翻訳・通訳会社はM&Aで競争に勝ち抜こう!業界動向や成功事例は?

「翻訳・通訳会社をM&Aで買収しようか悩んでいる」とお考えではないでしょうか。

近年の翻訳・通訳業界は、東京五輪やインバウンド需要の高まりを受けて市場規模の拡大が進んでいます。

こうした市場規模の拡大に合わせて、他企業との差別化を目的としたM&Aは増加傾向にあるのです。

この記事では、翻訳・通訳会社をM&Aで買収するメリットや注意点をご紹介します。

自社を存続し、今後の市場にも対応できる戦略ともなり得るのでぜひ参考にしてみてください。

目次

1. 【業界動向】翻訳・通訳会社はM&Aを戦略に選ぼう

翻訳・通訳会社はM&Aで競争に勝ち抜こう!業界動向は?

翻訳・通訳会社は、M&Aによって同業他社を買収して競争を勝ち抜いていきましょう。

近年の翻訳・通訳業界のM&Aでは、人材確保や専門性の強化を目的に、同業他社を買収するM&Aが増加中です。

ここで翻訳事業の定義をおさらいしておくと、「ある言語で表現されたものを、他の言語に変換することでサービスを提供する事業」を指します。

また、通訳事業の定義は、「異なる言語を扱う人同士が円滑にコミュニケーションをとれるように、言語上のサポートを提供する事業」です。

近年の翻訳・通訳業界では、訳者に自動翻訳機以上の翻訳・通訳技術が求められます。

そのため、即戦力となる人材を確保する手段として、M&Aによって翻訳・通訳会社を買収するケースが増加しているのです。

また、翻訳・通訳業界では、アジア圏からのインバウンド増加を受けて、英語圏以外の言語へのニーズが集中しています。

そのため他社との差別化を図る目的で、複数言語の翻訳・通訳に対応できる会社を買収するM&Aも盛んに行われているのです。

その一方で翻訳・通訳業界では、高まり続ける需要に対して翻訳者や通訳者の全体数が不足しています。

したがって、人材不足を解消するためにも、M&Aによる同業他社の買収を検討してください。

では、どのような企業を買収するべきなのか目安についてもお話していきます。

1−1. 翻訳・通訳業界M&Aで人気なのは経験豊富な訳者がいる企業

翻訳・通訳業界M&Aで人気なのは経験豊富な訳者がいる企業

翻訳・通訳業界においてM&Aでの買収が人気なのは、経験豊富な訳者がいる企業です。

なぜなら、翻訳・通訳業界では、訳者に自動翻訳機以上の翻訳・通訳技術が求められます。

そのため、M&Aでの買収によって経験豊富な訳者を引き継ぐことができれば、即戦力として今後の経営にも大きく貢献してくれるはずです。

したがって、翻訳・通訳業界でのM&Aを考える際には、経験豊富な訳者がいる会社の買収を検討してください。

具体的な目安としては、10年以上の経歴を持つ翻訳者や通訳者を抱えている企業を買収することで、納得できるM&Aを行いやすいです。

ところがその一方で、近年の翻訳・通訳業界では、M&A後に引き入れた訳者が離職してしまうリスクが高まっています。

ですから、従業員の待遇改善などもM&Aでは交渉時に必ず話し合いをする必要があるでしょう。

以上、M&Aで買収すべき翻訳・通訳会社を紹介しました。

それでは、翻訳・通訳会社M&Aでの売買価格の相場を見ていきましょう。

1−2. 翻訳・通訳会社の売買価格の相場

翻訳・通訳会社の売買価格の相場

翻訳・通訳会社の売買価格の相場は幅広く、中小企業で2,000万円〜3億円程度が一般的となっています。

しかし、相場は安定したものを導きだすことができません。

これは、企業の規模や保有している資産、独自技術などによって大きく変化するからです。

例えば、翻訳・通訳会社での相場に影響するポイントは、「経験豊富な訳者数」と「対応できる言語数」となっています。

つまり、経験豊富な訳者の数や対応できる言語数が多いほど、売買価格が高額になる傾向があるのです。

以上、翻訳・通訳会社M&Aでの売買価格の相場を紹介しました。

もし、自社の相場について具体的に知りたいと感じた人はM&A総合研究所の無料相談を活用してみてください。

企業価値の算定や、M&Aに関わる相談などをお受けしておりますのでお気軽なご連絡をお待ちしております。

※M&Aの相場について知りたい人は『M&Aの相場はいくら?決め方や高い譲渡価格で成立させる条件を解説!』を参考にしてみてください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

では、ここまで簡単にお話してきましたが、それぞれの企業がメリットを得るためにM&Aを検討しているはずです。

では、どのようなものがあるのかについてもお話していきます。

2. 翻訳・通訳会社M&Aの買い手側のメリット

翻訳・通訳会社M&Aの買い手側のメリット

翻訳・通訳会社をM&Aで買収することで得られるメリットが以下3つです。

  1. 専門性を強化し差別化が図れる
  2. 経験豊富な翻訳者や通訳者を獲得できる
  3. スケールメリットを受けられる

これらのメリットを得られることで、自社を成長させるきっかけをつかめるはずです。

まずは確認してみてください。

メリット1. 専門性を強化し差別化が図れる

メリット1. 専門性を強化し差別化が図れる

翻訳・通訳会社の事業をM&Aで買収すると、専門性を強化し差別化が図れます

近年の翻訳・通訳業界は、東京五輪やインバウンド需要の高まりに伴って、競争が激化しているのが現状です。

そのため、翻訳・通訳する言語や技術において専門性を強化できれば、同業他社と差別化を図ることができます。

このようにして他社との差別化を実現できれば、業績が向上するだけでなく、業界での地位を確立できる可能性が高いです。

具体的には、近年需要が高まっている中国語や韓国語やベトナム語といった言語の翻訳や通訳が得意な会社を買収するM&Aが人気となっています。

メリット2. 経験豊富な翻訳者や通訳者を獲得できる

メリット2. 経験豊富な翻訳者や通訳者を獲得できる

翻訳・通訳会社を買収する背景には、経験豊富な翻訳者や通訳者を獲得できるという点も大きく関係しています

今、自社で働いている人材と同レベルの技術者を育て上げるのにはどのくらいの費用と時間が必要となるか考えてみてください。

ノウハウや技術、会社の流れに追いつくまでだけでも相当の期間と費用が必要となるはずです。

こうした問題は、どの企業でも抱えていますから、早期に解決できるのであればすぐに動き出したいと考えます。

ですから、すぐに自社の力となってくれる人材を確保できることは大きなメリットになり得ると言えるでしょう。

メリット3. スケールメリットを受けられる

メリット3. スケールメリットを受けられる

翻訳・通訳会社をM&Aによって買収すると、スケールメリットを受けられるのも見逃せません

スケールメリットは、同業種などが集まることで大規模な一団となり、新しい大きな効果を生み出すことを意味しています。

お互いのリソースを活用し合えることで、人員の新規配置、投資資金の増加などによる事業拡大なども狙うことができるでしょう。

つまり、お互いの良い点によって効率性の向上と経営基盤の安定化なども図れるということです。

こうした動きからスケールメリットを得るための動きが強まり、買収は増えている傾向があります。

買収することで得られるメリットは、各企業ごとに違いが出てくる部分です。

しかし、代表的なものでもこれだけのメリットがありますから、多くの企業が買収に動き出しています。

では、売り手はどのようなメリットがあって売却に踏み切っているのかについても知っておきましょう。

3. 翻訳・通訳会社M&Aの売り手側のメリット

翻訳・通訳会社M&Aの売り手側のメリット

翻訳・通訳会社でM&Aによる売却をするメリットは以下の3つです。

  1. 廃業を避け事業承継できる
  2. 負債を解消し創業者利益が得られる
  3. 大手傘下で経営を安定させられる

買い手だけにメリットがあるのではなく、売り手にもメリットがあるからこそ売買が成立するものです。

自社の成長に欠かせない要素もありますから、確認してみてください。

メリット1. 廃業を避け事業承継できる

メリット1. 廃業を避け事業承継できる

翻訳・通訳会社を売却することで買い手のリソースを得られることから廃業が避けられ事業承継を行えます

例えば、以下のような悩みはないでしょうか。

  • 会社の経営は今後も安定化できそうだけど後継者がいない
  • 後継者が頼りなく今後も任せられるか不安
  • より事業を手広くすればもっと収益性を高められるが年齢的に厳しい など

こうした後継者に関連する問題の解決ができないことで見通しが暗いという場合も少なくありません。

そこでM&Aによって売却し、買い手に引き継いでもらうという選択肢を選ぶのです。

買収先から後継者が選定されるだけではなく、買い手のリソースを活用して事業も拡大していきます。

従業員の雇用もそのまま継続されることがほとんどですから、廃業よりも多くのメリットがあることがおわかりいただけるはずです。

翻訳・通訳会社の人材や事業はとても需要が高いですから、廃業の前に売却をすることでの承継も検討してみてください。

メリット2. 負債を解消し創業者利益が得られる

メリット2. 負債を解消し創業者利益が得られる

翻訳・通訳会社は高い技術を持つ人材を確保しているほど高い売却価格で売買できます。

これにより、まとまった資金を得ることでリタイア後の生活に役立てる、別事業に投資するなど今後の生活や新しい戦略を思いつくことにもつながるはずです。

ところが、廃業を選んでしまうと事業を進めるために揃えた機器なども処分しなければならず、相応のコストがかかってしまいます。

そうすることでいつの間にか資金が底をつき、最悪の場合では今後の生活にも悪影響を与えてしまうことも。

さらには、従業員は職を失ってしまうことからアフターケアについても検討しなくてはなりません。

こうしたリスクを最小限に抑えていけるメリットと一緒に、まとまった資金が得られるのも売り手側ならではのメリットと言えるのです。

メリット3. 大手傘下で経営を安定させられる

メリット3. 大手傘下で経営を安定させられる

翻訳・通訳会社は売却先でもそのまま継続して経営されるので、買収先のリソースを活用した経営基盤により安定します

資金力や技術力、顧客から取引先まで多くのものをまとめて得られるのですから、今までよりも経営しやすい環境が整うわけです。

翻訳・通訳会社の中には資金不足により事業を手広く進められなかったということが多くあります。

こうした問題も解決できるだけではなく、人材も増えるので今まで以上に受けられる仕事も増えるのです。

さらに、買収先のノウハウを生かした新事業などにも取り組めるようになります。

こうした多くのメリットが得られることから、自社のことを考えてM&Aという選択肢を選ぶ企業が増えているわけです。

では、本当に成立した事例があるのか、またどのような目的で進んでいたのかイメージをより強固にするためにも見ていきましょう。

4. 翻訳・通訳業界M&Aの成功事例5選

翻訳・通訳業界M&Aの成功事例5選

では、先ほどお話したメリットが得られるからと本当に動き出した事例はあるか見ていきましょう。

代表的な事例は以下の5つです。

  1. 翻訳センターとアイ・エス・エスの事例
  2. 翻訳センターと国際事務センターの事例
  3. 翻訳センターとアイタスの事例
  4. ロゼッタとインターメディアの事例
  5. アート・スタジオ・サンライフとジーネットワークスの事例

それぞれ目的や業種、そして得られた効果が違います。

こうした目的を明確化し、お互いにメリットが提供し合える状態となれば安定した成立ができるようになるはずです。

まずは、イメージを膨らませて自社に置き換えながら確認してみてください。

事例1. 翻訳センターとアイ・エス・エスの事例

事例1. 翻訳センターとアイ・エス・エスの事例

最初にご紹介するのは、翻訳センターとアイ・エス・エスの事例です。

産業翻訳サービス企業である翻訳センターは2013年にアイ・エス・エスをM&Aによって買収しました。

翻訳センターは国内最大級の翻訳サービス企業としても知られており、多数の実績を誇っていました。

M&Aによる買収の目的は、事業領域の拡大でした。

現在では、翻訳事業や翻訳者の育成面でのシナジー効果が期待されています。

このように、事業拡大を図るためにM&Aが行われることも多いです。

事例2. 翻訳センターと国際事務センターの事例

事例2. 翻訳センターと国際事務センターの事例

2つ目の事例は、翻訳センターと国際事務センターの事例です。

2004年、国内最大級の産業翻訳サービス企業である翻訳センターは、国際事務センターをM&Aによって買収しました。

買収された国際事務センターは翻訳サービスを手がけている会社です。

M&Aによる買収の目的は、翻訳事業の強化でした。

現在では、翻訳センターは人材が確保でき、国際事務センターの翻訳方法を活かしています。

このように、ノウハウを吸収するためにM&Aを活用する場合も少なくありません。

事例3. 翻訳センターとアイタスの事例

事例3. 翻訳センターとアイタスの事例

3つ目の事例は、翻訳センターとアイタスの事例です。

2013年、国内最大級の産業翻訳サービス企業である翻訳センターは、アイタスをM&Aによって買収しました。

買収されたアイタスは、マニュアル制作を中心に翻訳サービスを提供する会社です。

M&Aによる買収の目的は、人材確保を図ることでした。

現在では、アイタスのノウハウを活用して更なる事業拡大が期待されています。

このように、人材確保を図る目的でM&Aは活用可能です。

事例4. ロゼッタとインターメディアの事例

事例4. ロゼッタとインターメディアの事例

ロゼッタとインターメディアの事例です。

2018年、翻訳サービスを提供するロゼッタは、インターメディアをM&Aによって買収しました。

買収されたインターメディアは、医療分野を中心に翻訳サービスを提供する会社です。

M&Aによる買収の目的は、専門性の強化を図ることでした。

現在では、両社の更なる事業発展が期待されています。

翻訳会社は専門性の高さが大きな武器です。

したがって、専門性の強化を図る目的でもM&Aを活用するのが良いとされています。

事例5. アート・スタジオ・サンライフとジーネットワークスの事例

事例5. アート・スタジオ・サンライフとジーネットワークスの事例

最後にご紹介するのは、アート・スタジオ・サンライフとジーネットワークスの事例です。

2008年、海外向け広告制作を手がかけているアート・スタジオ・サンライフは、ジーネットワークスをM&Aによって買収しました。

買収されたジーネットワークスは、翻訳サービスの提供を行う会社です。

M&Aによる買収の目的は、既存事業との相乗効果を図ることでした。

現在では、広告クリエイティブ制作から翻訳まで事業が拡大されています。

このように、既存事業との相乗効果を狙うM&Aも少なくありません。

以上、翻訳・通訳業界M&Aの5つの事例でした。

※その他の事例に関してもっと知りたい、別企業はどうしているのか見たいという人は以下の記事も参考にしてみてください。

【関連】M&A事例50選!成功への鍵を徹底解説!【2020年最新版】

では、翻訳・通訳業界のM&Aで買い手が見逃してはならないポイントはどこなのか、売り手にも影響する点なので確認してみましょう。

5. 翻訳・通訳業界M&Aで買い手が見るべき2つのポイント

翻訳・通訳業界のM&Aで買い手が見る2つのポイント

翻訳・通訳業界で買い手が見るのは以下の2つのポイントです。

  1. 経験豊富な翻訳者や通訳者を抱えているか
  2. 複数言語の翻訳や通訳に対応できるか

それぞれのポイントを知っておき、対策しておくことで企業の価値を最大に引き出すこともできます。

簡単に説明するのでさっそく見ていきましょう。

ポイント1. 経験豊富な翻訳者や通訳者を抱えているか

M&Aを成功させる1つ目のポイントは、経験豊富な翻訳者や通訳者を抱えているのか見ておくことです。

翻訳・通訳業界では、訳者に自動翻訳機以上の翻訳・通訳技術が求められます。

訳者に求められる翻訳・通訳技術は高いため、業界全体で人材不足に悩まされているのです。

そこで、M&Aの買収によって経験豊富な翻訳者や通訳者を引き継ぐことができれば、人材不足を改善できます。

したがって、M&Aを行う相手企業が経験豊富な翻訳者や通訳者を抱えているか、あらかじめ確認しておいてください。

具体的な目安としては、10年以上の経歴を持つ人材は、経験豊富な翻訳者や通訳者としてM&A直後から現場での活躍が期待できます。

ポイント2. 複数言語の翻訳や通訳に対応できるか

M&Aを成功させる2つ目のポイントは、複数言語の翻訳や通訳に対応できるか見ておくことです。

翻訳・通訳業界は、インバウンド需要や東京五輪の影響を大きく受ける業界として知られています。

具体的には、多様な言語の翻訳・通訳事業に対してニーズが集中しているのです。

したがって、複数言語の翻訳・通訳ニーズにしっかり対応するためにも、M&Aを行う相手企業の対応できる言語数をあらかじめ確認しておいてください。

具体的には、近年需要が高まっている中国語や韓国語やベトナム語といった言語の翻訳や通訳に対応している会社を買収すると、納得のいくM&Aができやすいです。

以上が、翻訳・通訳業界M&Aで買い手が見るべきポイントでした。

では、ここまでのポイントを押さえるだけではなく、失敗しないための注意点もお話していきますので参考にしてみてください。

6. 翻訳・通訳会社M&Aでは注意点も確認しておこう

翻訳・通訳会社M&Aでは注意点も確認しておこう

翻訳・通訳業界でM&Aに踏み切る前に知っておきたい注意点が以下の2つです。

  1. 翻訳可能な言語の違いによる離職がある
  2. 債権者が賛同しない可能性は捨てきれない

多くのメリットがある反面、理解を得るのも難しいことがあります。

従業員が大きく売買に影響する翻訳・通訳会社では注意点を守って丁寧に進めていくべきです。

買い手・売り手関係なくどちらでも言えることも含まれていますから、ぜひ確認してみてください。

注意点1. 翻訳可能な言語の違いによる離職がある

翻訳・通訳会社では、それぞれ翻訳可能な言語に違いがあるはずです。

こうした違いを考慮に入れずにM&Aに踏み切ってしまうと、業務についていくことができない、仕事ができないというレッテルを貼られてしまうなどにより離職の可能性が高まります。

業務についていくことができなければ、どれだけ待遇の改善をしていたとしても続けていくことはできません。

従業員も含めて売買をすることを検討したときには、必ず業務に支障が出ないか、そのまま力を発揮できる環境を整えることができるかなど慎重に話し合いをしましょう。

そうすることで、従業員も含めてメリットを最大化したM&Aに踏み切ることができるようになるはずです。

注意点2. 債権者が賛同しない可能性は捨てきれない

どれだけ信頼しているケースでおいても債権者が賛同しない可能性は捨てきれないという点にも注意してみてください。

確かに、翻訳・通訳会社では人材の確保が大きなメリットを得られることは理解してもらえるはずです。

しかし、売買によって変化するのは人材だけではなく経営方針から会社の形態まで多種多様となります。

債権者もそれぞれが何が良くて悪いのか、自身で考えた意見を持っていますから、意に反することであれば当然反対するのです。

このようなことを引き起こさないためにも、何をメリットとしてどのようにリスクを減らしていくのかなど具体的な内容まで話し合いをして納得してもらうようにしてみてください。

7. 翻訳・通訳業界のM&AならM&A総合研究所にご依頼ください

翻訳・通訳会社のM&Aなら『M&A総合研究所』へご依頼ください。

買い手探しからシナジー効果までお互いの企業のメリットを最大限まで引き出すことのできるM&Aのサポート・アドバイスを致します。

もちろんそれだけではありません。リスクの高い人材の離職や統合による不安などに対しても細かく対応可能です。

さらに、相談料は無料となっておりますので、気になる質問などをしてみたいというお気軽なお声掛けだけでも問題ありません。

M&Aは思い立ったらすぐに行動し、結果を得るというのにはあまりにも危険が多くあります。

手続きや交渉にも専門知識が必要となり、失敗してしまうことによる経営への打撃も大きいのです。

ですから、法務・税務などにも精通し、M&Aの専門知識を豊富に持つM&A総合研究所でしたら多くのサポートができます。

ぜひお気軽にお声掛けください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

もし、M&A仲介会社がどのようなものなのか知らないという人であれば『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』が参考になるでしょう。

8. 【補足】大手翻訳・通訳会社における事業内容一覧

【補足】大手翻訳・通訳会社における事業内容一覧

M&Aで翻訳・通訳業界を買収するときは、日本国内の大手翻訳・通訳会社における事業内容一覧について知っておけば、業界の動向をより深く理解できます。

最後に、大手翻訳・通訳会社における事業内容の一覧を見ていきましょう。

企業名 事業内容
ブレインウッズ株式会社 翻訳・通訳・映像翻訳・外国語人材派遣など
ライオンブリッジジャパン株式会社 産業翻訳・海外展開のコンサル・デジタルマーケティングサポート
株式会社サン・フレア 翻訳・テクニカルライティングなど
SDLジャパン株式会社 機械翻訳・翻訳ソフトウェアなど
株式会社翻訳センター 翻訳・ビザ申請書類翻訳
株式会社サイマル・インターナショナル  翻訳・通訳・人材派遣など

このように、大手翻訳・通訳会社では、翻訳・通訳事業を中心に幅広いサービスを提供しています。

そのため、買収を重ねることで専門性が強化できれば、大きなシェアを占める大手企業の傘下に入り経営を安定させることが可能です。

もしもあなたの翻訳・通訳会社が中小企業なら、今後も経営を続けていくためにも積極的にM&Aを検討してみてください。

メリットや成功事例を理解して、翻訳・通訳業界のM&Aを有利な条件で成功させましょう。

まとめ

翻訳・通訳業界では、人材の確保や専門性を強化する手段として、M&Aでの買収が増加傾向にあります。

また高齢化の影響を受けて、事業承継の手段としてM&Aで売却するケースが増加中です。

ただし、自社だけでM&Aを完結させるのは、非常に大変と言えます。

信頼できるM&A仲介業者に相談し、経営している翻訳・通訳会社の課題を前向きに解決していきましょう。