です。

キャピタルパートナーズは東証一部上場の企業で、歴史あるM&A仲介会社「レコフ」を買収したことで豊富なM&Aノウハウと情報を共有しています。

そのため会社に合った買い手を見つけるという点においては、非常に心強い仲介会社だと言えるでしょう。

中小企業専門のM&A仲介会社!M&Aキャピタルパートナーズを解説

会社名 M&Aキャピタルパートナーズ
URL https://www.ma-cp.com
電話番号 03-6880-3800
料金体系 中間金+成功報酬
特徴 ・東証一部上場の企業
・中堅・中小企業専門
・買い手の情報が豊富

仲介会社3.ストライク

ストライクは、東京本社を含め全国7箇所に拠点を置く、大きな仲介会社です。

全国各地の案件に対応しており、エリアを超えたマッチングを成立させた実績も数多く持っています

ストライクは、ネット仲介に強みをもっておりWEBと豊富なネットワークから最適な買い手をスピーディに見つけてくれます。

また、公認会計士が中心となって作られたM&A専門の会社であるため、アドバイザーは特に会計知識が豊富です。

詳しい料金体系や、対応するM&Aの規模については電話やWEBなどで事前に確認しておきましょう。

ネット仲介で有名なストライクってどんな会社?手数料や強みを解説

会社名 ストライク
URL http://www.strike.co.jp/
電話番号 0120-552-410
料金体系 相談料無料
特徴 ・ネット仲介に強み
・会計に強いアドバイザーが在籍

5.小規模なM&Aにも強い仲介会社3選

小規模なM&AにぴったりなM&A仲介会社は、以下の通りです。

  • M&A総合研究所
  • コネクトエッジ
  • クラリスキャピタル

会社の規模が小さい場合、成功報酬がたくさん取れないからという理由で大手仲介会社にサポートを断られてしまうケースもあります。

そのため、同業・同規模の会社の価格から考えて売却価格が1億円以下になりそうなときは、会社の規模に関わらずサポートを行う仲介会社を選びましょう。

ここからは小規模なM&Aでもしっかり対応してくれる仲介会社を3つご紹介していきます。

仲介会社1.M&A総合研究所

M&A総合研究所は、成功報酬に制限を設けていないため小規模な会社でも安心してご相談いただけます

M&A総合研究所は会社の規模を問わず、全国出張サービス、専任アドバイザー、公認会計士によるサポートが可能です。

「自分の会社でも本当にM&Aできるのか」と不安に感じている方はぜひご相談ください。

さらにM&A総合研究所は規模に関わらず同じ「レーマン方式」で成功報酬を計算しています。

レーマン方式とは?M&A仲介会社に支払う報酬の計算方法を解説

M&A総合研究所では、どれだけ小さい規模のM&Aであっても、最低限支払わなければならない報酬額などを設定していません。

会社の規模が小さくても料金面で不利になることはありませんので、まずは電話かWEBで今の状況をお伝えください。

会社名 M&A総合研究所
URL https://masouken.com/lp01
電話番号 0120-401-970
料金体系 完全成功報酬制
特徴 ・専任のアドバイザーと公認会計士が対応
・M&A成約まで料金が不要
・小規模なM&Aでもトータルサポート

仲介会社2.コネクトエッジ

コネクトエッジは、小規模M&A(スモールM&A)に強みを持つM&A仲介会社です。

コネクトエッジが積極的にサポートしているのは、売上が1億円未満、従業員規模が数名〜20名程度と規模が小さい会社が行うM&Aとなります。

大きな仲介会社だと、このようなスモールM&Aは断られるケースが多いですが、コネクトエッジならスモールM&Aの経験と知識を持つアドバイザーによる徹底したサポートを受けられるのです。

さらにコネクトエッジは、会社の規模に関わらずパッケージで報酬額を定めています。

パッケージプラン以外の報酬が基本的に発生しないので、明確な料金体系を好む方は相談してみると良いでしょう。

会社名 コネクトエッジ
URL https://connect-edge.com/
電話番号 03-6870-3453
料金体系 パッケージプラン
特徴 ・スモールM&Aに強み
・報酬額が一定で明快

仲介会社3.クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは、丁寧なサポートで評判のM&A仲介会社です。

売り手側の思いを重視し、最適な買い手を紹介してくれるのでM&Aにお悩みの方もまずは話を聞いてみましょう。

クラリスキャピタルは中堅中小企業を専門とした仲介会社ではありますが、成功報酬が最低で200万円です。

そのため、小規模な会社でも気軽にサポートをお願いできるでしょう。

さらに日本全国、あらゆる業種に経験豊富なアドバイザーが対応するので地方に拠点を持っている方も安心です。

会社名 クラリスキャピタル
URL https://clarisc.co.jp/
電話番号 03-4405-8607
料金体系 完全成功報酬制
特徴 ・最低成功報酬は200万円と低額
・丁寧なサービスに強み
・全国の案件に対応

6.M&A相談をする際の注意点

M&A相談を行う際に注意しておくべきことは、以下の通りです。

  • 実績のある相談先のみに問い合わせる
  • 情報の管理をしっかり行う

実績と経験のある仲介会社を見定め、徹底的にサポートをしてもらうためには相談する側も積極的にM&Aに関わる必要があります

ここからは、M&A仲介会社に相談する際の注意点を解説するので、ぜひ事前にチェックしてください。

選び方1.実績のある相談先のみに問い合わせる

M&Aに関して相談したいときは、M&Aサポート実績のある専門家に問い合わせましょう。

最近はM&Aを行う企業が増加するとともに、M&Aの相談先も増えています。

しかし中には、ほとんど実績が無いにも関わらずM&Aの専門家と称しているケースも少なくありません

設立年から日が浅くまだ実績が積めていないだけの可能性もありますが、サポートが不十分だったり、手数料が高すぎたりと問題のある相談先も存在します。

特に料金面でのトラブルは非常に多いため事前に料金を見積もってもらわなければ、予想しなかった手数料が発生する可能性も少なくありません

仲介会社によっては、故意に手数料を安く見せているケースもあり、注意が必要です。

M&Aについて最初に相談するなら、サイトなどで実績を確認し、経験豊富なアドバイザーが在籍するところにお願いしましょう。

選び方2.情報の管理をしっかり行う

M&Aの相談を行う際には、M&A関係の情報をなるべく隠しておかなければいけません。

M&Aを検討しているという情報が社内外に流れると経営陣に不信感を持った社員が辞めてしまったり、業績が悪くなっていると考えた取引先が契約を切ってしまう可能性があります。

そのため、M&Aが決定するまでは相談や手続きを内密に行う必要があるのです。

また、M&A相談や交渉の過程で得た買い手企業の情報を流出させるのも避けましょう。

買い手企業の情報を流出させ、損害を出した場合は信用を大きく失う上、賠償をしなければいけないケースもあります。

そうしたトラブルを防ぐため、M&A相談を行う際にはしっかりと情報を管理しておかなければいけません。

また、顧客の情報をしっかりと管理できる仲介会社に相談することも大切です。

情報流出に関して不安があれば、M&A交渉を始める前に気をつけるべき点について仲介会社にアドバイスをもらいましょう

7.まとめ

M&Aのことは、M&Aの仲介・相談を専門的に行っているM&A仲介会社に相談するのがベストです。

M&A仲介会社なら、M&Aのトータルサポートを任せられるのでM&Aに詳しくないという方も安心できるでしょう。

この記事で紹介したM&A仲介会社などを参考に、自社にあった相談先を探して早めにM&Aの準備を始めてみてください。