愛知・名古屋でおすすめのM&A仲介会社10選!選ぶポイントや事例・手数料の相場を紹介

愛知

愛知・名古屋のM&Aについてお調べですね。

最近、愛知・名古屋でもM&Aの案件が増えてきており、愛知・名古屋でM&Aを行いたい経営者もたくさんいます。

しかし、M&Aを実行するためにはM&A仲介会社が不可欠です。

М&A仲介会社に依頼することで、あなたにあった候補企業や手法についてのアドバイスをもらえるでしょう。

今回は愛知・名古屋でM&AをするときにおすすめのM&A仲介会社を10社紹介します。

M&A仲介会社を選ぶときのポイントや、手数料についても詳しく解説しているので参考にして下さい。

あなたの会社に合うM&A仲介会社を見つけましょう。

1.愛知・名古屋のM&Aの事例

愛知・名古屋のM&Aの事例

まずは、愛知・名古屋の企業のМ&Aの事例を参考に見てみましょう。

  1. トヨタ自動車
  2. 日本碍子

では、1つずつ紹介していきます。

事例1.トヨタ自動車による株式交換での自動車メーカーの子会社化

売り手企業 買い手企業
トヨタ自動車 ダイハツ工業株式会社
  • 日本最大の自動車メーカー
  • 資本金6,354億円
  • 資本金284億円
  • 小型車製造に特化

2016年8月1日に、トヨタ自動車は、ダイハツを完全子会社化しました。

株式交換ではダイハツ株1株に対しトヨタ株0.26株を割り当てます。

今回の目的は、ノウハウ融合とコストダウンです。

ダイハツ独自のクルマ作りのノウハウをトヨタグループ内で共有させ、コストダウンを図ります。

また、双方の技術を融合することでより高度な技術を手に入れることを目指しているのです。

トヨタは新株発行でなく、自己株式とダイハツ株式と交換で実施されました。

ダイハツは株主総会の特別決議で可決されたため、ダイハツは上場廃止となり、完全子会社化されたのです。

事例2.日本碍子の電子工業用セラミックスを製造・販売業の完全子会社化

売り手企業 買い手企業
日鉄住金エレクトロデバイス 日本碍子
  • 資本金34億5,000万円
  • 新日鐵住金株式会社100%
  • 資本金698億円
  • 各種産業用セラミック製品、特殊金属製品の製造販売

2014年9月3日、日本碍子は、日鉄住金エレクトロデバイスを株式譲渡によって完全子会社化しました。

日鉄住金エレクトロデバイスは、セラミックスの持つ電気特性を活かした半導体用セラミックスパッケージや電子部品を製造・販売している企業です。

今回の目的は、技術力の向上のためでした。

電子部品の小型化・高性能化を強化していくために、高い材料開発力や積層技術力を要した日鉄住金エレクトロデバイスを買収するに至ったのです。

また、日鉄住金エレクトロデバイスにおいてもセラミックス材料で高い経営資源を保有する日本碍子と連携することで事業発展になるということで合意に至りました。

株式譲渡は2015年1月5日に実施されました。

株式譲渡とは株式を買い手企業に譲渡することで経営権を譲渡する方法を指します。

その結果、新社名はNGKエレクトロデバイスとなったのです。

事例3.株式会社三光アドが株式会社じげんに株式譲渡

売り手企業 買い手企業
株式会社三光アド 株式会社じげん
  • 本社は愛知県名古屋市
  • 東海地方において新聞折込求人広告の企画・制作・発行を展開
  • 市場シェア首位を確立
  • ライフメディアプラットフォーム事業を展開
  • 資本金25億2700万円

続いては、株式会社三光アドによる株式会社じげんへの株式譲渡です。

株式会社三光アドは、東海地方において新聞折込求人広告の企画・制作・発行を展開しています。

東海地域においては、シェア首位を確立するほどの業績を誇っている企業です。

しかし、市場の動向などを加味してインターネット広告などにも進出していきたいと考えていました。

そこでインターネットで求人広告や比較サイトなどを展開している株式会社じげんへの売却を検討し始めたのです。

結果として、株式取得額約31億円で株式会社譲渡が決定しました。

今後株式会社三光アドは、リアル媒体とインターネット媒体のクロスセル・顧客基盤拡充・集客力強化を図ります。

では、成功するために必要不可欠なM&A仲介会社を選ぶために、ポイントを見ていきましょう。

※関連記事

M&A事例50選!成功への鍵を徹底解説!【2020年最新版】

2.M&A仲介会社を選ぶポイント

M&A仲介会社を選ぶポイント

M&Aの交渉~成立には、M&A仲介会社が持つ専門知識があると有利です。

そこで、M&A仲介会社の選び方のポイントを以下4つに分けてお話します。

  1. 愛知・名古屋のM&A情報に詳しいか
  2. 費用は良心的な価格帯か
  3. 専門家は多数在籍しているか
  4. アドバイザリー型か

では、1つずつ詳しく確認していきましょう。

ポイント1.愛知・名古屋のM&A情報に詳しいか

まずは、愛知・名古屋のM&A情報に詳しいかを確認しましょう。

なぜなら、その土地に根差した情報を持っている方が、有利に交渉を進められるからです。

また、自社の価値を正しく知り、アピールするときにも情報は役立ちます。

さらに、自社と同じ業種・同じ規模のM&Aを取り扱いしていた経験があればなお良いです。

小さなメリットも取りこぼしを防ぎ、気づきにくいリスクまでその経験からアドバイスとサポートをしてもらえます。

ですから、基本的には公式サイトに実績が掲載されているため、愛知・名古屋のM&Aについて書かれているところを選びましょう。

もし、記載がなければ無料相談などを利用して直接聞いてみるのもおすすめです。

ポイント2.費用は良心的な価格帯か

次に、M&A仲介会社で決められている費用は良心的な価格帯かを調べます。

これは、費用面での違いが大きいからです。

例えば、A社であれば着手金・中間金・成功報酬が必要、B社なら成功報酬のみなどのように違いがあります。

M&A仲介会社へ支払う費用が高くなりすぎると、売却側では利益がでない、買収側では資金が不足するといったことになりかねません。

ですから、必ず公式サイトで料金について確認し、わからないなら直接問い合わせをしましょう。

そうすることで料金のトラブルを未然に防ぐことができるはずです。

ポイント3.専門家は多数在籍しているか

意外に見落としやすいポイントですから、依頼するM&A仲介会社に専門家が多数在籍しているか確認しておきましょう。

なぜなら、専門家が少なければM&Aに時間がかかる可能性があるからです。

例えば、M&Aには法務や税務に関する手続きを必要とします。

このとき、会計士や弁護士の専門家が在籍していなければ、すぐに回答が得られずに時間がかかるのです。

他にも、専門家が少ないことで対応が遅れ、M&Aが難航してしまうことも考えられます。

もし、M&Aを急いでいる、素早く対応してもらいスムーズに進めたいと思っているのであれば、専門家が多数在籍しているところを探しておきましょう。

ポイント4.アドバイザリー型か

最後に、売り手に親身になって依頼を聞いてくれるアドバイザリー型かを確認しましょう。

なぜなら、自社の目的や課題を達成するべく伝えた意見を最大限まで尊重してもらえるからです。

簡単に説明すると、M&A仲介会社は仲介型とアドバイザリー型の2種類に大別できます。

仲介型は、中立の立場からM&Aを進めるのが特徴的で、条件をやや緩和しながら成立を目指して動くのです。

一方、アドバイザリー型は依頼主に寄り添い、意見を最大限まで尊重してくれるので自社にとってのメリットが大きくなります。

こうした違いから、自社にとって良い効果を得るためにもアドバイザリー型を選ぶ方が良いのです。

ただし、仲介型であっても、非常に良い落としどころを見つけて成立をスピーディに実現してもらえるところもあります。

ですが、依頼する専門家の実力によるところが大きくなることから、あまり経験がないならアドバイザリー型を選ぶ方が良いでしょう。

3.愛知・名古屋でおすすめのM&A仲介会社

愛知・名古屋でおすすめのM&A仲介会社

では、ここからは愛知・名古屋でM&Aを検討したときに依頼できる仲介会社を10個紹介します。

それぞれ特徴が違いますから、納得できるところを選んでみましょう。

おすすめ1.M&A総合研究所

M&A総合研究所は、完全成果報酬制を採用しており余計な費用がかからないM&A仲介会社です。

必要なのは成功報酬のみですから、M&Aの成立まで費用のことを一切気にしないで進めることができます。

本社は東京にありますが、愛知・名古屋エリアの情報にも精通し、異業種から海外とのM&Aまで幅広い可能性を探していただくことも可能です。

おすすめのポイント

  • 専門家が多数在籍
  • 専任のプランあり

M&Aに詳しい会計士なども在籍し、選任のプランもあるので同じ専門家と成立を目指していくことが可能です。

途中で応対者が変わってしまうと、説明をし直さなければならないなどの不便がでてきます。

依頼主に寄り添い、相談しやすい環境を整えていることでスムーズに成立まで向かうことができるでしょう。

企業名 株式会社M&A総合研究所
代表取締役 佐上 峻作
本社所在地 東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
TEL:0120-401-970
資本金 1億円
従業員 25人(アルバイト含む)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

業界最安値って本当に大丈夫?M&A総合研究所が選ばれる4つの理由

おすすめ2.ストライク

ストライク企業概要

ストライクは、公認会計士がM&Aに携わる国内でも大きな規模を持つM&A仲介会社です。

専門家の在籍数が多く、愛知・名古屋の案件にも対応してもらうことができます。

経験豊富なアドバイザーからの意見を得られる点は非常に優秀ですからチェックしてみてください。

おすすめのポイント

過去の実績を公式サイトに多数掲載されており、実力を調べやすいです。

また、業種から目的、手法まで詳しい情報ですから、自社と似た事例を見つけて参考にもできます。

さらに、ストライク独自のSMARTと呼ばれるマッチングサイトにより、素早く売買相手を見つけることもできるでしょう。

企業名 株式会社ストライク
代表取締役 荒井 邦彦(公認会計士/税理士)
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目9番2号
大手町フィナンシャルシティグランキューブ 18階 
TEL:03-6865-7799
資本金 8億2,374万円
従業員 75人
公式ホームページ https://www.strike.co.jp/

ネット仲介で有名なストライクってどんな会社?手数料や強みを解説

おすすめ3.インテグループ

インテグループは、多種多様な経営課題に苦しむ中堅・中小企業に寄り添ってくれるM&A仲介会社です。

長年培ってきたノウハウを活かし、どうすれば良いM&Aとなるのかを熟知しています。

これにより、自社の価値が見いだせない人でも、圧倒的なサポート力でM&Aの成立まで向かうことができるはずです。

おすすめのポイント

経営者の意思を尊重し、どうすれば今の経営課題を解決できるか親身に相談に乗ってくれるところです。

業種に関わらず、中堅・中小企業のM&Aについてのノウハウと知識をもっていますから、的確なアドバイスとサポートが受けられます。

また、インテグループは完全成功報酬制を採用しており、費用について不安がない点も優秀でしょう。

企業名 インテグループ株式会社
代表取締役 藤井 一郎
本社所在地 東京都千代田区霞が関3-2-5 
霞が関ビル26F
TEL:03-6206-6980
資本金 1億円
従業員 記載なし
公式ホームページ https://www.integroup.jp/

おすすめ4.日本M&Aセンター

日本M&Aセンタートップ

日本M&Aセンターは、長い経験からリスクを最小限に抑え、スピーディに成立まで向かえる知識と経験を持つM&A仲介会社です。

専門家の在籍数も多く、幅広い知識を会得していますから業種問わず依頼することができるでしょう。

全国展開している会社ですから、愛知・名古屋でも安心して依頼できます。

おすすめのポイント

ずばり、マッチング速度と的確なサポート・アドバイスによるスピーディな対応ができる点です。

300名を超えるコンサルタントが情報を共有することで、多くのマッチングを可能としています。

最大限まで自社価値を高められる相手を見つけてもらえることから、中小企業であっても成立のしやすさを感じることができるでしょう。

企業名 株式会社日本M&Aセンター
代表取締役 代表取締役会長 分林 保弘
代表取締役社長 三宅 卓
資本金 13億円
従業員 408名 (2018年9月末時点)
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉃鋼ビルディング 24階
TEL:03-5220-5454
公式ホームページ https://www.nihon-ma.co.jp/

情報ネットワークはトップクラス!日本M&Aセンターを徹底解説

おすすめ5.株式会社クラリスキャピタル

株式会社クラリスキャピタルは、全国展開しており愛知・名古屋にも対応しているM&A仲介会社です。

難しい案件でも頼りがいのある専門家が在籍しており、しっかりと意見を聞いてもらうことができます。

中小企業のM&Aにも対応していますから、規模が小さくお悩みの人でも安心して依頼できるでしょう。

おすすめポイント

完全成功報酬制を採用し、圧倒的に料金を安く設定している点です。

他業種に対応しているため、異業種とのM&Aについても詳しくアドバイスしてもらうことができるでしょう。

M&Aの知識がない人のために顧問サービスを提供しているので、こちらも利用してみると不安の解消につながります。

企業名 株式会社クラリスキャピタル
代表取締役 牧野 安与
資本金 記載なし
従業員数 記載なし
本社所在地 東京都中央区湊2丁目15番14-2502
TEL:03-4405-8607
ホームページ http://clarisc.co.jp/

おすすめ6.株式会社ALIVAL

名古屋

株式会社ALIVALは、東京都に本社を構えるМ&Aアドバイザリーです。

名古屋、大阪にも事務所を構えているので愛知・名古屋の案件も豊富に扱っています。

また、業界では珍しくオンラインサービスも充実しているので忙しい経営者にもおすすめです。

おすすめポイント

株式会社ALIVALは、専任スタッフが取引完了まで担当してくれるアドバイザリー型となっています。

そのため、自社の要望を最大限実現してくれ、満足度が非常に高いのです。

名古屋にオフィスがあるため、名古屋の案件は豊富にあることはもちろん、全国のあらゆる企業から候補企業を探してくれます。

また、M&Aにおける候補先マッチングから成約までを一貫してオンライン上でサポートするシステムの「M&Aナビ」も展開。

オンラインで気軽に相談できるので、安心して準備や商談を進めることができます。

無料で高精度な株価算定を受けることもできるので、登録してみるのがおすすめです。

企業名 株式会社ALIVAL
代表取締役 西村 将明
資本金 記載なし
従業員数 記載なし
本社所在地 東京都港区赤坂8丁目4番14号 青山タワープレイス8階
TEL:03-4500-9903
ホームページ https://alival.co.jp/

おすすめ7.税理士法人コスモス

コスモス

税理士法人コスモスは名古屋、東京、福岡に拠点としている大型会計事務所です。

税制を駆使した高度な自社株対策や事業承継対策の提案を得意としています。

名古屋を本社に構えているので、愛知・名古屋の案件を豊富に持っているのです。

おすすめポイント

税理士法人コスモスは、名古屋の中小企業に特化しています。

中小企業のМ&Aに携わり35年なので腕は確かです。

約1,500件以上の実績でサポートしてくれます。

また、社内に2名の公認会計士、9名の税理士が在籍しているのでМ&Aにおける税務面や法務面などにも強いという特徴があるのです。

その中でも特に、事業承継に力を入れているので事業継承を目的としたМ&Aにおすすめです。

企業名 理士法人コスモス
代表取締役 野田賢次郎
資本金 記載なし
従業員数 約50名
本社所在地 愛知県名古屋市中区栄一丁目12番5号
コスモス21ビル9F
TEL:052-203-5560
ホームページ http://cosmos-gr.co.jp/

おすすめ8.株式会社フォーバル

株式会社フォーバルは、東京に本社を置くコンサルティング会社です。

М&Aや事業継承も行っており、全国に展開しているので愛知・名古屋の案件も相談に乗ってもらえます。

特に事業継承を強みとしているので、後継者探しをしている経営者におすすめです。

おすすめポイント

株式会社フォーバルは、М&Aのみならず経営に関するコンサルティングを行っています。

また、中小企業の事業継承を目的としたМ&Aが強みです。

業界の動向などから、取るべき手法やタイミングなど総合的なアドバイスとサポートをしてくれます。

20,000社もの実績があるため、安心して相談することができるのです。

大手М&A仲介会社にはない小規模М&Aの実績も数多くありますよ。

着手金は50万円~発生しますが相談のみは無料で行えます。

企業名 株式会社フォーバル
代表取締役 大久保 秀夫
資本金 41億5千万円
従業員数 1,663人
本社所在地 東京都渋谷区神宮前五丁目52番2号
青山オーバルビル14階
TEL:03-3498-1541
ホームページ https://www.forval.co.jp/

おすすめ9.M&A名古屋パートナーズ

名古屋

M&A名古屋パートナーズは、名古屋の中小企業に特化したМ&A仲介会社です。

地元でスモールМ&Aを実施したいという企業が多く利用しています。

また、料金は完全成功報酬型なので着手金やリテイナーフィーが一切かかりません。

おすすめポイント

M&A名古屋パートナーズは、自らもМ&Aを経験しているスタッフがサポートしてくれることです。

事業会社でM&Aを経験、体験している希少なアドバイザーが在籍しています。

そのため、キャッシュや計数のマネジメントだけではなく総合的なアドバイスをもらえます。

また、料金は完全成功報酬型で取引完了まで一切の費用が掛かりません。

しかも最低報酬は業界最安値水準の150万円~となっています。

そのため、資本金の少ない中小企業に支持され、案件も豊富にあるのです。

企業名 M&A名古屋パートナーズ
代表取締役 記載なし
資本金 記載なし
従業員数 6名
本社所在地 愛知県名古屋市中区丸の内3-7-26
ACAビル 5F
TEL:052-950-7797
ホームページ https://www.ma-nagoya.com/

おすすめ10.名南M&A

名南

名南M&A株式会社は、名古屋にあるМ&A会社です。

東海エリアを中心に、地域に特化したМ&Aを専門としています。

そのため、愛知・名古屋はじめ東海エリアでМ&Aを考えている経営者におすすめです。

おすすめポイント

名南M&A株式会社は、名古屋に特化したМ&A会社です。

東海エリアの金融機関との提携しているため、地域に根付いたМ&Aができます。

成約件数200件超・アドバイザー数20人と、東海内でもトップクラスの実績です。

また、仲介型とアドバイザリー型を選ぶことができます。

もちろん、どちらの形態がいいのかどうかのアドバイスを受けることも可能です。

税理士・司法書士・社労士・弁護士も在籍しているのでワンストップでサポートしてくれます。

企業名 名南M&A株式会社
代表取締役 篠田康人
資本金 4,277万円
従業員数 25名
本社所在地 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号
JPタワー名古屋34階
TEL:052-589-2795
ホームページ https://www.meinan-ma.com/

【参考】M&A仲介会社にかかる費用は?

M&A仲介会社にかかる費用は?

M&A仲介会社にかかる費用は、それぞれ会社ごとが決めているため違いがあります。

上下も激しい部分ですから、費用がかかりすぎて支払いに苦労しないように調べておかなくてはならないのです。

そこで、代表的な以下4つの費用について目安となる相場を参考にご紹介します。

  1. 成功報酬
  2. 着手金
  3. 中間金
  4. リテイナーフィー

あくまでも目安ですが、M&A仲介会社を絞り込むのに役立ちますからチェックしてみてください。

手数料1.成功報酬

成功報酬は、M&Aが成立したときに支払う費用で、成立しなければ請求されないものです。

基本的にどの専門家に依頼しても必要となり、高額になりやすい部分とも言えます。

こちらの費用の計算は、主にレーマン方式と呼ばれる一定の料率をかけて求める方法が一般的です。

このレーマン方式は譲渡額と料率によって報酬が前後しますから、必ず確認しておきましょう。

大まかな目安としては数百万から数千万円程度です。

※レーマン方式の詳細は以下の記事で確認できます。

レーマン方式とは?M&A仲介会社に支払う報酬の計算方法を解説

手数料2.着手金

着手金は、依頼をして実際に動き始めてもらうための費用です。

だいたいの目安として50~200万円程度となります。

M&Aでは幅広い手続きを必要とするため、書類作成なども必要になりますから、そちらの作成費用に充てられるわけです。

中には、着手金を必要としない仲介会社もあります

もし、手持ちに不安ある、徹底的に余計な費用を抑えたいということであれば、着手金なしのところへ依頼すると良いでしょう。

公式サイトなどにも掲載されているほか、無料相談などがあれば直接聞いてみるのもおすすめです。

手数料3.中間金

中間金は、M&Aの大まかな内容が取り決められたものをまとめる基本合意が成立した時点で支払う費用です。

50~200万円程度を目安とし、各仲介会社でも幅がある部分となります。

また、譲渡額が大きいほど支払い額も比例して増える傾向があり、費用を抑えたい人にとっては痛い出費となるはずです。

ですから、余計な心配をしたくないのであれば中間金が必要のない相談先を探すべきでしょう。

手数料4.リテイナーフィー

最後のリテイナーフィーは、簡単に説明すると月額報酬のことです。

つまり、M&Aが成立するまではずっと毎月払い続けるものですから、意外にも費用がかかります。

例えば、弁護士などが設定している顧問料もこのリテイナーフィーに当てはまるのです。

M&Aは最低でも3ヶ月以上の時間を必要とし、長いと1年を超えてきます。

そうすると、気が付いたときにはかなりの額を支払っていた…となりかねないのです。

だいたいの目安として30~200万円程度ですが、できることなら避けておきたい費用となるでしょう。

ここまでお話した費用はあくまでも代表例です。

他にも書類作成費用やデューデリジェンスの調査費用などを別途で必要とするケースもあります。

もし、不安でしたら直接問い合わせするなど、明確な答えをもらってから選ぶと良いでしょう。

まとめ

愛知・名古屋でM&Aを狙うなら、地域に根差したところを探してみましょう

また、全国展開しているM&A仲介会社を選べば、異業種や海外とのM&Aも狙うことができるはずです。

まずは、無料相談などを活用して気になることを気軽に聞いてみましょう。

もし、不安があるのならM&A総合研究所にもご相談ください。

業界最安値級の料金水準でありながら、専属チームであなたのM&Aを徹底的にサポートいたします。

成功報酬のみの支払いで良いほか、他社と同時にご相談いただきセカンドオピニオンとして役立てていただくことも可能です。

相談料も無料としておりますので、気になることだけでも良いですからお気軽にお声掛けください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!