【最新】LPガス業界のM&A事例15選!景気/動向も解説

【最新】LPガス業界のM&A事例15選!景気/動向も解説

昨今、LPガス業界ではM&Aが活発に行われています。その大きな要因は業界内の競争激化や他エネルギーの台頭にあり、市場規模縮小が続くなかで生き残りをかけたM&Aを実施する会社が増えています。

本記事では、LPガス業界で行われたM&A事例15選の紹介と、業界の景気や動向について解説します。

【最新】LPガス業界のM&A事例15選

【最新】LPガス業界のM&A事例15選

LPガス業界では、同業種同士のM&A以外に異業種のM&Aも活性化しています。この章では、話題性の強いLPガス会社のM&A事例15選を紹介します。

1.エア・ウォーターによるインドのガス事業の取得

エア・ウォーターによるインドのガス事業の取得

https://www.awi.co.jp/

2019年8月、エア・ウォーターはインドの子会社であるAir Water India Private Limited(AWインディア社)を通じて、Linde India Limited(Lindeインディア社)の事業を取得することを公表しました。

エア・ウォーターは、大阪に本社を置く総合ガス会社です。産業ガス関連事業・エネルギー関連事業を幅広く手掛けており、国内LPガス市場の草創期からLPガス供給に携わっています。

Lindeインディア社は、産業ガスの製造・供給を行うインドのガス会社です。インド国内の産業ガス市場でシェアを獲得しており、今回の譲渡ではガス製造プラント1基と小口取引向けのガスの充填所2ヶ所が移転することになります。

エア・ウォーターは2013年からインド市場に参入しており、今回の譲渡で取得した事業を加えることで、ガス事業の海外展開を通してグループ企業としての新たな成長を図る考えです。

2.大丸エナウィンとサンキホールディングスの会社売却

大丸エナウィンとサンキホールディングスの会社売却

http://www.gas-daimaru.co.jp/

2019年7月、大丸エナウィンはサンキホールディングスの全株式取得して、完全子会社化することを公表しました。

大丸エナウィンは、LPガス事業を中核とする「リビング事業」、高品質の水を供給する「アクア事業」、医療現場を支える「医療・産業ガス事業」を手掛けています。

エネルギーと暮らしに深く関連する3つの事業を社会的課題として捉えており、積極的な取り組みをみせています。

サンキホールディングスは、近畿地区を中心に医療用ガスの販売と医療機器のレンタルを行っています。

医療に関わる製品を扱うことから、「安全・安心な供給」を心がけており、大丸エナウィンの経営理念と一致したことで今回の譲渡へと至りました。

今回の譲渡で獲得したサンキホールディングスの事業は、医療・産業ガス事業の強化に活用され、大丸エナウィンの経営資源を共有することで、販売面・保安面・供給面のあらゆる面でサンキホールディングスの成長を図ります。

3.東邦ガスとヤマサの会社売却

東邦ガスとヤマサの会社売却

https://www.tohogas.co.jp/

2018年12月、東邦ガスはヤマサホールディングスの子会社・ヤマサの全株式取得を通して、完全子会社化することを公表しました。

東邦ガスは、愛知県名古屋市に本社を置くガス会社であり、都市ガス・LPガスを軸にした事業展開で、日本四大都市ガスの一社として日本のガス普及拡大に貢献しています。

ヤマサはLPガス・石油類を中心とした総合商社であり、LPガス事業では家庭向けを中心に約7万8000件の契約を保有しています。

東邦ガスは、2019年の事業計画においてLPガス事業の規模拡大を掲げており、今回のM&Aもその取組の一環としてみられています。今回の譲渡により、東邦ガスのLPガス販売量は約1割増える見通しです。

4.大陽日酸による米国のガス事業の取得

大陽日酸による米国のガス事業の取得

https://www.tn-sanso.co.jp/jp/index.html

2018年9月、大陽日酸はアメリカのWeldSpecialty2社らより、産業ガス事業を取得することを公表しました。

大陽日酸は産業ガス事業の国内シェア1位のガス会社です。LPガス事業においては、LPガス事業子会社5社の統合による「大陽日酸エネルギー株式会社」の設立で大きな取り組みをみせています。

一方のWeldSpecialtyは、産業ガスディストリビューターとしてアメリカのウィスコンシン州で安定的に事業を展開しています。

大陽日酸は2009年の「Valley National Gases」の買収で、ウィスコンシン州に参入しています。今回の譲渡で取得した事業を活用して、販売網の強化を通して基盤事業の持続的成長を図るとしています。

5.ラックランドと光立興業の会社売却

ラックランドと光立興業の会社売却

https://www.luckland.co.jp/

2017年7月、ラックランドは光立興業の発行済株式を全て取得して、完全子会社化することを公表しました。

ラックランドは店舗・商業施設のデザイン企画・制作事業を手掛ける企画制作会社であり、店舗メンテナンス事業や省エネ事業も行っています。

光立興業は、公共施設を中心に業務用ガス空調機器の設備・工事を行うガス会社です。取引先には大手ガス会社もあり、豊富な実績を持っています。

ラックランドは、自社グループのガス・空調設備部門の強化によるシナジーが見込めるとしており、今後は首都圏を中心にさらなる営業・サービス網の拡充を行う見通しです。

6.コムシスHDとカンドーの会社売却

コムシスHDとカンドーの会社売却

https://www.comsys-hd.co.jp/index.php

2017年3月、コムシスホールディングスを完全親会社、カンドーを完全子会社とする株式交換を実施することを公表しました。

コムシスホールディングスは、グループの中核である日本コムシスを中心に、情報通信・電気設備工事事業を手掛けています。

対するカンドーは、ガス空調設備工事や暖冷房給湯設備工事を手掛けるガス会社であり、1948年の創業から日本のガス普及拡大に大きく貢献しています。

今回の会社売却の目的は、日本コムシスとカンドーの連携によるシナジー創出としており、相互の強みを活かした事業展開を行うことで、企業価値の向上を図ります。

7.横河電機による英国ガス向けコンサル会社の完全子会社化

横河電機による英国ガス向けコンサル会社の完全子会社化

https://www.yokogawa.co.jp/

2016年2月、横河電機はKBC Advanced Technologies plc(KBC社)の全株式取得による完全子会社化を公表しました。

横河電機は国内最大手・世界4位の計測・制御機器メーカーです。横河電機グループの持株会社としての機能も果たしています。

KBC社はイギリスの石油・ガス産業向けのコンサルティング会社であり、操業の最適化やシミュレーションの高度な技術を強みとし、グローバルにビジネスを展開しています。

横河電機は、自社の産業オートメーション分野とKBC社のノウハウを融合させることで、経営レベルから現場レベルまでの顧客に対してワンストップでソリューションの提供が可能になるとしています。

8.日本ガスによる簡易事業の譲受

日本ガスによる簡易事業の譲受

https://www.nichigas.co.jp/

2014年8月、日本ガスは秋山商店の簡易ガス事業を吸収分割により承継することを公表しました。取引価額は6000万円です。

日本ガスは東京に本社を置くガス会社です。LPガス・都市ガスを中核事業としており、LPガス事業の一環として簡易ガス事業も手掛けています。

今回の譲渡で獲得した秋山商店の簡易ガス事業と統合することで、易ガス事業の業務効率化と市場競争力を身につけるとしています。

9.大陽日酸による米国のガス事業の取得

大陽日酸による米国のガス事業の取得

https://www.tn-sanso.co.jp/jp/index.html

2016年6月、大陽日酸はアメリカにある子会社・Matheson Tri-Gas, Inc.(MTG社)を通じて、Air Liquide社の米国での産業ガス事業の譲受について公表しました。

MTG社はアメリカの産業ガス製造・販売会社です。酸素・窒素・アルゴンなどを主力事業としており、全米の40州200拠点以上で事業を展開しています。

今回の譲渡対象の事業は「、セパレートガス事業・炭酸ガス事業・パッケージガス事業・亜酸化窒素事業の4つで、各事業への新規参入を図るほか、米国内での顧客信用力の向上を目指すとしています。

10.サンリンとえのきボーヤの会社売却

サンリンとえのきボーヤの会社売却

http://www.sanrinkk.co.jp/

2020年1月、サンリンはえのきボーヤの発行済株式を全て取得して完全子会社化することを決定しました。

サンリンは、LPガスの製造・販売やガソリンスタンド運営を行う総合商社です。LPガス事業においては早期からバルク供給を行っており、全国のLPガス普及拡大に大きく貢献しているガス会社の一つです。

えのきボーヤは、えのき茸の生産・販売を手掛ける会社です。年間約4,000tを超えるえのき茸を生産・販売しており、サンリンの子会社・一実屋とも取引しています。

今回のM&Aの目的について、サンリンは実屋とのシナジー効果の創出を図ると同時に、食分野への新規参入の機会を伺うことも明かしています。

11.東芝による仏石油大手へのLNG事業の譲渡

東芝による仏石油大手へのLNG事業の譲渡

https://www.toshiba.co.jp/index_j.htm

2019年6月、東芝はグループの液化天然ガス(LNG)事業をTotal Gas & Power Asia Private Limited(Total社)に譲渡することを決定しました。

東芝は、アメリカにある連結子会社・東芝アメリカLNGコーポレーションを通して、都市ガスの原料となるLNG事業を手掛けています。

Total社はフランスの石油・ガス会社のTotal SAの子会社です。Total社の提案が、LNG事業に関連する損失リスクを最小化させるうえで最適であるという判断から今回の譲渡に至りました。

東芝は本M&A以降、LNG事業から完全撤退したうえで残存事業に経営資源を集中させることを明かしています。

12.エア・ウォーターと大森器械店の会社売却

エア・ウォーターと大森器械店の会社売却

https://www.awi.co.jp/

2018年10月、エア・ウォーターグループの中部エア・ウォーターは大森器械店の株式70%を取得し、子会社化することを決定しました。

中部エア・ウォーターは、エア・ウォーターが全国展開する8つの地域事業会社の1つです。LPガス事業や医療関連事業において、地域密着型で事業を展開しています。

大森器械店は、医療機器の販売・修理・レンタル等を手掛ける医療機器商社で、循環器系分野を強みとしており、医療・介護事業者向けに幅広いサポートを行っています。

エア・ウォーターグループが保有する療用ガスや人工呼吸器といった商材の拡販を推進することで中部地方における事業拡大を目指すとしています。

13.静岡ガスと島田ガスによる会社売却

静岡ガスと島田ガスによる会社売却

https://www.shizuokagas.co.jp/

2018年3月、静岡ガスは島田ガスの株式55.8%(30,399株)を取得して、連結子会社化することを決定しました。

静岡ガスは静岡県中東部を中心に事業展開するガス会社です。都市ガスの販売量全国4位を誇るほか、LPガス事業・リフォーム事業も手掛けています。

島田ガスは、静岡県島田市を供給区域とするガス会社です。都市ガス・LPガスを中核事業としており、2007年からは静岡ガスからの天然ガス供給も受けています。

静岡ガスと島田ガスの術力・提案力を統合することでグループとしての事業拡大を図り、島田地域の天然ガス普及拡大に努めるとしています。

14.カメイと最上ガスの会社売却

カメイと最上ガスの会社売却

https://www.kamei.co.jp/

2019年1月、カメイは最上ガスの全株式を取得して、グループ傘下入りさせたことを公表しました。なお、取引価額は非公表です。

カメイは1903年創業の総合商社であり、近年は石油・LPガス(ホーム事業)を中心に6営業部門制で営業活動を行っています。

最上ガスは、山形県新庄市に本店を置くLPガス会社であり、LPガス・灯油の小売と配管工事業を手掛けています。

今回のM&Aによって、カメイグループは最上ガスを迎え入れることで、ホーム事業の強化が図れる見通しです。

15.岩谷産業とエヌ・ケイ・ケイの会社売却

岩谷産業とエヌ・ケイ・ケイの会社売却

http://www.iwatani.co.jp/jpn/

2016年9月30日、岩谷産業はエヌ・ケイ・ケイの発行済株式を100%取得し、完全子会社化しました。

岩谷産業は、大阪府大阪市に本拠を構えるガス専門商社です。LPガス・産業ガスを中核事業としており、LPガスの直売部門において国内トップシェアを誇っています。

エヌ・ケイ・ケイは、スプレー缶の製造を一貫して行うエアゾールメーカーであり、独自技術によるノンフロン商品は地球環境に優しいと高い評価を受けています。

岩谷産業は、自社の販路を活用することでエヌ・ケイ・ケイの商品をグローバル展開していく見通しです。

【関連】会社売却の戦略!成功に導く進め方、ポイントをやさしく解説

LPガス業界が直面している景気

LPガス業界が直面している景気

前章では大手のLPガス会社のM&A事例を中心に紹介しましたが、中小のLPガス会社もM&Aを活発に行っています。

その背景には、LPガス業界の景気が影響しています。この章では、LPガス業界全体が抱える問題とLPガス業界の景気について解説します。

LPガス業界は市場規模が縮小している

LPガス業界は、2016年の電力自由化と2017年の都市ガスの自由化により、エネルギー業界の競争激化の渦中にあります。

従来から自由化されていたLPガスにとって、消費者の選択肢が広まったことは逆風となり、シェアが奪われつつあります。

その影響はLPガスの用途からも伺えます。日本LPガス業界が公表しているLPガス用途別構成比率(2017年度)によると、LPガスの用途TOP3は「家庭業務用43.47%・一般工業用21.99%・化学原料用18.81%」です。

家庭業務用(一般家庭・飲食店等)が圧倒的な比率を占めており、LPガスの消費を支えていましたが、近年の自由化により家庭業務用に供給していた消費者が電力や都市ガスに流れてしまうことになり、LPガス業界は厳しい状況に立たされています。

オール電化の普及による営業利益の減少

オール電化の普及も、LPガス業界にとっては大きな痛手です。「安全でクリーンな住宅」というイメージで2000年代から広まりをみせていたオール電化住宅は、地域独占されてた電力発電事業が2016年の電力自由化により解消されたことでますます広がっています。

消費エネルギーを電気に統一することによる基本料金のシンプル化や、清潔感や環境に優しいエネルギーであるという認識が広く浸透しつつあり、オール電化住宅に乗り換えを検討する世帯が増えています。

オール電化住宅はガスを一切消費しなくなるので、都市ガスとLPガス会社にとって顧客・消費者が消失しているのと同義です。エネルギー業界全体の顧客獲得競争に発展しており、営業利益を大きく下げる要因となっています。

災害時・緊急時に必要なため公的な需要がある

LPガスは災害に強い分散型エネルギーとしての需要が見込まれています。日本は地震列島と呼ばれるほど地震が多い国であるため、災害時・緊急時でも安定して使用することができるエネルギーを確保しなければなりません。

都市ガスの供給はガス管を通して行われますが、LPガスはLPガス容器と供給設備をトラックなどで運搬して行われます。

地震でガス管が損傷する事態を想定した場合、独立してエネルギー供給できるLPガスは災害時に強いエネルギーといえます。

備蓄法第14条により定められた災害時供給連携計画では、有事を想定したLPガス供給の訓練を実施しています。

これは、地震などの災害で特定地域のガス供給が断たれた際、経済産業大臣が特定石油ガス輸入業者等に要請することでLPガスの円滑な供給を行うというものです。

【関連】会社売却・企業売却の方法・流れを徹底解説!

LPガス業界のM&A動向

LPガス業界のM&A動向

LPガス業界では、M&Aによる会社売却や事業承継が活性化しています。この章では、LPガス業界のM&A動向についてみていきます。

大手・中堅企業が中心となり業界再編が進む

LPガス業界では、大手・中堅企業による業界再編が活性化しています。主な目的は「卸売・元売・小売」を統合することによるサプライチェーンの強化であり、同一グループ内で総合的な物流システムを構築して業務効率を底上げする狙いがあります。

また、LPガス業界の市場規模が縮小するなか、LPガス業界から異業種への新規参入を図る会社も増えています。主な目的は、会社としての母体を大きくすることによる安定性の向上と、事業の多角化によるリスク分散です。

LPガス業界全体で活性化するM&Aによる会社売却や譲渡は、電力・都市ガスの自由化から一気に広まりをみせていますが、電力業界と都市ガス業界を巻き込んだ業界再編は、現在も収束の兆しはみえていません。

後継者問題の解決案としてM&Aが増加

LPガス業界は後継者不足による事業承継問題も深刻になっています。LPガス会社の経営者は適切なタイミングで事業承継する必要がありますが、後継者不在により事業承継が進んでいないLPガス会社が増えています。

事業承継できない会社の未来は廃業であるため、事業承継問題の対策として注目されているのがM&Aによる事業承継です。

事業承継にM&Aを活用することで、豊富な選択肢のなかから買い手(後継者)を選ぶ事業承継の方法です。

M&Aによる事業承継は、後継者問題を抱える会社の代替案という位置づけではありますが、沢山のメリットもあります。

例えば、身内に事業承継する親族内事業承継と比較すると、「買い手の経営資源の活用」や「売却益の獲得」などのメリットが挙げられます。

会社の存続とさらなる成長を図る手段としても、事業承継は利用価値の高い方法です。事業承継問題を抱える会社はもちろんのこと、あらゆる可能性を模索しておきたい会社にとっても有効といえるでしょう。

【関連】事業承継でM&Aは人気急増!今すぐ知りたいメリットや流れを解説!

同業種間に競争が激化しM&Aが増加

LPガス業界内の競争も激化の一途を辿っています。従来はLPガス会社同士の縄張り協定のようなものが存在して高値設定が維持されていましたが、1997年の液化石油ガス法改正により価格競争が激しくなってきます。

さらに、2016年、2017年と立て続けに電力・都市ガスの自由化が制定されたことで、LPガス業界の競争も一気に苛烈になります。

度重なる価格競争により経営状態が悪化した中小企業が、M&Aによる会社売却・譲渡を実施するケースが増えています。

【関連】【初心者向け】M&Aの手続きの流れを12のステップでわかりやすく解説!

LPガス業界のM&Aは今後増加する?

LPガス業界のM&Aは今後増加する?

LPガス業界は、大手・中堅による業界再編の動きが強まっています。買い手の積極的な姿勢は業界内のM&Aの動きを促進させており、多くの会社売却・譲渡が成立しています。

今後もエネルギー業界での競争は激化していく見方がされており、競争力を向上させるための大手・中堅のM&AやM&Aによる事業承継は増加していく見通しです。

しかし、再びエネルギー関連の法改正が行われることで、市場の競争環境が失われる可能性もあります。

業界再編の動きが弱まると、M&Aによる会社売却・譲渡や事業承継のチャンスを失ってしまうので、タイミングの見極めが重要です。

LPガス業界のM&Aは仲介会社への相談がおすすめ

LPガス業界のM&Aは仲介会社への相談がおすすめ

LPガス会社は、後継者不足による事業承継問題や、競争激化による経営状態の悪化が深刻化しています。

これらは独自の経営努力で改善することは難しく、M&AやM&Aによる事業承継で改善を目指す会社も増えています。

LPガス業界のM&Aを検討の際は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所は、幅広い業種のM&A仲介を請け負うM&A仲介会社です。

M&A総合研究所では、M&A経験・知識が豊富なアドバイザー・会計士・弁護士の3名によるサポートで、相談から成約まで責任を持って対応いたします。

LPガス業界に精通した専門家も在籍しています。業界に通ずる独自のネットワークを活用することで、買い手探しにおいて圧倒的なアドバンテージを得られます。

無料相談は24時間お受けしていますので、LPガス業界のM&A・会社売却・譲渡を検討の際は、お気軽にご連絡ください。

LPガス会社のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

まとめ

当記事では、LPガス業界のM&A事例、景気や動向について解説しました。LPガス業界では大手・中堅による再編の動きが強まっており、売り手にとっては会社売却・譲渡の好機が訪れているといえるでしょう。

事業承継問題や経営に悩みを抱えている際は、早期からM&Aを視野に入れておくことで柔軟な対応が可能です。その際は、M&Aや事業承継の専門家の知見を頼ることで、さらにスムーズに進行することができます。

【LPガス業界が直面している景気】

  1. LPガス業界は市場規模が縮小している
  2. オール電化の普及による営業利益の減少
  3. 災害時・緊急時に必要なため公的な需要がある

【LPガス業界のM&A動向】

  1. 大手・中堅企業が中心となり業界再編が進む
  2. 後継者問題の解決案としてM&Aが増加
  3. 同業種間に競争が激化しM&Aが増加