スモールM&Aで中小企業も事業拡大へ!小規模事業を買収しよう!

スモールM&Aで中小企業も事業拡大へ!小規模事業を買収しよう!

スモールM&Aで事業規模を拡大したい」と、考えていませんか?

中小企業でもM&Aは一般的に行われるようになり、成功件数も増えてきています。

しかし、しっかりと知識を身に着けていなければ、事業の買収は成功しないことが多いです。

ここでは、スモールM&Aの基礎知識やメリット、案件の探し方などを紹介します。

しっかりとした事前知識を身に着け、事業拡大を成功させてください。

目次

1.スモールM&Aとは?

スモールM&Aとは?

スモールM&Aとは、小規模事業におけるM&Aのことです。

M&Aとは、企業の買収や合併のことを意味します。

小規模事業の定義は特に決まっていませんが、おおむね年間売上高1億円~3億円以下の事業が目安です。

M&Aと聞くと、大企業が行うものだと考える人が多いでしょう。

しかし、近年では小規模事業を取り扱う企業も一般的に行うようになっています。

なぜ中小企業でも一般的に行われるようになったのかは、中小企業の現状に関係しているのです。

1−1.スモールM&Aの市場となる中小企業の現状

スモールM&Aの市場となる中小企業の現状

中小企業では経営者の高齢化や設備の老朽化、業績の伸び悩みの問題が深刻化しています。

2019年現在は経営者の平均年齢が65歳を超えており、そのうち半数が後継者がいない状態です。

また設備の使用年数が年々伸びていて老朽化も進んでいます。

売上高も中小企業は2011年から低下しており、2013年からはほぼ横ばいに推移しているのです。

このように中小企業の将来性が明るいとは言えず、経営者の多くが休業や廃業を選択しています。

しかし、休業や廃業を避ける手段としてスモールM&Aが近年注目されてきました。

ここで、スモールM&Aの件数推移とその背景を紹介します。

1−2.スモールM&Aの推移とその背景

スモールM&Aの推移とその背景

スモールM&Aの件数は、増加傾向にあります。

中小企業のM&A成約件数は、2012年が157件であり、2017年は526件と約3.5倍にまで増加しました。

しかし、M&Aの成約を公表する企業は10社に1社と少ないため、実際の成約件数はさらに多いです。

この増加の背景には、後継者問題と買収価格が関わっています。

後継者のいない60代以降の経営者が、第三者へと事業承継を行う手段がスモールM&Aです。

また、買収価格が1億円未満という手軽さもあり、事業拡大を狙った中小企業がこぞって活用するようになりました。

安ければ100万円程度で買収することもできるため、起業を考えている個人も積極的に活用しています。

これらの要因が、追い風となってスモールM&Aは年々増加しているのです。

以上が、スモールM&Aの基礎知識についてでした。

スモールM&Aを活用することで買い手や売り手双方にメリットがあります。

そこで、それぞれのメリットを確認していきましょう。

2.スモールM&Aの買い手のメリット

スモールM&Aの買い手には、以下の5つのメリットがあります。

スモールM&Aの買い手のメリット

買い手のメリットは、コストやリスク、時間を抑えられることです。

それでは、順番に買い手のメリットを説明します。

メリット1.事業の拡大ができる

メリット1.事業の拡大ができる

スモールM&Aを行うことで、中小企業でも事業の拡大が行いやすくなります。

M&Aでの買収は、すでに事業として成り立っているものを自社に取り組むことが可能です。

同業種を買収する場合、既存事業を強化することができ、今までよりも安定した経営が行えます。

一方、他事業を買収する場合は新たな取引先や顧客を得るため、既存事業との相乗効果で業績を伸ばすことができるのです。

メリット2.起業のコストを抑えられる

メリット2.起業のコストを抑えられる

起業する際にスモールM&Aを行うことで、さまざまなコストを抑えることが可能です。

新規に事業を開始するために必要な費用は、一般的に約600万円が必要とされています。

この他に、経営を安定させ収益を上げるためにはさらに費用が必要です。

しかし、スモールM&Aで事業を買えば、従業員や取引先、顧客、ノウハウをそのまま引き継いで起業することができます。

買収額は100万円程度で行っている場合もあるため、一から事業を立ち上げるより格段にコストを抑えることができるのです。

メリット3.新事業への参入リスクを抑えるれる

メリット3.新事業への参入リスクを抑えるれる

スモールM&Aを活用する場合、新事業への参入のリスクを抑えられます。

すでに実績のある事業を買収するため、効率的な市場進出が可能です。

また、新しく事業に参入するよりも事業動向を把握しやすく、動向に合わせた対応を迅速にとることもできます。

買収して企業のノウハウを生かすことができるため、手探りな状態で事業を行うよりも非常にリスクが少なくなるのです。

メリット4.事業成長の時間を短縮できる

メリット4.事業成長の時間を短縮できる

他社をM&Aすれば、自社の事業成長の時間を大幅に短縮することができます。

なぜなら、買収企業の製造設備や技術、知的財産、販路をそのまま手に入れられ、すぐに活用することができるためです。

また構築に時間のかかるブランド力や知名度も手に入れられます。

買収したこれらのものを活用することで、何年も必要とする事業成長を速やかに行うことができるようになるのです。

メリット5.節税対策に繋がる

メリット5.節税対策に繋がる

企業を買収することで、節税対策にも繋がります。

実は、買収企業に繰越欠損金がある場合、税金の負担額を少なくすることが可能です。

繰越欠損金とは、過去に生じたマイナス所得のことを指します。

その後、プラス所得が発生すると、繰越欠損金と相殺することで所得額を低くすることができるのです。

これにより、所得税が抑えられるので節税に繋げられます。

以上が、買い手側のメリットについてでした。

スモールM&Aで事業を買うことには、多くの利益があります。

さらに次では、売り手側のメリットを見ていきましょう。

3.スモールM&Aの売り手のメリット

スモールM&Aの売り手には、以下の3つのメリットがあります。

スモールM&Aの売り手のメリット

売り手にとってのメリットは、会社の経営から退くときに起こる問題を解決するものが多いです。

それでは、順番に売り手のメリットを見ていきましょう。

メリット1.後継者問題などによる廃業を回避できる

メリット1.後継者問題などによる廃業を回避できる

売り手のメリットは、後継者問題を解決し廃業を回避できることです。

会社を売却することで、売却先の経営者や経営幹部が経営権を引き続きます。

今まで会社の経営に携わっている人材が会社を引き継ぐため、安心して会社を任せることができるのです。

一般的に後継者探しは、育成期間も含めて10年程度が必要とされています。

もしも十分な期間を後継者探しにとれないのであれば、M&Aで会社を引き継いでもらうほうが効率的です。

メリット2.赤字事業でも売却ができる

メリット2.赤字事業でも売却ができる

赤字の事業でも、売却することができる場合があります。

ずっと赤字が続いている事業を早く手放したいと考えている経営者は少なくありません。

実は、赤字事業の場合、M&Aでは買い手が現れることが多いです。

事業の拡大を行いたい場合やその会社の技術が欲しい場合など、理由はいろいろ考えられます。

赤字事業を買い取ってもらえば、経営の苦しみから解放されるはずです。

メリット3.引退時に現金を得ることができる

メリット3.引退時に現金を得ることができる

事業を売却することで、引退時に現金を得ることができます。

スモールM&Aでは、売却金額が1億円を超える場合もあり、資本金との差額を現金で受け取ることが可能です。

M&Aの売却価格は買い手の交渉で高くすることもできます。

したがって、M&Aをせずに経営から退いたときよりも、高額なお金が手に入りやすいです。

そのため、アーリーリタイアを行いたい経営者もM&Aを実施することが多いです。

以上が、スモールM&Aにおける売り手のメリットでした。

買い手と売り手の双方にメリットがあるため、M&Aを実施する中小企業が増えています。

ここで、スモールM&Aの成功事例を見ていきましょう。

4.スモールM&Aの成功事例

今回は、以下の2つの成功事例を紹介します。

スモールM&Aの成功事例

スモールM&Aは、事業拡大や起業のために頻繁に行われています。

それでは、順番に成功事例を見ていきましょう。

成功事例1.老舗旅館

成功事例1.老舗旅館

最初に紹介するのは、老舗旅館の事例です。

この老舗旅館は、70代の経営者が長年切り盛りしてきましたが、体力的に引退を考えていました。

しかし、後継者がおらず、また若い従業員もいなかったため廃業も検討していたのです。

その話を聞きつけた都内で飲食店を経営する30代オーナーが、新たな事業拡大のためスモールM&Aを行いました。

老舗旅館の70代経営者も旅館経営を続けてもらいたかったため、格安の300万円で譲ることを決定したのです。

この事例からわかることは、後継者不足の解決策としてスモールM&Aが活用できるということとなります。

近年では後継者がいなくて廃業をする企業も多いので、スモールM&Aの需要が高いです。

成功事例2.コインランドリー

成功事例2.コインランドリー

次はコインランドリーのM&A成功事例について紹介します。

コインランドリーを運営している企業が、事業拡大のために他のコインランドリー運営企業を買収しました。

コインランドリーを新規に設立するためには、大型洗濯機や大型乾燥機を設置しなければなりません。

しかし、大型洗濯機や大型乾燥機は新品で約200万円以上になります。

また物件探しから、最低限のメンテナンスや掃除、監視カメラの設置などで時間も必要です。

そこで今回のM&Aでは、約1.5億円で10店舗以上のコインランドリーを運営している企業を買収しました。

M&Aによって、事業拡大が効率よく行え、さらなる収益が上げられたのです。

この事例からわかる通り、今までの設備が使えるため買い手は事業拡大が簡単にできます。

以上が、スモールM&Aの成功事例についてでした。

実際に、スモールM&Aを行いたいと思った人も多いでしょう。

そこで次は、スモールM&A案件の探し方について紹介します。

5.スモールM&A案件の探し方5選

スモールM&A案件の探し方は、以下の5つが主流です。

スモールM&A案件の探し方5選

それぞれ特徴があるため、あなたに合った探し方を活用してください。

それでは順番に、案件の探し方を紹介します。

探し方1.知人に紹介してもらう

探し方1.知人に紹介してもらう

一番身近なM&A案件の探し方は、知人に紹介してもらうことです。

経営者同士のつながりから、売り手を探すことができます。

しかし、紹介してもらった企業が、自社で求めるような相手ではない可能性も高いです。

またM&Aの知識を持っていることも少ないため、交渉が難航することが多いとされています。

さらに、交渉中や交渉後のトラブルも自身で対処しなければいけないため、途中でM&Aを断る経営者も少なくありません。

もしも紹介されてから何か不安なことが出てきたら、M&A仲介会社などの専門家に相談しましょう。

探し方2.M&Aセミナーに参加する

探し方2.M&Aセミナーに参加する

自分でスモールM&Aの案件を見つけるなら、M&Aのセミナーに参加するのも1つの方法です。

M&Aのマッチングサイトや仲介会社が開催するセミナーには、主に買収を行いたい経営者や個人投資家が参加します。

その他にも、M&Aで会社を売却したいと考えている売り手の経営者も勉強のために出席していることがあるのです。

そういった人と仲良くなれば、M&Aの交渉を進めていけます。

しかし、こちらも自社の希望に沿った取引相手が現れる保証がないところがデメリットです。

勉強をしながら相手を探したいのなら、セミナーに参加してみましょう。

探し方3.公共機関を利用する

探し方3.公共機関を利用する

M&Aの案件は、公共機関でも紹介してもらうことが可能です。

このとき、全国にある商工会議所や事業引継ぎ支援センターが紹介してくれます。

東京商工会議所や大阪商工会議所といった各都道府県の商工会議所が、M&Aの相談や引き継ぎの相談窓口です。

また事業引継ぎ支援センターも相談窓口として活用されます。

しかし、事業引継ぎ支援センターは拠点が11か所と限られてるため、まずは商工会議所を利用してください。

探し方4.マッチングサイトを利用する

探し方4.マッチングサイトを利用する

スモールM&Aの案件を広く探したい場合には、マッチングサイトを利用するべきです。

全国のさまざまな案件を取り扱っているため、希望する取引先が見つけやすくなっています。

パソコンなどからいつでも案件を探すことができるため、忙しく時間がないときでも活用可能です。

しかし、サイトによってはマッチングしか行わず、仲介などは行わないサイトもあるため注意してください。

探し方5.M&A仲介会社に依頼する

探し方5.M&A仲介会社に依頼する

もっとも安心してスモールM&Aの案件を探せるのは、M&A仲介会社に依頼する方法です。

仲介会社は、依頼者の要望に合わせた案件を探してくれるので、企業選びで時間がかかることが少ないとされています。

また、公認会計士や税理士、弁護士などが所属しており、さまざまなトラブルにも対処してもらえるのも特徴です。

そして、多くの仲介会社がマッチングサイトも開設しているため、サイトでの案件探しも並行して行えます。

M&Aを行う企業は、M&A仲介会社を利用して事業売買を成功させていることが多いです。

以上が、スモールM&A案件の探し方についてでした。

しかし、実際にスモールM&Aを行う場合には、気を付けなければならない点がいくつかあります。

ここからは、スモールM&Aの留意点について紹介します。

6.スモールM&Aの3つの留意点

スモールM&Aには、以下の3つの留意点が存在します。

スモールM&Aの3つの留意点

これらに留意しなければ、スモールM&Aが思ったように成功しない場合があります。

それでは順番に、各留意点を見ていきましょう。

留意点1.相手企業の状況を確認する

留意点1.相手企業の状況を確認する

スモールM&Aを行う場合、売り手の企業の状況を確認しておかなければなりません。

事前に買収したい事業を明確にし、売り手の状況と合致するのかを考えるべきです。

そうしなければ、不要な事業を買収してしまう場合があります。

事業が黒字だから買収するというだけではなく、その事業を手に入れることであなたの会社や事業が成長できるかもしっかり考えてください。

具体的に考えるべきなのは、その企業にしかない技術力やブランド力、販路、許認可などが挙げられます。

こういったものを持つ企業は、たとえ赤字でも事業成長に大きく繋がります。

留意点2.自社だけでM&Aを成功させることが困難である

留意点2.自社だけでM&Aを成功させることが困難である

M&Aは専門の知識が必要となってくるため、自社だけで成功させることは非常に困難です。

交渉などの手続き以前に、M&Aの取引先を探すのにも自社だけでは限界があります。

そのため、M&Aを成功させたいなら、仲介会社などの専門家に相談するべきです。

しかし、費用が高額な業者がいることにも注意しなければなりません。

スモールM&Aを行う場合には、信頼できる専門家に依頼して成功させてください。

留意点3.M&A完了までに時間がかかることがある

留意点3.M&A完了までに時間がかかることがある

M&Aで会社を売却するまでには、ある程度の時間が必要です。

すぐにM&Aを行おうと思っても、案件探しや条件交渉などの事前の準備に時間がかかります。

また募集したからと言ってすぐに売り手や買い手企業が見つかるわけではありません。

そのため、M&Aを行う際には、1年程度のスパンを考えておいてください。

できるだけ短期間でM&Aを成功させたいなら、早めに仲介会社などの専門家に相談するべきです。

以上がスモールM&Aの3つの留意点でした。

これらの留意点を押さえておかなければ、せっかくのM&Aが失敗に終わってしまいます。

留意点を押さえていないことで起こる具体的なトラブルも確認しておきましょう。

7.スモールM&Aでよくあるトラブル

スモールM&Aでは以下の4つのトラブルがよく発生します。

スモールM&Aでよくあるトラブル

トラブルの内容を理解しておかなければ、あなたも同じトラブルに巻き込まれ、スモールM&Aが失敗する場合もあるのです。

それでは順番に、よくあるトラブルを紹介します。

トラブル1.契約締結前に提示されていた情報と異なる

トラブル1.契約締結前に提示されていた情報と異なる

スモールM&Aでは、契約締結前に提示されていた情報と異なることが、売買成約後に発覚する場合があります。

たとえば、提出されていた財務状況と実際の財務状況とで大きな乖離がある場合などです。

費用や時間を短縮するために仲介会社などの専門家を通さず行うと、このようなトラブルに繋がりやすいとされています。

トラブルを避けるためにも、安易に契約を締結せずに徹底した財務確認を行ってください。

トラブル2.隠れ債務が後から見つかる

トラブル2.隠れ債務が後から見つかる

スモールM&Aのトラブルでは、隠れ債務の発覚が後から買い手を苦しめます。

隠れ債務とは、貸借対照表に計上されていない債務のことです。

具体的には、保証人となっている債務や損金を発生させる金融商品など、あとから債務になってしまう可能性があるものを指します。

特に中小企業では、隠れ債務が現れやすいため、確認しておかなければ大きな損失を被る場合があるのです。

隠れ債務は専門家でなければ見つけるのが難しいとされています。

したがって、自社だけでM&Aを進める場合でもこの部分は公認会計士や税理士などに相談するべきです。

トラブル3.売り手企業が非協力的なことがある

トラブル3.売り手企業が非協力的なことがある

スモールM&Aでは、交渉の最中に売り手企業が非協力的になることがあります。

買い手企業だけが有利となる交渉を行っていくうちに、売り手企業は態度を硬化させてしまうことが多いです。

売り手側の希望が通らないために、嫌がらせとして必要な情報の開示を行わない場合もあります。

また、小規模な企業では従業員の数も少ないため、M&A専属の対応を行える人材も用意できません。

人材も不足している状況で売り手の要望が通らない場合、関係はさらに悪化していくでしょう。

そのようにならないよう、売り手と買い手がそれぞれ利益が得られるよう交渉しなければなりません。

トラブル4.従業員が離職する可能性がある

トラブル4.従業員が離職する可能性がある

M&A後に従業員が離職する可能性もあることに注意しておきましょう。

M&Aにより、労働環境や待遇の変化に不安を感じる従業員は多くいます。

そのため、M&Aに合わせて会社を離職する従業員が現れるのです。

これは、会社の重要な部分を担う社員も例外ではなく、離職により業績が悪化する場合も多数見受けられます。

M&Aを行う場合には、労働環境や待遇の向上を意識し、前経営者から適切なタイミングでM&Aの告知をしてもらってください。

以上がスモールM&Aでよくあるトラブルについてでした。

これらのトラブルは、M&Aの知識がないために起こるトラブルとされています。

スモールM&Aを成功させるためにも、M&Aに特化した仲介会社に依頼してトラブルを回避してください。

8.スモールM&Aは仲介会社に相談しよう

スモールM&Aは仲介会社に相談しよう

スモールM&Aでは、必ずM&A仲介会社を利用するべきです。

M&A仲介会社に相談すれば、在籍している公認会計士や税理士、弁護士の力でM&Aにおけるトラブルを回避することができます。

また、仲介会社が交渉を行ってくれるため、人材が少ない場合や時間を避けない場合でも効率よくM&Aを進められるのです。

M&A仲介会社の手数料は約100万円ほどで、追加で成功報酬が発生します。

報酬については具体的には依頼前に見積もりを出してもらえば安心です。

しかし、多くの仲介会社では無料の相談サービスを行っています。

スモールM&Aに不安を感じている場合は、まず相談してみてください。

M&A仲介会社に関しては、『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』で詳しく解説しています。

スモールM&Aでのトラブルを回避し、成功させるには必ずM&A仲介会社に依頼しましょう。

まとめ

スモールM&Aは、中小企業に焦点を当てたM&Aのことです。

個人で行うには、少し専門性が高いため、M&A仲介会社を利用するのが良いとされています。

スモールM&Aを成功させて、事業規模の拡大を成功させましょう。