中小企業の会社売却ってどうする?中小企業に強いM&A仲介会社も紹介

中小企業の会社売却ってどうする?中小企業に強いM&A仲介会社も紹介

従来の中小企業は親族内承継による身内への引き継ぎがメインでしたが、近年では親族内の後継者不在などの影響で事業承継が進んでいない中小企業が増えてきています。

このような経営課題の解決策としてM&A・会社売却が注目を集めていますが、実際に中小企業の会社売却をしようとすると、何をすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

今回は、中小企業の会社売却を成功させるポイントの解説と中小企業に強いM&A仲介会社を紹介します。

中小企業の会社売却の現状

中小企業の会社売却の現状

まずは、中小企業の会社売却の現状から確認していきましょう。

【中小企業の会社売却の現状】

  1. 後継者不足による会社売却
  2. 都市部に比べ地方は会社売却が難しい
  3. 倒産・廃業を避けるための会社売却

1.後継者不足による会社売却

中小企業の会社売却の現状1つ目は、後継者不足による会社売却が増えていることです。後継者不足は中小企業の深刻な問題となっており、政務も事業承継支援に追われているほどです。

中小企業庁が平成31年2月に公開した「事業承継・創業政策について」によると、今後10年で70歳を超える中小企業・小規模事業者の経営者約245万人のうち、約127万人が後継者未定というデータが明らかになっています。

全国的な少子高齢化も重なり、中小企業の後継者不足の流れは今後も強まっていくと考えられています。

【関連】後継者募集が成功する鍵は?サイト10選からM&A仲介会社も紹介!

2.都市部に比べ地方は会社売却が難しい

中小企業の会社売却の現状2つ目は、都市部に比べ地方は会社売却が難しいことです。都市部の一極集中が進んでおり、地方に住む人が少なくなっています。

人がいなければビジネスチャンスも少なくなり、自然と企業も減っていきます。この悪循環のため、地方で会社の売却先を探すのはとても難しくなっているのが現状です。

3.倒産・廃業を避けるための会社売却

中小企業の会社売却の現状3つ目は、倒産・廃業を避けるための会社売却が増えていることです。倒産・廃業の場合、資産のほとんどが処分価格で評価されてしまい、債務を弁済しきれず赤字になってしまうことも珍しくありません。

会社売却ならば、会社の事業や設備を有効活用できる売却先を探すことができるので、まともな売却益を獲得することが可能です。

従業員の雇用先の確保にも繋がるので、可能な限り倒産・廃業は避けたいというのが経営者の本音です。

中小企業の会社売却ってどうする?

中小企業の会社売却ってどうする?

中小企業の会社売却で何から手を付けるか迷った時は、専門家に相談することをおすすめします。この章では、中小企業の会社売却の相談先を紹介します。

【中小企業の会社売却の際の相談先】

  1. M&A仲介会社に相談する
  2. 地元の金融機関に相談
  3. 地元の公的機関に相談
  4. 地元の士業に相談
  5. マッチングサイトに相談

1.M&A仲介会社に相談する

中小企業の会社売却の際の相談先1つ目は、M&A仲介会社です。M&A・会社売却に必要となる知識を持つ専門家が複数在籍しており、一貫したサポートが可能であるという特徴があります。

M&A・会社売却の仲介を専門的に請け負っているため、知識やノウハウの蓄積量が段違いに高い点もおすすめの理由です。

仲介手数料は会社によってさまざまです。着手金や中間金を必要とするところもあれば、成功報酬のみで請け負っている仲介会社もあります。相談料は無料としている会社も多いので気軽な相談が可能です。

2.地元の金融機関に相談

中小企業の会社売却の際の相談先2つ目は、地元の金融機関です。銀行は融資のイメージが強いですが、M&Aアドバイザリー業務も手掛けています。

日頃から融資という形で関わっていることも多く、経営者の方にとって身近な存在でもあります。

しかし、銀行は主に大規模M&A・会社売却を扱っているため、断られてしまう可能性もあることに注意が必要です。

【関連】M&Aのアドバイザリー業務は銀行がオススメ?

3.地元の公的機関に相談

中小企業の会社売却の際の相談先3つ目は、地元の公的機関です。国の支援を受けて設立された事業承継ネットワークや事業引継ぎ支援センターがあります。

地元の金融機関や士業事務所との提携により、中小企業の事業承継支援を行っています。公的機関であるため、情報漏洩の心配がなく気軽に相談することができます。

事業引き継ぎ支援センターには、後継者人材バンクというマッチングシステムがあります。後継者問題を抱える中小企業と起業を目指す創業家をマッチングさせる役割を果たすシステムです。

しかし、相談止まりで仲介まではしてくれません。一貫したサポートは受けられない点には注意が必要です。

4.地元の士業に相談

中小企業の会社売却の際の相談先4つ目は、地元の士業です。会社売却には企業価値評価や法的な手続きを含む契約書の作成が必要となるため、会計法務税務などの知識が欠かせません。

実際にM&A・会社売却の仲介を請け負う士業事務所も沢山あります。専門家による確かなサポートは、会社売却を円滑にすすめてくれるでしょう。

ただし、会社売却ではバランスのよい会計法務税務の知識が求められます。特定分野だけでは一貫したサポートはできないため、他所に案件を流されてしまうケースも多いです。余計に費用がかかってしまうこともありますので注意しておきましょう。

5.マッチングサイトに相談

中小企業の会社売却の際の相談先5つ目は、マッチングサイトです。マッチングサイトとは、インターネット上で売り手と買い手を引き合わせるM&Aマッチングプラットフォームです。

問合せしなくても気軽に売却案件を探せるので、会社売却の第一歩として行動に起こしやすい特徴があります。

マッチングサイトは複数社が運営していますが、いずれのマッチングサイトも売却案件には大まかなエリア・業種・希望譲渡価格などが載せられています。自社に似た境遇の会社の売却案件がないか探してみるのもよいでしょう。

中小企業に強いM&A仲介会社

中小企業に強いM&A仲介会社

前章では中小企業の会社売却の際の相談先を紹介しましたが、総合的にみてもM&A・会社売却の専門家であるM&A仲介会社に相談することをおすすめします。ここでは、中小企業に強いM&A仲介会社を紹介します。

【中小起業に強いM&A仲介会社】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社中小企業M&Aサポート
  3. 株式会社Bricks&UK
  4. アドバンストアイ株式会社
  5. 株式会社経営承継支援
  6. 株式会社M&A Biz
  7. 株式会社ビザイン
  8. 株式会社喜望大地
  9. グリーン司法書士法人・行政書士事務所
  10. ミツキタアドバイザリー株式会社

1.株式会社M&A総合研究所

中小起業に強いM&A仲介会社1社目は、株式会社M&A総合研究所です。幅広い業種の中小規模M&A実績を多数もっています。

M&A・会社売却の経験豊富なアドバイザーが分かりやすい説明で、経営者の方の不安を取り除きます。初めての会社売却で全体の流れが分からない方にもおすすめできるM&A仲介会社です。

仲介手数料は成功報酬のみの完全成功報酬制です。着手金や中間金がかからないので、初期費用という面でも安心できます。

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 経験豊富なアドバイザー
完全成功報酬制
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
お問合せ先 0120-401-970

2.株式会社中小企業M&Aサポート

中小起業に強いM&A仲介会社2社目は、株式会社中小企業M&Aサポートです。独自のノウハウの活用による高成約率を誇っています。

中小企業M&Aサポートは独自のネットワークとデータベースの併用による圧倒的な情報力が魅力です。成約確度の高い方法で、売却先を厳選したマッチングを目指します。

サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/
特徴 豊富な情報力
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:100万円
成功報酬:レーマン方式(最低報酬額150万円~)
お問合せ先 03-6860-8272

3.株式会社Bricks&UK

中小起業に強いM&A仲介会社3社目は、株式会社Bricks&UKです。中小・ベンチャーの経営改善・経営支援を中心に手掛けています。

最大の特徴はフットワークの軽さです。構成メンバーの平均年齢35歳という若さで、経営に悩みを抱えるオーナーを引っ張っています。

M&A・会社売却に限らず、幅広い分野のサポートを手掛けているので、資金運用の相談先としてもおすすめです。

サイトURL https://bricksuk.biz/
特徴 フットワークの軽さ
手数料・報酬体系 要問合せ
お問合せ先 052-228-0758

4.アドバンストアイ株式会社

中小起業に強いM&A仲介会社4社目は、アドバンストアイ株式会社です。依頼者の利益の最大化を図るアドバイザリー型の仲介会社です。

売却前の磨き上げや企業価値評価サービスなど、会社売却の売り手が気にするポイントを抑えています。徹底的なサポートで売却益の最大化を図ります。

サイトURL https://www.advi.co.jp/
特徴 アドバイザリー型
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:要問合せ
中間報酬:要問合せ
成功報酬:要問合せ
お問合せ先 03-6225-2880

5.株式会社経営承継支援

中小起業に強いM&A仲介会社5社目は、株式会社経営承継支援です。IT技術をフル活用した業務体制を築いています。

経営承継支援を構成するメンバーは多くが、金融機関や大手企業出身のプロフェッショナルです。

これまで積み重ねてきた経験・ノウハウを活用して、徹底的なM&A・会社売却サポートを実現しています。

サイトURL https://jms-support.jp/
特徴 プロフェッショナルによるサポート
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:100万円
成功報酬:レーマン方式
お問合せ先 03-6279-0596

6.株式会社M&A Biz

中小起業に強いM&A仲介会社6社目は、株式会社M&A Bizです。M&Aを目的とせず、その後の統合プロセスに注力しています。

高い専門性を持つプロフェッショナルが多数在籍しており、経営・財務支援、M&A・事業承継、海外業務支援など、幅広いサポートを手掛けています。必要に応じて提携先の士業事務所にも支援要請する体制も整っています。

サイトURL https://mabiz.jp/
特徴 経験豊富なプロ集団
手数料・報酬体系 相談料:見積もり無料
着手金:要問合せ
中間報酬:要問合せ
成功報酬:要問合せ
お問合せ先 03-3589-3510

7.株式会社ビザイン

中小起業に強いM&A仲介会社7社目は、株式会社ビザインです。日本M&Aアドバイザー協会正会員の仲介会社です。

中小・スモールのM&A・会社売却を得意としており、売り手と買い手を友好的に繋ぐ役割を果たします。

サイトURL https://www.bizign.jp/
特徴 友好的なM&A
手数料・報酬体系 相談料:要問合せ
着手金:30万円
中間報酬:要問合せ
成功報酬:最低金額150万円~(要問合せ)
お問合せ先 0120-287-387

8.株式会社喜望大地

中小起業に強いM&A仲介会社8社目は、株式会社喜望大地です。主に資金繰りコンサルティングを手掛けています。

その実績は15年間で1,100社を達成しており、圧倒的な経験とノウハウを積み重ねています。豊富な知識と過去の事例を交えたコンサルティングは、M&A・会社売却にも活用されています。

サイトURL https://gmmi.jp/
特徴 コンサルティング実績1,100社
手数料・報酬体系 相談料:初回無料
着手金:要問合せ
中間報酬:要問合せ
成功報酬:要問合せ
お問合せ先 0120-59-8686

9.グリーン司法書士法人・行政書士事務所

中小起業に強いM&A仲介会社9社目は、グリーン司法書士法人・行政書士事務所です。会社売却に必要不可欠な法務面でのサポートを受けられます。

法人登記等のサポートをメインに手掛けていますが、会社合併・分割等の相談も受け付けています。

サイトURL https://green-osaka.com/
特徴 価値ある法務サポートの実現
手数料・報酬体系 要問合せ
お問合せ先 0120-365-366

10.ミツキタアドバイザリー株式会社

中小起業に強いM&A仲介会社10社目は、ミツキタアドバイザリー株式会社です。日本M&Aアドバイザー協会と神戸商工会議所の正会員の仲介会社です。

経営危機に陥っている中小企業に承継機会を提示することで、社会的損失を防ぐことを理念に活動しています。友好的M&Aも掲げており、売り手と買い手が納得するまで交渉を続けます。

サイトURL https://www.mitsukita.com/
特徴 友好的M&Aアドバイザリー
手数料・報酬体系 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
お問合せ先 078-855-8160

【関連】М&A手数料の相場は?仲介会社ごとの比較や計算方法を解説

中小企業の会社売却額の算定方法

中小企業の会社売却額の算定方法

中小企業の会社売却において高い関心を持つのが会社の売却額です。中小企業の会社売却額の算定に利用されている方法は以下の3つです。

【中小企業の会社売却額の算定方法】

  1. 時価純資産法
  2. 類似会社比較法
  3. DCF法

1.時価純資産法

時価純資産法とは、賃借対照表の純資産価額を基準に売却額を算定する方法です。企業価値評価法のコストアプローチ手法の1つです。

ポイントは、無形資産も時価評価するところです。賃借対照表の純資産価額は、あくまで簿価上の数値であるため、簿外債務や無形資産を加味して最終的な売却額を算定します。

計算が簡便かつ企業価値の正確性が高いという点が重視され、中小企業の会社売却において最も利用されている算定方法です。

一方で、将来的な収益価値が反映されないというデメリットもあります。専門的な技術や特許などを多数保有していて伸びしろが大きい企業の場合には、時価純資産法はあまり向いていません。

2.類似会社比較法

類似会社比較法とは、売却会社と類似する上場企業を比較対象にして売却額を算定する方法です。企業価値評価法のマーケットアプローチ手法の1つです。

同業種かつ規模や顧客属性が似ている企業を比較対象にするため、客観性の高い評価法が行えます。

類似企業とする基準設定が難しい面や業種がニッチな場合、類似企業がみつからないという面で大きなデメリットがあります。

3.DCF法

DCF法とは、将来的な収益価値を加味して売却額を算定する方法です。企業価値評価法のインカムアプローチ手法の1つです。

将来的な収益価値を加味するため、合理的な算定方法だとされています。主に大企業やベンチャ企業、スタートアップのM&Aで用いられています。

一方でデメリットも存在します。現時点で予測される将来的な収益価値を実現できなかった場合は大損害を被ることになるため、より綿密な事業計画が求められます。

【関連】会社売却の価格の計算方法や高く売る方法を解説!

中小企業の会社売却を成功させるには

中小企業の会社売却を成功させるには

経営者にとって会社売却の機会は滅多に訪れません。少ないチャンスを実らせるためには、会社売却の成功ポイントを抑えておく必要があります。

中小企業の会社売却を成功させるためのポイントには以下の4つがあり、いずれも成否を分ける重大なものなので順番に確認していきましょう。

【中小企業の会社売却を成功させるポイント】

  1. 企業としての価値をあげる
  2. 自社の強みをアピールする
  3. 簿外債務などの確認をする
  4. 専門家に相談する

1.企業としての価値をあげる

中小企業の会社売却を成功させるポイント1つ目は、企業としての価値をあげておくことです。企業価値を上げれば、売却額にも必ず反映されます。企業価値を上げる方法で現実的なものは、以下の3つです。

【企業価値を上げる方法】

  1. 無形資産の強化
  2. 赤字経営の改善
  3. マイナス要素の除外

無形資産の強化

急に有形固定資産を増やすことは非現実的であるため、無形資産の強化に努めるのが現実的です。無形資産には「ブランド力」「技術力」「特許」などが挙げられます。

いずれも自社の強みとしてアピールすることができ、買い手探しにおいても大きなアドバンテージを得ることができます。

赤字経営の改善

赤字経営の会社でも売却することはできますが、赤字というだけで買収候補から外されてしまうこともあるため、可能な限り黒字に立て直しておきたいものです。財務状況がよい会社はよい条件で会社売却に臨めます。

追い詰められてしまっていて、視野が狭くなっている可能性もあります。M&A仲介会社に相談して財務面でのサポートを依頼するのも1つの方法です。

マイナス要素の除外

マイナス要素には、特許侵害や訴訟案件などが挙げられます。これらは世間的にもイメージが悪く、企業価値を大きく損ねる要因です。会社売却の前に必ず整理しておきたいポイントといえるでしょう。

2.自社の強みをアピールする

中小企業の会社売却を成功させるポイント2つ目は、自社の強みをアピールすることです。企業価値に純資産以上の価値を見出すためには、無形資産のアピールが効果的です。

高い技術を保有する人材や保有する特許権がある場合は、積極的にアピールしていきましょう。これらは単体でも大きな価値を持つものですが、事業シナジーを生み出せる業種であれば、その価値は何倍にも膨れ上がります。

従業員が保有する資格の再確認や、特許権に関する資料をまとめておくことで、会社売却に備えましょう。

3.簿外債務などの確認をする

中小企業の会社売却を成功させるポイント3つ目は、簿外債務などの確認です。簿外債務とは、賃借対照表に記載されない財務状況外の債務です。

簿外債務は買い手企業にとって大きな負担となるため、会社売却の最終工程にてデューデリジェンス(譲渡対象企業の価値・リスクの調査活動)を実施します。

簿外債務を含めた会社の全てのリスクを洗い出すため、事前報告していない場合は悪い印象を与えてしまいます。事前に簿外債務の確認をしておき、交渉段階において資料として提出しましょう。

4.専門家に相談する

中小企業の会社売却を成功させるポイント4つ目は、専門家への相談です。多くの経営者の方にとって初めての経験となる会社売却は、全体の流れを把握するのも大変です。

会社売却に本格的に取り組むと、会計・財務・法務などの専門的な知識も要するため、専門家によるサポートを受けることをおすすめします。

中小企業の会社売却のご相談はM&A総合研究所へ

中小企業の会社売却の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&Aの経験が豊富なアドバイザーが経営者の方の悩みを伺います。

会社売却に関して不安に思うこと疑問に感じたことを、丁寧に解説・アドバイスいたします。

報酬体系は完全成功報酬制を採用しています。会社売却が成約するまで一切の費用が発生しないので、安心してご相談いただけます。

無料相談は24時間お受けしています。中小企業の会社売却のことなら、M&A総合研究所にお任せください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

まとめ

中小企業では、事業の引き継ぎがうまくいかずに好業績であるにも関わらず廃業・倒産する事例も増えています。

廃業・倒産すると従業員も失業してしまうことになるので、早期から会社売却について検討しておくのも大切です。

【中小企業の会社売却の現状】

  1. 後継者不足による会社売却
  2. 都市部に比べ地方は会社売却が難しい
  3. 倒産・廃業を避けるための会社売却

【中小企業の会社売却の際の相談先】

  1. M&A仲介会社に相談する
  2. 地元の金融機関に相談
  3. 地元の公的機関に相談
  4. 地元の士業に相談
  5. マッチングサイトに相談

【中小起業に強いM&A仲介会社】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社中小企業M&Aサポート
  3. 株式会社Bricks&UK
  4. アドバンストアイ株式会社
  5. 株式会社経営承継支援
  6. 株式会社M&A Biz
  7. 株式会社ビザイン
  8. 株式会社喜望大地
  9. グリーン司法書士法人・行政書士事務所
  10. ミツキタアドバイザリー株式会社

【中小企業の会社売却額の算定方法】

  1. 時価純資産法
  2. 類似会社比較法
  3. DCF法

【中小企業の会社売却を成功させるポイント】

  1. 企業としての価値をあげる
  2. 自社の強みをアピールする
  3. 簿外債務などの確認をする
  4. 専門家に相談する

会社売却に関して疑問に思うことがあれば、M&A総合研究所にご相談ください。アドバイザー・公認会計士・弁護士の3名によるフルサポート体制で対応いたします。