自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却!動向・ポイント・注意点を解説【事例あり】

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却!動向・ポイント・注意点を解説【事例あり】

近年の車小売業界では、新車市場の縮小や中古車業界のEC化などの動きをみせています。M&A動向にも大きな影響を与えており、同業種や異業種によるM&Aが活性化しています。本記事では、車小売業界のM&A・事業譲渡・売却動向やポイント、注意点を解説します。

目次

自動車ディーラー業界とは

自動車ディーラー業界とは

車小売とは、新車あるいは中古車を小売する事業者のことをいいます。自動車メーカーが開発・生産した自動車を車小売が販売することで消費者の元へと行き渡ります。

また、メーカー直営型のほかに、地域独立型の車小売も存在します。メーカーの資本が関係していない地域独立型は、独自の営業方針を打ち出して車小売事業を手掛けています。

基本的に、車小売は自動車の販売事業を中核としていますが、修理などの関連サービスを充実させる会社も多くみられます。ビジネスに付加価値をつけることで、同業他社との競争において優位に立てるようにあらゆる試みを実践しています。

自動車ディーラー業界の特徴と現状

自動車ディーラー業界の特徴と現状

車小売業界のM&Aを検討する前に、業界の特徴や現状を押さえておくことはとても大切です。この章では、車小売業界の特徴と現状を解説します。

自動車ディーラー業界の特徴

車小売業界の特徴は、新車販売事業と中古車販売事業2つの中核事業があることです。それぞれ特徴があるため、リスク回避による経営安定化を図りやすくなります。

新車販売はメーカーから直接仕入れた新車を販売する事業であり、販売価格に関してメーカーの意向が強く反映されるなどの制限はある反面、案件規模が大きく実入りがでかい特徴があります。

中古車販売は下取りした中古車を販売する事業で、買取・販売の工程に関するメーカー側からの成約が少ないため、買取・販売価格や交渉において車小売事業者の特色を出しやすくい特徴があります。

自動車ディーラー業界の現状

近年の車小売業界は環境が大きく変わりつつあります。車小売業界の現状で特に大きな影響を与えているものには以下の3点が挙げられます。

【車小売業界の現状】

  1. 中古車市場に比べ、新車市場は縮小傾向
  2. 新車ディーラーが中古車ディーラーに参入
  3. 中古車業界ではEC化による市場変化が起こっている

1.中古車市場に比べ、新車市場は縮小傾向

長期化する不況や消費者の価値観が変わりつつあることで、新車・中古車の市場に大きな変化がみられつつあります。

中古車市場については継続した成長基調をみせています。中古車の登録台数は2015年-2019年の間に10万台以上も増加するなど、安定して推移しています。

その反面、新車販売台数は最盛期と比較して大きく落ち込んでいます。バブル期の90年は新車販売台数500万台(日本自動車工業会調べ)を超えていましたが、2015年-2019年には400万台前半にまで減少しています。

2.新車ディーラーが中古車ディーラーに参入

新車販売台数の減少により、新車販売事業を手掛ける車小売は大きな転換期を迎えています。消費者の絶対数の減少は車小売独自の企業努力で改善するのは難しい状態にあり、対策が求められています。

対策の一つとして、中古車販売事業への参入があります。新車市場の縮小に反して、中古車市場は成長しているため、リスク分散の目的で中古車販売事業を開始する車小売が増加しています。

3.中古車業界ではEC化による市場変化が起こっている

中古車業界では、EC化(自動車購入契約をインターネット上で完結)が進んでいます。中古車自体に対する関心よりも、交通手段の道具として捉える傾向が強まっており、購入を決定する際も店舗に赴かないケースが増えています。

中古車販売事業においては、営業だけでなくEC化やネット広告の充実などの対応が求められつつあります。

【関連】会社売却の失敗を防ぐための5つのポイントをご紹介!成功する秘訣は?

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却動向

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却動向

車小売業界の現状を受けて、M&A・事業譲渡・売却動向にも大きな変化がみられています。主な動向は以下の3点が挙げられます。

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却動向】

  1. 新車ディーラーによる中古車ディーラーのM&A増加
  2. 異業種からのM&A
  3. 同業種間での国内外M&Aが盛ん

1.新車ディーラーによる中古車ディーラーのM&A増加

近年の車小売業界の動きとして、中古車市場の安定した成長は目覚ましいものがあります。消費者の自動車に対する関心は、良コスパに傾きつつあり、徐々に登録台数を増加させています。

その一方で、新車市場は縮小傾向にあるため、事業の多角化を図る目的で新車販売の車小売による中古車の車小売を買収するM&Aが増加しています。

2.異業種からのM&A

車小売業界では、異業種からの参入が増加しています。代表例として挙げられるものは、FP(ファイナンシャル・プランナー)事業者によるM&A参入です。

収支・負債・家計など資金運用の専門家であるFPは、車小売の営業ノウハウとの共通点が多いとされており、それぞれのノウハウを活かしたシナジー効果を期待してM&Aが行われています。

3.同業種間での国内外M&Aが盛ん

時代の変化によって新車販売台数の増加は見込めない状況にあるため、同業種間のM&Aによる経営体制の効率化を進める動きが加速しています。

基本的に、新車販売事業を扱う車小売はメーカーの意向を強く受けるため、同じメーカー系列によるM&Aが行われることが多い特徴がみられます。

その一方、一部では統廃合が進んでいる車小売もあります。複数のメーカーの車種を扱う車小売も増えてきており、同業種間のM&Aの在り方も大きく変わろうとしています。

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却の流れ

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却の流れ

車小売業界のM&Aを検討の際は、全体の流れを把握しておくことが大切です。この章では、車小売業界のM&A・事業譲渡・売却の流れを解説します。

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却の流れ】

  1. 専門家に相談を行う
  2. M&A先の選定・交渉を行う
  3. トップ同士の面談を行う
  4. 基本合意書の締結
  5. 買収側によるデューデリジェンスの実施
  6. 最終契約書の締結を行う
  7. クロージング

1.専門家に相談を行う

車小売業界のM&Aを進めるうえでは各工程でM&Aの知識が必要になるため、まずは信頼することができる専門家を探すことから始めます。

特におすすめの相談先はM&A仲介会社です。M&A仲介に特化した専門家なので、相談から成約までの一貫したサポートを受けることができます。

2.M&A先の選定・交渉を行う

専門家に相談してアドバイザリー契約を締結したら、M&A先の選定に入ります。選定の際は専門家が保有するネットワークを活用することで、互いに条件が一致するM&A先をみつけやすくなります。

M&A先の候補をピックアップしたら、個別の交渉です。買い手側の判断材料として自社の財務状況を取りまとめた企業概要書を提供し、互いの条件のすり合わせを行います。

3.トップ同士の面談を行う

交渉がある程度進んだ段階で双方がM&Aに対して前向きである場合は、トップ同士の面談を行います。

経営陣の初顔合わせとなる場であり、M&Aに対する姿勢や求める条件などを確認することができます。

質問事項などについては、あらかじめ相談先の専門家と一緒にまとめておくと円滑に進めることができます。

4.基本合意書の締結

トップ同士の面談が完了すると、間もなく基本合意書の締結です。基本合意書は契約書ですが法的な効力を持たないため、現段階の交渉内容と今後の流れを確認する意味合いが強くなっています。

ただし、秘密保持や独占交渉権などの条項については法的な効力を持たせることが一般的です。契約違反すると罰則を受けてしまうので、各条項に不備がないように確認しておくことが大切です。

5.買収側によるデューデリジェンスの実施

デューデリジェンスとは、M&A対象の価値・リスクを調査する活動です。買収側から派遣される専門家によって、売却側が抱えている潜在的リスクが洗い出されます。

万が一デューデリジェンスで深刻な問題が見つかってしまうと、買い手側に対して悪い印象を与えてしまうことになるので、簿外債務などを抱えている場合は、事前に申告しておくほうがよいでしょう。

6.最終契約書の締結を行う

デューデリジェンスが終わったら、最終契約書の締結へと移ります。最終的な交渉内容が記されるので、本契約書の締結はM&Aの成約を意味します。

全ての条項に法的な効力が持たされるので、一方的に契約を破棄しようとすると損害賠償問題に発展する恐れもあるため、締結前は契約内容の確認を徹底しなくてはなりません。

7.クロージング

M&Aにおけるクロージングは、売却側の引き渡しと買収側の取得対価の支払いを行う場です。互いに準備を進めるために、最終契約書の締結日から一定期間を空けてから実施することが一般的です。

クロージングが完了したら車小売の経営権が移転させることとなり、M&A・事業譲渡・売却の手続きはすべて終了します。

【関連】会社売却・企業売却の方法・流れを徹底解説!

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却のポイント

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却のポイント

車小売業界のM&Aは、いくつかのポイントを押さえておくことで成功率向上に期待することができます。この章では、車小売業界のM&A・事業譲渡・売却のポイントを解説します。

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却のポイント】

  1. 現状の収益力
  2. 保有する不動産
  3. 棚卸資産の状況
  4. 許認可や賃貸などの契約
  5. 代理店契約の承継

1.現状の収益力

車小売業界のM&Aにおいては、単純な売上高以外にも、企業力や営業力などの収益力が重視されます。

安定した収益を上げることができる仕組み作りができている車小売は、M&A・事業譲渡・売却において高い評価を受けやすくなります。

2.保有する不動産

車小売業界のM&Aは保有する不動産も大きく影響します。多くの不動産を保有する車小売は事業領域を拡大させやすくなるため、高い評価に繋がります。

また、単なる資産としての意味合いだけでなく、店舗の立地条件という要素にも関わってきます。買収側の車小売が進出を目指すエリアに不動産を持っている場合、即座に店舗を構えることも可能になります。

3.棚卸資産の状況

棚卸資産(中古車の在庫)の状況も重要なポイントです。近年は中古車市場の安定した成長がみられるため、中古車販売事業を重視する買い手が多くなっています。

また、事業譲渡においては棚卸資産は課税資産として消費税の課税対象になります。棚卸資産が多いほど買収側の税金負担が増加することも意識しておかなくてはなりません。

4.許認可や賃貸などの契約

車小売の営業には、車両整備・中古車販売などの許認可が必要になります。利用するM&Aの手法によっては許認可の引継ぎができず、再取得しなくてはならないものもあるため、事前に確認しておくことが重要です。

また、車小売の店舗が賃貸物件の場合は、賃貸契約の引継ぎに関しても注意が必要です。M&Aの実行前に契約者が変わることの報告や、引継ぎに関する同意を得ておかなければなりません。

5.代理店契約の承継

車小売は自動車メーカーとの代理店契約により新車販売の権利を与えられています。代理店契約を引継ぎを正常に行えないと、新車販売事業を行えなくなってしまいます。

M&Aの手法次第では代理店契約を引き継ぐことができない場合もあるので、承継の可否について事前に確認しておく必要があります。

【関連】会社を売る理由とは?売却価格の決め方、売却後どうなるか解説

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却の注意点

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却の注意点

車小売のM&Aでは、いくつかの注意ポイントが存在します。軽視するとM&Aの失敗に直結する恐れもあるので、事前によく確認しておきましょう。

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却の注意点】

  1. 従業員の流出
  2. 簿外債務の発覚
  3. M&Aのタイミング

1.従業員の流出

車小売業界のM&A買収側の目的は、従業員の確保であることが多いので、従業員が流出するような事態が発生すると、交渉に遅れが出たり白紙に戻ったりする恐れもります。

特に優秀なディーラーなどが流出すると、会社全体の収益力が低下することにもなります。情報保護や待遇説明などを徹底して、従業員の流出防止に努める必要があります。

2.簿外債務の発覚

簿外債務とは、賃借対照表に記載されない債務のことです。現金主義会計の仕組み上、経常的に簿外債務が発生するため、簿外債務がいくら発生しているか事前に把握しておく必要があります。

簿外債務は買い手側からの指摘で発覚するよりも、売り手側から事前に申告する形で伝えておくことが好ましいです。

3.M&Aのタイミング

車小売のM&Aはタイミングがとても重要です。誤ったタイミングでM&Aを実行すれば、希望販売価格を大きく下回ってしまうことも珍しくありません。

売却益の最大化を図るためには、業界全体のM&A動向を見計らうことが大切です。例えば、車小売業界で再編の動きが活性化している時は、買収ニーズが高まっていることを意味しているため、売却のタイミングとして好機といえます。

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却事例

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却事例

車小売業界においてM&A需要が高まっています。この章では、車小売業界のM&A・事業譲渡・売却事例を5件ピックアップして紹介します。

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却事例】

  1. VTホールディングスによる光洋自動車の子会社化
  2. 伊藤忠によるヤナセの子会社化
  3. ユー・エス・エスによるジェイ・エー・エーの子会社化
  4. ガリバーによる豪州大手車小売の取得
  5. ガリバーによる車小売2社の取得

1.VTホールディングスによる光洋自動車の子会社化

1.VTホールディングスによる光洋自動車の子会社化

http://www.vt-holdings.co.jp/

2019年8月、VTホールディングスは光洋自動車の全株式を取得し、完全子会社化することを公表しました。

光洋自動車は、北海道の3市(北見市、旭川市、札幌市)を拠点に活動する車小売企業であり、フォルクスワーゲン及びアウディの正規ディーラーとして5店舗を運営しています。

VTホールディングスは、自社グループが蓄積してきた車小売の運営ノウハウを光洋自動車に導入することで、北海道の3市におけるシェア拡大に注力するとしています。

2.伊藤忠によるヤナセの子会社化

2.伊藤忠によるヤナセの子会社化

https://www.itochu.co.jp/ja/

2017年5月、伊藤忠はヤナセの普通株式をTOBにより買付開始することを公表しました。TOBは2017年7月10日まで行われ、同日にヤナセの子会社化を完了しています。

ヤナセは、ドイツ車を始めとする輸入車の販売や自動車の修理・整備を手掛けている企業です。さらなる企業成長のためには豊富な経営資源を活用した海外展開が必要不可欠としており、伊藤忠のTOBに応じる形となりました。

今後は、両社が保有する経営ノウハウや顧客基盤を共有することで、海外事業展開に向けた連携を強めていくとしています。

3.ユー・エス・エスによるジェイ・エー・エーの子会社化

3.ユー・エス・エスによるジェイ・エー・エーの子会社化

https://www.ussnet.co.jp/

2017年1月、ユー・エス・エスはジェイ・エー・エーの株式66.04%を取得し、子会社化することを公表しました。

ジェイ・エー・エーは、中古車オークションを主催する車小売企業です。以前は東証2部に上場していましたが、事業価値の向上を理由に2010年8月から非公開化していました。

ユー・エス・エスは、今回のM&Aにより経営合理化を推進することで、中古車オークションの浸透を図り、中古車市場の活性化に貢献するとしています。

4.ガリバーによる豪州大手車小売の取得

4.ガリバーによる豪州大手車小売の取得

https://www.idom-inc.com/

2015年7月、ガリバーインターナショナル(現IDOM)は100%出資子会社のGulliver Australia Holdings Pty Ltd.を通じて、Buick Holdings Pty Ltd.(Buick Holdings)の株式67.0%を取得して子会社化することを公表しました。

Buick Holdingsは、オーストラリアでマルチブランドの新車ディーラーを展開する車小売企業です。10エリアに25の新車ディーラーを販売しており、持続的な成長を続けています。

ガリバーは中期経営計画において海外事業の強化を掲げており、これまでタイやニュージーランドに拠点を築いてきました。今回のBuick Holdingsを子会社化により、海外事業を加速度的に発展していくとしています。

5.ガリバーによる車小売2社の取得

5.ガリバーによる車小売2社の取得

https://www.idom-inc.com/

2015年1月、ガリバーインターナショナル(現IDOM)は完全子会社のモトーレングローバルを通じて、Nakamitsu Motors及びナカミツインターナショナルの全株式を取得して完全子会社することを公表しました。

Nakamitsu Motorsは千葉県を拠点に活動する車小売企業で、同県内でBMW MINIを扱う新車ディーラー9店舗とBMW認定の中古車販売を扱う3店舗を運営しています。

ガリバーは、今回の買収により取得したNakamitsu Motorsの販売力を活用することで、自社の既存事業である中古車買取・販売事業の強化を目指すとしています。

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却相場

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却相場

車小売業界のM&Aを検討する際、売却価格は関心の高いポイントですが、M&A・事業譲渡・売却相場は数億円から数十億円と非常に幅が広くなっています。

明確な価格を提示することが難しい業界であるため、売却価格の目安は企業価値評価と呼ばれる計算方法を使って算出することが一般的です。

企業価値評価の方法にはさまざまなものがありますが、中小企業の場合は時価純資産法+営業権(のれん)で算出することが多いです。時価評価した資産から負債を差し引き、無形資産である営業権を加えることで企業価値を算出する方法です。

こうして算出された企業価値は、M&A交渉における土台として利用できます。売り手と買い手の交渉を進めることで最終的な最終的な取引価格を決定します。

【関連】会社売却の利益(売却益)の相場は?税金や計算方法を解説

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却する際の相談先

自動車ディーラー業界のM&A・事業譲渡・売却する際の相談先

M&A総合研究所は、M&A・事業承継サポートを請け負っているM&A仲介会社です。中堅・中小規模のM&A仲介を得意としているため、中小規模の車小売のM&Aのご相談先もお任せください。

M&A経験豊富なアドバイザー・弁護士の2名が専属サポートに就きます。M&Aの各所で締結する契約書に必要になる法務など、M&Aに必要となる知識を網羅しているため相談から成約までの一貫したサポートが可能です。

また、車小売業界の動向に対して常にアンテナを張っていますので、業界動向を敏感に察知することができます。M&Aのタイミングを見極めやすくなるので、成功率の向上や売却益の最大化を図りやすくなります。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。M&Aが成約するまで手数料が発生しないので、初期費用に不安がある場合も安心してご利用いただけます。

無料相談は24時間体制でお受けしていますので、車小売業界のM&A・事業譲渡・売却を検討の際は、お気軽にM&A総合研究所までご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

まとめ

本記事では、車小売業界のM&A・事業譲渡・売却動向やポイントについて解説しました。車小売業界は市場環境の変化による影響を強く受けており、それぞれが独自の対応をみせています。

積極的にM&Aを活用することで事業の多角化を図る車小売も目立っており、この動きは今後も加速すると予測されるため、今後はM&Aの知識や業界のM&A動向に気を配っておくことが重要になるでしょう。

【車小売業界の現状】

  1. 中古車市場に比べ、新車市場は縮小傾向
  2. 新車ディーラーが中古車ディーラーに参入
  3. 中古車業界ではEC化による市場変化が起こっている

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却動向】

  1. 新車ディーラーによる中古車ディーラーのM&A増加
  2. 異業種からのM&A
  3. 同業種間での国内外M&Aが盛ん

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却の流れ】

  1. 専門家に相談を行う
  2. M&A先の選定・交渉を行う
  3. トップ同士の面談を行う
  4. 基本合意書の締結
  5. 買収側によるデューデリジェンスの実施
  6. 最終契約書の締結を行う
  7. クロージング

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却のポイント】

  1. 現状の収益力
  2. 保有する不動産
  3. 棚卸資産の状況
  4. 許認可や賃貸などの契約
  5. 代理店契約の承継

【車小売業界のM&A・事業譲渡・売却の注意点】

  1. 従業員の流出
  2. 簿外債務の発覚
  3. M&Aのタイミング