SES事業の事業譲渡・株式譲渡のポイントや手続き!業界動向も解説

SES事業の事業譲渡・株式譲渡のポイントや手続き!業界動向も解説

IT化が進む昨今ではIT人材需要が大幅に増えており、それに伴いエンジニアを提供しているSES事業の需要も高くなっています。

当記事では、今回は、SES事業の事業譲渡・株式譲渡について、業界動向や事業譲渡・M&A動向、成功させるためのポイントを解説します。

SESとは

SESとは

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、企業に対してIT技術力を提供する契約のことです。

クライアントのシステム開発やインフラ構築のために必要な人材を提供して、収益を得るビジネスモデルになっています。

近年はIT分野の発展が目覚ましく、IT人材需要が急激に高まっているため、エンジニアの提供を行っているSES事業の需要も伸びています。

事業譲渡とは

事業譲渡とは

事業譲渡とは、事業の一部あるいは全部を他社に譲渡するM&A手法です。M&Aというと会社の売却をイメージすることも多いですが、事業譲渡は事業ごとに売買することができます。

事業譲渡を利用する最大のメリットは、譲渡対象を自由に選択できることです。不採算事業のみを切り離すことも可能なので、事業の選択と集中の手段として広く活用されています。

また、M&A手法に事業譲渡を利用した場合、会社の経営権は移行しません。株式の売買が行われないので資本関係が生じず、事業譲渡後に買い手が経営に干渉してくるようなこともありません。

その他のM&A手法

SES事業のM&Aでは事業譲渡を用いるケースが一般的ですが、M&Aの目的次第では株式譲渡を選択することもあります。

株式譲渡とは、売り手が保有する株式を他社に譲渡して経営権を移転するM&A手法であり、主に中小企業の会社売却シーンで活用されています。

株式譲渡を利用するメリットは、手続きが簡便であることです。権利義務を包括的に承継するので、従業員の雇用や取引先の契約に関して、個別の同意や引き継ぎなどの手続きを行う必要がありません。

SES業界が直面している問題

SES業界が直面している問題

SES業界はIT人材の需要増加に伴い、市場規模も拡大していますが、同時にいくつかの問題に直面しています。

それらの問題は、事業譲渡を活用することで解決を図ることもできます。ここでは、SES業界が直面している3つの問題について解説します。

【SES業界が直面している問題】

  1. 価格競争が激しく報酬の単価が低下している
  2. 優秀な人材の獲得が難しくなっている
  3. 大手の取引先企業が内製化への動きを見せている

①価格競争が激しく報酬の単価が低下している

SES業界の1つ目の問題は、価格競争激化による報酬単価の引き下げです。業界内の競争が激しくなっていることで、契約を取り付けるための報酬引き下げが相次いでいます。

報酬単価の引き下げでしわ寄せがくるのはSES会社です。契約獲得のためやむを得ない状況とはいえ、現在の獲得競争が続けば経営状態が悪化する会社が続出することが懸念されています。

②優秀な人材の獲得が難しくなっている

クライアントがSESに求めているものは、プロジェクトを達成するために必要となる優秀な人材です。

したがって、SES会社は優秀な人材を多く揃えておく必要がありますが、IT人材不足が加速しているため、十分に確保できていないのが現状です。

人材がいなければSES事業も成り立たないため、全国的なIT人材不足はSES業界にとっても深刻な問題になっています。

③大手の取引先企業が内製化への動きを見せている

SES事業の主なクライアントはシステム開発やインフラ構築を行う会社ですが、大手を中心に内製化の動きがみられることも問題視されています。

事業譲渡・M&Aを活用することで、自社内あるいはグループ内での開発体制を整える動きが加速しており、新たなプロジェクト立ち上げの際にSESの人材派遣サービスを利用する企業が減りつつあります。

【関連】SES業界M&Aは人材確保が重要!SEの取り合いが加速する!

SES業界の今後の動向予測

SES業界の今後の動向予測

SES業界の事業譲渡・株式譲渡を成功させるためには、業界全体の動向を知っておくことが大切です。この章では、SES業界の今後の動向予測をみていきます。

【SES業界の今後の動向予測】

  1. 大手同業者や人材派遣会社による吸収が増加する
  2. フリーランスが増加して人材確保がさらに難しくなる
  3. SES業界の事業譲渡・M&A動向

①大手同業者や人材派遣会社による吸収が増加する

大手同業者はSES業界の競争激化に備えて、事業基盤強化を目的とする中小の取り込みが増加すると予測されています。

全国的にIT人材を獲得する動きが強まっているので、中小のSES会社の吸収が急務となっています。

また、幅広いジャンルの人材を扱う会社にとっても、SES会社のIT人材は魅力的です。事業譲渡・株式譲渡により、吸収を図る動きが加速するでしょう。

②フリーランスが増加して人材確保がさらに難しくなる

企業のIT人材が不足する原因のひとつに、加速するフリーランス化が挙げられます。近年のクラウドソーシングの発展により、企業に属さずに生計を立てるIT人材が急増しています。

この動きは今後も加速するとみられており、SES会社のIT人材確保にも悪影響を及ぼすと考えられています。

③SES業界の事業譲渡・M&A動向

SES業界の動向予測は、業界内の事業譲渡・M&Aの活性化や、フリーランス急増による人材不足の深刻化などが挙げられますが、なかでもIT人材については需要に対する供給が全く追いついていないため、根本的な解決は難しいとされています。

大手による人材獲得競争は今後も加速するとみられており、業界再編の動きは強まっていくと考えられます。

SES業界の再編の活性化は、事業譲渡・M&Aが成立しやすい状態でもあります。売り手にとっては買い手がみつかりやすい状況でもあるので、成約率や高値売却という点で事業譲渡・M&Aの絶好のタイミングであるといえるでしょう。

【関連】会社売却の失敗・成功事例20選【中小企業/大企業】

SESの評価を高めるポイント

SESの評価を高めるポイント

SES業界の事業譲渡・M&Aを成功させるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。SES会社の価値を高めることにも繋がりますので、事前に確認しておきましょう。

【SESの評価を高めるポイント】

  1. 優秀な人材を多く抱えている事
  2. 1社で様々な工程に対応できる事

①優秀な人材を多く抱えている事

SES会社の事業譲渡・M&Aにおける買い手は、優秀な人材獲得を目的としています。したがって、優秀な人材を多く抱えているSES会社は、高い評価を受けやすくなります。

また、買い手をみつけやすいというメリットもあります。通常の事業譲渡・M&Aでは買い手選定に長い期間を要するものですが、豊富な人材を抱えている場合は多数の買い手候補が現れることが想定されるので、短期間の成約を目指すうえでも大きな強みとなります。

②1社で様々な工程に対応できる事

SES業界の事業譲渡・M&Aでは、1社で対応できる工程数にも注目されます。システム開発やインフラ構築は複数の工程で構成されているため、対応できる工程数が多いほど会社としての価値も高くなります。

所属しているIT人材の個別のスキル・経験を把握しておき、対応できる工程を明確化させておくことが大切です。

【関連】M&Aに欠かせないバリュエーション(企業価値評価)とは?

SESの事業譲渡・M&Aはアピールできるかが大切

SESの事業譲渡・M&Aはアピールできるかが大切

SES会社の事業譲渡・M&Aは、自社の強みを効果的にアピールすることが大切です。せっかく強みを持っていても、買い手に対して自社の価値を正しく伝えることができなければ、適正な価格での売却は難しくなります。

そのためには、SES会社の事業譲渡・M&Aの買い手が求めているであろうポイントを、まずは自社でしっかりと把握しておかなくてはなりません。

【事業譲渡・M&AにおけるSES会社の強み】

  1. 自社の実績や人材などをデータとしてまとめる
  2. 他のSESではできない強みをアピール

自社の実績や人材などをデータとしてまとめる

まずは、SESの実績をまとめておくことです。過去の契約先や携わったプロジェクトの詳細をリスト化しておくことで、SES会社としての実績を分かりやすく伝えることができます。

また、人材のデータをまとめておくことも大切です。一口にIT人材といっても、各個人が得意とする分野は多岐に渡ります。

買い手が求めている人物像にマッチする人材がいれば、成約に繋げることもできるので、事業譲渡・M&Aの実行前にリスト化しておくとよいでしょう。

他のSESではできない強みをアピール

SESの事業譲渡・M&Aの買い手は、業界内の競争を勝ち抜くための強みを求めています。そのため、ほかのSES会社にはない強みをアピールすることが大切です。

契約実績が長い取引先や特定地域における地域性など、収益性に繋がりそうな強み・魅力をまとめておくと、事業譲渡・M&Aが成功する可能性が高くなります。

SESの事業譲渡のポイント

SESの事業譲渡のポイント

この章では、SESの事業譲渡のポイントについて、実際に行われた事業譲渡事例の紹介を交えて解説します。

SESを事業譲渡する際の注目点

SES会社の事業譲渡の注目点は、人材の引き継ぎです。事業譲渡という手法は権利義務を包括的に承継しないので、事業譲渡で転籍する人材から個別に同意を得なければなりません。

SES会社の事業譲渡の買い手は人材獲得を目的としていることが多いので、同意が得られない場合はクロージング条件を満たせず、事業譲渡が不成約となってしまう可能性もあります。

事業譲渡が正式に決定した段階で、転籍後の雇用条件や処遇に関して個別に説明する場を設けるなど、対策を徹底する必要があります。

事業譲渡の注意点は、引き継ぎ関連のほかにも沢山あります。以下の記事でくわしく解説していますので、ぜひご覧ください。

【関連】事業譲渡とは?仕組みや手続きを理解し、効果的に事業を売却しよう!

SESの事業譲渡事例

ここでは、SES業界で行われた事業譲渡事例のなかから、話題性のあったものを紹介します。

【SESの事業譲渡事例】

  1. ネプロジャパンとEPコンサルティングサービスの事業譲渡
  2. クリエアナブキによるトヨタエンタプライズへの事業譲渡

1.ネプロジャパンとEPコンサルティングサービスの事業譲渡

ネプロジャパンとEPコンサルティングサービスの事業譲渡

https://www.njhd.jp/

2014年12月、ネプロジャパン(現エヌジェイホールディングス)の連結子会社シーズプロモーションは、EPコンサルティングサービス(EPCS)の人材派遣事業を事業譲渡により取得することを公表しました。

EPCSは、IT・バイリンガル分野を中核として人材派遣を手掛けている会社です。1993年の設立以来、数多くの派遣実績を積み重ねており、老舗人材派遣会社として知られています。

今回の事業譲渡で、ネプロジャパンは自社グループで手掛ける人材派遣事業とのシナジー効果を目的としています。今後はグループの経営資源を投入して人材派遣事業のさらなる強化を図るとしています。

2.クリエアナブキによるトヨタエンタプライズへの事業譲渡

クリエアナブキによるトヨタエンタプライズへの事業譲渡

https://www.crie.co.jp/

2016年6月、クリエアナブキは自社が手掛ける人材派遣事業の一部を、トヨタエンタプライズへ事業譲渡することを公表しました。

トヨタエンタプライズは、セキュリティサービスと人材派遣事業を手掛けている会社です。首都圏における人材派遣事業の拡大を目指しており、今回の事業譲渡に至りました。

クリエアナブキは今回の事業譲渡について、事業の選択と集中としています。今後は四国の人材派遣事業に注力するとしており、事業の収益性向上を経て早期回復を目指すとしています。

事業譲渡に適したSESとは

事業譲渡に適したSES会社は、複数の強みを持っている会社です。SES業界の事業譲渡の買い手の最も関心が高いポイントは人材ですが、そのほかの強みもアピールできると成功率は飛躍的に上昇します。

システム開発やインフラ構築など、対応できる分野や工程数が多いと、沢山の案件をこなすことができるので事業譲渡の買い手としても高い評価をつけることができます。

また、地域密着型のSES会社は対象地域の契約を取り付けやすいことから、高い評価を得られやすくなっています。

今後の競争激化に備えて新たな顧客の獲得に乗り出す大手が多いので、地域性のあるSES会社は事業譲渡に適しているといえるでしょう。

SESの株式譲渡のポイント

SESの株式譲渡のポイント

SES会社のM&Aでは事業譲渡が一般的ですが、株式譲渡を利用することもあります。この章では、SES会社の株式譲渡のポイントを解説します。

SESを株式譲渡する際の注目点

SES会社の株式譲渡の注目点は、簿外債務です。簿外債務とは、賃借対照表に記載されない債務のことで、偶発的に発生することもあれば意図的に隠蔽することもある厄介な存在になっています。

中小企業においては現金主義の会計処理が一般的であるため、経常的に簿外債務が発生してしまいます。

株式譲渡は負債を含めた全ての資産を包括的に承継するため、買い手は簿外債務を認識しないまま引き継いでしまうケースもあります。株式譲渡後にトラブルに発展することがあるので、事前の徹底調査は不可欠といえるでしょう。

株式譲渡の手法に関しては、以下の記事で手続きの流れや注意点をわかりやすく解説しています。

【関連】株式譲渡とは?正しく意味を理解し高い価格で売却しよう

SESの株式譲渡事例

ここでは、SES業界で行われた株式譲渡事例のうちで特に話題に上がったものや規模の大きいものを紹介します。

【SESの株式譲渡事例】

  1. アイフリークモバイルによるリアルタイムアニバーサリーの株式取得
  2. FPGによるケンファーストの株式取得

1.アイフリークモバイルによるリアルタイムアニバーサリーの株式取得

アイフリークモバイルによるリアルタイムアニバーサリーの株式取得

https://www.i-freek.co.jp/

2018年12月、アイフリークモバイルはリアルタイムアニバーサリーの全株式を取得して、完全子会社化することを公表しました。

リアルタイムアニバーサリーは、人材育成及びSES事業を手掛けている会社です。「全ての人に情報化社会の恩恵を」という企業理念のもと、女性の社会進出の機会増加を目的に活動しています。

アイフリークモバイルは、リアルタイムアニバーサリーの人的資源を獲得することで、社のモバイルコンテンツ事業やコンテンツクリエイターサービス事業の体制を強化するとしています。

2.FPGによるケンファーストの株式取得

FPGによるケンファーストの株式取得

https://www.fpg.jp/

2020年3月、FPGはケンファーストの全株式を取得して、完全子会社することを公表しました。なお、取得価格は非公表です。

ケンファーストは各種インフラ構築やSES事業を手掛ける会社であり、近年はAIを活用したチャットボット分野でも事業を拡大するなど、順調に業績を伸ばしています。

FPGは、ケンファーストの人材や技術を自社グループの商品開発・販売に最大限活用することができるとしています。今後は新たなサービスの創出により、企業価値の向上を図ります。

株式譲渡に適したSESとは

株式譲渡に適したSES会社は、事業規模を拡大したい会社です。SES業界では大手による中小の吸収の動きが加速しているので、中小企業が大手グループに傘下入りして事業規模を拡大させる動きもみられてます。

大手グループの傘下に入ると、豊富な経営資源を活用することができます。また、大手の信用力で獲得した契約先などもあるので、自社で抱えている人材を有効的に活用することも可能になります。

人材の運用や契約先の獲得など、全てを一社でこなす必要もなくなるので、負担も大幅に軽減することができ、業務の効率化によって結果的に事業規模を拡大させることができます。

SESのその他のM&A手法

SESのその他のM&A手法

SES業界で見られるM&Aは事業譲渡もしくは株式譲渡が多いですが、目的や条件次第では、そのほかのM&A手法が使われることもあります。

特に多いのは、資本業務提携です。資本業務提携とは、提携する会社同士が相互に株式を取得しあって強固な協力関係を構築する業務提携です。

SES会社は人材派遣という特性上、一時的な協力関係でも目的を達成できることが多いです。会社や事業を手放さなくても、会社を大きく成長させるきっかけを作ることができます。

SESを事業譲渡・株式譲渡する際の引き継ぎ・手続きについて

SESを事業譲渡・株式譲渡する際の引き継ぎ・手続きについて

SES会社のM&Aは、事業譲渡・株式譲渡のどちらを利用するかで、必要な引き継ぎ・手続きが異なります。

株式譲渡は包括承継なので、人材や契約先の引き継ぎに関して特別な手続きは必要ありません。株式の引き渡しと株主の書き換えを行うことで、会社の引き継ぎに関する全ての手続きが完了します。

注意したいのは事業譲渡の手続きです。事業譲渡は包括承継ではないので、人材に関して個別の同意を得たうえで改めて雇用契約を結ぶ必要があります。

事業譲渡で転籍が決まった人材については、転籍後の処遇や雇用条件の説明責任を果たしたうえで、同意を取り付けなくてはなりません。

SESを事業譲渡する際の相談先

SESを事業譲渡する際の相談先

SES会社の事業譲渡・株式譲渡を検討の際は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、事業譲渡・株式譲渡の経験と知識を携えたアドバイザー・会計士・弁護士の3名が、相談から成約までの一貫したサポートを行います。

弊社には、SES業界に精通した専門家が在籍しています。業界の動向を事細かに察知することができるので、絶好のタイミングを図りつつ、万全の体制で事業譲渡・株式譲渡に臨むことができます。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。事業譲渡・株式譲渡の成約まで一切の手数料が発生しないタイプなので、仮に成約しなかった場合に手数料だけをご負担いただくようなことはありません。

事業譲渡・株式譲渡に関する無料相談は24時間お受けしています。SES会社の事業譲渡・株式譲渡を検討の際は、M&A総合研究所までお気軽にご連絡ください。

SES会社のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

まとめ

本記事では、SES業界の事業譲渡・株式譲渡のポイントを解説しました。SES業界ではM&Aによる業界再編が活性化していることもあり、大手による中小の取り込みが目立っています。

事業譲渡・株式譲渡活性化の動きは今後も加速していくことが想定されているため、中小のSES会社は備えをしておく必要があります。

業界動向のチェックや自社の強みを明確化させておくと、事業譲渡・株式譲渡に対しても柔軟に対応することができます。

【SES業界が直面している問題】

  1. 価格競争が激しく報酬の単価が低下している
  2. 優秀な人材の獲得が難しくなっている
  3. 大手の取引先企業が内製化への動きを見せている

【SES業界の今後の動向予測】

  1. 大手同業者や人材派遣会社による吸収が増加する
  2. フリーランスが増加して人材確保がさらに難しくなる
  3. SES業界では、中小の吸収や人材獲得を目的にした事業譲渡・M&Aが増加する

【SESの評価を高めるポイント】

  1. 優秀な人材を多く抱えている事
  2. 1社で様々な工程に対応できる事

【事業譲渡・M&AにおけるSES会社の強み】

  1. 自社の実績や人材などをデータとしてまとめる
  2. 他のSESではできない強みをアピール