M&Aのメリットを徹底解説!M&Aで会社を存続させよう

M&Aのメリットについてお調べですね。

M&Aを行うことで、後継者のいない小規模な会社であっても会社を残すことが可能です。

この記事では、M&Aを行い会社や事業を売却するメリットを解説します。

M&Aのメリットを理解して、会社の今後についてビジョンを持ちましょう。

1.M&A売り手側のメリット

まず結論から言うと、M&Aなら多くの経営課題を解決できます

なぜなら、得られるメリットに課題解決の糸口となるものが多いからです。

そこで、最初にM&Aの売り手側・買い手側のメリットについてお話していきます。

どうして経営課題の解決につながるのかを考えながら、確認してみてください。

では、売り手側から見ていきましょう。

  1. 後継者問題を解決できる
  2. 事業や会社を資金にできる
  3. 会社成長の可能性を残せる
  4. 廃業コストを削減できる
  5. 従業員の雇用を守れる

上記5つのメリットが得られることで、解決の糸口となるはずです。

※M&Aの基本的な内容、意味などについてわからないことがあれば以下の記事が参考になります。

M&Aとは?成功させるための基礎知識を世界一分かりやすく解説!

メリット1.後継者問題を解決できる

M&Aなら、外部から適任者を見つけられるため後継者問題を解決できます。

まったく後継者として選べる人材がいなくても、買い手側から選ばれるため問題ありません。

近年、少子化により後継者不足に悩む企業は多いです。

また後継者候補がいても、引継ぎを断られてしまうケースもあるでしょう。

しかしM&Aなら、買い手が後継者の代わりになってくれるので確実に事業承継を行えるようになるはずです。

メリット2.事業や会社を資金にできる

事業や会社をM&Aで売却すれば、まとまった資金を手に入れることができます。

M&Aで得られるお金は、企業の規模にもよりますが中小企業であっても数百万〜数億円です。

将来性の高いIT事業などであれば、数十億での売却も可能でしょう。

M&Aでまとまったお金を得られれば、経営を続ける場合新たな事業に投資することもできます。

またリタイアする場合、その後の生活資金としても活用可能です。

これまで経営してきた会社をお金に変え、安定した暮らしを送りましょう。

メリット3.会社成長の可能性を残せる

M&Aで会社を残せば、今後事業がさらに拡大する可能性を残せます。

会社を廃業してしまえば、経験のある従業員はいなくなり、取引先との関係もほとんど終わるでしょう。

しかしM&Aで影響力の大きい買い手と協力することで、買い手の資金や人材、ブランド力などを活用し事業の更なる発展を目指すことが可能です。

後継者不足を理由に、廃業を選択する企業は少なくありません。

これまで残してきた実績をさらなる利益や成長に繋げるためには、廃業ではなくM&Aを選択するのがおすすめです。

メリット4.廃業コストを削減できる

廃業にかかる費用を削減できるのも大きな魅力です。

例えば、所有している資材や設備などは問題なく処分できるでしょうか。

社用車であれば、年式が古いと廃車代の支払いが必要になることがあります。

特殊な設備を持っているのであれば、そもそも処分するのにすら困るでしょう。

こうした処分をしなくてもM&Aであれば買い手が引き継ぎます

そうすることで、余計なコストの心配をする必要もないわけです。

参考に、廃業コストには以下のようなものがあります。

  • 原状回復費用
  • 解散登記費用
  • 清算人登記費用
  • 清算結了登記費用
  • 官報公告費用
  • 厚生年金や雇用保険などの廃止手続き費用

多くの会社が、廃業コストとして100万円~1,000万円ほどを支払います。

高額な廃業コストを捻出するより、会社を売却して資金を得た方が今後に役立つことがおわかりいただけるはずです。

メリット5.従業員の雇用を守れる

M&Aで会社を残せば、従業員を解雇する必要がなくなります。

廃業とともに従業員を解雇すれば、従業員本人だけでなくその家族にも多大な影響が出かねません。

特に従業員の平均年齢が高く、再就職が難しい場合は会社を残すことで従業員の暮らしを守るべきでしょう。

廃業を防げば、トラブルの元となる解雇告知をする必要はありませんし、従業員の今後について悩み苦しむ必要もなくなります。

以上が、売り手がM&Aを行うメリットでした。

M&A最大のメリットは、後継者がいなくても会社を存続させられることです。

「後継者はいないけれど、廃業には抵抗がある」という方は廃業手続きに入る前に、M&Aを検討してください。

次はM&Aを行う買い手のメリットについても解説していきます。

2.M&A買い手側のメリット

M&A買い手側のメリットは、以下の通りです。

  1. 低コストで事業を拡大できる
  2. 技術力を向上できる
  3. 人材を確保できる

昨今、中小企業の間でもM&Aが増えているのは、M&Aが売り手にとっても買い手にとってもメリットの大きい行為だからです。

「本当に自分の会社にも買い手が付くのだろうか」と不安な方は買い手のメリットも確認し、M&A前向きに検討してください。

メリット1.低コストで事業を拡大できる

買い手はM&Aを行うことで、効率的に事業を拡大できます。

どの業界でも競争が激しくなる中、事業の規模を拡大し他社より優位に立とうと考える企業は少なくありません。

M&Aなら、すでにある程度実績と顧客を持った企業を丸ごと買収できるため、低コストで事業拡大が可能です。

また、別の業種に属する企業を買収し、新規事業に進出することもできます。

メリット2.技術力を向上できる

M&Aで売り手の持つノウハウや技術を獲得することで、自社の技術力を一気に向上させることが可能です。

特にIT、メーカー、建設業では会社の技術力による他社との差別化が生き残りのキーになっています。

自社の技術力を上げるため、社員に研修を受けさせたり新しく投資をするのも効果的ですが、効果が出るまでに時間がかかってしまうでしょう。

しかしM&Aで売り手企業の持つノウハウを手に入れれば、短期間で技術力が上がります

技術力を高めれば、さらなるサービス、商品の拡大が可能になるはずです。

メリット3.人材を確保できる

M&Aで買い手が獲得できるのは、技術だけでなく優秀な人材です。

少子化の今、どの業界でも人材不足が深刻化し、従業員が足りないという理由でビジネスチャンスを逃してしまう企業は多くあります。

そこで買い手はM&Aを行い、売り手企業に属する従業員を一気に手に入れます

そして多くの仕事を引き受けられるようになり利益を向上させるのです。

経験のある人材を育成したり、採用したりするには長い時間がかかります。

すぐに使える優秀な人材を得るため、積極的にM&Aを繰り返す企業は少なくありません。

以上が、買い手がM&Aを行うメリットでした。

買い手にとっても、M&Aを行うことのメリットは大きいです。

企業成長の有効な方法としてM&Aは非常に注目されているため、小規模な会社でも買い手が見つかる可能性は高いでしょう。

次はM&Aのメリットを活用し、実際に経営の悩みを解決した事例を紹介していきます。

3.M&Aのメリットを活かした成功事例

ここからは、M&Aのメリットを活用し事業を前向きに成長させた事例を紹介していきます。

ここで紹介する事例は全て「M&A総合研究所」の成約事例ですので、詳しい情報や他の事例を確認したい方は以下のリンクからお問い合わせください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

成功事例1.後継者問題を解決した事例

経営者が体調を崩したことをきっかけに、後継者問題が浮上した事例です。

飲食業を経営していたK.Nさんは経営を続ける意思を持っていたものの、体調を崩し会社の今後について考えるようになりました

後継者が不在であったため、M&Aによる事業承継を検討しました。

M&Aの専門家に相談したことで会社は存続し、K.Nさんは無事にリタイア後の余生を過ごせるようになりました。

成功事例2.従業員の雇用を守った事例

従業員と利用者の生活を守ることを目的にM&Aを行った事例です。

介護施設の運営を行っていたA.Kさんの会社は、時代に合わせた経営に方針転換できず業績の悪化に悩んでいました

従業員や数多くの利用者を抱えていたため、経営の安定化を目的にM&Aを実施。

会社は存続し、従業員の雇用もそのままの条件で守ることに成功しました。

以上の事例のように、M&Aを行うことで経営の悩みを解決することが可能です。

M&Aのメリットを活かせば従業員や取引先、サービスの利用者など会社を存続させることで多くの人の生活を守ることができます。

「もう廃業しかない」と考えている人も、M&Aのメリットに着目し今後の経営を前向きに考えていきましょう。

次は、M&Aを行う際に気をつけておくべきポイントを解説します。

4.M&Aを行う際に売り手が注意すべき点

M&Aを行う際の注意点は、以下の通りです。

  1. 従業員が離職する可能性がある
  2. 取引先から悪印象を持たれることがある
  3. 事業内容が変更になることもある
  4. シナジー効果が得られないこともある

M&Aのメリットは多いですが、注意しておかなければトラブルが起きてしまうこともあります。

それぞれの注意点をしっかり確認し、会社を上手く存続させましょう。

注意点1.従業員が離職する可能性がある

M&Aをきっかけに、自社の従業員が会社を離れてしまうこともあります。

中小企業でもM&Aによる後継者問題解決、事業承継は一般的になってきましたが、ネガティブなイメージを持つ方も少なくありません

従業員によっては、会社の今後に不安を感じ退職を選択することもあるでしょう。

また、M&A後の待遇が悪くなると分かり転職する社員もいます。

少しでも人材の流出を防ぐため、買い手と話し合い待遇の悪化を防ぐことが大切です。

注意点2.取引先から悪印象を持たれることがある

M&Aをきっかけに、取引先との関係が変化するケースは多いです。

買い手と協力することで提供できるサービスが増え、取引先からさらに高い評価をしてもらえることもあるでしょう。

しかし担当者がいきなり変更になる、取引先にとって必要なサービスが無くなるなどのネガティブな変化があれば、契約が打ち切りになることも少なくありません。

特に、取引先と個人的に信頼関係を築いてきた担当者が変われば、取引先からの反発や不信感は大きくなります

トラブルを防ぐため、担当やサービスはなるべく変えない、変更が生じる場合にはなるべく早めに伝えておくなどの対処が必要です。

注意点3.事業内容が変更になることもある

M&Aを行うことで、これまで会社が行ってきた事業が変更になることもあります。

買い手と交渉し、事業をそのままの形で残すようお願いすることは可能ですが、事業内容を全く変えず買い手企業と統合するのは難しいでしょう。

また買い手が会社を買収するのは慈善事業ではないので、将来性の見えない事業は打ち切りになることも少なくありません

従業員の混乱を防ぐため、業績が出せていない事業から人員を動かすなどして事前に統合の準備をしておきましょう。

注意点4.シナジー効果が得られないこともある

M&A後の統合が上手くいかなければ、シナジー効果を上手く得られないこともあります。

シナジー効果とは、企業統合によって得られるメリットの総称です。

M&Aを行うことで買い手のノウハウや人材を得られたり、業界内での影響力がアップしたりするなど経営面でのメリットを指します。

シナジー効果を得るためM&Aを行う企業は多いですが、企業文化の違いや従業員同士の対立により思ったより効果が出せないことも少なくありません

また買い手の選定を誤ってしまい、そもそもシナジー効果をあまり得られない企業とM&Aを成立させてしまう企業もあります。

M&Aのメリットを最大限に生かすためにも、M&Aの際はM&A仲介会社などの専門家に相談し自社に合った買い手を選びましょう。

M&Aの相談先はどこを選ぶべき?仲介会社6選もご紹介

次はM&Aのメリットを最大限に生かせる会社の特徴をご紹介していきます。

5.M&Aによるメリットを得られる会社の特徴

M&Aを行うことで得られるメリットが大きい会社の特徴は、以下の通りです。

  1. 後継者がいない
  2. 廃業を検討している
  3. 事業承継に時間を掛けられない

M&Aに多くのメリットがあると分かったものの、自社にとってM&Aが最適な選択肢なのか分からず不安という方は少なくないでしょう。

そこでここからはM&Aをすぐに検討すべき会社の特徴を解説していきます。

特徴1.後継者がいない

後継者がおらず、経営の継続が難しい会社はM&Aを選択すべきです。

親族や従業員、知人などの中に後継者が見つけられない場合、いずれ廃業を選択せざるを得なくなります。

これまで経営してきた会社が、いずれ無くなってしまうことに大きな不安を感じている方は多いでしょう。

ですので、後継者候補が現在いない方は、M&Aを検討すべきです。

M&Aの準備と後継者探しは両立できるので、後継者が見つからなかった場合に備えるという意味でもM&Aの検討を始めましょう。

特徴2.廃業を検討している

業績の悪化や経営のストレスから、廃業を考えているという方はM&Aを検討すべきです。

廃業を選択するより、M&Aで会社を残す方が明らかにメリットは大きいと言えます。

廃業する場合は、廃業コストを支払ったうえ利益は得られません。

今後の生活のことを考えるなら、売却益が得られるM&Aがおすすめです。

特徴3.事業承継に時間を掛けられない

事業承継をすべき時期がすぐそこまで迫っているという方は、後継者を一から探すよりM&Aがおすすめです。

専門家にもよりますが、M&Aなら後継者を育成する手間もなく半年〜1年ほどで手続きを終えることができます

もし後継者に会社を引き継いでもらう場合、育成に少なくとも数年の時間がかかってしまいかねません。

経営者が急に体調を崩した、後継者候補が事業により会社を引き継げなくなったなど、急を要するトラブルが合ったときはM&Aを検討しましょう。

以上が、M&Aのメリットが活かせる会社の特徴でした。M&Aを検討することで、会社を廃業の道から救うことができます。

M&Aを活用し、思い入れのある会社を守りましょう

次はM&Aを行う上で最も大切な買い手探しについて解説していきます。

6.M&Aのメリットを最大限に得るには買い手選びが重要!

M&Aのメリットを最大限に生かし、会社を納得の行く形で残すには買い手選びが重要です。

現在M&Aを行う企業は多いため、M&Aの専門家に相談すれば複数の買い手に出会えるでしょう。

しかし買い手企業のブランド力や利益ばかりに着目し、自社との相性を無視すればM&A後にシナジー効果を得ることはできません

M&Aに時間をかけたのに、思った効果が得られないとなれば経営にも悪影響です。

買い手を選ぶ際は、M&Aを行う目標を明確にして、メリットが最大化できる買い手を選びましょう。

例えば少しでもリタイア後の資金を得たい場合は高い価格を付けてくれる買い手を選ぶのがベストです。

一方、従業員の雇用を今後も守りたい場合、働く環境が良く、会社の理念に共感してくれる買い手を選ぶ必要があります。

自社にぴったりな買い手を見つけるには、数多くのM&Aサポート実績を持つ専門家への相談が必須です。

買い手に関する希望を話し、適切な買い手を紹介してもらいましょう。

7.M&Aのメリットを得たいならM&A総合研究所へ

M&Aを活用して会社を残すなら、M&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所ではM&Aのメリット、デメリットを分析しそれぞれの会社に最適な承継プランを提案いたします。

またM&Aの際、不安を抱きがちな買い手探し、手続きについてもトータルサポート

実績豊富な専門家が、短期間で最適な買い手を見つけM&Aを成功に導きます。

さらにM&A総合研究所は相談料無料、着手金、中間金無しの完全成功報酬制となっています。

M&A前にまとまったお金を用意するのが難しい場合でも、専門家が相談の際に無料で様々なアドバイスを行うのでまずはお問い合わせください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

M&A総合研究所にご相談していただきたい理由については、以下の記事で詳しく解説しています。

ご相談をお悩みの方はぜひ参考にしてください。

業界最安値って本当に大丈夫?M&A総合研究所が選ばれる4つの理由

8.まとめ

後継者のいない会社にとって、事業の存続を可能にするM&Aには大きなメリットがあります。

しかしM&Aをきっかけに従業員や取引先との関係が悪化することもあるので、自社だけで今後の進退を判断するのは危険です。

M&Aに興味をお持ちの方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

会社の現状を分析し、M&Aという選択が今の会社にとってベストなものかどうか、専門家がしっかりと判断いたします。