大阪での会社売却のオススメ相談先10選【譲渡案件一覧あり】

大阪での会社売却のオススメ相談先10選【譲渡案件一覧あり】

大阪は全国2位の企業数を誇る都市です。その分、企業の入れ替わりも激しく、M&A・会社売却が活性化している地域でもあります。

大阪で会社売却を行う際は、まず大阪のM&A・会社売却事情に詳しい相談先をみつけなければなりません。

本記事では、大阪での会社売却におすすめの相談先や、大阪近郊の売却案件も紹介しています。

大阪での会社売却のオススメ相談先10選

大阪での会社売却のオススメ相談先10選

大阪で会社売却をする時は、まず信頼できる相談先をみつけることが大切です。この章では、大阪での会社売却におすすめの相談先を10社紹介します。

いずれも大阪を拠点に活動している、または大阪の会社売却事情に精通している相談先なので、阪の会社売却の際の相談先選びの際に参考にしてください。

【大阪での会社売却のオススメ相談先10選】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社Buyside Bank
  3. 株式会社フォーナレッジ
  4. 株式会社ビザイン
  5. ミツキタアドバイザリー株式会社
  6. 明和マネジメント税理士法人
  7. かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社
  8. 株式会社中小企業M&Aサポート
  9. ひろた法律事務所
  10. 大矢旭税理士事務所

1.株式会社M&A総合研究所

大阪での会社売却のオススメ相談先1つ目は、株式会社M&A総合研究所です。本社を東京に、支店を大阪に構えているM&A・会社売却仲介の専門家です。

大阪市に支店を構えており、大阪の各企業との繋がりが濃い特徴があります。独自に保有するネットワークは大阪の売却先選定の際にも多いに役立てることが可能です。

料金体系は完全成功報酬制を採用しており、M&A・会社売却が成約するまで手数料が発生しない特徴があります。最終的に必要となる費用が明瞭化されているので、初めてのM&A・会社売却で不安な方にもおすすめです。

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 大阪支店を中心に大阪全域をサポート
完全成功報酬制
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
お問合せ先 0120-401-970

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

2.株式会社Buyside Bank

大阪での会社売却のオススメ相談先2つ目は、株式会社Buyside Bankです。関西エリアを中心に活動する仲介型のM&A専門家です。

「誰も損しないM&Aを世の中に広める」という理念を掲げ、公平な立場から譲渡側と譲受側を繋ぐ役割を果たします。ライフプランナーやコンサルタントの紹介による売却後の再出発支援も手掛けています。

サイトURL https://buysidebank.co.jp/
特徴 公平なM&Aを目指す
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:譲渡側無料、譲受側レーマン方式の2倍
お問合せ先 公式サイト問合せフォームより

3.株式会社フォーナレッジ

大阪での会社売却のオススメ相談先3つ目は、株式会社フォーナレッジです。名古屋に拠点を構えるM&A仲介会社です。

代表や在籍するメンバーの経歴を活かした繋がりに強みを持ちます。業種・規模にとらわれない強固なネットワークは様々な場面を想定したM&A・会社売却仲介を可能とします。

サイトURL http://fourk.jp/
特徴 幅広い業種・規模のM&Aに対応
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:一般的なレーマン方式-0.5%
お問合せ先 052-253-8749

4.株式会社ビザイン

大阪での会社売却のオススメ相談先4つ目は、株式会社ビザインです。大阪に支店をもち、中小規模のM&A仲介を中心に請け負っている仲介会社です。

中小規模を得意としており、売却額1000万円以下、従業員数名のような小規模会社の会社売却仲介も受け付けています。他社から仲介を断られてしまった方でも、安心して相談できる仲介会社です。

サイトURL https://www.bizign.jp/
特徴 中小規模のM&Aを得意とする
手数料・報酬体系 相談料:要問合せ
着手金:30万円
中間報酬:要問合せ
成功報酬:最低金額150万円~(要問合せ)
お問合せ先 0120-287-387

5.ミツキタアドバイザリー株式会社

大阪での会社売却のオススメ相談先5つ目は、ミツキタアドバイザリー株式会社です。公的機関である兵庫県事業引継ぎ支援センターの認定を受けている仲介会社です。

中小企業の消滅は社会的損失という認識のもと、中小企業の維持・伝達を目的とした友好的なM&Aを手掛けている特徴があります。

サイトURL https://www.mitsukita.com/
特徴 友好的M&A
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
お問合せ先 078-855-8160

6.明和マネジメント税理士法人

大阪での会社売却のオススメ相談先6つ目は、明和マネジメント税理士法人です。税理士を中心に構成されている法人です。

得意とする分野は事業承継と小規模M&Aです。また、税理士ならではの財務コンサルティングという強みを持つ法人でもあります。

サイトURL https://ma-advisor.jp/
特徴 財務コンサルを提供
手数料・報酬体系 相談料:初回無料
着手金:5万円
中間報酬:要問合せ
成功報酬:譲渡価格の5%
お問合せ先 06-6360-2801

7.かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社

大阪での会社売却のオススメ相談先7つ目は、かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社です。かえでグループに所属するM&A仲介会社です。

幅広い業種・規模をカバーしており、その中でも大規模M&Aやクロスボーダーを得意としている仲介会社です。

大手グループの強みを活かした各士業事務所との連携もM&A・会社売却支援において効果を発揮します。

サイトURL https://www.kaedefa.com/
特徴 大規模M&A・クロスボーダー(海外M&A)を得意とする
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
お問合せ先 03-6205-7994

8.株式会社中小企業M&Aサポート

大阪での会社売却のオススメ相談先8つ目は、株式会社中小企業M&Aサポートです。大阪に営業所を持つ中小規模のM&Aを得意とする仲介会社です。

会社を育ててきた中小企業の経営者の立場に立って、経営課題の解決を目指します。手数料は基本合意段階まで完全無料となっているので気軽に相談できます。

サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/
特徴 基本合意まで手数料無料
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:100万円
成功報酬:レーマン方式
お問合せ先 03-6860-8272

9.ひろた法律事務所

大阪での会社売却のオススメ相談先9つ目は、ひろた法律事務所です。大阪市に構える弁護士事務所です。

法の専門家である弁護士による手続き代行・アドバイスはM&A・会社売却においても欠かすことができません。M&A・会社売却を円滑にするための法務サポートを受けられます。

サイトURL http://hirota-law.com/lp/
特徴 法務サポート
手数料・報酬体系 要問合せ
お問合せ先 0120-167-931

10.大矢旭税理士事務所

大阪での会社売却のオススメ相談先10個目は、大矢旭税理士事務所です。大阪市に拠点を置く税理士事務所です。

経営コンサルという面から事業承継をサポートしている事務所です。M&A・会社売却は専門的に扱っていませんが、経営コンサルタントの専門からのアドバイスは有効活用できます。

サイトURL https://www.oya-zeirishi.jp/
特徴 手厚い経営コンサルティング
手数料・報酬体系 要問合せ
お問合せ先 06-6261-5532

【関連】M&A仲介会社に依頼するメリットや理由を解説!

大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方

大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方

大阪の会社売却の相談先は沢山あるので、ある基準を設けて比較検討することをおすすめします。この章では、大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方を解説します。

【大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方】

  1. 大阪でのM&A・会社売却事情に精通している
  2. M&A・会社売却の専門家である
  3. 料金体系などがわかりやすい
  4. 適切なアドバイスを行える
  5. 相性が良い

1.大阪でのM&A・会社売却事情に精通している

大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方1つ目は、大阪でのM&A・会社売却事情に精通していることです。地域の事情に詳しくなければ、仲介できません。

大阪は新規開業率も高く、企業の入れ替わりが激しい都市でもあります。大阪のM&A・会社売却事情は日々変化しているので、大阪を拠点に活動していなければ情報面で大きく出遅れることになりかねません。

大阪のM&A・会社売却の相談先は、大阪に拠点に活動もしくは強固なネットワークを保有している所をおすすめします。

2.M&A・会社売却の専門家である

大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方2つ目は、M&A・会社売却の専門家であることです。M&A・会社売却を副業として手掛けている所ではなく、本業として活動している業者を強くおすすめします。

専門的な知識を要するうえ、取引先との交渉を要するものです。専門家でなければ、手続き不備や交渉トラブルなどの問題が発生する恐れがあります。

大阪で会社売却を検討の際は、M&A・会社売却の知識を十分に備えている専門家を探してみてください。

3.料金体系などがわかりやすい

大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方3つ目は、料金体系などがわかりやすいことです。M&A・会社売却の仲介を依頼すると仲介手数料が発生します。

一般的な報酬体系は「相談料・着手金・中間金・成功報酬」の4つに分けられており、工程が進むにつれて決められた手数料を支払うタイプです。

多くの相談先は料金体系を明らかにしていますが、中には公式サイトに記載せず要問合せとする相談先もあります。

相談段階で手数料が分からないと成約してから莫大な請求をされてしまう恐れもありますので、料金体系がはっきりしている相談先を選ぶことをおすすめします。

4.適切なアドバイスを行える

大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方4つ目は、適切なアドバイスを行えることです。M&A・会社売却を進めるうえで欠かせないのは、専門家からの視点によるアドバイスです。

取引先との交渉において重要な岐路に立った時に頼りになるのは、客観的な立場から冷静に判断できる専門家です。

この専門家が頼りにならないと、例え会社売却が成約しても望んだ結果が得られない可能性も高くなります。

見極める材料としては相談の際のやりとりです。相談内容に対する回答が的を得ないものであれば、今後のサポート・アドバイスにおいても期待することはできません。

5.相性が良い

大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方5つ目は、相性が良いことです。会社売却を進めるうえで、担当者との相性はとても重要なものとなります。

数ヶ月以上に渡って慎重に交渉を進めていき、その間は担当者とのやり取りを幾度も繰り返すことになるので、担当者とのコミュニケーションに難があるようだと、円滑に進めることができません。

担当者との相性が悪いと感じたら、担当者交代を申し出るか相談先を変えることを検討してみてください。

大阪の会社売却のご相談はM&A総合研究所へ

大阪の会社売却の検討の際は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所は、大阪に事務所を構えて大阪全域の会社事情を把握するネットワークを築いています。大阪での会社売却の取引先選定において大幅なアドバンテージを得ることができます。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。会社売却の成約まで手数料が発生しないので、初期費用について心配することもありません。

無料相談は24時間お受けしています。大阪の会社売却の際は、M&A総合研究所にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

大阪にある企業が会社売却を検討する理由

大阪にある企業が会社売却を検討する理由

大阪で会社売却が検討される背景には、経営課題を抱える企業が増えていることにあります。この章では。大阪の企業が抱えている経営課題についてみていきましょう。

【大阪にある企業が会社売却を検討する理由】

  1. 後継者に悩んでいる
  2. 人材不足に悩んでいる
  3. 大手企業が進出し競争が激化
  4. M&A・会社売却が増加している

1.後継者に悩んでいる

大阪にある企業が会社売却を検討する理由1つ目は、後継者に悩んでいることです。企業の存続は適切なタイミングで後継者に引き継ぎする必要がありますが、大阪では後継者がいない企業が増えています。

後継者不在の状況が続くと、企業の最終的な着地点は廃業です。廃業になると多くの資産が処分価格で評価され、その価値は大きく目減りしてしまいます。

企業として健全な状態にあるうちに、適任となる後継者を探して引き継ぎしようと考える経営者が増えてきています。

2.人材不足に悩んでいる

大阪にある企業が会社売却を検討する理由2つ目は、人材不足に悩んでいることです。事業を行うために必要となる優秀な人材や労働力が不足している問題があります。

企業数全国2位の大阪は大手企業も集中しており、人材獲得競争が激しい地域です。中小企業に人材が回らないといった事態も多発しています。

人材不足によって事業の存続が困難になった中小企業と、人材確保を目的としている大手企業の利害が一致して、M&Aが成立するようになってきています。

3.大手企業が進出し競争が激化

大阪にある企業が会社売却を検討する理由3つ目は、大手企業が進出し競争が激化していることです。

大手企業の参入によって価格・人材獲得競争が始まると規模の小さい中小企業は切迫するという問題です。

大手に資金力で叶うはずもなく、次々と顧客が奪われ、経営状態の悪化に直結してしまいます。大阪の激しい競争に疲れてしまい、最終的に会社売却を選択する経営者が増えています。

4.M&A・会社売却が増加している

大阪にある企業が会社売却を検討する理由4つ目は、M&A・会社売却が増加していることです。全国的にM&A・会社売却の事例が多数見られるようになり、社会的なM&A・会社売却に対するイメージが改善されつつあります。

経営課題の解決を目的とした前向きなM&Aが目立つようになってきており、以前の「会社の身売り」というイメージも払拭されつつあります。

大阪においてもM&Aが身近になることで抵抗感が薄れて、検討・相談件数が徐々にあがってきています。

【関連】大阪でおすすめのM&A仲介会社10選!選ぶポイントや手数料、事例まで

大阪で会社売却を行う際の主な手法

大阪で会社売却を行う際の主な手法

大阪の会社売却を成功させるためには、適切な手法を選択する必要があります。ここでは、会社売却の際の利用頻度が高い手法を3つ紹介します。

【大阪で会社売却を行う際の主な手法】

  1. 事業譲渡
  2. 株式譲渡
  3. 事業承継

事業譲渡

事業譲渡は事業あるいは事業の一部を譲渡・売却する手法です。譲渡対象はあくまでも事業なので会社の経営権は維持される特徴があります。

事業譲渡のメリットは、自由に譲渡範囲を選択できることにあります。その譲渡範囲は事業以外に有形固定資産や人的資産も含めることが可能です。

デメリットは手続きが煩雑になることです。譲渡する事業に対して個別に手続きをとる必要があるため、従業員の転籍手続きや取引先の引き継ぎなど、手間と費用がかかるケースが多くなります。

メリット デメリット
・会社の経営権は移転しない
・自由に譲渡範囲を選べる
・会社に売却益が入る
・手続きが煩雑

株式譲渡

株式譲渡は株式を売却して経営権を移転させる手法です。変更されるのは経営者のみであるため、会社自体に大きな変化がおきない特徴があります。

株式譲渡の大きなメリットは、経営者個人に株式売却益が入ることです。手にした売却益は今後の生活資金にしたり新事業の運転資金にしたりと自由に使えます。

デメリットとしては経営権を失うことです。株式会社は議決権の過半数以上を保有したものが経営者となります。経営権を譲渡するつもりがない場合は株式の持分比率について注意する必要があります。

メリット デメリット
・手続きが簡便
・会社売却の手続き中も事業継続が可能
・経営者(株主)が売却益を獲得できる
・会社の経営権を失う

事業承継

事業承継は後継者に事業を引き継ぐ手法です。親族内承継、親族外承継、M&Aによる事業承継の3つに分けられます。

親族内承継は親族内の後継者に引き継ぐ手法で、中小企業の事業承継において最も利用されることの多いタイプです。親族外承継は、会社内の役員や優秀な従業員のなかから後継者を選んで引き継ぐ手法です。

M&Aによる事業承継は、M&Aの専門家に相談して幅広い候補から後継者を選んで引き継ぐ手法です。専門家が保有するネットワークを活用することで、適任者を探しやすいメリットがあります。

  メリット デメリット
親族内承継 ・承継前から事業に関わりやすい
・社内外から受け入れられやすい
・親族内に後継者が見つからないこともある
親族外承継 ・承継前から育成できる
・客観的な視点から経営できる
・社内外から反発されることもある
M&Aによる事業承継 ・会社の売却益が得られる
・広い視点で後継者を探せる
・後継者との交渉

【関連】事業承継でM&Aは人気急増!今すぐ知りたいメリットや流れを解説!

大阪での会社売却の譲渡案件一覧

大阪での会社売却の譲渡案件一覧

昨今の大阪では沢山の会社売却案件が成立しており、現在も大阪近郊の譲渡案件が沢山あります。この章では、大阪近郊の会社売却の譲渡案件を紹介します。

【大阪での会社売却の譲渡案件一覧】

  1. アフィリエイトメディア
  2. ストレッチ店
  3. ネットカフェ
  4. マツエクサロン
  5. 保育園・老人ホーム

1.アフィリエイトメディア

大阪での会社売却の譲渡案件1つ目は、アフィリエイトメディアの譲渡案件です。月間影響利益は600万円と好業績をキープしている大規模なメディアを運営しています。

マッチングアプリに関する多数のキーワードで上位に表示されるほど、SEOに強く特徴を持ちます。高品質の記事も掲載されており、今後も多数のアクセスが期待できるメディアです。

業種 アフィリエイトメディア
対象エリア 近畿
法人形態 非公表
譲渡価格 1億円~2.5億円

2.ストレッチ店

大阪での会社売却の譲渡案件2つ目は、ストレッチ店の譲渡案件です。ストレッチ店で初となる会員制を導入した店舗です。

一定以上の会員数の獲得により業績は安定していますが、他事業へ集中するための資金調達をするために譲渡を希望しています。

業種 リラクゼーション事業
対象エリア 大阪府
法人形態 非公表
譲渡価格 1000~5000万円

3.ネットカフェ

大阪での会社売却の譲渡案件3つ目は、ネットカフェの譲渡案件です。阪急沿線でも乗降客数ベスト10に入る阪急豊中駅に直結した好立地のネットカフェです。

駅からの視認性もよく、連日利用客で賑わいをみせています。経営も安定していましたが、社長の体調不良につき経営が困難となり、譲渡を希望しています。

業種 ネットカフェ
対象エリア 大阪府
法人形態 法人
譲渡価格 希望価格の提示なし

4.マツエクサロン

大阪での会社売却の譲渡案件4つ目は、マツエクサロンの譲渡案件です。経営者一人で事業を手掛けていましたが、出産により事業存続が困難となりました。

リピート客とホットペッパーからの新規客で、毎月約80名の来店があるサロンです。戦略には「上質なサロン」を掲げていることもあり、客層は上品なお客が多めになっています。経営者一人で運営してきたため、引き継ぎする従業員はいないとのことです。

業種 美容業(マツエクサロン)
対象エリア 大阪府
法人形態 非公表
譲渡価格 ~1000万円

5.保育園・老人ホーム

大阪での会社売却の譲渡案件5つ目は、保育園・老人ホームの譲渡案件です。協力医療機関との連携で安全な健康サポートを手掛けています。

介護の技術を保有する従業員数十名による介護が行き届いており、経営は順調です。譲渡の際に重視する点には従業員の待遇を挙げており、継続雇用を希望しています。

業種 介護
対象エリア 近畿
法人形態 非公表
譲渡価格 2.5億円~5億円

【関連】事業売却の相場って?高く売る5つの条件と価格の決め方を分かりやすく解説

まとめ

まとめ

大阪では会社売却が活性化しており、業界動向も日々変化し続けています。他社への会社売却は、自社に与える影響も少なからずありますので、早期からM&A・会社売却に関する知識を得ておくことも重要です。

【大阪での会社売却のオススメ相談先10選】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社Buyside Bank
  3. 株式会社フォーナレッジ
  4. 株式会社ビザイン
  5. ミツキタアドバイザリー株式会社
  6. 明和マネジメント税理士法人
  7. かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社
  8. 株式会社中小企業M&Aサポート
  9. ひろた法律事務所
  10. 大矢旭税理士事務所

【大阪で会社売却を行う際に相談先の選び方】

  1. 大阪でのM&A・会社売却事情に精通している
  2. M&A・会社売却の専門家である
  3. 料金体系などがわかりやすい
  4. 適切なアドバイスを行える
  5. 相性が良い

【大阪にある企業が会社売却を検討する理由】

  1. 後継者に悩んでいる
  2. 人材不足に悩んでいる
  3. 大手企業が進出し競争が激化
  4. M&A・会社売却が増加している

【大阪で会社売却を行う際の主な手法】

  1. 事業譲渡
  2. 株式譲渡
  3. 事業承継

【大阪での会社売却の譲渡案件一覧】

  1. アフィリエイトメディア
  2. ストレッチ店
  3. ネットカフェ
  4. マツエクサロン
  5. 保育園・老人ホーム

大阪で会社売却を成功させるためには、大阪の会社売却事情に精通している所に相談することが大切です。

M&A総合研究所は、大阪に事務所を構えるM&A・会社売却の専門家です。大阪の会社事情にも精通していますので、業種や規模を加味した上での理想とする売却先探しを可能とします。

M&A・会社売却仲介に携わるメンバーは、M&Aの経験と知識を備えたアドバイザー・長年会計業務に携わっている公認会計士・M&Aに明るい弁護士の3名です。会社売却を成功させるための徹底サポートを行います。