空調設備会社のM&Aは廃業回避に有効!企業存続の秘策を解説!

「廃業を避けるために空調設備会社のM&Aを行うべきか悩んでいる。。」とお考えではないでしょうか。

近年の空調設備業界では、中小企業の増加を受けて生き残りをかけた競争が激化しています。

そこで、差別化を図るために事業規模を拡大する手段として、M&Aによって空調設備会社を買収するケースが増加中です。

この記事では、そんな空調設備業界でのM&Aを有利に成功させるための条件や注意点を紹介します。

空調設備会社のM&Aの成功事例も確認して、事業承継問題を解決しましょう。

目次

1. 空調設備会社はM&Aで廃業を避けられる!業界動向は?

空調設備会社はM&Aで廃業を避けられる!業界動向は?

近年の空調設備業界では、差別化を図るべく事業規模拡大を狙う目的で、M&Aによって空調設備会社を買収するケースが増加しています。

ここで空調設備事業の定義をおさらいしておくと、「冷房などの空調設置工事を手がける事業」のことです。

近年の空調設備業界では、中小企業の増加を受けて、業界内の競争が激化しています。

そのため、他の企業と差別化を図るためにワンストップ経営を目指して、空調設備会社を買収するM&Aが増加中です。

ワンストップ経営とは、店舗設備の企画から保守点検までの包括したサービスを行うための経営体制を指します。

加えて、空調設備業界では高齢化による影響にも晒されているのが現状です。

具体的には、29歳以下の従業員の割合は、業界全体の1割程度しかいません。

したがって、若手の従業員を多く抱えている会社は、M&Aで有利に売却できる可能性が高いため事業承継が叶いやすいです。

具体的な目安として、若手の従業員が2割程度所属している会社は、有利な条件で売却できる可能性が高まります。

また、あなたの会社が事業を引き継いでもらいたいなら、そのような若手の多い会社を買い手に選べば安心できるはずです。

以上、空調設備業界のM&A動向について解説しました。

「空調設備業界のM&Aでの売却価格の相場はどれくらいなのだろう?」と思う人も多いのではないでしょうか。

ここからは、空調設備業界M&Aの売却価格の相場を見ていきましょう。

1−1. 空調設備業界M&Aの売却価格の相場

空調設備業界M&Aの売却価格の相場

空調設備業界M&Aでの売却価格の具体的な相場は、小規模の空調設備会社であれば5000万円〜6億円程度が一般的です。

その一方、大手の空調設備会社であれば、売却価格が10億円に及ぶこともあります。

相場に影響する代表的なポイントは、「得意先の有無」と「若手の従業員数」です。

つまり、定期的に受注している得意先があり若手の従業員数が多いほど、売却価格は高額になる傾向があります。

以上、空調設備業界M&Aの売却価格の相場を紹介しました。

そして、空調設備業界のM&Aでは、売却利益以外にもメリットがあります。

ここからは、空調設備会社M&Aにおける売り手側にメリットを見ていきましょう。

2. 空調設備会社M&Aの売り手側のメリット

空調設備会社M&Aの売り手側のメリット

空調設備会社M&Aにおける売り手側のメリットは、以下の3つです。

  1. 廃業を避け事業承継できる
  2. 負債を解消し創業者利益が得られる
  3. 大手傘下で経営を安定させられる

上記のようなメリットが得られるので、M&Aで事業を売却すればあなたの会社が抱えている課題が解決できる可能性が高いです。

ここからは、それぞれのメリットを順番に見ていきましょう。

メリット1. 廃業を避け事業承継できる

メリット1. 廃業を避け事業承継できる

空調設備会社の事業をM&Aで売却すると、廃業が避けられ事業承継を行えます。

つまりM&Aを活用することで、これまで成長させてきた空調設備会社を信頼できる企業の中で存続させることが可能です。

そうすることで、あなたの後継者問題を解決できるだけでなく、従業員の雇用を維持できます。

さらに優良企業とM&Aすることによって、以前より従業員の待遇が良くなる可能性もあるのです。

空調設備業界は、従業員の待遇が注目されやすい業界だとされています。

したがって、経営者だけでなく従業員にとってもM&Aすることではメリットが大きいです。

メリット2. 負債を解消し創業者利益が得られる

メリット2. 負債を解消し創業者利益が得られる

空調設備会社をM&Aで売却すると、負債を解消して創業者利益を得ることができます。

創業者利益とは、オーナー株主が会社創業時から持っていた株式を第三者に売却して得られる利益のことです。

M&Aの会社売却は、大きな含み益のある株式を売却することに他ならないので、ここで多額の利益が生じる可能性があります。

このようにM&Aを行うことで、創業者にとって金銭的なメリットがあるのです。

創業者利益の目安は、株式の時価や保有株数にもよりますが、数千万円〜3億円程度となります。

そのため、経営者を退いてから金銭的に困りたくない人には、とても嬉しいメリットです。

メリット3. 大手傘下で経営を安定させられる

メリット3. 大手傘下で経営を安定させられる

空調設備会社をM&Aで売却すると、経営を安定させることができます。

なぜなら、M&Aにより大手企業の傘下に入ることで、資金力が高まるためです。

これによって、経営の安定が見込まれます。

中小規模の空調設備会社は、競争の激化を受けて売上が思うように伸びずに資金繰りに苦しむ場合が少なくありません。

しかし、M&Aを行うことで、買い手側の経営資源を活用できるようになります。

さらには、大手企業のノウハウを学ぶことで、以前より効率的な経営が見込めるでしょう。

したがって、経営について不安があるのなら、M&Aで安定させることを考えるべきです。

以上、空調設備会社の売り手側のメリットを紹介しました。

ちなみに空調設備会社のM&Aでは、売り手側だけでなく買い手側にもメリットがあります。

ここからは、空調設備会社M&Aの買い手側のメリットを見ていきましょう。

3. 空調設備会社M&Aの買い手側のメリット

空調設備会社M&Aの買い手側のメリット

空調設備会社M&Aにおける買い手側のメリットは、以下の3つです。

  1. ワンストップ経営を図れる
  2. 事業規模や顧客を拡大できる
  3. スケールメリットを受けられる

このように、買い手側にとっても多数のメリットがあるので、あなたの空調設備会社を買いたいと思う人が出てくる可能性が高いです。

これら3つの買い手側のメリットをチェックして、M&Aの戦略作りに役立ててください。

メリット1. ワンストップ経営を図れる

空調設備会社の事業をM&Aで買収すると、ワンストップ経営を図ることができます。

空調設備業界におけるワンストップ経営とは、店舗設備の企画から保守点検までの包括したサービスを行うための経営体制です。

ワンストップ経営を行うことで、新たな得意先が獲得しやすいだけでなく、安定した売上の計上が見込めます。

したがって、ワンストップ経営を実現させるべくM&Aによって空調設備会社を買収して対応できる業務を増やす経営者が多いです。

具体的な事例としては、電気設備会社が空調設備会社を買収したケースが挙げられます。

メリット2. 事業規模や顧客を拡大できる

メリット2. 事業規模や顧客を拡大できる

空調設備会社の事業をM&Aで買収すると、事業規模や顧客を拡大することができます。

つまり、M&Aによって同業種の企業を買収することで、事業や得意先の顧客をそのまま引き継ぐことが可能です。

そのため、既存事業を強化することができて、今までよりも安定した経営が期待できます。

また、M&Aの直後から安定した売上の計上が見込めるのも嬉しいメリットです。

したがって、M&Aでの買収によって事業規模や顧客の拡大を図る経営者が増加しています。

メリット3. スケールメリットを受けられる

メリット3. スケールメリットを受けられる

空調設備会社の事業をM&Aで買収すると、スケールメリットが受けられます。

スケールメリットとは、規模のメリットとも呼ばれていて、同じようなものが多く集まることによって大きな効果を生み出す作用のことです。

M&Aでの買収により運営する店舗や事業所が増加することで、スケールメリットにより適切に人員を配置したり資金を投入することができます。

M&Aによって企業を買収すると、相手企業の売上から施工能力までそのまま入手することが可能です。

また、一社で施工部品を大量に仕入れることが出来るので、部品調達コストを削減できます。

このように、複数の店舗をまとめて経営すれば、店舗あたりの生産性や効率性が向上するのです。

したがって、効率的な経営を図るために上記のようなスケールメリットを狙う経営者が増加しています。

以上、空調設備会社M&Aの買い手側のメリットを紹介しました。

「売り手と買い手の双方にメリットがあるのなら、ぜひM&Aを行いたい」と思った人も多いはずです。

メリットがわかったところで、ここからは具体的な成功事例を確認しておきましょう。

4. 空調設備業界M&Aの成功事例5選

空調設備業界M&Aの成功事例5選

ここからは、空調設備業界M&Aでの成功事例を5つ紹介します。

  1. ラックランドと大阪府の2つの空調設備会社の事例
  2. 四電工と有元温調の事例
  3. 新コスモス電機とフィガロ技研の事例
  4. 東京競馬場とタックの事例
  5. 橋本総業と若松物産の事例

これら5つの成功事例の目的と意義を確認して、あなたのM&A戦略に活かしましょう。

事例1. ラックランドと大阪府の2つの空調設備会社の事例

事例1. ラックランドと大阪府の2つの空調設備会社の事例

最初にご紹介するのは、ラックランドと大阪府の2つの空調設備会社の事例です。

2017年、東京に本社を置くラックランドは、大阪エアコンオーエイテクノを買収しました。

買収された大阪エアコンとオーエイテクノは、共に大阪府で空調設備事業を手がけている会社です。

この買収の目的は、関西圏における空調設備事業の強化とシナジー効果の獲得でした。

これによって、新たな得意先を獲得や事業規模の強化が見込まれます。

あなたの事業もM&Aを行うことで、買い手企業の中でさらなる発展ができるはずです。

事例2. 四電工と有元温調の事例

事例2. 四電工と有元温調の事例

2つ目の事例は、四電工と有元温調の事例です。

2018年、香川県に本社を置く四電工は、有元温調を買収しました。

買収された有元温調は、関西圏を中心に空調や管工事事業を展開している会社です。

この買収の目的は、関西圏における空調や観光時事用の強化とシナジー効果(相乗効果)の獲得でした。

これによって、新たな得意先を獲得や事業規模の強化が見込まれます。

今回の事例のように、シナジー効果を狙ってM&Aを行うことは多いです。

事例3. 新コスモス電機とフィガロ技研の事例

事例3. 新コスモス電機とフィガロ技研の事例

3つ目の事例は、新コスモス電機とフィガロ技研の事例です。

2016年、大阪府に本社を置く新コスモス電機は、フィガロ技研の株式取得し子会社化しました。

買収されたフィガロ技研は、大阪府箕輪市にてガスセンシング技術の開発を手がけている会社です。

この買収の目的は、ガスセンサ・ガス警報器市場での生き残りを図ることでした。

現在では、2社間での協力体制が密に取られ、経営の安定化が見込まれています。

M&Aによって経営の安定化を目指すのはよくあることです。

事例4. 東京競馬場とタックの事例

事例4. 東京競馬場とタックの事例

4つ目の事例は、東京競馬場とタックの事例です。

2015年、東京競馬場は、タックの株式を取得して子会社化しました。

買収されたタックは、東京都に本社を置き空調設備事業を手がけている会社です。

買収の目的は、空調設備事業の内製化でした。

現在のタックは、東京競馬場だけでなく、大井競馬場や東京サマーランドなどの空調工事の施工を担当するようになり、安定した経営が図られています。

このように、業種が違う会社がM&Aの買い手として現れることも珍しくありません。

事例5. 橋本総業と若松物産の事例

事例5. 橋本総業と若松物産の事例

最後にご紹介するのは、橋本総業と若松物産の事例です。

2013年、東京都に本社を置く橋本総業は、若松物産の株式を取得して子会社化しました。

買収された若松物産は、空調設備の販売や施工を手がけている会社です。

この買収の目的は、中部地区における営業基盤の強化でした。

現在では、中部地区において若松物産の有する大型空調システムを活用した事業展開が図られています。

M&Aでさらなるエリア拡大を目指すのも経営戦略として有効です。

以上が、空調設備会社M&Aの5つの成功事例でした。

事例を読んで、M&Aに前向きな気持ちを抱いた人も多いのではないでしょうか。

ここからは、空調設備会社M&Aにでの売却に有利な条件を見ていきましょう。

5. 空調設備会社M&Aで有利に売却する条件

空調設備会社M&Aで有利に売却する条件

空調設備業界でのM&Aは非常に盛んですが、どんな会社でもM&Aで有利に売却できるというわけではありません。

空調設備会社のM&Aにおいて、売却に有利となるのは以下の3つの条件を満たすことです。

  1. 付帯サービスを提供している
  2. 定期的に受注している得意先企業がある
  3. 若手の従業員が多く在籍している

これらの条件を満たせば、良い条件で売却しやすいです。

ここからは、それぞれの条件を順番に見ていきましょう。

条件1. 付帯サービスを提供している

条件1. 付帯サービスを提供している

売却する事業で付帯サービスを提供していると、M&Aでの売却が有利になりやすいです。

空調設備業界における付帯サービスとは、施工を終えた後の定期的な保守点検を指します。

近年のM&Aでは、ワンストップ経営を図る目的から、付帯サービスを提供する空調設備会社の買収ケースが増加中です。

このような理由から、付帯サービスが充実している空調設備会社の買収価格は高く設定されます。

あなたの会社がすでに付帯サービスを行っているなら、積極的に高額売却を狙っていきましょう。

条件2. 定期的に受注している得意先企業がある

条件2. 定期的に受注している得意先企業がある

定期的に仕事を受注している得意先があれば、M&Aでの売却において大きな価値を持ちます。

なぜなら、得意先を複数抱えている企業を買収できれば、買い手はM&Aの直後から売上の計上が見込めるためです。

また、買い手の企業では、事業規模の拡大も期待できます。

このような理由から、得意先が確保されている空調設備会社の買収価格は高く設定されるのです。

M&Aまでに時間があるのなら、できるだけ取引先を増やす努力をしてみると良いでしょう。

条件3. 若手の従業員が多く在籍している

条件3. 若手の従業員が多く在籍している

若手の従業員が多く在籍していると、M&Aでの売却が有利になりやすいです。

近年において空調設備業界に携わる人の年齢の約3割を55歳以上が占めています。

加えて、29歳以下の従業員は全体の1割程度のみしかおらず、若手従業員の減少が深刻化しているのです。

そのため空調設備業界では、高齢化による技術継承問題に悩まされています。

したがって、若手の従業員が多く在籍する空調設備会社の買収価格は高く設定されやすいです。

具体的な目安としては、29歳以下の若手従業員が全体の2割程度を占めていると有利に売却できる可能性が高まります。

以上、空調設備会社のM&Aでの売却に有利な3つの条件を紹介しました。

自分の会社が条件に当てはまった人も多いと思います。

しかし、空調設備会社のM&Aには気をつけるべきこともあるので、知っておかなければなりません。

ここからは、空調設備会社をM&Aで売却するときに気をつけるべき注意点を見ていきましょう。

6. 空調設備業界M&Aの注意点は?

空調設備業界M&Aの注意点は?

空調設備業界におけるM&Aの注意点は、以下の2つです。

  1. 債権者の同意が得られない可能性がある
  2. 他業種の企業を視野に入れて売却先を探さなければならない

空調設備業界で生き残っていくために、M&Aは非常に有効な手段です。

しかし、M&Aには注意しておきたいポイントもあり、メリットだけでM&Aを決断してしまうのはお勧めしません。

ここからは、それぞれの注意点と対処法について順番に見ていきましょう。

注意点1. 債権者の同意が得られない可能性がある

注意点1. 債権者の同意が得られない可能性がある

M&Aでの売却の有用性や今後得られる利益について、債権者に説明をして同意を得ておくようにしてください。

M&Aによる空調設備会社の売却は、経営改善のための前向きな判断と言えます。

ところが、経営体制が変化することの不安から、反対の意見を唱える債権者が出てくることがあるのです。

たとえ反対の債権者がいたとしても、M&A自体は行うことができます。

しかし、債権者がM&Aに反対して資金提供を止めてしまった場合には、経営に大きな影響がでてしまうこともあるのです。

したがって、債権者から同意を得るために、M&Aでの売却の有用性や今後得られる利益について、しっかり説明を行うことが重要だと言えます。

注意点2. 他業種の企業を視野に入れて売却先を探さなければならない

注意点2. 他業種の企業を視野に入れて売却先を探さなければならない

空調設備業界のM&Aで売却を考える際には、他業種の企業を視野に入れなくてはなりません。

なぜなら、ワンストップ経営を図る目的で、他業種からのM&Aによる買収ケースが増加しているためです。

そのため、M&Aでの売却を考える際には、他業種との企業統合を積極的に考えておく必要があります。

しかし、自社と相性の良いパートナーとなる企業を他業種から探すのは非常に大変です。

また他業種の企業とのM&Aは、企業文化の違いによるトラブルが多く発生する傾向もあります。

このようなトラブルを未然に防ぐために、相手企業との交渉は綿密に行ってください。

ところが、他業種の企業との交渉を不安に思う人は多いはずです。

そのときは、他業種の企業とのM&Aに必要な手続きをサポートしてもらえるM&A仲介会社の活用も検討してみましょう。

以上が、空調設備会社のM&Aを行う際の注意点でした。

M&Aを行う際には、以上の2つについて気をつけてください。

どうしても空調設備業界のM&Aを成功させたいなら、専門家である仲介会社に相談するのが最適です。

7. 空調設備会社のM&Aは仲介会社に相談しよう

空調設備会社のM&Aは仲介会社に相談しよう

空調設備業界でのM&A仲介業者に事例は数多くありますが、自社の希望に合うパートナーを一から探すのは非常に大変だと言えます。

そこで活用したいのが、M&A仲介会社です。

M&A仲介会社に相談すれば、自社の要望に合った買い手を見つけてくれるだけでなく、M&Aに必要な手続きまでサポートしてもらえます。

M&A仲介会社に仲介を依頼する場合、契約までの手数料は、おおよぞ150万円ほどです。

そして、成功費用は譲渡価格6000万円以下のM&Aで350万円ほどとなっています。

多くの仲介会社では無料相談サービスを行っており、空調設備会社M&Aに不安を感じている人や自社の売却価格について気になる人は、まず仲介会社に相談するのが最適です。

M&A仲介会社に相談すれば、高値で買い取ってもらえるように経営状態を整えるためのアドバイスももらえます。

M&A仲介会社に関しては、『【M&A仲介会社BEST5を発表】有名企業5社を徹底比較!!』が参考になるはずです。

M&A仲介会社に相談して、効率的にパートナー探しを進めると良いでしょう。

それでは最後に、空調設備業界の資本金別事業者一覧を確認しておきます。

業界について理解し、M&Aの戦略作りに役立ててください。

8. 【補足】空調設備業界・資本金別事業者数一覧

【補足】空調設備業界・資本金別事業者数一覧

空調設備業界の資本金別事業者数一覧を確認して、自社のM&A戦略に活用してください。

ここでは、国内における空調設備業界の事業者数を資本金別に見ていきます。

大臣・知事の許可を得た業者数
資本金 業者数
個人 7,923
200万円未満 2,178
200万円〜500万円未満 17,836
500万円〜1,000万円未満 12,967
1,000万円〜2,000万円未満 19,991
2,000万円〜5,000万円未満 18,069
5,000万円〜1億円未満 3,430
1億円以上 2,060

(引用:国土交通省「建設業許可業者数調査の結果について」より)

このように、空調設備業界の事業者は個人や小規模な会社が多いです。

M&Aでの売却を考えている場合、資本金について意識しておくと自社の規模にあった相手を探しやすくなります。

一覧表を見れば、資本金の少ない中小企業で競争が激化していることがわかるはずです。

もしもあなたの会社が中小企業なら、事業を生き残らせるためにも積極的にM&Aを検討してみてください。

メリットや成功事例を理解して、空調設備業界のM&Aを有利な条件で成功させましょう。

まとめ

空調設備業界では、競争激化による生き残りを図るためM&Aでの買収が増加傾向にあります。

また高齢化による影響を受け、事業承継の手段としてM&Aで売却するケースが増加中です。

ただし、自社だけでM&Aを完結させるのは非常に大変と言えます。

信頼できるM&A仲介業者に相談し、経営している空調設備会社の課題を前向きに解決していきましょう。