飲食店のM&Aを成功させよう!5つの事例からわかるポイントは?

飲食店のM&Aを成功させよう

「飲食店のM&Aを行うべきか悩んでいる。。」と、お考えではないでしょうか。

近年の飲食店業界では、お店で提供する商品やサービスに付加価値が求められています。

付加価値を高めるためにM&Aを活用する経営者が多いです。

そこで今回は、飲食店のM&Aを成功させるためのポイントや、実際にあった成功事例を確認していきます。

飲食店のM&Aを成功させて、今まで以上にお店を発展させていきましょう。

目次

1.飲食店業界ではM&Aが重要!

飲食店業界ではM&Aが重要

飲食店業界では、M&Aの活用が注目されています。

そもそも飲食店とは、「ファミリーレストラン」「居酒屋」「ファストフード」「喫茶店」の4業態です。

これらのお店はいずれも、近年業界内での競争が激化しています。

そこで生き残るために、M&Aを行う企業が多いのです。

M&Aで飲食店を買えば、業態を横に広げることや同業態を取り込んで深掘りできます。

したがって、あなたも飲食店業界で安定して経営をしたいのなら、M&Aを活用するべきです。

ちなみに、「居抜きで新店舗をオープンするのもよく聞くけれど、M&Aとは違うのかな?」という人もいるはずです。

ここで、飲食店のM&Aと居抜きの違いを見ておきましょう。

1−1.飲食店のM&Aと居抜きの違いは契約にある

飲食店のM&Aと居抜きの違いは契約にある

飲食店のM&Aと居抜きの違いは、従業員との雇用契約や取引先との契約を引き継ぐかどうかにあります。

まず、居抜きとは、備品や設備もセットでの売買や賃貸借です。

居抜きで飲食店を始めれば、すでに店内が出来上がっている状況なので開業費用が抑えられます。

しかし、M&Aでは、そのような備品や設備だけではなく、従業員や取引先との契約関係も引き継ぐのが特徴です。

事業そのものを引き継ぐのがM&Aだと考えてください。

飲食店を買ったときからどんどん売上を出していきたいなら、M&Aが最適です。

居抜きとM&Aの違いがわかったところで、ここからは飲食店のM&Aのメリットを見ていきましょう。

2.飲食店のM&Aを行う買い手のメリット

飲食店のM&Aを行う買い手のメリット

飲食店のM&Aを行う買い手側のメリットとしては、以下のようなものがあります。

  1. 素早く事業に参入できる
  2. 既存の店舗設備や従業員を活用できる
  3. シナジー効果で収益性を高められる
  4. スケールメリットを受けられる

これらのメリットは、事業の規模を大きくしたり、既存事業の収益性を高めたりといった効果があります。

それぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

メリット1.素早く事業に参入できる

メリット1.素早く事業に参入できる

飲食店をM&Aで買収すると、スピーディーに事業に参入できます。

飲食店を新たに出店するには、不動産探しから行わなければならず多くの時間とコストがかかるのが現実です。

しかし、M&Aなら店舗設備や従業員も含めて手に入れられるので、すぐに事業が始められます。

またお店の名前を広く知ってもらおうとすれば、より多くの時間が必要となるでしょう。

M&Aで買収する飲食店がすでに有名なら、宣伝の時間も短縮できます。

このように、飲食店をM&Aすれば素早く事業に参入し、売上を出していくことができるでしょう。

メリット2.既存の店舗設備や従業員を活用できる

メリット2.既存の店舗設備や従業員を活用できる

飲食店を買収すれば、既存の店舗設備や従業員を活用できます。

飲食店を経営する際、店舗設備や従業員の確保は重要なポイントです。

特に多くの飲食店では、人材不足が大きな問題となっています。

M&Aにより立地が良く設備が充実した店舗と業務に慣れている人材を確保すれば、事業を始めるリスクは下がるはずです。

M&Aを行うなら、店舗設備や従業員に注目しながら売り手を探していきましょう。

メリット3.シナジー効果で収益性を高められる

メリット3.シナジー効果で収益性を高められる

M&Aを行い経営する店舗数を増やせばより効率的な経営が行いやすいです。

まず、既存の飲食店があるのなら、新たに買い取る店舗の強みを活かすことでさらなる収益を狙えます。

逆に買い取った店舗に既存の飲食店の強みを活かすことも可能です。

このように、シナジー効果と言われる相乗効果を期待したM&Aは一般的となっています。

したがって、売り手を選ぶ際には既存事業とのシナジー効果についてもしっかり考えましょう。

メリット4.スケールメリットを受けられる

メリット4.スケールメリットを受けられる

店舗数が多ければ多いほど、スケールメリットにより適切な人員配置、資金投入が可能になります。

スケールメリットとは、規模のメリットとも言われ、同じようなものが多く集まることにより大きな効果を生み出すことを指す言葉です。

一店舗のみを経営するより複数の店舗をまとめて経営した方が店舗当たりの生産性や効率性は上がります。

なぜなら、大量に食材を発注するほうが原価を下げることができ、店舗同士で食材を渡しあえばロスも減らせるためです。

今より効率的に経営を行うため、スケールメリットを狙い複数の店舗を買収する企業も少なくありません。

以上が、飲食店のM&Aを行う買い手のメリットでした。

4つのメリットを見て、実際にM&Aをしたくなった人もいると思います。

一方で、飲食店のM&Aには売り手のメリットもあるので確認しておきましょう。

3.飲食店のM&Aを行う売り手のメリット

飲食店のM&Aを行う売り手のメリット

飲食店のM&Aを行う売り手側のメリットとしては、以下のようなものがあります。

メリット1.売却による譲渡益が手に入る
メリット2.主力業務に注力できる
メリット3.廃業を避けられる

これらのメリットがあるので、飲食店を売ろうと思っている経営者は多いです。

それぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

メリット1.売却による譲渡益が手に入る

メリット1.売却による譲渡益が手に入る

飲食店を売却することで、売り手は引退時に現金を得ることができます。

もしも売却額が1億円だった場合、税金を引いても約8,000万円の利益を受け取ることが可能です。

売上の出ている飲食店なら、M&Aの需要も高いため売却金額も高額になりやすいとされています。

経営から退く際、引退後の資金は非常に重要です。

そのため、アーリーリタイアを行いたい経営者もM&Aを実施することがよくあります。

メリット2.主力業務に注力できる

メリット2.主力業務に注力できる

M&Aで飲食店を売ってしまえば、他の主力業務に注力できます。

飲食店経営以外にも事業を行っている場合、そちらに集中したいと考えている経営者も多いです。

お店を出した当時は売上があったけれど、今となっては他の事業のほうが利益が出ているということは珍しくありません。

そのようなとき、M&Aで飲食店を手放したほうが、主力業務に力を入れることが可能です。

そうすることによって、結果的に大きな利益を手に入れられる可能性は十分にあります。

メリット3.廃業を避けられる

メリット3.廃業を避けられる

M&Aで飲食店を売却することにより、業績不振からの廃業を回避することができます。

廃業した場合、従業員の再雇用や取引先との契約打ち切りなどで、多方面の関係者に対して影響が大きいです。

しかし、M&Aで飲食店を引き渡す場合、従業員や店舗もそのまま引き継いでもらえます。

また、店舗のために借りていたテナントを借りたときの状態に戻す原状回復費用も不要です。

したがって、廃業を避けることにより、関係者に迷惑をかけずに費用を抑えて経営から退けます。

後継者が身近にいなくてもM&Aを行えば廃業は避けられるのも嬉しいポイントです。

以上が、飲食店のM&Aを行う売り手のメリットでした。

メリットがわかったところで、ここからは具体的な成功事例を確認していきましょう。

4.飲食店のM&Aの5つの成功事例を確認しよう!

飲食店のM&Aの5つの成功事例を確認しよう!

飲食店のM&Aの5つの成功事例を見ていきましょう。

今回ご紹介するのは、以下の5つの会社の事例です。

  1. 株式会社ゼンショーホールディングス
  2. 株式会社吉野家ホールディングス
  3. 株式会社プレナス
  4. 株式会社スシローグローバルホールディングス
  5. 株式会社コロワイド

これらの事例を確認すれば、あなたもM&Aについて具体的なイメージがわくはずです。

それでは、それぞれについて具体的に確認していきましょう。

事例1.株式会社ゼンショーホールディングスと複数の飲食店経営会社

事例1.株式会社ゼンショーホールディングスと複数の飲食店経営会社

最初に確認するのは、積極的なM&Aを行う株式会社ゼンショーホールディングスの事例です。

株式会社ゼンショーホールディングスは、大手牛丼店の「すき家」を経営しています。その株式会社ゼンショーホールディングスは、すき家以外の新規客層も開拓するために、株式会社ココスジャパンや株式会社なか卯、株式会社ビックボーイをM&Aをしました。

このように、新規の客層を獲得しようとM&Aをする飲食店は多いです。

同じ種類の商品を扱う牛丼店でも客層は異なるので、M&Aで新規客層を獲得できればすでに経営している飲食店の宣伝になります。

逆に既存飲食店の顧客にM&Aで手に入れた飲食店の宣伝も行えるので、客層を拡げたいならM&Aは有効な手段です。

事例2.株式会社吉野家ホールディングスと株式会社せたが屋

事例2.株式会社吉野家ホールディングスと株式会社せたが屋

次のご紹介するのは、株式会社吉野家ホールディングスの事例です。

2016年6月、株式会社吉野家ホールディングスは、人気ラーメン店である「せたが屋」や「ひるがお」を運営する株式会社せたが屋との資本提携を行いました。これは、牛丼屋以外の業態の拡大を狙ったものです。

このように、飲食店のM&Aでは、M&Aの相手が飲食店になることはよくあります。

複数の業態を経営することによって、会社全体の売上の安定にもつながるのです。

全国展開やグローバル化を狙う飲食店も、飲食店を購入することが珍しくありません。

事例3.株式会社プレナスと宮島醤油フレーバー株式会社

事例3.株式会社プレナスと宮島醤油フレーバー株式会社

次にご紹介するのは、株式会社プレナスと宮島醤油フレーバー株式会社の事例です。

2016年12月、株式会社プレナスは、宮島醤油フレーバー株式会社の発行済株式を55%取得して子会社化しました。株式会社プレナスは、「ほっともっと」や「やよい軒」といった有名飲食店を経営しています。宮島醤油フレーバー株式会社の調味料やインスタント食品の製造販売事業を活用し、既存飲食店の生産コストを下げることがM&Aのの狙いです。

このように、同じ飲食業界でも行っている業務が違う企業をM&Aすることもよくあります。

M&Aをして生産コストを下げることによって、さらなる利益向上を目指せるのです。

事例4.株式会社スシローグローバルホールディングスと株式会社元気寿司等

事例4.株式会社スシローグローバルホールディングスと株式会社元気寿司等

次にご紹介するのは、株式会社スシローグローバルホールディングスと株式会社元気寿司、株式会社神明の事例です。

株式会社スシローグローバルホールディングスは、大手回転寿司店「スシロー」を経営しています。2017年9月、株式会社スシローグローバルホールディングスは、「元気寿司」を経営する株式会社元気寿司と親会社の株式会社神明と資本業務提携を行いました。この資本業務提携によって、お米の調達コストを下げることが狙いです。また、フルオーダー寿司の提供などさらなるサービスの発展も叶いました。

このように、同じ材料を使う商品を提供している飲食店同士がM&Aをすれば、調達コストを下げられます。

それによって、今までと同じ商品でも売上が高まるのです。

調達コストで悩んでいるのであれば、M&Aを行うのが良いでしょう。

事例5.株式会社コロワイドと株式会社フレッシュネス

事例5.株式会社コロワイドと株式会社フレッシュネス

最後にご紹介するのが株式会社コロワイドと株式会社フレッシュネスの事例です。

2016年12月、株式会社コロワイドは株式会社フレッシュネスを完全子会社化しました。株式会社コロワイドは居酒屋「土間土間」を経営している飲食店です。株式会社コロワイドは同エリアに複数の業態店をまとめて出店する方針を示しており、それによって株式会社フレッシュネスの「フレッシュネスバーガー」も売上が上がる見込みです。

このように、同エリアに複数の飲食店を出すために、M&Aで新規飲食店を手に入れることもあります。

そうすることで、原材料の調達コストを下げることや、物流コストを下げることが可能です。

複数の飲食店を経営したいなら、近場にある飲食店を買収するのも良い方法だと言えます。

以上が、M&Aの5つの成功事例でした。

成功事例を見て、実際にM&Aを行いたいと思った人も多いはずです。

ここで、飲食店のM&Aでの売却価格の相場を見ていきましょう。

5.飲食店のM&Aでの売却価格の相場は?

飲食店のM&Aでの売却価格の相場は、1店舗あたり100万円から300万円程度です。

この売却価格を具体的に決めるのは以下の3つの方法のいずれかとなっています。

  •  売り手の土地や店舗などの時価純資産額と営業利益3~5年分の合計で決める
  •  これまでの同規模の飲食店M&Aの事例を参考にして決める
  •  売り手の現在の利益から将来獲得できる利益を評価して決める

これら3つのどの方法をとるのかで、売却価格が大きく変わります。

そのため実際に飲食店をM&Aで売却する場合には、交渉するときの参考にするためにあらかじめ売却相場を専門家に依頼して算出しておいてください。

ちなみに、飲食店のM&Aにおいては、売却価格を決めるポイントが存在しています。

交渉の参加にするため、どのようなポイントによって売却価格が決まるのかを見ておきましょう。

5−1.飲食店のM&Aで売却価格を決めるポイントは2つ

飲食店のM&Aで売却価格を決めるポイントは2つ

M&Aの価格交渉において、買い手が重視するべきポイントは以下の2つです。

  1. スタッフの接客態度は良いか
  2. 提供する商品に人気があるか

これら2つのポイントを押さえられた飲食店には、高い値段がつきやすいとされています。

したがって、安価を望みすぎると交渉が失敗しやすいです。

ここからはそれぞれのポイントについて、解説していきます。

ポイント1.スタッフの接客態度は良いか

ポイント1.スタッフの接客態度は良いか

飲食店を経営する際には、スタッフの接客態度は非常に重要です。

M&Aをしたとしてもスタッフの接客態度が悪いことで顧客が減ればそのまま売り上げも減ります。

そうすれば、買い手にとってM&Aは失敗に終わることもあるのです。

そのため多くの買い手は、実店舗で働くスタッフの態度を非常に重視しています。

もしスタッフの接客に気になる点があれば、早い段階で研修やマニュアル改善などを行ってもらうと良いでしょう。

スタッフの接客態度が良いかわからないときは、お客様アンケートを実施してもらうのもアリです。

ポイント2.提供する商品に人気があるか

ポイント2.提供する商品に人気があるか

浮き沈みの激しい飲食店経営において、提供する商品の人気は非常に重要です。

商品に人気がなければ固定客がつかず、すぐに廃業の危機を迎えてしまいます。

そのため買い手は人気商品のある飲食店を希望することがほとんどです。

商品の質が良くなければ、M&Aをする意味がないことさえあります。

したがって、今後の売上につながるような商品のある売り手を探してください。

以上が、飲食店のM&Aでの売却価格の相場や高額売却のポイントでした。

「金額にも納得がいったしM&Aをしよう」と思った人もいると思います。

しかし、M&Aの際には、売却価格以外にも注意するべきことがあるので確認していきましょう。

6.飲食店をM&Aする際の3つの注意点

飲食店をM&Aする際の3つの注意点

飲食店をM&Aするときに気をつけるべき注意点は、以下のようなものがあります。

  1. 交渉は穏便に行う
  2. 現地調査を必ず実施する
  3. 労働環境を整備しなければ離職につながる

これらの注意点を押さえることによって、飲食店のM&Aが成功する確率が高まります。

それぞれの注意点について、順番に確認していきましょう。

注意点1.交渉は穏便に行う

注意点1.交渉は穏便に行う

飲食店のM&Aを行うなら、交渉は穏便に行うのが良いとされています。

なぜなら、飲食店業界の中で、これからも関わる可能性が高いためです。

価格交渉や条件交渉の際には、ついつい熱くなりすぎて険悪になることも少なくありません。

しかし、今後のことを考えれば売り手との関係は良好に保つべきです。

また、穏便に交渉をしたほうがあなたの希望する条件が通りやすいと考えられます。

したがって、交渉には冷静な気持ちで臨んでください。

注意点2.現地調査を必ず実施する

注意点2.現地調査を必ず実施する

飲食店のM&Aを行うのであれば、現地調査は必ず実施するべきだとされています。

現地調査をしなければ、あとから思っていたお店と違うことに気づくなどのトラブルが起きやすいためです。

現地調査を行って店舗の立地や客層、店内設備や造作についてを確認すれば、トラブルは避けられます。

できるだけ手続きを減らして早く買いたいと思うかもしれません。

しかし、結局トラブルが起きたら手続きは長期化してしまうので、しっかり現地調査を行ったほうが良いでしょう。

注意点3.労働環境を整備しなければ離職につながる

注意点3.労働環境を整備しなければ離職につながる

飲食店をM&Aするときには、従業員の労働環境を整備することも必要となります。

なぜなら、買う前よりも労働環境が悪くなってしまうと、従業員の大量離職に繋がりかねないためです。

売り手と従業員の待遇についてしっかり話し合うことで大量離職は避けられます。

できるだけ今の待遇よりも好条件で働けるように環境を整えてあげることも買い手の仕事なのです。

従業員に喜んでもらえるようなM&Aを意識すると良いでしょう。

以上が飲食店をM&Aする際の注意点でした。

売却を成功させるためにも、M&Aを行う際には必ず気をつけておいてください。

飲食店のM&Aを絶対に成功させたいなら、早めに専門家のもとで手続きを進めていくべきです。

7.飲食店のM&Aを行いたいならM&A仲介会社を使おう!

飲食店のM&Aを行いたいならM&A仲介会社を使おう!

飲食店のM&Aを行いたいなら、M&A仲介会社に相談するべきです。

M&A仲介会社には、公認会計士や税理士、弁護士が在籍しているため、M&Aにおけるトラブルを回避することができます。

また、仲介会社が買い手との交渉も行ってくれるため、効率よくM&Aを進められるのです。

M&A仲介会社に支払う費用は、着手金や中間報酬、成功報酬の3つが主となります。

着手金と中間報酬はM&A交渉が失敗しても返金されない費用です。

これらの費用は100万円ほどが相場ですが、中には着手金と中間報酬を無料にしている仲介業者もあります。

成功報酬の算定は、取引金額に一定の値を掛けて算出する方式が多いです。

仲介会社ごとに、金額が異なってくるため事前に仲介会社に確認してください。

複数を比較することで費用を抑えることもでき、自分にあった仲介会社を選択できます。

飲食店のM&Aで発生するトラブルを回避し、手続きを成功させるためにも必ずM&A仲介会社に依頼してください。

M&A仲介会社に関しては、『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』で詳しく解説しています。

最後に、M&Aはの戦略を練るために重要な、飲食店業界の市場やM&A動向について確認していきましょう。

8.【補足】飲食店業界の市場やM&A動向について押さえよう!

飲食店業界の市場やM&A動向について押さえよう!

飲食店業界の市場は、競争が激しくなっています。

飲食店として生き残っていくためには、単に商品を出すだけでは難しいです。

他のお店にはない付加価値がある飲食店に育てるのが重要だと考えられています。

そのためにM&Aを活用する飲食店経営者が多く、M&Aの件数は非常に多いです。

大企業も中小企業も積極的なM&Aを行っており、業界再編が行われています。

したがって、シナジー効果やスケールメリットが発揮できる相手を見つけ、飲食店を発展させていくべきです。

良い売り手を見つければ、今以上にあなたの飲食店の売上は伸びるでしょう。

最後に飲食店業界の主要企業を確認しておきます。

8−1.飲食店業界の主要企業

飲食店業界の主要企業には、以下のようなものがあります。

企業名 売上高(単位:100万円)
ゼンショー  511,810
すかいらーく  340,002
日本マクドナルドホールディングス  222,319
吉野家ホールディングス  180,032
コロワイド  177,573
モンテローザ  145,500
スターバックスジャパン  125,666
あきんどスシロー  127,000

以上が、飲食店業界の主要企業でした。

このような大きな企業を目指して、M&Aで規模を大きくしていきましょう。

そのためには大手のM&A戦略を研究して計画をたてるのも良いです。

M&Aを成功させて、飲食店をどんどん発展させていってください。

まとめ

飲食業界の競争は激化しており、付加価値の高い飲食店を作ることが求められています。

M&Aで既に経営している店舗と相性の良いお店を買うことで、双方のお店の付加価値を高めやすいです。

飲食店のM&Aを行い、競争に勝ち抜ける飲食店のオーナーとなりましょう。