M&Aのサポート依頼はM&A仲介、弁護士、会計士がおすすめ!役割、違いを解説

M&Aのサポート依頼はM&A仲介、弁護士、会計士がおすすめ!役割、違いを解説

M&A仲介会社・弁護士・会計士といった専門家は、M&Aをサポートするスペシャリストです。しかし、それぞれサポートの仕方や役割などに違いがあります。

本記事では、M&A仲介会社・弁護士・会計士のサポートの仕方や、役割の違いについて解説します。

M&Aとは

M&Aとは
 
M&Aとは、会社の買収や統合を行うことを総称した言葉です。M&Aの実行には幅広い専門知識が必要であるため、M&A手続きを円滑に進めていくにはM&A仲介会社や弁護士、会計士といった専門家によるサポートが欠かせません。
 
また、M&Aの専門家は手続きをサポートするだけでなく、売り手と買い手がM&Aによって目的を達成するための手助けも行います。
 
そのためには、M&Aの専門家には豊富な経験と交渉力、経営コンサルタントとしての能力も必要です。
 
さらに、M&Aの専門家に求められる大きな役割のひとつに、最適なM&A相手を探すことがあります。
 
どれだけ魅力を持った会社でも、シナジー効果を生み出せる相手とM&Aを行わなければ、M&Aは失敗に終わるかもしれません。そこで、M&Aの専門家は独自のネットワークから最適な相手探しを行います。
 
しかし、上記のようなサポートを満足いくレベルで受けるには、自社に最適な専門家に依頼しなければなりません。

専門家によるM&Aのサポートは必要?

専門家によるM&Aのサポートは必要?
 
M&Aの専門家にサポートを依頼することで、M&Aの成功率を上げることができます。具体的には、M&Aの専門家は以下のサポートを行います。
  1. 交渉を任せることができる 
  2. 買い手企業を幅広く選べる
  3. 企業価値評価などをお願いできる
  4. 各種契約書の作成などもできる
  5. 専門的な知識によるサポートが受けられる

1.交渉を任せることができる

M&Aの際、精神的負担が大きいのは、M&A相手との交渉です。交渉は、売り手と買い手の主張が折り合わずに手続きが長期間前に進まなくなったり、M&Aが破談になったりすることもあります。
 
また、売り手と買い手が感情的になり、不安や焦燥に駆られて合理的ではない判断を下してしまうケースも少なくありません。
 
M&A支援をしているM&A仲介会社・弁護士・会計士は、交渉のプロとして売り手と買い手の交渉がスムーズに進むようにサポートします。
 
また、M&Aを行う会社の経営者は、M&A手続きの間相談できる相手がいないことで、大きな不安とストレスを抱えることもありますが、M&Aの専門家は相談相手として経営者の不安をやわらげる役割も果たします。

2.買い手企業を幅広く選べる

中小企業経営者が会社売却を行う際は、まず身近な関係者や知り合いからの紹介によって売却先を探し、身近にいなければ専門家のネットワークを活用するケースが多くみられます。
 
しかし、経営者が直接売却先を探す場合、身近な相手に限られるので最適な相手がみつかる可能性は専門家に依頼するよりも低くなります。
 
また、身近な相手に相談すると、会社売却を検討しているという情報が漏れることで、トラブルにもなりかねません。
 
M&Aの専門家が保有する独自ネットワークを活用することで、自社に適した買い手企業を幅広く探せるだけでなく、情報漏えいのリスクも個人で探しよりかなり低くなります。

3.企業価値評価などをお願いできる

M&Aの際は、交渉によってM&A価格を決めていきます。その際に参考にするのが、企業価値評価によって算定した価格(企業価値)です。
 
中小企業の多くは、株式を取引市場で公開しているわけではないので、客観的な会社の価値もあいまいになっています。そのため、企業価値評価を行うことで客観的な指標を作らなければなりません。
 
しかし、企業価値評価を高い精度で行うには専門的な知識が必要であるため、企業価値評価のプロに依頼することで企業価値を算定する必要があります。

4.各種契約書の作成などもできる

M&Aの際は数多くの書類が必要となり、それらを作成したりまとめたりするだけでも多くの手間と時間がかかります。
 
日々の業務やほかのM&A手続きに追われている会社が、書類の作成まで自ら手がけるのは非常に大変です。
 
また、M&Aにかかわる契約書は、少しの書き方の違いが売り手と買い手の関係に大きな影響を及ぼすほど繊細なものなので、M&Aの案件に合わせて慎重に作成しなければならないため、M&Aの専門家による作成のサポートが必要になります。

5.専門的な知識によるサポートが受けられる

M&Aは、会社の今後に大きく関わることであるとともに、さまざまな関係者に与える影響が大きいことから、経営者はM&Aを進めるうえでは迷うことばかりでしょう。
 
豊富な知識と経験を持つM&Aの専門家から専門的なサポートを得られると、M&A成立に向けて冷静な判断が行いやすくなります。その点では、M&Aの専門家はM&Aにおける問題解決のプロでもあります。
 

M&Aのサポート依頼はM&A仲介、弁護士、会計士がおすすめ

M&Aのサポート依頼はM&A仲介、弁護士、会計士がおすすめ
 
M&A仲介会社・弁護士・会計士は、M&Aに欠かせない重要なサポートを行います。しかし、適切なサポートを受けるためには、自社に最適な専門家を選ばなければなりません。
 
この章では、M&AのサポートにおすすめのM&A仲介会社と弁護士、会計士を紹介します。

おすすめのM&A仲介会社

まずは、M&AのサポートにおすすめのM&A仲介会社を5社紹介します。
  1. 株式会社M&A総合研究所 
  2. 株式会社中小企業M&Aサポート
  3. 沖縄M&Aサポート
  4. 九州M&Aサポート株式会社
  5. 株式会社北関東M&Aサポート

1.株式会社M&A総合研究所

M&AのサポートにおすすめのM&A仲介会社1社目は、株式会社M&A総合研究所です。
 
M&A総合研究所に所属する会計士と弁護士は、M&Aに精通したプロフェッショナルであり、スムーズな連携と高い専門性によるサポートを可能としています。
 
平均3ヶ月でのスピーディーなM&Aと希望価格以上でのM&A成約によって、依頼者からから高い評価を得ています。

特徴

会計士と弁護士、M&Aアドバイザーの連携によるワンストップサポート

強み

平均3ヶ月でのスピーディーなM&A
希望価格以上でのM&A成約

手数料

完全成功報酬制

お問い合わせ先

0120-401-970

2.株式会社中小企業M&Aサポート

M&AのサポートにおすすめのM&A仲介会社2社目は、株式会社中小企業M&Aサポートです。
 
株式会社中小企業M&Aサポートは、中小企業支援を専門に行っています。M&Aの成約率向上を実現する特許システムを導入している点が特徴です。

特徴

M&Aの成約率向上を実現する特許システムを活用

強み

中小企業の支援専門
会社売却成約率の高さ

手数料

譲渡側
成功報酬
譲受側
着手金・中間報酬・成功報酬

お問い合わせ先

03-6860-8272

3.沖縄M&Aサポート

M&AのサポートにおすすめのM&A仲介会社3社目は、沖縄M&Aサポートです。沖縄M&Aサポートは沖縄の地場仲介会社です。
 
沖縄の公的機関や金融機関と連携することで、スムーズな地元中小企業のサポートを可能にしています。

特徴

地元沖縄に密着した仲介会社

強み

沖縄の公的機関や金融機関との連携

手数料

着手金・成功報酬

お問い合わせ先

098-943-3697

4.九州M&Aサポート株式会社

M&AのサポートにおすすめのM&A仲介会社4社目は、九州M&Aサポート株式会社です。
 
九州M&Aサポートは、九州エリアの有力な士業事務所が集まって作られた仲介会社であり、豊富なネットワークと総合的なコンサルティング力に強みを持っています。

特徴

九州エリアの有力な士業事務所が結集

強み

守秘義務の徹底
総合的なコンサルティング力

手数料

要問い合わせ

お問い合わせ先

092-737-4641

5.株式会社北関東M&Aサポート

M&AのサポートにおすすめのM&A仲介会社5社目は、株式会社北関東M&Aサポートです。
 
株式会社北関東M&Aサポートは群馬県前橋市に拠点を置き、北関東エリアのM&A・事業承継支援を行っている仲介会社です。会計事務所が母体なので、企業価値評価や財務コンサルティングに強みを持ちます。

特徴

北関東エリアのM&A・事業承継をサポート

強み

企業価値評価・財務DD・財務コンサルティングに強み

手数料

要問い合わせ

お問い合わせ先

027-260-8630

おすすめの弁護士

続いて、M&Aのサポートにおすすめの弁護士事務所を紹介します。
  1. M&A総合アドバイザーズ 
  2. 栗林総合法律事務所
  3. 外山法律事務所
  4. ベリーベスト法律事務所
  5. 大塚・川﨑法律事務所

1.M&A総合アドバイザーズ

M&Aのサポートにおすすめの弁護士1件目は、M&A総合アドバイザーズです。
 
M&A総合アドバイザーズは、M&A総合法律事務所グループのM&A専門会社です。グループの弁護士・会計士・弁護士と協働することで、M&Aのプロセスすべてをサポートしています。

特徴

M&A専門の法律事務所グループ

強み

弁護士業務にとどまらないM&Aのトータルサポート

手数料

完全成功報酬制

お問い合わせ先

03-6435-8418

2.栗林総合法律事務所

M&Aのサポートにおすすめの弁護士2件目は、栗林総合法律事務所です。栗林総合法律事務所は、国内外で豊富なM&Aサポート経験を持っています。クロスボーダー案件では海外の法律事務所と連携してサポートを行っています。

特徴

国際法律問題や企業法務に幅広く対処

強み

クロスボーダーM&Aに強み

手数料

相談料・契約書作成料・デューデリジェンス料・成功報酬
その他タイムチャージ制

お問い合わせ先

03-5357-1750

3. 外山法律事務所

M&Aのサポートにおすすめの弁護士3件目は、外山法律事務所です。外山法律事務所は、大阪府大阪市に拠点を置く弁護士事務所です。医療法人や社会福祉法人などのM&Aサポートを得意としています。

特徴

医療法人・社会福祉法人等の特殊法人のM&Aをサポート

強み

医療機関のリスクマネジメント・医療再生に強み

手数料

顧問契約料・成功報酬

お問い合わせ先

06-6316-7111

4.ベリーベスト法律事務所

M&Aのサポートにおすすめの弁護士4件目は、ベリーベスト法律事務所です。ベリーベスト法律事務所は、多数の弁護士が所属する大手弁護士事務所です。M&A専門の弁護士チームがM&Aをトータルサポートします。

特徴

M&A専門の弁護士チームがサポート

強み

M&A成約後のサポートも充実
グループ内の士業専門家と連携

手数料

要問い合わせ

お問い合わせ先

0120-666-694

5.大塚・川﨑法律事務所

M&Aのサポートにおすすめの弁護士5件目は、大塚・川﨑法律事務所です。大塚・川﨑法律事務所では、大企業からベンチャー企業まで幅広い規模・業種のM&A経験を持つ弁護士が、M&Aを法務面からサポートします。

特徴

幅広い規模の企業案件を担当した経験のある弁護士がM&Aをサポート

強み

ベンチャー企業の支援に強み

手数料

着手金・成功報酬

お問い合わせ先

03-5467-7044

おすすめの会計士

最後に、M&Aのサポートにおすすめの会計士をご紹介します。
  1. 公認会計士渡邊事務所 
  2. つばさ税理士法人
  3. あおいパートナーズ会計事務所
  4. 税理士法人 TOMO
  5. 税理士法人 TSG早川会計

1. 公認会計士渡邊事務所

M&Aのサポートにおすすめの会計士1件目は、公認会計士渡邊事務所です。公認会計士渡邊事務所は、大阪市に拠点を置く会計士事務所です。中堅・中小企業のM&Aや民事再生・事業再生を得意としています。

特徴

株式会社日本M&Aセンター・地域M&Aセンターに加盟

強み

中堅・中小企業のM&Aや民事再生・事業再生に強み

手数料

着手金・成功報酬

お問い合わせ先

06-6227-1045

2.つばさ税理士法人

M&Aのサポートにおすすめの会計士2件目は、つばさ税理士法人です。つばさ税理士法人は、新潟県に拠点を置く税理士法人です。
 
つばさ税理士法人は、新潟県で地域密着型のM&Aサポートを行なっている、つばさM&Aパートナーズの母体としてM&Aや事業承継をサポートしています。

特徴

新潟県で地域密着型のM&A・事業承継サポートを展開

強み

地元企業に寄り添った丁寧で誠実なサポート

手数料

着手金・成功報酬

お問い合わせ先

0256-66-3450

3.あおいパートナーズ会計事務所

M&Aのサポートにおすすめの会計士3件目は、あおいパートナーズ会計事務所です。あおいパートナーズ会計事務所では顧問料を取らない独自の料金システムにより、あいまいな料金が発生しません。
 
日本M&Aセンターのネットワークを活用することで、豊富な案件情報を提供しています。

特徴

新方式の料金体系

強み

日本M&Aセンターとの提携によるネットワーク

手数料

要問い合わせ

お問い合わせ先

0120-984-515

4.税理士法人 TOMO

M&Aのサポートにおすすめの会計士4件目は、税理士法人TOMOです。税理士法人TOMOは事業承継のサポートに力を入れている税理士法人です。
 
さまざまな方法がある事業承継方法のなかから、最適な方法を依頼者とともに策定します。

特徴

事業承継対策に注力

強み

丁寧な事業承継・株式承継支援

手数料

案件の規模などに応じて見積もり

お問い合わせ先

03-6434-7395

5.税理士法人 TSG早川会計

M&Aのサポートにおすすめの会計士5件目は、税理士法人 TSG早川会計です。税理士法人 TSG早川会計は、静岡県浜松市に拠点を置く税理士法人です。
 
地元中小企業からの豊富な相談実績や、専門家とのネットワークを活かしたサポートを行っています。

特徴

依頼者との対話を大事にしたサポート

強み

静岡県を中心とした中小企業や専門家とのネットワーク

手数料

要問い合わせ

お問い合わせ先

053-422-3981
 

仲介会社、弁護士、会計士によるM&Aのサポートの役割

仲介会社、弁護士、会計士によるM&Aのサポートの役割
 
仲介会社・弁護士・会計士には、それぞれM&Aをサポートする際の役割があります。ここでは、それぞれの役割を解説します。

M&A仲介会社の役割

M&A仲介会社はM&Aにおける全体の流れを管理し、売り手と買い手間の調整や他の専門家との調整などを行う、いわば総合プロデューサーとしての役割を果たします。
 
特に、売り手側経営者と買い手側経営者の信頼関係構築が重要となる中小企業のM&Aでは、双方の主張を調整するM&A仲介会社のサポートは重要です。
 
そのため、M&A仲介会社を選ぶ際はオーナー経営者の気持ちを大事にできる会社を選ぶ必要があります。

弁護士の役割

法務分野は弁護士の専管業務です。契約書などの書類作成や法的な問題点のチェック、M&Aの過程で手続きに問題がないかのチェック、問題が生じれば法的な対応などを行います。
 
特に、企業法務を専門に取り扱うビジネスロイヤーの場合は、法務デューデリジェンスを行ったり、事業再生型M&Aをサポートしたりと、より高度なM&Aのサポートを行います。
 
そのため、M&Aのサポートを弁護士に依頼する際は、企業法務の知識と経験を持っているか確認が必要です。

会計士の役割

会計士は、M&Aにおいて非常に重要な役割を果たします。売り手企業はまず買い手とのM&A価格交渉に向けて、企業価値評価や財務状況の分析を行います。その際には会計士のサポートが必要です。
 
また、買い手側は買収先企業におけるM&A価格の妥当性や、買収後のリスク度合いを把握するため、財務デューデリジェンスなどを行います。その際も会計士のサポートがなければ実行できません。
 
会計士は、M&A価格の決定にかかわる業務全般を担当するため、会計士がM&Aに関する知識や経験を豊富に持っているかがカギとなります。
 

仲介会社、弁護士、会計士によるM&Aのサポートの違い

仲介会社、弁護士、会計士によるM&Aのサポートの違い
 
M&A仲介会社は、売り手と買い手間の調整やM&A全般のプランニングなどを行う、総合プロデューサー役です。弁護士は法務面のサポート、会計士は財務面のサポートを行います。
 
M&A仲介会社と弁護士、会計士はそれぞれ主に担当する分野は違いますが、どの分野もM&Aには欠かせない重要な分野です。
 
M&Aを行う際はM&A仲介会社と弁護士、会計士の連携が重要になるため、どの専門家に依頼する場合でも、ほかの専門家としっかり連携が取れている専門家を選ぶ必要があります。
 
弁護士と会計士が所属しているM&A仲介会社に依頼すれば、密なチームワークによるサポートを受けることができるでしょう。
 
M&A総合研究所には、M&A専門の弁護士と会計士が所属しているので、高いチームワークによるM&Aのフルサポートを可能にしており、短期間でのM&A成立と希望価格以上での会社売却を実現できます。
 
無料相談は随時お受けしておりますので、M&Aのサポートをご希望の際は、お気軽にご相談ください。
 

M&Aのサポートを依頼する専門家の選び方

M&Aのサポートを依頼する専門家の選び方
 
M&Aのサポートを依頼する専門家を選ぶ際は、以下のポイントを押さえる必要があります。
  1. 自社の事業や業界に詳しい 
  2. M&Aの知識と経験が豊富
  3. 幅広いネットワークを持っている
  4. 料金体系が分かりやすい
  5. 担当者との相性が良い

1.自社の事業や業界に詳しい

M&Aサポート業務は、担当者の経験と実績が結果に大きく影響します。サポートしてもらう専門家を選ぶ際は、依頼したM&A仲介会社、弁護士、会計士が自社の事業分野や業界に詳しいか、過去にサポートを経験したことがあるかなどの確認が必要です。
 
特に、弁護士や会計士の場合は、M&Aのサポート経験自体がほとんどないケースも少なくないため、依頼する会社の経験だけでなく、担当者の経験も確認するとよいでしょう。

2.M&Aの知識と経験が豊富

M&Aをサポートする際に求められる知識は膨大な量に及びます。そのなかから適切な判断を行うには、豊富な経験も必要です。M&Aサポート業務は、案件が変われば発生する課題も変わります。
 
マニュアル通りには進まないのがM&Aサポート業務の特徴でもあるので、M&Aの専門家を選ぶ際は柔軟に対処できる知識と経験を持ったところに依頼することが大切です。

3.幅広いネットワークを持っている

最適なM&A相手をみつけるためには、幅広い情報ネットワークが必要です。M&Aの優良な案件情報は入れ替わりが早く、常にM&Aの最新ニーズを捉えられる情報力がなければチャンスを逃してしまいます。
 
M&Aを希望する相手をみつけるだけでなく、その相手が自社に最適な相手なのかを見極めるためにも、ネットワークの活用が必要です。また、その相手が信頼できる相手なのかを調査する情報力も欠かせません

4.料金体系が分かりやすい

M&Aを行う際には、なるべくお金をかけたくない、ムダな出費は抑えたいと考えることも多いでしょう。
 
しかし実際には、料金体系の認識の違いから依頼者側が余計な出費をさせられたと感じ、トラブルになるケースは少なからず発生しています。
 
そのため、近年はM&Aが完了した際にのみ手数料が発生する完全成功報酬制が、中小企業のM&Aでは主流となりつつあります。料金体系がわかりやすいこともM&Aの専門家を選ぶ際のポイントです。

5.担当者との相性が良い

前述したように、M&Aの際は多くの不安感や孤独感が起きることもあり、相手との交渉の際は感情的になる場面も出てくるでしょう。
 
その際には、担当者に心おきなく気持ちを明かすことができるかが重要になります。中小企業経営者がM&Aに満足した理由として、担当者が信頼できたという点を挙げることも少なくありません。
 
納得のいくM&Aを実現するためには、担当者との相性もよく確認する必要があります。
 

まとめ

まとめ
 
本記事では、M&A仲介会社や弁護士、会計士の役割の違いや、サポートを依頼する際のポイントな解説しました
 
M&A仲介会社と弁護士、会計士はM&Aにおける役割がそれぞれ違い、お互いが連携することによって最適なM&Aのサポートを行うことができます。
 
そのため、M&Aを依頼する際は、専門家同士の連携がしっかり取れているところに依頼する必要があります。
 
【M&Aの専門家が行っている主なサポート】
  1. 交渉を任せることができる 
  2. 買い手企業を幅広く選べる
  3. 企業価値評価などをお願いできる
  4. 各種契約書の作成などもできる
  5. 専門的な知識によるサポートが受けられる
 
【本記事で紹介したM&Aの専門家】
 
M&A仲介会社
  1. 株式会社M&A総合研究所 
  2. 株式会社中小企業M&Aサポート
  3. 沖縄M&Aサポート
  4. 九州M&Aサポート株式会社
  5. 株式会社北関東M&Aサポート

弁護士

  1. M&A総合アドバイザーズ 
  2. 栗林総合法律事務所
  3. 外山法律事務所
  4. ベリーベスト法律事務所 
  5. 大塚・川﨑法律事務所

会計士・税理士

  1. 公認会計士渡邊事務所 
  2. つばさ税理士法人
  3. あおいパートナーズ会計事務所
  4. 税理士法人 TOMO
  5. 税理士法人 TSG早川会計
 
【M&Aのサポートを依頼する専門家を選ぶポイント】
  1. 自社の事業や業界に詳しい 
  2. M&Aの知識と経験が豊富
  3. 幅広いネットワークを持っている
  4. 料金体系が分かりやすい
  5. 担当者との相性が良い
 
M&A総合研究所にはM&A専門の弁護士と会計士が所属しているので、高いチームワークによるM&Aのフルサポートを可能にしています。
 
無料相談は随時お受けしておりますので、M&Aのサポートをご希望の際は、どうぞお気軽にご相談ください。