食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡は計画的に!相場/手順/相談先を紹介

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡は計画的に!相場/手順/相談先を紹介

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、国内市場の安定した推移により、継続的に事業譲渡が行われている業界です。

本記事では、食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡について、計画的に行うべき理由や相場・手順・相談先を紹介します。

目次

食品メーカー・食品加工会社・食品工場とは

食品メーカー・食品加工会社・食品工場とは

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、国定市場が安定している業界です。2012年以降から堅調に拡大を続けており、2015年からは22兆円前後で推移しています。

特に、健康を意識した健康食品や、長期保存が可能な冷凍食品の市場規模の拡大が目覚ましく、各カテゴリーが順調に推移しており、食品業界全体が安定して成長を続けています。

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、食品製造業として一括にされることも多いですが、それぞれ異なる特徴を持つ業種です。まずは、食品メーカー・食品加工会社・食品工場のそれぞれの定義を説明します。

食品メーカーとは

食品メーカーとは、原材料を仕入れて食品を製造する企業のことです。製造された食品は、卸売や小売を介して消費者に届けられます。

食品関係は食料製造業、酒類や清涼飲料などの飲み物の製造は飲料・たばこ・飼料製造業として分類されており、双方を統合したものが食品製造業と定義されています。

食品加工会社とは

食品加工会社とは、農産物などの形態のある食品を加工し、別の形態に変える業務を行う会社です。農産物の加工に限っては、農産加工と呼ぶ場合もあります。

消化しやすくする・栄養価の高いものにする・保存期間を長くするなどの目的があります。また、副産物を加工して付加価値を与えることもあります。

食品工場とは

食品工場とは、食品の製造や加工を行う工場のことです。食品メーカーや食品加工会社は、自社の食品工場を構えて、食品の製造や加工を行っていることが多いです。

また、食品工場を構えて、食品メーカーや食品加工会社から製造・加工受注のみを受ける専門企業も存在します。

事業譲渡とは

事業譲渡とは

事業譲渡とは、事業の一部あるいは全部を他者に譲渡するM&A手法です。売却対象は事業なので会社の経営権には影響を与えない特徴があります。

事業譲渡のメリットは、譲渡範囲を自由に選べることにあります。業績が悪い事業だけを切り離す使い方も可能なので、企業再生を図る方法にも向いています。

食品メーカー・食品加工会社・食品工場においては、特定のカテゴリーを扱う事業や食品工場を売却したい時などで活用できます。

【関連】事業譲渡とは?仕組みや手続きを理解し、効果的に事業を売却しよう!

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡は計画的に行うべき理由

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡は計画的に行うべき理由

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、市場規模の安定した推移により、M&A・事業譲渡においても安定した需要がありますが、ただ実行するだけでは成功する確率は低いといえるでしょう。

この章では、食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡を計画的に行うべき理由を解説します。

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡は計画的に行うべき理由】

  1. 取引先・顧客先が多くきちんと引き継ぐ必要がある
  2. 譲渡後も取引・顧客として関係する
  3. 外的要因によりコストが変わるため譲渡のタイミングが重要
  4. 一番大切な消費者に不安を与えない

①取引先・顧客先が多くきちんと引き継ぐ必要がある

事業譲渡は譲渡範囲を個別に指定する手法なので、取引先・顧客先について、きちんと引き継ぎの手続きを行う必要があります。

事業譲渡の正式な契約を交わした後、取引先・顧客先に説明して個別に同意を得なくてはなりません。その後、手続きを開始して事業譲渡先への引き継ぎを実行します。

②譲渡後も取引・顧客として関係する

事業譲渡は会社の経営権に影響を与えないので、会社が存続することを前提に考える必要があります。事業譲渡後も取引・顧客としての関係性は持続することがほとんどです。

事業譲渡が済んだら関係を清算というわけにはいかないため、関係性を考慮したうえで友好的な事業譲渡を行わなくてはなりません。

③外的要因によりコストが変わるため譲渡のタイミングが重要

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、天候や増税などの外的要因で受ける影響が大きい業界です。

特定の製造過程のコストが急激に上昇することもあるため、事業譲渡を実行するタイミングが重要です。

④一番大切な消費者に不安を与えない

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、消費者への販売に向けて業務に取り組んでいます。事業譲渡で消費者に不安を与えてしまうと、食品の売上に影響が出る恐れがあります。

事業譲渡の情報を公開する時は、食品の品質の向上を目的としたものであることをアピールするなど、消費者に対するケアも重要です。

【関連】食品メーカーはM&Aで競争に勝ち抜こう!メリットや成功事例を紹介

食品メーカー・食品加工会社・食品工場業界の悩み

食品メーカー・食品加工会社・食品工場業界の悩み

食品メーカー・食品加工会社・食品工場業界は、堅調に推移している反面、ある共通した悩みを抱えています。特に大きな悩みには以下の3点が挙げられます。

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場業界の悩み】

  1. 消費期限による廃棄ロスのリスク
  2. 季節による需要の波がある
  3. 競争の激化による経営が不安定となる

①消費期限による廃棄ロスのリスク

食品を扱う性質上、消費期限による廃棄ロスのリスクが存在します。農林水産省及び環境省「平成29年度推計」によると、食品の廃棄ロスは年間2550万トンとされています。

廃棄ロスの発生を避けることは難しく、生産コストが肥大化する要因になっています。会社全体の業績にも強く影響を及ぼしており、業界全体の悩みの種です。

②季節による需要の波がある

食品メーカー・食品加工会社・食品工場業界は、季節によって需要の波が存在します。例えば、夏場は冷たい飲料、冬場はおでんやシチューなどの温かい食品などがあります。

季節によって売上が大きく変動するので、毎月安定した売上を計上することが難しくなっています。季節波動や季節変動ともいわれています。

③競争の激化による経営が不安定となる

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、業界全体で競争が激化しています。新規参入事業者や異業種からの参入も多く、競合他社との競争が常に行われています。

取引・顧客を確保するために受注単価を引き下げる動きもあるため、資本が少ない中小企業は経営が不安定になるところも少なくありません。

中小規模の食品メーカー・食品加工会社・食品工場に今後求められること

中小規模の食品メーカー・食品加工会社・食品工場に今後求められること

競争が激化する食品メーカー・食品加工会社・食品工場業界で生き残るには、収益性を向上させるために積極的に行動を起こす必要があります。

この章では、食品メーカー・食品加工会社・食品工場に今後求められることを2点紹介します。以下のポイントを押さえていると事業価値が高まり、事業譲渡の成功率を上げることができます。

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場に今後求められること】

  1. 独自の販売チャンネルを築く事による需要
  2. 今後需要が伸びる健康食品関連を商品の取り扱う

独自の販売チャンネルを築く事による需要

食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、消費者に販売するチャンネルが重要です。食品の販売チャンネルは、スーパーや百貨店などの店舗販売や訪問販売などがあります。

また、最近はEC市場の拡大にともない、食品を扱うECサイトも増えています。自社の扱うカテゴリーに合わせた販売チャンネルを築くことで、激化する競争環境のなかでも生き残ることができます。

今後需要が伸びる健康食品関連を商品の取り扱う

食品業界は全体的に成長をみせていますが、最近の健康志向の高まりから特に健康食品関連の市場規模が拡大しています。

健康志向の高まりは、日本の高齢化も影響しています。高齢化は避けられない事実なので、今後も健康志向は強まっていくでしょう。

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡のおすすめの相談先

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡のおすすめの相談先

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡はM&Aの知識が必要になるので、M&Aの専門家に相談することをおすすめします。

相談先の候補は複数ありますが、ここでは特におすすめのM&A・事業譲渡の専門家を紹介します。

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場】

  1. M&A仲介会社
  2. M&Aアドバイザリー
  3. 都市銀行・地方銀行
  4. 公的機関
  5. 税理・会計事務所
  6. その他

①M&A仲介会社

M&A仲介会社は、M&A仲介に特化した専門家です。M&Aにおける高い専門性をもっているので、相談から成約までの一貫したサポートを受けることができます。

M&A仲介会社は沢山ありますが、食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡であれば、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所は、中堅・中小規模のM&A仲介を得意とするM&A仲介会社です。中小企業のM&Aにおける数多くの相談・仲介実績があり、経験とノウハウを豊富に蓄積しています。

M&A経験の豊富な公認会計士や弁護士のほか、食品業界に精通した専門家も在籍しています。食品業界に対して常にアンテナを張っているので、事業譲渡を計画的に行うことができます。

【関連】食品メーカー・食品加工・食品工場会社のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーは、M&Aに関するアドバイスを行って成約へと導く専門家です。M&Aアドバイザリーのサポートはアドバイザリー型と呼ばれており、主観的なサポートが特徴になっています。

基本的に依頼者の利益の最大化を図るため、条件を通すために強気な交渉を行う傾向にあります。事業譲渡先との関係が悪化してしまうこともあるので、利用する際はよく検討する必要もあります。

③都市銀行・地方銀行

都市銀行・地方銀行は、M&Aの専門部署を設立していることも多いです。融資と合わせて相談することができるので、取引先の銀行は有力な候補の一つです。

しかし、買い手候補の選定が相談先の銀行の取引先に限定されてしまうことがあります。必ずしも好条件を買い手をみつけられるわけではないという点に注意が必要です。

【関連】M&Aのアドバイザリー業務は銀行がオススメ?

④公的機関

中小企業のM&A・事業承継サポートを目的に全都道府県に設置された公的機関「事業承継支援ネットワーク」や「事業引継ぎ支援センター」があります。

無料相談を受け付けているので、事業譲渡の流れを確認したい時などにおすすめの相談先です。営利目的ではなく中小企業の支援を目的としているので、相談だけの利用でも問題ありません。

⑤税理・会計事務所

税務や会計に関する知識は事業譲渡に必須なので、税理士や会計士が運営する事務所も相談先候補の一つです。

顧問契約先であれば、普段から付き合いがあるので相談しやすいのもメリットです。ただし、M&A・事業譲渡の全体的なプロセスはサポートできないことが多いので、状況に応じてほかの専門家への相談が必要になります。

⑥その他

その他の相談先としては弁護士事務所があります。事業譲渡を進めるうえで法的な内容を含む契約書を取り交わすので、法務のプロである弁護士のサポートは必須です。

ただし、税務・会計事務所と同様に事業譲渡の全体的なプロセスのサポートは難しいため、法務分野以外を担当できる専門家への別途相談が必要になるケースが多いです。

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡時の相場

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡時の相場

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡の明確な相場は存在しないため、企業価値評価という計算方法を利用して大まかな価値を算出します。

中小企業の場合は、時価純資産法+営業権(のれん代)を利用することが多いです。時価評価した資産から負債を差し引いた額に、取引先や人材などの無形資産を加味して価値を算出します。

こうして算出された価値は交渉の土台となります。交渉で双方の条件や言い分を考慮して、最終的な価値が決定されます。

【関連】M&Aに欠かせないバリュエーション(企業価値評価)とは?

食品メーカー・食品加工会社・食品工場を事業譲渡する手順

食品メーカー・食品加工会社・食品工場を事業譲渡する手順

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡は、一定の手順に沿って進めることになります。この章では、売り手側の視点から事業譲渡の手順を解説します。

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場を事業譲渡する手順】

  1. M&A・事業譲渡の専門家に相談
  2. 事業譲渡先の選定・交渉
  3. 基本合意の締結
  4. デューデリジェンス
  5. 最終契約の締結・クロージング

①M&A・事業譲渡の専門家に相談

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡はM&Aの専門的な知識が必要になるので、専門家に相談することから始めます。

特におすすめの相談先はM&A仲介会社です。M&A仲介に特化しているので、相談から成約までの手厚いサポートを受けることができます。

②売却先の選定・交渉

専門家とアドバイザリー契約を締結したら、売却先の選定を行います。好条件の相手をみつけるためには広範囲から探す必要があるので、相談先の専門家が保有するネットワークを利用することが一般的です。

選定が終わると交渉フェーズに移ります。譲渡対象の事業に関する資料を売却先に提供して、交渉・検討を進めます。

③基本合意の締結

売却先との交渉がある程度進んだら、基本合意契約を締結します。契約ではありますが、法的な効力は持たず、現段階における交渉内容と今後のスケジュール確認の意味合いが強いものです。

ただし、秘密保持義務などの項目に関しては法的な効力をもたせることが一般的です。情報漏えい防止に欠かすことができないものなので、詳細確認が大切です。

【関連】M&Aの基本合意書を徹底解説!内容/注意点/印紙【サンプルあり】

④デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、売買対象の価値・リスクを調査する活動です。提供されている資料だけでは判断材料として乏しいので、実態を確認するために買い手側から専門家が派遣されて調査が行われます。

主に潜在リスクを洗い出すために実施されますが、食品メーカー・食品加工会社・食品工場は、工場の環境チェックなどが厳正に行われる傾向にあります。

⑤最終契約の締結・クロージング

デューデリジェンスで大きな問題がみつからなかった場合は、最終契約の締結へと移ります。最終的な交渉内容に関する同意書なので、締結すると事業譲渡が成約することになります。

最終契約の締結から一定期間を空けてからクロージングを実施します。売り手側の引き渡しと買い手側の取得対価の支払いをもってクロージング・事業譲渡が完了します。

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡にある注意点

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡にある注意点

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡を成功させるためには、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。特に注意すべきポイントは以下の3点です。

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡にある注意点】

  1. 契約先・顧問先からの理解
  2. 雇用する従業員の離職を阻止する
  3. 製造工場を清潔に保てる安全な環境

①契約先・顧問先からの理解

契約先・顧問先から引き継ぎに関する同意が得られない場合、クロージング条件を満たせなくなり、事業譲渡が成立しなくなる恐れがあります。

確実に引き継ぐためには、契約先・顧問先に対して引き継ぎ後の契約条件や待遇について説明を行い、事前に理解を得ておく必要があります。

②雇用する従業員の離職を阻止する

従業員の転籍が伴う事業譲渡の場合、該当の従業員の離職を阻止しなくてはなりません。転籍予定の従業員が離職すると買い手側が想定するシナジー効果を創出できなくなり、交渉が滞ってしまう可能性があります。

事業譲渡の契約を交わした後、転籍後の雇用条件などについて説明を行い、従業員の離職阻止に努めておく必要があります。

③製造工場を清潔に保てる安全な環境

食品メーカー・食品加工会社・食品工場にとって不衛生なイメージは致命的なので、絶対に避けなくてはなりません。

製造工場を清潔に保てる環境作りを徹底できていると、事業譲渡の買い手に対して与える印象もよくなり、成功率が上がります。

事業譲渡以外の食品メーカー・食品加工会社・食品工場の引き継ぎ

事業譲渡以外の食品メーカー・食品加工会社・食品工場の引き継ぎ

ここまで事業譲渡を中心に解説しましたが、事業譲渡以外にも食品メーカー・食品加工会社・食品工場の引き継ぎ方法は存在します。

特に利用頻度が高い手法は以下の3つです。この章では、各手法の特徴と事業譲渡の違いを解説します。

【事業譲渡以外の食品メーカー・食品加工会社・食品工場の引き継ぎ】

  1. 株式譲渡
  2. 事業承継
  3. 合併

株式譲渡とは

株式譲渡とは、売り手が保有する株式を他者に譲渡するM&A手法です。資本関係が生じるため、会社の経営権に影響を与える特徴があります。

株式会社は株式の保有率に応じて経営に影響力を持つため、株式譲渡で会社を売却することができます。

議決権のある株式の保有率が1/2を超えると経営権、2/3を超えると支配権を獲得することになります。

事業承継とは

事業承継とは、会社や事業を後継者に引き継ぐことです。引き継ぎ対象によっていくつかの種類に分けられますが、親族に引き継ぐ親族内承継が最も一般的です。

事業承継すると、会社の経営権や資産の全てが後継者に引き継がれます。いくら優秀な経営者でもいつかは老いるため、どこかのタイミングで事業承継して会社全体の若返りを図らなくてはなりません。

合併とは

合併とは、複数の法人格を一つに統合するM&A手法です。既存会社に統合する吸収合併と、新設会社に統合する新設合併に分けられますが、利用されるのはほとんど吸収合併です。

吸収合併すると被合併会社は全ての資産・負債を引き継いで消滅します。従業員を含むあらゆる資産を引き継ぎできますが、会社の名前だけは残すことができない点に注意が必要です。

事業譲渡との違い

上記3つの引き継ぎ方法と事業譲渡との違いは、会社の経営権が維持されることです。資本関係が一切生じないので、経営権を失ったり会社が消滅したりすることはありません。

現在の経営者が引き続き経営することになるので、事業譲渡後の事業計画を入念に立てておく必要があります。

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡をおすすめする点

食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡をおすすめする点

食品メーカー・食品加工会社・食品工場はカテゴリー別で業績が大きく変わりやすい業界なので、不採算事業を事業譲渡で切り離すと効率的に事業整理することができます。

また、事業譲渡の売却益は会社が獲得するので、事業資金として活用できるようになります。コア事業にリソースを集中させて、業績を大幅に向上させることも可能です。

このように、経営者の采配で企業成長が図れる手法なので、食品メーカー・食品加工会社・食品工場の引き継ぎにおいては事業譲渡をおすすめします。

まとめ

まとめ

生活必需品である食品を扱う食品メーカー・食品加工会社・食品工場は今後も堅調な成長が期待されています。

しかし、安定した市場規模を狙った新規参入が多い業界でもあります。M&A・事業譲渡を活用した企業戦略は必要不可欠なので、いざという時に備えて関連知識を身につけておくことが大切です。

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡は計画的に行うべき理由】

  1. 取引先・顧客先が多くきちんと引き継ぐ必要がある
  2. 譲渡後も取引・顧客として関係する
  3. 外的要因によりコストが変わるため譲渡のタイミングが重要
  4. 一番大切な消費者に不安を与えない

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場業界の悩み】

  1. 消費期限による廃棄ロスのリスク
  2. 季節による需要の波がある
  3. 競争の激化による経営が不安定となる

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場に今後求められること】

  1. 独自の販売チャンネルを築く事による需要
  2. 今後需要が伸びる健康食品関連を商品の取り扱う

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場】

  1. M&A仲介会社
  2. M&Aアドバイザリー
  3. 都市銀行・地方銀行
  4. 公的機関
  5. 税理・会計事務所
  6. 弁護士事務所

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場を事業譲渡する手順】

  1. M&A・事業譲渡の専門家に相談
  2. 事業譲渡先の選定・交渉
  3. 基本合意の締結
  4. デューデリジェンス
  5. 最終契約の締結・クロージング

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場の事業譲渡にある注意点】

  1. 契約先・顧問先からの理解
  2. 雇用する従業員の離職を阻止する
  3. 製造工場を清潔に保てる安全な環境

【食品メーカー・食品加工会社・食品工場の引き継ぎ方法】

  1. 株式譲渡・・・売り手が保有する株式を他者に譲渡するM&A手法
  2. 事業承継・・・会社や事業を後継者に引き継ぐ方法
  3. 合併・・・・・複数の法人格を一つに統合するM&A手法
  4. 事業譲渡・・・事業の一部あるいは一部を他者に譲渡するM&A手法