物流・運送会社のM&Aは事業承継に有効!業界動向や成功事例を徹底解説

「物流・運送会社の事業承継にM&Aは効果的なのか」とお悩みではないでしょうか。

近年の物流・運送業界では、ネットショッピングの発達による市場拡大を受けて競争が激化しています。

こうした市場拡大と競争の激化から生き残るためにM&Aを検討する企業は増加傾向にあると言えるでしょう。

しかし、M&Aは動向や傾向を知らなければ失敗してしまうリスクもある手段です。

この記事では、そんな物流・運送業界でのM&Aを有利に成功させるための条件や傾向や動向、知っておきたい注意点を紹介します。

物流・運送会社の成功事例も確認して、事業承継問題を解決する参考にしてみてください。

目次

1. 物流・運送会社のM&Aは事業承継に有効!業界動向は?

物流・運送会社のM&Aは事業承継に有効!業界動向は?

物流・運送業界では、新しい人材を迎え入れるためにM&Aで買収するというケースが増えています。

ここで物流事業の定義をおさらいしておくと、「生産物を生産者から消費者へと引き渡す事業」のことです。

また運送事業は、「運送や配送サービスを提供する事業」と定義されています。

近年の物流・運送業界では、ネットショッピングの発達を受けて、競争が激しいです。

そのため、事業の運営に必要不可欠なドライバーの確保を狙って、物流・運送会社を買収するM&Aが増加しています。

したがって、即戦力として業務をこなせる経験豊富なドライバーがいるなら、有利な条件と価格で売却できる可能性が高まるでしょう。

具体的な目安としては、10年以上の経歴を持つドライバーを抱えている会社は、有利な条件で売却できる可能性が高まります。

その一方、物流・運送業界では全体の約半数の企業が赤字営業です。

もしもあなたの会社も赤字なら、財務基盤が安定により経営改善ができるためM&Aで大手へ売却するのも有効だとされています。

以上、物流・運送業界のM&A動向について解説しました。

では、物流・運送会社を売却するにあたってどのくらいの相場となっているのかも知っておきましょう。

1−1. 物流・運送会社M&Aの売却価格の相場

物流・運送会社M&Aの売却価格の相場

物流・運送業界M&Aでの売却価格の相場は幅広く、中小規模の物流・運送会社であれば1,000万円〜3億円程度が一般的です。

また、大手であれば売却価格が数億円を超えることもあります。

物流・運送会社の相場に大きな影響を与えるのが『人材』と『車両の所有台数』です。

つまり、豊富な経験を持つ優秀なドライバーや車両の保有台数が充実しているほど、売却価格は高額になる傾向があります。

以上、物流・運送会社M&Aでの売却価格の相場を紹介しました。

相場の具体的な計算は専門性が高いので、不安があるならM&A仲介会社に相談してください。

そして、物流・運送業界のM&Aでは、売却利益以外にもメリットがあります。

ここからは、物流・運送会社M&Aにおける売り手側のメリットを見ていきましょう。

2. 物流・運送会社M&Aの売り手側のメリット

物流・運送会社M&Aの売り手側のメリット

まずは、物流・運送会社M&Aでのメリットをみていきましょう。

売り手側のメリットは以下の3つです。

  1. 今後も事業を続けていくことができる
  2. 資金を獲得して将来性を確保できる
  3. 経営の安定化と事業拡大を狙える

簡単にまとめると、買い手のリソースを得ることで事業を安定化し、自身はリタイアのための資金も獲得することが可能となります。

本当にそのようなメリットが得られるのか、それぞれお話していきますので確認してみてください。

メリット1. 今後も事業を続けていくことができる

M&Aで物流・運送会社を売却したとしても、今後も事業を続けていくことができます。

これは、買収先が売却した事業を引き継いでそのまま経営を続けるからです。

リタイアが目的だとしても、経営者が変わるだけで大筋の事業は変わりません。

まだまだ伸びしろのある会社を廃業してしまう前に、買収先に引き継ぎしてもらうことで事業を残せるというわけです。

もちろん、従業員の雇用も引き継ぐことができるので守ることができます。

事業を続けられるというだけでも多くのメリットがあることから、廃業前には検討したい手段と言えるでしょう。

メリット2.資金を獲得して将来性を確保できる

物流・運送会社をM&Aで売却する形となるので、資産を獲得して自身の将来性を確保できるのもメリットとなります。

売却額は事業内容や現在の状態により異なりますが、大きな金額となるのでリタイア後の資金にも十分に使える額となるでしょう。

また、物流・運送会社の事業のみを売却すれば、別の事業に資金を投資することも可能です。

つまり、選択と集中のための手段としてもM&Aは検討できるということになります。

こうしたメリットも廃業よりもM&Aが増加傾向にある理由になっているのです。

メリット3. 経営の安定化と事業拡大を狙える

物流・運送会社は買収先でそのまま経営されることから、経営の安定化と事業拡大を狙うことができます。

これは、買い手のリソースを活用することができるからです。

十分な資金を投じることができず、手広く事業を進められないというケースも中小企業では少なくありません。

そこで、M&Aによって買収先に吸収してもらうことで、資金を獲得して今まで以上に力を注ぐことが可能となるわけです。

さらに、買収先が持つノウハウを獲得できることで新しいことにも取り組めるようになるかもしれません。

自身が何を目的としていくのかによってもメリットは変わりますが、売却側の代表的なメリットは廃業を選ぶよりも良いことが多いです。

では、買い手となる企業にはメリットがないのでしょうか。

こちらについても確認しておきましょう。

3. 物流・運送会社M&Aの買い手側のメリット

物流・運送会社M&Aの買い手側のメリット

では、次は買い手のメリットについても見ていきましょう。

売り手の人も確認しておくことでニーズを知り、企業価値を高めることにもつながりますので参考にしてみてください。

代表的な買い手のメリットは以下3つです。

  1. 経験豊富なドライバーを確保できる
  2. 車両を一括で取得できる
  3. スケールメリットを受けられる

それぞれ見ていきましょう。

メリット1. 経験豊富なドライバーを確保できる

物流・運送会社の事業をM&Aで買収することで、経験豊富なドライバーを確保できます

近年の物流・運送業界では、ドライバー不足が深刻な状況です。

ところが、ドライバーとなる人材を一から募集して採用しようとすると、手間や時間がかかります。

加えて、物流・運送業界には長時間労働の傾向があり、思うように人材が集まらない可能性が高いです。

こうした背景から、物流・運送会社の買収で人材を確保しようという動きが活発化しています。

メリット2. 車両を一括で取得できる

物流・運送会社をM&Aで買収すれば、トラックやバイクなどの車両を一括で取得できます

新規で物流・運送事業を始める場合、車両を購入しなければなりません。

しかし、トラックやバイクなどの車両を一から揃えようとすると、莫大な資金が必要です。

事業を始めるための車両購入代金の目安は、1500万円〜2000万円程度となります。

M&Aで既存の物流・運送会社を買収すれば車両を中古として買い取ってそのまま引き継ぐことが可能です。

つまり、低コストで物流・運送事業に新規参入できるため、買い手側にとって大きなメリットとなります。

メリット3. スケールメリットを受けられる

物流・運送会社のM&Aをすることでスケールメリットを狙うことができます。

スケールメリットとは、同様の事業や業種が集まることによって大きな効果を生み出すことができるものです。

団結して規模を大きくすることで新たに狙える顧客層などを見つけることができるかもしれません。

また、今までバラバラに運ばれていた物資も、方向が同じなら車一台で運べるようになります。

さらには、エリアを拡大することでより大きく会社を成長させられる可能性も高められるでしょう。

こうしたスケールメリットによる効果は、買い手側にとって大きなメリットとなります。

ここまで売り手・買い手のメリットについてお話してきました。

では、本当に成立したケースがあるのか事例を紹介するので参考にしてみてください。

4. 物流・運送業界M&Aの成功事例5選

物流・運送業界M&Aの成功事例5選

ここからは、物流・運送業界M&Aでの成功事例を5つ紹介します

  1. 日本通運と名鉄運輸
  2. 鴻池運輸と九州産交運輸
  3. レンゴーと山陽自動車運送
  4. 日立物流とタカノ物流
  5. 三菱倉庫と富士物流

それぞれの事例を自社と置き換え、M&Aをイメージする参考にしてみてください。

事例1. 日本通運と名鉄運輸の事例

最初にご紹介するのは、日本通運と名鉄運輸の事例です。

2016年、綜合物流業者である日本通運は、名鉄運輸をM&Aによって買収しました。

買収された名鉄運輸は、名古屋鉄道の子会社として物流事業を手がけている会社です。

この買収の目的は、スケールメリットにより経費削減を図ることでした。

これによって、長距離トラックの荷物集約や積載効率を上げることで車両台数の削減が見込まれます。

あなたの事業もM&Aを行うことで、スケールメリットによる経費削減ができるはずです。

事例2. 鴻池運輸と九州産交運輸の事例

2つ目の事例は、鴻池運輸と九州産交運輸の事例です。

2014年、綜合物流業者である鴻池運輸は、九州産交運輸をM&Aによって買収しました。

買収された九州産交運輸は、熊本市に本社を置き医薬品輸送を手がけている会社です。

この買収の目的は、医薬品分野の物流ノウハウの吸収でした。

これによって、両社の配送システムを刷新して事業拡大を図っています。

今回の事例のように、ノウハウの吸収を狙ってM&Aを行う経営者は多いです。

事例3. レンゴーと山陽自動車運送の事例

3つ目の事例は、レンゴーと山陽自動車運送の事例です。

2011年、包装事業をメインに手がけているレンゴーは、山陽自動車運送をM&Aによって買収しました。

買収された山陽自動車運送は、貨物運送事業を主力としている会社です。

この買収の目的は、事業全体の総合力を向上させることでした。

これによって、両社の共同経営を行いながら、グループの主力事業である包装事業に注力しています。

このように、業種が異なる企業が物流事業のノウハウを求める事例も珍しくありません。

事例4. 日立物流とタカノ物流の事例

4つ目の事例は、日立物流とタカノ物流の事例です。

2008年、佐川急便グループの物流会社である日立物流は、タカノ物流をM&Aによって買収しました。

買収されたタカノ物流は、タカノフーズの物流子会社です。

この買収の目的は、受託事業を集約することでコスト削減を図ることでした。

現在の日立物流は、物流における顧客ニーズに最適化した事業を追求しています。

M&Aで顧客ニーズの追求を目指すのも、経営戦略として有効です。

事例5. 三菱倉庫と富士物流の事例

最後にご紹介するのは、三菱倉庫と富士物流の事例です。

倉庫最大手の三菱倉庫は、2010年に富士物流をM&Aによって買収しました。

富士物流は中堅の物流・運送会社で、安定した収益と経営を続けていた企業です。

この買収では、倉庫会社が持つノウハウと物流・運送会社が持つ事業の特性を合わせた事業拡大でした。

お互いのメリットが合わさることによって大きなシナジー効果を得られるとしたのです。

ここまで5つの事例についてお話してきました。

その他にも事例があるので簡単に確認してみましょう。

5. 物流業界はM&Aが多い!その他事例も確認しよう!

物流業界はM&Aが多い!その他事例も確認しよう!

物流業界のM&Aでは、多くの事例があります。

代表的なM&Aの事例は、以下の通りです。

  1. サカイ引っ越しセンターがSDホールディングスを買収した事例
  2. 鴻池運輸がエヌビーエヌを買収した事例
  3. トナミホールディングスがケーワイケーを買収した事例
  4. SBSホールディングスがリコーロジスティクスを買収した事例
  5. エスケーサービスがビックカメラを買収した事例
  6. ロジネットジャパンが青山本店を買収した事例
  7. センコーがアストを買収した事例
  8. ゼロがHIZロジスティクスを買収した事例
  9. シーアールイーがブレインウェーブを買収した事例
  10. ハマキョウレックスが千代田運輸を買収した事例
  11. 岐阜プラスチック工業が橋爪運輸を買収した事例
  12. 濃飛倉庫運輸がつるとみ運輸を買収した事例

物流業界では、上記のように多数の企業がM&Aを行っています。

このようにM&Aは身近なものであり、あなたもぜひ検討するべきです。

事例の多さを見て、実際にM&Aを行いたいと思った人も多いはずです。

ここで、物流・運送会社をM&Aで有利に売却するための条件を見ていきましょう。

※もっと事例が見たいという人は以下の記事を確認してみてください。

【関連】M&A事例50選!成功への鍵を徹底解説!【2020年最新版】

6. 物流・運送業界M&Aで有利に売却する条件

物流・運送業界M&Aで有利に売却する条件

物流・運送業界でのM&Aは非常に盛んですが、全ての会社がM&Aで売却できるというわけではありません。

物流・運送業界のM&Aにおいて、売却に有利となるのは以下の3つの条件に当てはまることです。

  1. 経験豊富なドライバーを抱えている
  2. 得意先企業がある
  3. 所有している車両の稼働年数が浅い

これらの条件を満たすことで、良い条件で売却しやすくなります。

ここからは、それぞれの条件を順番に見ていきましょう。

条件1. 経験豊富なドライバーを抱えている

条件1. 経験豊富なドライバーを抱えている

経験豊富なドライバーを抱えていることで買い手に良い印象を与えることができ、高値が付くケースがあります。

なぜなら、物流・運送業界では、ドライバーの人材不足が深刻な問題となっているためです。

その一方で、事業の運営に必要不可欠なドライバーを募集するには、手間と費用がかかります。

そこで、M&Aの買収によって経験豊富なドライバーを引き継ぐことができれば、人材不足を改善できるのです。

このような理由から、経験豊富なドライバーを抱えている物流・運送会社の買収価格は高く設定されます。

具体的な目安として、10年以上の経歴を持つ人材は、経験豊富なドライバーとして扱われやすいです。

条件2. 得意先企業がある

条件2. 得意先企業がある

定期的に仕事を受注している得意先があれば、M&Aでの売却において大きな価値を持ちます。

なぜなら、得意先を抱えている企業を買収すると、買い手はM&A直後から業績の向上が見込めるためです。

加えて、買い手の企業では、引き継いだ経営資源を活用することで、事業規模の拡大も期待できます。

このような理由から、得意先が確保されている物流・運送会社の買収価格は高く設定されるのです。

もしもM&Aでの売却までに時間があるのなら、可能な限り取引先を増やす努力をしてみると良いでしょう。

条件3. 所有している車両の稼働年数が浅い

条件3. 所有している車両の稼働年数が浅い

所有している車両の稼働年数が浅ければ、M&Aで有利に売却できる可能性が高まります。

物流・運送事業の運営に必要不可欠である車両は消費物です。

なので、長期間に渡って使用した後には買い換えなければなりません。

そして、車両は使用すればするほど、メンテナンスが必要になる頻度も高まってくるものです。

そのため買い手側は、早急に買い換える必要がなくメンテナンス費用が少ない車両を獲得したいと考えます。

このような理由から、所有している車両の稼働年数が浅い会社は、有利な条件で売却される可能性が高いのです。

具体的には、稼働年数が8年未満の車両があれば、買い手が付きやすいとされています。

しかし、物流・運送業界のM&Aには意外にも見落としやすい注意点があるので確認しておきましょう。

7. 物流・運送業界M&Aの注意点は?

物流・運送業界M&Aの注意点は?

物流・運送業界におけるM&Aの注意点は、以下の2つです。

  1. 取引先からの反発を受ける可能性がある
  2. ドライバーからの未払い賃金請求のリスクがある

物流・運送業界で生き残っていくために、M&Aは非常に有効な手段です。

しかし、M&Aには注意しておきたいポイントもあり、メリットだけでM&Aを決断してしまうのは避けた方が良いと言えます。

ここからは、それぞれの注意点と対処法について順番に見ていきましょう。

注意点1. 取引先からの反発を受ける可能性がある

注意点1. 取引先からの反発を受ける可能性がある

物流・運送会社でM&Aを検討したなら、取引先からの反発を受けるリスクについても十分に注意しなくてはなりません。

経営者が変われば、当然のように方針の変更なども検討されます。

例えば、今までは問題なく取引できたとしていても、新規のルートを運送に取り入れることで内容を変更しなくてはならないケースも出てくるでしょう。

そうすると、取引相手も今後について考え直さなければならない状態に陥り、関係が悪化する可能性が出てきてしまうのです。

こうしたリスクがある以上、説明などは十分にしなくてはなりません。

納得してもらった状態でM&Aを進めるほうがリスクが少ないです。

ですから、取引先の反発については必ず確認して問題のない状態まで話し合いをしてみてください。

注意点2. ドライバーからの未払い賃金請求のリスクがある

注意点2. ドライバーからの未払い賃金請求のリスクがある

物流・運送業界のM&Aを行う上で最も注意しておきたいのは、ドライバーへの未払い賃金についてです。

一般的に物流・運送会社は、他の業界と比べて拘束時間が長時間化しやすい傾向にあります。

そのため、これらのドライバーに対する給料が固定費となり利益を圧迫しやすいので、少しでも固定費を削減しようとする経営者は少なくありません。

このような背景から労務管理がおろそかになってしまっていると売買がスムーズに進まなくなります。

例えば、以下のようなことはないでしょうか。

  • 労働条件が明確になっていない
  • 時間外労働が把握できていない
  • 時間外労働を無視している など

問題を抱えたままの状態だと、売買後に未払い賃金の請求を受けてしまう可能性が出てきてしまいます

ですから、必ず問題がないかを確認し、財務状況を整理しておきましょう。

正しい経営をしていれば、買い手にも誠実さを伝え、気持ちよくM&Aに動き出せるはずです。

以上が、物流・運送業界のM&Aを行う際の注意点でした。

こうした注意点を守り、リスクを徹底的に減らして進めるにはM&A仲介会社に相談するのがおすすめです。

次の項目で理由をより詳しく見ていきましょう。

8. 物流・運送業界M&Aの成功には仲介会社が重要!

物流・運送業界M&Aの成功には仲介会社が重要!

物流・運送業界でM&Aを進めるのであれば、M&A仲介会社に依頼するようにしてみてください。

市場の動向や業界の傾向に合わせて、最適な戦略を立てるためには専門知識が必要です。

現在の市場から見る見通しや、ニーズなどについても深く知ることでシナジー効果をより高めて会社を成長させることもできます。

知識がないまま進めてしまうと、目的は達成できても満足できる結果が得られないというケースは少なくありません。

M&A仲介会社は市場の動向から業界の傾向、ニーズまで徹底的に知りつくしているだけではなく、M&Aについての知識も豊富です。

依頼することで、難しい手続きなども安定して進められることから失敗やリスクを減らすこともできます。

特に、大型の資産が多い物流・運送業界では大きな金額が動きやすいことからリスクも高いです。

今後の経営にも大きな影響を与える大切な決断なので、専門知識も十分に活用できるよう相談を検討してみてください。

9. 【補足】物流・運送業界主要企業TOP10

【補足】物流・運送業界主要企業TOP10

M&Aで物流・運送会社を売却するときは、物流・運送業界の主要企業についても知っておくと便利です。

ここでは、物流・運送業界の主要TOP10社の2018年3月期の売上高を見ていきましょう。

M&Aでの売却を考えている場合には、物流・運送会社の業界構造を理解する上で参考にしてください。

企業名 売上高(百万円)
日本郵船 2,183,201
日本通運 1,995,317
ヤマトホールディングス 1,538,813
SGホールディングス 1,045,032
アルプスアルパイン 858,317
日立物流 700,391
日本水産 683,008
セイノーホールディングス 596,130
ニチレイ 568,032
山九 531,956

(引用:日本経済新聞「倉庫・物流業界:企業一覧 日経会社情報」

まとめ

物流・運送業界では新たな人材確保により事業拡大を目指す動きが強まっています。

ドライバーを確保するだけではなく、車両台数の確保もM&Aで狙えるのも大きな要因と言えるでしょう。

今後の経営を考えたとき、または引退を考えたときにはM&Aのメリットによる恩恵が非常に大きいことがおわかりいただけたはずです。

もし、安全かつスピーディに成立を目指すなら、信頼できるM&A仲介会社に依頼してサポートを受けましょう。

高値で売却できるだけではなく、物流・運送業界でも生き残る方法としても優秀ですから検討してみてくださいね。