M&Aの成功報酬の相場は?完全成功報酬のメリット・デメリットも解説

M&Aの成功報酬の相場は?完全成功報酬のメリット・デメリットも解説

M&Aを成功させるための有効な手段のひとつに、M&A仲介会社に依頼する方法があります。

成功報酬を支払うことで専門家によるサポートを受けられるサービスですが、不透明な成功報酬に不安を感じる方もいるかもしれません。

本記事では、M&Aの成功報酬の相場と完全成功報酬のメリット・デメリット、成功報酬の算出方法について解説します。

M&Aの手数料とは

M&Aの手数料とは

M&Aの手数料とは、M&A仲介会社の料金体系に基づいて算出されたサポート料金を指します。

M&Aは、成約するまでにさまざまな手続きを必要とします。いずれの手続きも複雑なものなので、段階的に手数料を設定している仲介会社が一般的です。

その設定は細かく分かれますが、大きく分けて「着手金制度」と「成功報酬制度」の2つに分けられます。

着手金制度

着手金制度は、M&Aの仲介会社に依頼する際に着手金を支払う料金体系です。従来から利用されている料金体系であり、総数でみれば最も大きな勢力となっています。

支払った着手金は、M&Aの初期段階の手続きの費用にあてられます。業界の動向調査や資料作成などの人件費にあてられるものなので、仲介会社が着手金を請求することは当然であるともいえます。

しかし、着手金の獲得を最優先とする仲介会社も、なかには存在しています。評判が悪かったり、実績が少なかったりする場合は、慎重に検討を重ねるべきでしょう。

成功報酬制度

完全成功報酬制度は、M&A仲介会社に成功報酬のみを支払う料金体系です。M&Aが成約するまで一切の手数料が発生しない仕組みから顧客から好評を受けて、採用する仲介会社が急増しています。

着手金制度と完全成功報酬制度は対極な関係にありますが、現在の料金体系はこの2つが主流となっています。

【関連】M&Aの完全成功(成果)報酬は落とし穴がある?着手金は本当に無料?

M&Aの成功報酬の相場は?

M&Aの成功報酬の相場は?

M&A仲介会社の大まかな料金体系の制度は分かりましたが、実際に支払う成功報酬の相場はいくらなのでしょうか。この章では、M&Aの費用と成功報酬の相場を解説します。

M&Aの費用

まずは、M&Aの費用をみていきましょう。

相談料

多くのM&A仲介会社は相談料を無料にしています。M&Aは複数社の相見積もりが前提となりつつあり、相談料を取るところは滅多にみなくなっています。相場は0~10,000円です。

また、相談はM&A仲介会社の取り組み方を計るために大切な手続きでもあります。担当者の対応などをみて、会社の行末を任せられるかを見極めるようにしましょう。

着手金

着手金は、M&Aの初期段階で行う企業概要書の作成やM&A先の選定費用に使われます。

そのため、M&Aが成約しなかった場合も返却されないことに注意が必要です。相場は50~200万円です。

また、交渉が破断して振り出しに戻ることを恐れて、不利な条件のまま進めてしまう問題もあるので、着手金の有無も事前に確認しておくようにしましょう。

企業価値評価・調査費

企業価値評価・調査費は、売り手側が社の適正な企業価値を算定するための費用であり、相場は数十万円です。

M&Aの取引価格は売り手と買い手の交渉によって決定されますが、何かしらの基準がなければ話がまとまる可能性は皆無です。

そこで必要となるのが、第三者である専門家が算定した企業価値です。客観性に優れた企業価値は、双方が納得感を持って交渉を進めることを可能とします。

また、企業概要書の作成に欠かせない手続きであるため、M&A仲介会社次第では着手金に含んでいるケースもあります。

月額報酬

月額報酬は、M&Aを成約させるために必要となる人件費にあてられます。料金は、定額と業務内容に応じて決定する2つのタイプがあり、M&A仲介会社次第で大きく変動します。相場は数十万円です。

継続的に発生することになるので、M&Aが長引くほどコストが加算されていきます。そのため、長期的なM&Aを検討されている方には、あまりおすすめできません。

また、月額報酬を獲得するために故意に成約を遅らせる悪質な仲介会社も存在します。何かとデメリットが大きい費用なので、依頼の際は慎重な検討が必要です。

中間報酬

基本合意書は、M&Aの条件や今後のスケジュールについてまとめた書面です。今後の流れを円滑にするために双方の意思確認をとっておく大切な手続きです。

この段階に到達したとしても成約が保証されるわけではありません。そのため保険として中間報酬を取っている仲介会社も存在します。相場は成功報酬の10~30%です。

成功報酬

成功報酬は、売り手の引き渡しと買い手の対価の支払いが終わるクロージング後に発生します。

売り手は売却益の一部を支払いに回すことも可能であるため、必ずしも成功報酬を事前用意しておく必要はありません。

成功報酬のみを仲介手数料に設定することを完全成功報酬制といいます。M&A仲介会社に支払う手数料のなかで最も大きな割合を占めますが、成約しなかった場合は支払う必要はありません。

成功報酬の算出方法

成功報酬は、レーマン方式を用いて算出します。

レーマン方式とは

レーマン方式とは、取引価格に応じて成功報酬を決定する計算式です。着手金制度や完全成功報酬制度に関わらず、多くのM&A仲介会社が採用しています。

具体的な算出方法では取引価格に一定の料率を乗じて計算され、一般的に用いられている料率は以下のようになります。

【レーマン方式の料率】

  • 5億円以下:5%
  • 5億円超~10億円以下:4%
  • 10億円超~50億円以下:3%
  • 50億円超~100億円以下:2%
  • 100億円超:1%

算出例

実際にレーマン方式を使って、成功報酬を算出してみましょう。ここでは、取引価格を35億と仮定して算出します。

取引価格 料率 成功報酬
5億円以下 5億円×5% 2500万円
5億円超~10億円以下 5億円×4% 2000万円
10億円超~50億円以下 25億円×3% 7500万円
    1億2000万円

このように段階的に逓減していく仕組みになっているので複雑な印象を受けるかもしれませんが、計算するために用意する値は取引価格だけでよいので、そちらの目算さえ立てば成功報酬の算出が可能です。

取引価格の基準に注意

稀に、想定していた成功報酬より高い金額を請求を受けるケースがあります。その原因はレーマン方式の料率を乗じる基準価格にあります。

そもそもの基準価格が違うと、算出される成功報酬も大きく変わってきます。広く採用されている基準価格は、主に以下の2つがあります。

  • 譲渡価格:純粋な取引価格
  • 移動資産:譲渡価格に負債を上乗せした価格

譲渡価格では、獲得した売却益に対して料率がかかります。一方の移動資産は、M&A取引で移動した総資産(譲渡価格+負債)に対して料率がかかります。

移動資産の場合は負債が上乗せされる分、算出される成功報酬にも多大な影響が出ます。

このカラクリを活用して、料率を低く設定しておき移動資産で算出する形態を取っているケースも見受けられます。

取引の規模次第では、何千万円以上の違いが生じる可能性もあるので、用いられている料率と基準価格がしっかりと明記されているか確認を怠らないようにしましょう。

【関連】レーマン方式とは?M&A仲介会社の報酬料の計算方法をわかりやすく解説

M&Aの成功報酬の相場

下表は、この章で述べたM&A費用の相場を一覧にまとめたものです。仲介会社次第で大きな開きがみられるケースもありますが、概ねは以下の相場で推移しています。

手数料 相場
相談料 0~10,000円
着手金 50~200万円
企業価値評価・調査費 数十万円
月額報酬 数十万円
中間報酬 成功報酬の10~30%
成功報酬 レーマン方式(取引価格の1~5%)

もし、相場より大幅に高い設定がなされている場合は注意が必要です。仲介手数料の獲得だけを目的として適切なサポートを行っていない業者である可能性もあるため、その際は上記の相場を比較材料の1つとしてご活用ください。

【関連】М&A手数料の相場はいくら?手数料を抑える方法と相談先を解説

M&Aの完全成功報酬のメリット・デメリット

M&Aの完全成功報酬のメリット・デメリット

完全成功報酬は、一見するとメリットばかりのように思えますが、実はデメリットも存在しています。この章では、M&Aの完全成功報酬のメリット・デメリットを解説します。

メリット

まずは、完全成功報酬のメリットを6つ紹介します。

【M&Aの完全成功報酬のメリット】

  1. 交渉不成立の場合は費用が発生しない
  2. 売却価格や可能性を明確に伝える
  3. 幅広く交渉先を決める
  4. 顧客の希望にそった結果を出す
  5. 交渉期間が比較的短い
  6. 契約成立に対するモチベーションが高い

1.交渉不成立の場合は費用が発生しない

完全成功報酬の最大のメリットは、成約に至らなかった場合は仲介手数料が掛からない点です。

M&Aは、交渉相手がみつかった後に長い交渉を行ってようやく契約成立と至ります。時には業界動向の変化や交渉内容から、振り出しに戻ってしまうこともあるでしょう。

この時、段階的に手数料を支払う着手金制度だった場合は、それらは返却されることはありません。さらには、交渉先を再検討する際に再び手数料が必要となることもあります。

完全成功報酬なら契約成立という確実な成果が出た段階で支払いを行うため、交渉の成り行きによって費用面で損になることはありません。

2.売却価格や可能性を明確に伝える

着手金制度を採用するM&A仲介会社のなかには、偽りの高額評価で契約を誘うものもいます。例えば、顧客にとって都合のよい情報だけを並べて着手金を取ろうとするようなケースです。

完全成功報酬であれば、着手金を欲しさに契約を誘うことはありません。さらに、売却価格や可能性を偽って契約を進めても、顧客にとって満足の得られる結果にならない可能性が高くなります。

顧客の意思次第ではいつでも交渉を降り出しに戻すことができるので、完全成功報酬の仲介会社が顧客に対して不誠実な対応を取ることはほとんどないでしょう。

3.幅広く交渉先を決める

完全成功報酬は、幅広い候補から交渉先を選定できるメリットもあります。着手金制度では、基本的に顧客と交渉先の両方から着手金をとっています。

しかし、交渉先が着手金を払おうとしない場合、複数の交渉先を同時選定することができなくなり、M&A全体の進行が大きく遅れてしまいます。

完全成功報酬であれば、どちらからも着手金を取ることはないので、幅広い候補先に同時打診を行い、顧客にとって理想的な交渉先を選定しやすくなります。

4.顧客の希望にそった結果を出す

完全成功報酬のメリットには、顧客と仲介会社の利益の一致というメリットもあります。

着手金制度を採用している仲介会社をみると、着手金分の働きをアピールするだけで実務が伴っていないところも存在します。これでは契約成立どころか、交渉先をみつけることも難しいでしょう。

完全成功報酬ならば、顧客の契約成立と仲介会社の完全成功報酬の獲得として利益が一致しているので、スムーズな進行と顧客が求める売却額という具体的な成果を期待することができます。

5.交渉期間が比較的短い

完全成功報酬は、契約が成立するまで顧客から手数料を取らない形態であるため、限られた資金で成果を出すことが求められます。

M&Aの交渉をいたずらに長引かせると無駄にコスト掛けることになるので、短期間で集中的に取り組むところが一般的です。

この完全成功報酬の特徴は、契約成立を急ぐ場合においても大きなメリットといえるでしょう。

6.契約成立に対するモチベーションが高い

完全成功報酬は、仲介会社の立場からすると契約が成立しなければ利潤を得られないことを意味しています。

もし途中で交渉が破談になると、現段階までに投資した手間と費用が無駄になってしまいます。

仲介会社としては完全成功報酬の損失と合わせて大きな痛手となるため、適当なサポートは許されません。

このような特徴から、完全成功報酬の仲介会社は契約成立に向けて一丸となった取り組みを見せる傾向にあります。

【関連】中小企業の会社売却が得意なM&A仲介会社はどこ?

デメリット

次は、完全成功報酬のデメリットを解説します。正確にいえば、完全成功報酬自体のデメリットというよりは、完全成功報酬を採用する仲介会社の取り組みが中心となったものです。

【M&Aの完全成功報酬のデメリット】

  1. いつまでも進展がない可能性がある
  2. 売り手に不利な状況で話をまとめる可能性がある
  3. 仲介会社の交渉材料に使われる可能性がある

1.いつまでも進展がない可能性がある

1つ目は、手数料を受け取っていないことを理由に、契約成立に向けて積極的な行動を起こさない仲介会社が存在することです。

M&Aのサポート契約を締結すると、顧客は他の方法でM&Aの交渉先を探すことができません。つまり仲介会社に一任することになりますので、案件を放置されてしまうと一切進展が見られなくなってしまいます。

ただし、絶対に契約が成立しないものでもありません。仲介会社は保有案件としてキープしておき、条件が一致する交渉先がみつかればマッチングさせるケースがその大半を占めています。

これが双方の合意のもとで取られている手法であれば問題ありませんが、M&Aを検討する全ての企業が時間的な余裕を持てるわけではありません。

後継者問題や経営状態の悪化などを抱える企業にとっては、少しでも早く契約成立させたいと考えるのが本音です。

時間が経つことで企業を取り巻く状況が悪化することも珍しくないので、このデメリットを軽視することはできないでしょう。

2.売り手に不利な状況で話をまとめる可能性がある

2つ目は、買い手を優先するためにM&Aを強行されてしまうケースです。M&A取引において、基本的に売り手は一回限りの顧客です。

その一方で、買い手は今後もM&Aを実施する可能性があるので、リピーターとして見込むことができます。

ここでM&A仲介会社の値踏みによって「買い手>売り手」の構図が出来上がってしまい、売り手に不利な条件で進められてしまう可能性もあります。

最終的な意思決定はそれぞれの顧客にありますが、専門家によるもっともらしい意見で無理やり納得させようとする動きもあるようです。

3.仲介会社の交渉材料に使われる可能性がある

3つ目は、案件としての情報を悪用されてしまうケースです。前述した2つのデメリットと明確に異なる点は、目視しにくいことにあります。

具体的な内容としては、収集した顧客情報を第三者であるほかの仲介会社や有望企業に流そうとするものです。

実際のところ、情報を流されることで考えられる直接的な被害はほとんどないといってよいでしょう。というのは、足が付かないように利用範囲や公開範囲を最小限に留めるはずだからです。

しかし、情報管理が行き届いていないところだと、社名とともにM&Aを検討している事実が外部に漏れてしまう可能性もゼロではありません。

また、案件をキープされることで企業の状況が変化するリスクもあります。進展が見られないまま取り返しの付かない事態になり、廃業に追い込まれてしまう可能性もあるでしょう。

完全成功報酬を採用する多くの仲介会社は真摯な取り組みをみせていますが、なかには悪質なところも存在していることに注意が必要です。

成功報酬制でおすすめのM&A仲介会社

成功報酬制でおすすめのM&A仲介会社

完全成功報酬を採用する仲介会社は増えていますが、その全てが真摯な取り組みをみせているとは限りません。なかには悪質な行為を働くものが存在していることも忘れてはなりません。

完全成功報酬で支払う手数料に見合った効果を得るためにも、相談先の選択がなにより重要です。

M&A総合研究所は、全成功報酬を採用しているM&A仲介会社です。幅広い業種における数々の契約を成立に導いており、経営者の方に満足いただける結果を出し続けています。

在籍する全てのスタッフが契約成立を目指して真摯に取り組んでいますので、不適切な進捗の遅れや案件キープが発生することはありません。

また、完全成功報酬の基準価格は譲渡価格を採用しています。業界最安値基準の料金体系でお受けしておりますので安心してご相談ください。

無料相談は24時間お受けしています。完全成功報酬のM&A仲介会社をお探しの際は、M&A総合研究所にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

まとめ

今回は、M&Aの成功報酬の相場や完全成功報酬のメリット・デメリットを解説しました。完全成功報酬は、メリットばかりに目が行きがちですが、明確なデメリットが存在していることも把握しておくことが大切です。

【M&Aの完全成功報酬のメリット】

  1. 交渉不成立の場合は費用が発生しない
  2. 売却価格や可能性を明確に伝える
  3. 幅広く交渉先を決める
  4. 顧客の希望にそった結果を出す
  5. 交渉期間が比較的短い
  6. 契約成立に対するモチベーションが高い

【M&Aの完全成功報酬のデメリット】

  1. いつまでも進展がない可能性がある
  2. 売り手に不利な状況で話をまとめる可能性がある
  3. 仲介会社の交渉材料に使われる可能性がある

仲介会社の料金体系を比較する際に大切なのは、メリット・デメリットの両方を認識しておくことです。そのうえで、自社の目的や戦略を達成するために適切なところを選択するようにしましょう。