タクシー会社のM&Aで廃業が避けられる!業界動向や成功事例を徹底解説

「廃業を避けるためにタクシー会社のM&Aを行うべきか悩んでいる。。」とお考えではないでしょうか。

近年のタクシー業界では、観光客の増加やインバウンド需要の高まりを受けて業界全体で売上が回復しています。

そこで、ドライバーやタクシー車両を効率的に確保する手段としてM&Aによってタクシー会社を買収するケースが増加中です。

この記事では、そんなタクシー業界でのM&Aを有利に成功させるためのポイントや注意点を紹介します。

タクシー会社のM&Aの成功事例も確認して、事業承継問題を解決しましょう。

目次

1. タクシー会社のM&Aで廃業は避けられる!業界動向は?

タクシー会社のM&Aで廃業は避けられる!業界動向は?

近年のタクシー業界では、ドライバーやタクシー車両を確保する手段として、M&Aでタクシー会社を買収するケースが増加しています。

ここでタクシー事業の定義をおさらいしておくと、「一つの契約によって規定の乗車定員数未満の自動車を貸し切って乗客を目的地まで運ぶ事業」のことです。

近年のタクシー業界では、観光客の増加やインバウンド需要の高まりを受けて、需要が回復傾向にあります。

しかし、少子高齢化や競争激化による影響を受けて、多くの会社でドライバーやタクシー車両が不足しているのが現状です。

上記の理由から、ドライバーやタクシー車両の確保を目的としてタクシー会社を買収するM&Aが増えています。

したがって、ドライバーやタクシー車両を多く抱えている会社は、M&Aで有利に売却できる可能性が高いため、事業承継が叶いやすいです。

具体的な目安として、ドライバーとタクシー車両をそれぞれ30件以上抱えているタクシー会社は、有利な条件で売却できる可能性が高まります。

以上、タクシー業界のM&A動向について解説しました。

「タクシー業界のM&Aでの売却価格の相場はどれくらいなのだろう?」と思う人も多いはずです。

ここからは、タクシー業界M&Aの売却価格の相場を見ていきましょう。

1−1. タクシー業界M&Aの売却価格の相場

タクシー業界M&Aの売却価格の相場

タクシー業界M&Aでの売却価格の具体的な相場は、小規模のタクシー会社であれば60万円〜500万円程度が一般的です。

その一方、大手のタクシー会社であれば、売却価格が10億円に及ぶこともあります。

買収に影響する代表的なポイントは、「人材」と「タクシーの所有台数」です。

つまり、豊富な経験を持つ優秀なドライバーやタクシーの所有台数が充実しているほど、売却価格は高額になる傾向にあります。

以上、タクシー業界M&Aの売却価格の相場を紹介しました。

そして、タクシー業界でのM&Aでは、売却利益以外にもメリットがあります。

ここからは、タクシー業界M&Aにおける売り手側のメリットを見ていきましょう。

2. タクシー業界M&Aの売り手側のメリット

タクシー業界M&Aの売り手側のメリット

タクシー業界M&Aにおける売り手側のメリットは、以下の3つです。

  1. 廃業を避け事業承継できる
  2. 負債を解消し創業者利益が得られる
  3. 大手傘下で経営を安定させられる

上記のようなメリットが得られるため、M&Aで売却すれば抱えている課題が解決できる可能性が高いです。

ここからは、それぞれのメリットについて順番に見ていきましょう。

メリット1. 廃業を避け事業承継できる

メリット1. 廃業を避け事業承継できる

タクシー会社の事業をM&Aで売却すると、廃業が避けられ事業承継を行えます。

つまりM&Aを活用することで、これまで成長させてきたタクシー会社を信頼できる企業の中で存続させることができるのです。

その結果、あなたの後継者問題を解決できるだけでなく、従業員の雇用も維持できます。

さらに、優良企業とM&Aすることによって、以前より従業員の待遇が良くなる可能性も高いです。

タクシー業界は、長時間労働が多いなどで従業員の待遇が注目されやすい業界だと言われています。

したがって、経営者だけでなく、従業員にとってもM&Aはメリットが大きいのです。

メリット2. 負債を解消し創業者利益が得られる

メリット2. 負債を解消し創業者利益が得られる

タクシー会社をM&Aで売却すると、負債を解消して創業者利益を得ることができます。

創業者利益とは、オーナー株主が会社創業時から持っていた株式を第三者に売却して得られる利益のことです。

M&Aでの会社売却は、大きな含み益のある株式を売却することに他ならないので、多額の利益が生じる可能性があります。

このように、M&Aを行うことで創業者にとって金銭的に大きなメリットがあるのです。

創業者利益の目安は、株式の時価や保有株数にもよりますが、数千万円〜3億円程度となります。

したがって、経営者を退いてから金銭面で困りたくない人には、とても嬉しいメリットです。

メリット3. 大手傘下で経営を安定させられる

メリット3. 大手傘下で経営を安定させられる

タクシー会社をM&Aで売却すると、経営を安定させることができます。

なぜなら、M&Aにより大手企業の参加に入ることで、資金力が高まるためです。

これによって、経営の安定が見込まれます。

中小規模のタクシー会社には、売上が思うように伸びずに、資金繰りに苦しむ経営者は少なくありません。

しかし、M&Aを行うことで、買い手側の経営資源を活用できるようになります。

さらに、大手企業の経営ノウハウを学ぶことで、以前より効率的な経営が見込めるでしょう。

そたがって、経営について不安があるのなら、M&Aで安定させることを考えるべきです。

以上、タクシー業界M&Aにおける売り手側のメリットを紹介しました。

さまざまな売り手側のメリットを紹介しましたが、タクシー業界のM&Aでは買い手側にもメリットがあります。

ここからは、タクシー業界M&Aにおける買い手側のメリットを見ていきましょう。

3. タクシー業界M&Aの買い手側のメリット

タクシー業界M&Aの買い手側のメリット

タクシー業界M&Aにおける買い手側のメリットは、以下の3つです。

  1. ドライバーやタクシー台数を確保できる
  2. 入構権を確保できる
  3. 配車アプリを低コストで得られる

このように買い手側にとっても多数のメリットがあるので、あなたのタクシー会社を買いたいという人が出てくる可能性は高いです。

これら3つの買い手側のメリットをチェックして、M&Aの戦略作りに役立ててください。

メリット1. ドライバーやタクシー台数を確保できる

メリット1. ドライバーやタクシー台数を確保できる

タクシー会社をM&Aで買収すると、ドライバーやタクシー台数を確保できます。

タクシー会社を運営していくためには、事業の土台であるドライバーを雇用し、タクシー車両を購入しなければなりません。

しかし、ドライバーを一から募集して雇用するまでには、手間と時間がかかります。

また、具体的なタクシー車両の購入代金は、1台で300万円〜400万円程度かかり、これに維持費が加算されることとなるのです。

このように、何もないところからドライバーやタクシーを準備しようとすると、相当の時間と費用がかかります。

しかし、M&Aによって既に事業の土台が完成しているタクシー会社を買収できれば、ドライバーやタクシー車両をそのまま引き継げるのです。

このように低コストでタクシー業界への新規参入や既存事業の拡大を実現できるのは、買収側にとって大きなメリットです。

メリット2. 入構権を獲得できる

メリット2. 入構権を獲得できる

タクシー会社をM&Aで買収すると、入構権を獲得できます。

入構権とは、該当するエリアにタクシーを乗り付けることができる権利です。

入構権が必要となるのは、駅前や空港などタクシー利用が多いエリアとなっています。

そのため、M&Aによってこのようなエリアの入構権を持つタクシー会社を買収できれば、M&Aの直後から安定した売上が期待できるのです。

ちなみに、入構権を持つタクシーは安全面やサービス面でも高い評価を得ています。

したがって、入構権を持つ会社を買収できれば、顧客からの信頼やサービスの評価を築きあげる手間や時間の短縮にも繋がるのです。

このように、低コストで売上や顧客からの信頼を獲得できるのは、買収側にとって大きなメリットとなります。

メリット3. 配車アプリを低コストで得られる

メリット3. 配車アプリを低コストで得られる

タクシー会社をM&Aで買収すると、配車アプリを低コストで得られます。

顧客は、配車アプリを利用すれば簡単にタクシーが呼ぶことが可能です。

配車アプリを導入することで、顧客の利便性を向上できるだけでなく、タクシー事業の効率的な運営も期待できます。

ところが、配車アプリを開発して導入しようとすると、膨大な時間と費用がかかるのが現実です。

したがって、M&Aによって既に配車アプリを導入している会社を買収できれば、配車アプリをそのまま引き継げるメリットがあります。

このように配車アプリを低コストで入手し運用できることは、買収側にとって大きなメリットです。

以上、タクシー業界M&Aの買い手側のメリットを紹介しました。

「売り手と買い手の双方にメリットがあるのなら、ぜひM&Aを行いたい」と思った人も多いはずです。

メリットが分かったところで、ここからは具体的な成功事例を確認しておきましょう。

4. タクシー業界M&Aの成功事例5選

タクシー業界M&Aの成功事例5選

タクシー業界M&Aの5つの成功事例を見ていきましょう。

今回ご紹介するのは、以下の5つの事例です。

  1. 日本交通と兵庫県の2つのタクシー会社の事例
  2. 第一交通産業と広島合同タクシー会社の事例
  3. 第一交通産業と大宝産業の事例
  4. 第一交通とユナイテッドキャブの事例
  5. 国際自動車と夢交通の事例

このように、さまざまなタクシー会社がM&Aを行っています。

これら5つの成功事例の目的と意義を確認して、あなたのM&A戦略に活かしましょう。

事例1. 日本交通と兵庫県の2つのタクシー会社の事例

事例1. 日本交通と兵庫県の2つのタクシー会社の事例

最初にご紹介するのは、日本交通と兵庫県の2つのタクシー会社の事例です。

東京都千代田区に本社を構える日本交通は、東亜タクシーとオーシャン交通の全株式を取得しました。

買収された2つのタクシー会社は、主に兵庫県神戸市でタクシー事業を手がけている会社です。

買収の目的は、タクシー台数の増加を図ることでした。

現在は、経営の強化や神戸市における本格的な事業展開に臨んでいます。

事例2. 第一交通産業と広島合同タクシーの事例

事例2. 第一交通産業と広島合同タクシーの事例

2つ目の事例は、第一交通産業と広島合同タクシーの事例です。

2019年、第一交通産業は、広島合同タクシーの全発行株式を取得しました。

買収された広島合同タクシーは、広島県内にてタクシー事業を展開する有限会社です。

買収の目的は、広島県内においてタクシー台数の増加を図ることでした。

本件M&Aの買収によって18台のタクシーを確保した第一交通産業は、既存のグループ会社と合わせ255台まで台数を増やしています。

このように、タクシー台数を増やしたいならM&Aは非常に効率の良い手段です。

事例3. 第一交通産業と大宝産業の事例

事例3. 第一交通産業と大宝産業の事例

3つ目の事例は、第一交通産業と大宝産業の事例です。

2014年、第一交通産業は、大宝産業の全発行株式を取得しました。

買収された大宝産業は、名古屋市にてタクシー事業を展開する会社です。

買収の目的は、愛知県においてタクシー台数の増加を図ることでした。

本件M&Aの買収によって38台のタクシーを確保した第一交通産業は、既存のタクシーと合わせて296台まで台数を増やしています。

このように、M&Aでタクシー台数を増やすことはとても多いです。

事例4. 第一交通とユナイテッドキャブの事例

事例4. 第一交通とユナイテッドキャブの事例

4つ目の事例は、第一交通とユナイテッドキャブの事例です。

2017年、第一交通産業の孫会社である第一交通は、ユナイテッドキャブの全株式を取得して小会社化しました。

買収されたユナイテッドキャブは、2004年に設立された東京都に本社を置くタクシー会社です。

買収の目的は、東京都内におけるタクシー台数の確保でした。

本件M&Aの買収によって20台のタクシーを確保した第一交通は、既存のタクシーと合わせて502代まで台数を増やしています。

数十台ずつでもタクシーを増やしていくことで、売上の増加が見込めるのです。

事例5. 国際自動車と夢交通の事例

事例5. 国際自動車と夢交通の事例

最後にご紹介するのは、国際自動車と夢交通の事例です。

2017年、国際自動車は、夢交通の全株式を取得しました。

買収された夢交通は、東京都に本社を置く年商8億円のタクシー会社です。

買収の目的は、事業規模の拡大を図ることでした。

本件M&Aで買収を行った国際自動車は、グループでのタクシー保有台数を3303台にまで増やしています。

このように、大きなタクシー会社もM&Aで積極的にタクシー台数を増やしているのです。

以上、タクシー業界M&Aの5つの成功事例でした。

5つの成功事例を見て、実際にM&Aを行いたいと思った人も多いはずです。

ここで、タクシー会社をM&Aで有利に売却するためのポイントを見ていきましょう。

5. タクシー会社をM&Aで有利に売却するポイント

タクシー会社をM&Aで有利に売却するポイント

タクシー会社のM&Aで有利に売却するポイントは、以下の3つです。

  1. ドライバーの稼働率を見直す
  2. 営業区域を見直す
  3. 配車アプリを導入する

これら3つのポイントを押さえておくことで、有利な条件で売却しやすくなります。

それでは、それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

ポイント1. ドライバーの稼働率を見直す

ポイント1. ドライバーの稼働率を見直す

タクシー会社をM&Aで有利に売却するために、ドライバーの稼働率を見直しておきましょう。

一般的に、ドライバーの稼働率が高いと、収益が下がる傾向があります。

なぜなら、残業や夜勤が多いことでドライバーのモチベーションが低下するためです。

そこで、ドライバーの稼働率を見直して非効率な営業を減らし支出を適正化しておけば、赤字を黒字に転換することもできます。

具体的には、ドライバーごとの乗客人数や収益をリストアップして、収益の低い時間帯の労働を削減しましょう。

また、収益の高い時間帯にドライバーを集中させることで収益アップが期待できるので、買収側の企業から好印象を持ってもらえます。

このように、ドライバーの稼働率を見直しておくことにより、有利な条件で売却できる可能性が高いです。

ポイント2. 営業エリアを見直す

ポイント2. 営業エリアを見直す

タクシー会社M&Aで有利に売却するために、営業エリアを見直しておきましょう。

タクシー業界で赤字が発生する要因の一つに、需要の低いエリアにおけるドライバーの大量投入が挙げられます。

このような赤字を解消するために、不採算の営業エリアからは撤退しましょう。

また、利益を最大限に得られるエリアでのみ営業を行うことで、黒字への転換も期待できるのです。

一般的に、営業エリアが広いと知名度が上がりますが、代わりに管理が難しくなります。

そのため、非効率な管理による経費がかさんでいるケースが珍しくありません。

したがって、不採算の営業エリアからは撤退して、採算の取れる営業エリアに力を入れましょう。

このように、M&A前に体制を整えておくことで、有利な条件で売却できる可能性が高まります。

ポイント3. 配車アプリを導入する

ポイント3. 配車アプリを導入する

タクシー会社M&Aで有利に売却するために、配車アプリを導入しましょう。

配車アプリを導入するには、膨大な時間と費用がかかります。

そのため、経営状況が厳しいタクシー会社である場合は、配車アプリの導入は現実的でないかもしれません。

しかし、上述のような経費削減を行った結果、事業の拡大に資金を回せるようになった場合には、配車アプリの導入を前向きに検討すると良いでしょう。

なぜなら、近年のタクシー業界のM&Aでは、配車アプリの獲得を目的とした買収が増加しているためです。

したがって、あらかじめ配車アプリを導入しておくことで、有利な条件で売却できる可能性が高まります。

以上、タクシー会社のM&Aで有利に売却する3つのポイントを紹介しました。

これら3つのポイントを押さえて準備しておけば、有利な条件で売却できる可能性が高いです。

しかし、タクシー会社のM&Aには気をつけるべきこともあるので知っておかなくてはなりません。

ここからは、タクシー会社をM&Aで売却するときに気をつけるべき注意点を見ていきましょう。

6. タクシー会社M&Aの注意点は?

タクシー会社M&Aの注意点は?

タクシー業界におけるM&Aの注意点は、以下の2つです。

  1. M&A先の企業にドライバーが馴染めないことがある
  2. 債権者の同意が得られない可能性がある

タクシー業界で生き残っていくために、M&Aは非常に有効な手段です。

しかし、M&Aには注意しておきたいポイントもあり、メリットだけでM&Aを決断してしまうのはオススメできません。

ここからは、それぞれの注意点と解決方法について順番に見ていきましょう。

注意点1. M&A先の企業にドライバーが馴染めないことがある

注意点1. M&A先の企業にドライバーが馴染めないことがある

M&Aを行う前に、相手先企業の労働条件や環境などの違いを確認しておいてください。

なぜならM&A自体が成立したとしても、相手企業の労働条件や環境に馴染めなかったドライバーが退職してしまう可能性があるためです。

タクシー業界では、コストの大半を人件費で占められているほど、ドライバーは重要な資源となっています。

そのため、ドライバーの確保を目的としたM&Aは少なくありません。

ところが一方で、近年のタクシー会社のM&Aでは、企業統合を急いでしまう傾向があります。

その結果、相手企業の文化に馴染めずドライバーが流出してしまう可能性があるのです。

したがって、M&A直後から従業員がスムーズに業務を引き継げるように、綿密に準備をしておきましょう。

労働条件や環境の違いを確認した上で、ドライバーにとってのメリットやデメリットを具体的に説明できるようにしておくことが大切です。

注意点2. 債権者の同意が得られない可能性がある

注意点2. 債権者の同意が得られない可能性がある

M&Aでの売却の有用性や今後得られる利益について、債権者に説明をして同意を得ておくようにしてください。

M&Aによるタクシー会社の売却は、経営改善のための前向きな決断と言えます。

ところが、経営体制が変化することの不安から、反対の意見を唱える債権者が出てくることがあるのです。

たとえ反対の債権者がいたとしても、M&A自体は行うことができます。

しかし、債権者がM&Aに反対して資金提供を止めてしまった場合には、経営に大きな影響が出てしまうこともあるのです。

したがって、債権者から同意を得るために、M&Aでの売却の有用性や今後得られる利益について、しっかり説明を行うことが重要だと言えます。

以上が、タクシー会社のM&Aを行う際の注意点でした。

M&Aを行う際には、以上の2つについて気をつけておきましょう。

そして、タクシー会社のM&Aを成功させるためには、専門家である仲介会社に相談するのが最適です。

7. タクシー会社のM&Aは仲介会社に相談しよう

タクシー会社のM&Aは仲介会社に相談しよう

タクシー業界でのM&A事例は数多くありますが、自社の希望に合うパートナーを一から探すのは非常に大変だと言えます。

そこで活用したいのが、M&A仲介会社です。

M&A仲介会社に相談すれば、自社の要望に合った買い手を見つけてくれるだけでなく、M&Aに必要な手続きまでサポートしてもらえます。

M&A仲介会社に仲介を依頼する場合、契約までの手数料は、おおよそ150万円ほどです。

そして、成功費用は譲渡価格6000万円以下のM&Aで350万円ほどとなっています。

多くの仲介会社では無料相談サービスを行っており、タクシー会社M&Aに不安を感じている人や自社の売却価格について気になる人は、まず仲介会社に相談するのが最適です。

M&A仲介会社に相談すれば、高値で買い取ってもらえるように経営状態を整えるためのアドバイスももらえます。

もしもタクシー業界でのM&A経験がない場合には、M&A仲介会社に相談して、効率的にパートナー探しを進めると良いでしょう。

M&A仲介会社に関しては、『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』で詳しく解説しています。

それでは最後に、タクシー業界の主要配車アプリTOP3について確認しておきます。

8. 【補足】国内主要タクシー配車アプリTOP3

【補足】国内主要タクシー配車アプリTOP3

タクシー業界の主要アプリを確認し、自社のアプリ開発や運営に活かしてください。

ここでは、国内における主要タクシー配車アプリTOP3を見ていきます。

提供会社 アプリ名 参加タクシー台数
Japan Taxi 全国タクシー 60,292
第一交通産業 モタク 36,000
みんなのタクシー みんなのタクシー 10,000

(引用:三井住友銀行「タクシー業界の動向と今後の方向性」

M&Aでの売却を考えている場合には、タクシー配車アプリは非常に重要です。

大手アプリを参考にし、自社にも使えるアプリを取り入れるとM&Aが成功しやすくなります。

メリットや成功事例と合わせて押さえておくことで、タクシー業界のM&Aを有利な条件で成功させましょう。

まとめ

タクシー業界では、観光客の増加やインバウンド需要の高まりを受けて、M&Aでの買収が増加傾向にあります。

また後継者問題・事業承継問題を解決するためのM&Aも増加中です。

ただし、自社だけでM&Aを完結させるのは非常に大変と言えます。

信頼できるM&A仲介業者に相談し、事業承継問題を解決しましょう。