M&Aでスポーツ・フィットネスクラブを存続!成功事例5選を解説

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aについてお調べですね。

昨今、スポーツクラブ・フィットネスクラブの利用者は増加傾向にあります。

しかし、多くの企業が進出して来たことにより、中小企業の生き残りはどんどん厳しくなっていると言えるでしょう。

この記事ではスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおけるメリットや留意点について解説していきます。

M&Aの成功事例についても紹介していますので、M&Aで経営状態を向上させ大切な会社を守っていきましょう。

目次

1.スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の動向とM&Aの傾向

M&Aの計画をたてる前にまず知っておきたいのが、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の動向とM&A傾向です。

昨今は健康志向の増大に伴い、大手、中小企業に限らず事業拡大を目的としたM&Aを行うスポーツクラブ・フィットネスクラブが増えてきました。

ここからは業界全体の動向や将来の展望、そしてM&Aの特徴について解説していくので、ぜひ最初にチェックしてください。

1−1.スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の動向

株式会社帝国データバンクによる以下の調査結果から、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界全体の売上は順調に伸びていると分かります。

(引用:https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180906.pdf)

この売り上げの伸びは、健康に対する関心が高まったことによるシニア層の施設利用者増加にあります。

このように全体としてはスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は好調です。

しかし大手企業が新規顧客を狙い事業に進出してきたことで、中小企業の生き残りはますます厳しくなっています

多くの企業がスポーツクラブ・フィットネスクラブを運営する今、個性のない企業が売り上げを伸ばしていくのは非常に難しいと言えるでしょう。

1−2.スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の展望

今後スポーツクラブ・フィットネスクラブに求められるのは、若年層、中高年層をターゲットにした個性ある施設です。

これまで健康志向を持つシニア層をターゲットとした施設を運営する企業が売り上げを伸ばしてきました.

しかし現在シニア層の利用はかなり増え、これ以上は大幅な売り上げ増が見込めない状況です。

そのため、まだ利用者数の少ない若年層や中高年層を取り込むことが、生き残りのカギとなります。

他のスポーツクラブ・フィットネスクラブとは異なる、個性を大きく打ち出した施設運営を行うことで、幅広い層の獲得に成功すれば生き残りのチャンスも見えてくるでしょう。

1−3.スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界におけるM&Aの特徴

昨今のスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界では、店舗拡大や事業拡大を目的としたM&Aが増加しています。

特に多くの顧客を獲得するため、全国各地のスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収し店舗数を拡大しようとする企業は少なくありません。

また、後継者不足による会社の売却事例も多数あります。

今まで運営してきた施設や従業員の雇用を守りたい方、さらに多くの会員を得て事業を成長させていきたいという方はパートナーを探し、M&Aを行うべきでしょう。

ここからは、M&Aにおける売り手側のメリットについて紹介していきます。

2.スポーツクラブ・フィットネスクラブM&A売り手側のメリット

スポーツクラブ・フィットネスクラブにおける売り手側のメリットは、以下の4つです。

昨今、大手企業がスポーツクラブ事業に進出してきたことにより経営難に陥っている中小企業も少なくないでしょう。

しかし、M&Aを行うことで今抱えている経営課題を解決できるかもしれません。

ここからはそれぞれのメリットについて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

メリット1.後継者が見つかる

スポーツクラブ・フィットネスクラブ運営においても、経営者の高齢化による後継者問題は深刻です。

特に中小企業の場合、良い後継者が見つからず企業存続の危機に置かれているケースも多いでしょう。

しかしM&Aを行うことで、M&A先企業と経営統合できるため、後継者を見つけられる可能性が高まります

今まで一緒に働いてきた従業員を解雇するのは、心情面でも非常に苦しいことです。

M&Aで後継者を見つけ、今後も会社と従業員を守っていきましょう。

メリット2.廃業コストがかからない

スポーツクラブ・フィットネスクラブの廃業には、大きなコストがかかります。

特にマシンやプールを設置しているジムだと、その廃棄コストは非常に大きくなり負債が発生する可能性もあるでしょう。

しかしM&Aを行い、他企業と共に経営を継続すれば今まで購入したマシンや施設設備をそのまま引き継げるので、廃業コストがかかりません。

さらに、M&Aを行うことで廃却コストがかからないうえ、売却利益を得ることができます。

売上が伸びず、廃業を考えている方は一度M&Aについて検討してみてください。

メリット3.安定した経営ができる

M&Aにより大手傘下に入れば、資金力が高まるため今までより安定した経営を行うことが出来ます。

売上が思うように伸びず、資金繰りに苦しむ中小企業は少なくありません

ですがM&Aを行うことで、まとまった売却資金が手に入るので資金力を強化することもできます。

また、大手企業に経営ノウハウを学ぶことで、今より効率的に施設運営ができるようになるでしょう。

メリット4.広告手段を増やせる

異業種の企業、特にメディアなど広告手段を多数持つ企業とM&Aを行えば、幅広い層に自社の施設をアピールすることができます。

例として、日本テレビとティップネスのM&Aを見てみましょう。

このM&Aでは、フィットネスクラブを運営するティップネスがテレビメディアである日本テレビの傘下に入ったことで、日本テレビの持つ広告手段を利用したティップネスの宣伝が可能になりました。

テレビメディア以外にも、印刷会社や広告会社とM&Aを行えばより効果的な宣伝ができるようになり、利用者の増加を目指せます

現在「広告がうまくいかず、利用者が増えない」という悩みを抱えている企業であれば、異業種とのM&Aを前向きに検討していくべきでしょう。

以上が、スポーツクラブ・フィットネスクラブにおける売り手側のメリットでした。

次は買い手側のメリットについて紹介していくので、ぜひチェックしてください。

3.スポーツクラブ・フィットネスクラブM&A買い手側のメリット

スポーツクラブ・フィットネスクラブにおける買い手側のメリットは、以下の4つです。

買い手側のメリットを押さえておけば、買い手がM&A相手としてどんなスポーツクラブ・フィットネスクラブを求めているのか、見えてきます。

ここからはそれぞれのメリットについて解説していきますので、M&A戦略作りの参考にしてください。

メリット1.施設や人材を丸ごと確保できる

買い手はM&Aを行うことで、施設やその中の設備、買収先企業で働く人材を丸ごと確保できます。

そのため新規店舗をオープンする場合、コストを低く抑えることが可能です。

また、スポーツクラブ・フィットネスクラブにおいて優秀なトレーナーの有無は売り上げに大きな影響を及ぼします

買い手はM&Aにより優秀なトレーナーを確保することで、さらなる顧客拡大を狙えるのです。

メリット2.既存の顧客を獲得できる

M&Aを行いスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収すれば、既存の顧客をそのまま獲得できます。

もちろん経営体制が変わることで会員が減る可能性もありますが、わざわざ新しく宣伝しなくても会員数を増やせることは、買い手にとって大きなメリットです。

スポーツクラブ・フィットネスクラブの売上は、顧客の数に大きく影響されます。

会員数が増えれば事業の拡大も見えてくるので、「今後さらに売り上げを伸ばしたい」という企業にとってM&Aのメリットは大きいでしょう。

メリット3.店舗数を増やせる

M&Aでスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収すれば、それだけ店舗数を増やすことが出来ます。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界では、店舗数が多ければ多いほど宣伝効果が高まり、会員も増えていくと言われます。

そのため店舗数の拡大を目的としたM&Aも、多く行われています。

また、M&Aにより店舗数が増えれば顧客がより便利に施設を利用できるようになります。

例えば、グループ内のフィットネスクラブ使い放題、海外のグループ店舗も一定料金で使い放題、など多彩なサービスを行えば、幅広い世代のニーズに合った運営ができるようになるでしょう。

メリット4.事業の多角化が可能になる

昨今、事業の多角化を目的として、異業種の会社がスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収する事例が増えてきました。

特に今後成長が見込まれるスポーツクラブ・フィットネスクラブ事業は、さらなる売上増を狙う企業にとってぜひとも進出したい業界です。

しかしスポーツクラブ・フィットネスクラブの運営経験のない会社が、一から人材や施設、経営ノウハウを得るのは大変です。

そこでM&Aを行い、すでに運営されている施設を手に入れればより低コストで、新規事業への参入が可能になります

以上、M&A買い手側のメリットについて解説してきました。

ここまでのメリットを踏まえ、以下の見出しでは具体的な成功事例を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

4.スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界M&Aの成功事例5選

ここから紹介するスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの成功事例は、以下の5つです。

成功事例の目的や意義を知れば、「どんな企業をパートナーとして選ぶべきか」「どんな目的でM&Aを行うべきか」を考える際に役立ちます。

それでは、以下5つの成功事例について、詳しく見ていきましょう。

成功事例1.日本テレビとティップネス

最初にご紹介するのは、日本テレビとティップネスの事例です。

大手テレビメディアの日本テレビホールディングスは2014年、全国各地でスポーツクラブの運営を行うティップネスを総額350億円程度で買収し、子会社化することを発表しました。

一見何の関連もないように見える日本テレビとティップネスですが、このM&Aは事業の多角化と広告手段の確保にあります。

日本テレビは、ティップネスを買収し低コストでヘルスケア分野への進出が可能になりました

そしてティップネスには影響力の強いメディアと手を組むことで、より効果的な宣伝方法を得ました

このように両者の利害が一致し、異業種同士のM&Aが実現したのです。

成功事例2.ヤマノホールディングスとRIZAP

次は、ヤマノホールディングスとRIZAPの事例です。

衣料品、服飾品販売と中心に事業展開をして来たヤマノホールディングスは2017年、フィットネスジムを運営するRIZAPにスポーツ事業を15億円で売却しました。

ヤマノホールディングスはスポーツ関連の衣料品を販売していましたが、暖冬の影響などでスキーウェアなどの売り上げが低迷

そこで事業整理のため、フィットネス事業を中心に数々のM&Aを行うRIZAPにスポーツ事業を売却しました。

このM&Aと同様、複数の事業を行っている場合、事業整理のためにフィットネス事業を一部売却することも一つの方法です。

成功事例3.ユニチカとコパン

次は、ユニチカの子会社、ユニチカ京都ファミリーセンターとコパンの事例を紹介します。

2015年、繊維メーカーユニチカの子会社、ユニチカ京都ファミリーセンターはスポーツクラブ運営を行うコパンに全株式を譲渡すると発表しました。

コパンは「コパンスポーツクラブ」として中京圏でスポーツクラブ、エステクラブなどを運営している会社です。

このM&Aにより、コパンはユニチカ京都ファミリーセンターが所有していた4店舗のスポーツクラブを取得することとなりました。

コパンは今後、関西でのスポーツクラブ店舗数を増やし、さらなる売り上げ増を狙っていく方針です。

成功事例4.明治スポーツプラザとセントラルスポーツ

次は、明治スポーツプラザとセントラルスポーツによるスポーツクラブ売却の事例です。

明治ホールディングスの傘下、明治スポーツプラザは2013年、11億8,100万円でスポーツクラブなどを運営するセントラルスポーツに事業を売却すると決定しました。

明治スポーツプラザは「ザバススポーツクラブ」の名称でスポーツクラブ8店舗を運営していましたが、売り上げが伸びず低迷していました。

そこで会社ごとセントラルスポーツに売却し、事業の整理を行うことになったのです。

このM&A成立後、ザバススポーツクラブとセントラルスポーツの会員はそれぞれ施設の相互利用が可能となりました。

そのためM&Aにより、会員に提供できるサービスの幅は大きく広がったと言えるでしょう。

成功事例5.野村不動産とメガロス

最後は、野村不動産とメガロスの事例です。

野村不動産ホールディングスは2015年、スポーツクラブを運営するメガロスの株式公開買い付けを行い、完全子会社化すると発表しました。

メガロスは、首都圏を中心に29店舗のスポーツクラブを運営している会社です。

すでに野村不動産は半分ほどメガロスの株式を保有していましたが、今後フィットネス事業に注力するため、全株式取得に踏み切りました。

東京オリンピックを前にスポーツ事業への資金投入を行うことで、グループのさらなる成長が期待できます。

以上が、スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの成功事例でした。

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aには様々な目的があります。

そのため、同じ業種にとどまらず幅広い視点でパートナー探しを行えば、現在抱える課題も解決が見えてくるでしょう。

ここからはこの成功事例をもとに、M&Aで買い手がチェックするポイントについて解説していきます。

5.スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aで買い手が見るポイント

スポーツクラブ・フィットネスクラブで買い手がチェックするポイントは、以下の4つです。

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aは増加しているものの、全ての企業がM&Aに成功しているわけではありません

より高い金額で買収してもらうため、まずは以下のポイントを押さえ自社の経営体制を見直していきましょう。

ポイント1.店舗の立地

スポーツクラブ・フィットネスクラブにおいて店舗の立地は非常に重要です。

店舗の看板が多ければ多いほど宣伝効果が高まるため、会員数アップにもつながるでしょう。

そのため、店舗拡大を目的としたM&Aにおいては、どれだけ多くの人の目につく場所に店舗があるかが大きなカギとなります。

例えば、利用者の多い駅前の店舗や、大通り沿いの店舗は顧客を集めるうえで有利な立地にあるといえるでしょう。

ポイント2.トレーナーの質

スポーツクラブ・フィットネスクラブの評判を上げるため、大切なのがトレーナーの質です。

いくら設備が整っていても、トレーナーの対応が悪ければスポーツクラブ・フィットネスクラブ同士の競争が激しい現在、顧客はすぐに離れて行ってしまいます

そのため、会員に丁寧に接することのできる、実力あるトレーナーをたくさん雇っている企業の方が、M&Aにおいて有利になります。

優秀なトレーナーが少ないという場合、採用活動を積極的に行ったり現在勤めているトレーナーの待遇を良くするなどして対応しましょう。

ポイント3.顧客の数

買い手が必ずチェックするのが、売り手側についている顧客の数です。

M&Aを行うことで、買い手は売り手が今まで抱えていた顧客をそのまま確保することができます

クラブ会員の数は売上に直結する要素ですので、買い手側は今売り手にどれだけの会員がついているのかをチェックするでしょう。

地域密着型のクラブであれば、会員数600人ほどで十分な顧客がいると判断できます。

現在顧客の減少に悩んでいる場合、キャンペーンなどを行い新規顧客獲得に向け動き出せばM&Aも有利に進められるはずです。

ポイント4.設備の設置状況

スポーツクラブ・フィットネスクラブに必要なのが、運動のためのマシンや専門の設備です。

特にスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界へ新たに進出してくる買い手は、「なるべく低コストで必要な設備をそろえたい」と考えていますので、売り手には充実した設備を求めます。

そのため、なるべく高い金額で買収してもらいたい場合、マシンの性能や設備環境を改めて見直し、自社の設備が今後も生かせることを買い手にアピールすることが大切です。

以上が、M&Aにおいて買い手がチェックするポイントでした。

買い手に「魅力的な企業だ」と思わせることができれば、M&Aを有利に進めることができます。

買収価格を上げるため、ここまで解説した4つのポイントはなるべく早めに解決していきましょう。

ここからはM&Aの留意点を解説していきますので、ぜひご一読ください。

6.スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの留意点

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおける留意点は、以下の2つです。

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aには多数のメリットもありますが、気を付けておくべきポイントもあります

ここからは、スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aにおける留意点について、それぞれ解説していきます。

留意点1.顧客が離れる可能性がある

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにより施設の形態が大きく変わる場合、会員が減少する恐れもあります。

特に今まで、優秀なトレーナーによる独自のパーソナルトレーニングを売りにして顧客を獲得してきたという施設の場合、M&Aにより個性を失えば顧客が離れていく可能性が高いです。

また、M&Aにより月々の利用料金がアップするという場合、会員が一時的に減ることも少なくありません。

このようにM&Aにより顧客が離れる可能性が高い場合、買収価格も低くなってしまいます。

M&Aを行う際は、自社施設の特徴を生かした運営ができるか、また利用料金にどれくらいの変化が出るのか、必ず確認しておきましょう。

留意点2.優秀な人材が流出する恐れがある

M&Aを行い従業員の働く環境が変わった結果、優秀な人材が会社を辞めてしまう恐れがあります。

特にM&Aにより労働条件が変わり待遇が悪くなった場合、多くの人材が流出する可能性が高いです。

スポーツクラブ・フィットネスクラブが顧客を獲得するうえで大切なのは、そこで働く従業員やトレーナーです。

M&Aをきっかけに従業員からの信頼を失わないよう、従業員に対する説明をきちんと行い、待遇はなるべく変えないようにしましょう

以上が、M&Aにおける留意点でした。

M&Aのメリットばかり見て事業の統合を進めてしまうと、逆に売り上げが下がってしまう可能性もあります。

M&Aを行う際はきちんと留意点を意識し、大切な会社の良さを守っていきましょう。

ここからはM&Aを成功させるためのポイントについて解説しますので、ぜひM&Aの計画作りに役立ててください。

7.スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを成功させるには

自社の事業戦略に合ったパートナーを自力で見つけるのは非常に難しいため、M&A仲介会社を活用するのがおすすめです。

M&A仲介会社に相談すれば、自社の要望に合った買い手を見つけてくれるだけでなく、M&Aに必要な手続きまでサポートしてくれます。

M&A仲介会社に相談して仲介をサポートしてもらう場合、成功費用は、譲渡価格6,000万円以下のM&Aで350万円ほどとなっています。

しかし多くの仲介会社では無料相談のサービスを行っていますので、M&Aに不安を感じている人はまず仲介会社に相談するのが良いでしょう

M&A仲介会社に関しては、『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』で詳しく解説しています。

M&A仲介会社に相談すれば、高値で買い取ってもらえるよう経営状態を整えるためのアドバイスをもらうことも可能です。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界でのM&Aを行うなら、M&A仲介会社に相談し効率的にパートナー探しを進めていきましょう

まとめ

ヘルスケアに対する意識が高まり、スポーツクラブ・フィットネスクラブの利用者は増加しています。

しかし多くの企業がスポーツクラブ運営に進出する現在、中小企業が生き残っていくのは困難です。

今後も経営を継続できるよう、積極的にM&Aを行い事業や顧客の拡大を図りましょう