M&Aブティックとは?外資/国内ファーム一覧、転職情報、ランキングも紹介!

M&Aブティックとは?外資/国内ファーム一覧、転職情報、ランキングも紹介!

M&Aは専門的な知識を必要とするので、M&Aブティックのような専門家のサポートは必要不可欠ともいえます。

近年はM&Aの活性化が激しく、M&Aブティックの需要も目にみえて高くなってきています。今回は、M&Aのブティックの役割や外資・国内ファーム、転職情報を紹介します。

M&Aブティックとは

M&Aブティックとは

M&Aブティックは、M&A仲介業務を請け負うコンサルティングファームです。M&Aに関する高い専門性を保有しており、さまざまな形でM&A業界に携わっています。

M&A業界の需要が上がるにつれ、M&Aブティックとして活動するファームも増えてきています。この章では、M&Aの定義とM&Aブティックとして業務を行っているファームを紹介します。

M&Aとは

M&Aとは、企業の合併と買収の総称です。2つ以上の会社を1つの会社に統合したり、ほかの会社を買い取ったりすることを意味します。

実際に使用される手法には、株式譲渡・事業譲渡・吸収合併などがあります。いずれも得られる効果が異なるため、M&Aの目的に合う適切な手法を選択することが求められます。

M&Aブティックとは

M&Aブティックとは、M&Aの高い専門性をもってM&A仲介を行うコンサルティングファームです。M&Aブティックに分類されるM&Aの専門家には、以下のものが挙げられます。

【M&Aブティックの種類】

  • M&A仲介会社
  • 銀行・証券会社
  • 経営コンサルティング会社
  • 税理士法人・監査法人

上記はいずれも法人形態(ファーム)を取っているM&Aの専門家です。M&Aに関する知識を保有する点においてM&Aブティックとしての共通点があります。

【関連】M&Aのアドバイザリー業務は銀行がオススメ?

M&Aブティックの役割

業務内容はM&Aブティックによって異なり、全てを網羅していて一貫したサポート体制を敷いているブティックもあれば、特定のプロセスに特化しているブティックも存在します。

【M&Aブティックの主な役割】

  • M&A先の選定・交渉
  • 各種契約書の締結
  • 企業価値評価
  • デューデリジェンス

企業価値評価とは、会社または事業の価値を算出する計算方法です。交渉の土台となる基準価格を用意するために、財務分野に精通した専門家によって算出されます。

デューデリジェンスとは、M&A対象の価値・リスクを調査する活動です。主に潜在的リスクを洗い出すために実施するものであり、法務・税務・財務など、さまざまな観点から調査する必要があります。

【関連】デューデリジェンスとは?注意点と相談すべき専門家を解説!

M&Aブティックに携わる外資/国内ファーム一覧

M&Aブティックに携わる外資/国内ファーム一覧

M&Aブティックに携わるファームは数多く存在します。業務内容はさまざまであり、外資・国内によっても大きな違いがみられるほどです。この章では、M&Aブティックに携わる外資・国内ファームを紹介します。

外資系ファーム

外資系ファームは、外国法人または外国人による一定以上の出資がなされている日本法人のことです。

業務内容にみられる大きな特徴は、クロスボーダーM&Aを得意とする点、売り手もしくは買い手のどちらか一方に就くアドバイザリー型が多い点です。

【外資系ファーム一覧】

  1. ゴールドマン・サックス証券
  2. 三菱UFJモルガンスタンレー証券
  3. シティグループ証券

ゴールドマン・サックス証券

合併・企業買収・企業提携とM&Aにおける幅広い分野を手掛けており、投資銀行業務として資金調達のアドバイスとソリューションも提供しています。

M&Aにおいては、特にクロスボーダーM&Aに力を入れています。グローバルなネットワークを活用することで、M&Aのグローバルランキングにおいても度々首位を獲得するほどの実力外資系ファームです。

三菱UFJモルガンスタンレー証券

モルガンスタンレーのグローバルなネットワークと、三菱UFJの国内営業基盤を掛け合わせることで、M&A市場において大きなシナジー効果を生み出しています。

M&A業務はクロスボーダーM&Aを中心に手がけており、2018年の日本企業M&A助言ランキング(金額ベース)で首位を獲得しています。

シティグループ証券

米国のシティグループの日本法人シティグループ・ジャパン・ホールディングスの子会社です。投資銀行業務を手掛けており、資金調達支援とM&Aアドバイザリーの両面において収益を上げています。

華々しい実績はまだありませんが、日本のM&A市場において大きな存在感を示している外資系ファームの1つです。

国内ファーム

国内ファームは、日本式のコンサルティングを行っているファームです。大企業よりも中小企業がメインになっています。

M&A業務の特徴は、中堅・中小規模の案件を得意としている点、売り手・買い手間の中立的な立場から友好的M&Aを目指す「仲介型」が多い点です。

【国内ファーム一覧】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. デロイトトーマツグループ
  3. 三井住友フィナンシャルグループ

株式会社M&A総合研究所

M&A総合研究所は、主に中堅・中小規模の案件を請け負っているM&A仲介会社です。アドバイザー・会計士・弁護士の充実したサポート体制のもと、平均3ヶ月のスピード成約や希望価格以上での売却を実現しています。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。顧客のメイン層が中小企業ということもあり、仲介手数料の負担を最小限に抑えています。

M&A仲介業務以外に、M&Aマッチングプラットフォームも運営しています。インターネット上でM&A案件を探すことができるウェブサービスで、ハードルが高くなりがちなM&Aの導入部分を大幅に引き下げる役割を果たしています。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

デロイトトーマツグループ

デロイトトーマツグループは、日本最大級のコンサルティングファームです。グループ法人は全18社に及び、それぞれがM&Aのコンサルティングや税務・法務などの各分野を担当しています。

国内30都市以上において1万人以上の専門家との繋がりを擁しており、大企業から中小企業まで幅広い顧客を獲得しています。

三井住友フィナンシャルグループ

三井住友フィナンシャルグループは、国内有数の金融持株会社です。ホールセール事業としてM&Aを手掛けており、2018年度にはM&A仲介業務で取り扱い件数1位を獲得しています。

M&A戦略においては、クロスボーダーM&Aと中堅・中小M&Aの両面に力を入れています。規模に合わせたサービスを提供することで、数多くの顧客を獲得し続けています。

M&Aブティックへの転職情報

M&Aブティックへの転職情報

国内外でM&A需要が高まるなか、M&A業界への転職を検討される方も多いことでしょう。特にM&Aブティックは業界内でも大きな存在を示しており、多数のM&A案件が集中する傾向にあります。

この章では、M&A業界への転職を検討している方に向けて、M&Aブティックへ転職する際に役立つ転職情報を紹介します。

M&Aブティックに転職する際のポイント

M&Aブティックへの転職では、採用されるために押さえておくべきポイントがいくつかあります。まずは転職する際のポイントを解説します。

【M&Aブティックに転職する際のポイント】

  1. 理由・目的を持つこと
  2. 中途採用にはメリットがある
  3. 経営視点を身に着けることができる

1.理由・目的を持つこと

採用面接の際は、必ず志望動機を聞かれます。高年収を実現したい、M&A業界で働きたい、というのも十分動機になりますが、それだけでは特定のM&Aブティックを選んだ理由にはなりません。

応募先の社風や業務内容を徹底的に把握しておき、自分がどういうポジションに就きたいのか論理的に説明することがポイントです。

2.中途採用にはメリットがある

就職では基本的に新卒が優遇される傾向にありますが、M&Aブティックへの転職は中途採用が有利とされています。その理由は、外資系ファームは新卒を育てるノウハウを保有していないことが多いためです。

外資系ファームはM&A業界の最先端で大規模な案件が集中しますが、新卒にとっては成長しづらい過酷な環境でもあります。

M&A業界へ転職を希望しているのであれば、まずは研修が充実している国内ファームで経験を積んでから、外資系ファームへの転職を検討されることをおすすめします。

3.経営視点を身に着けることができる

M&Aブティックの仲介業務は、常に経営者の視点に立って取り組むことになります。このポイントを満たすことができなければM&Aを成約させることは困難となり、まともに案件を貰えなくなる可能性が高いです。

経営視点を身に着けるのは大変な労力になりますが、M&Aブティックの転職において前提条件ともいえるでしょう。

【関連】M&Aのやり方をわかりやすく解説!具体的な手法/手順/相談先

M&Aブティックに転職する際の注意点

M&Aブティックは業務内容の特徴からいくつかの注意点があります。後悔しないためにも、注意点を確認しておきましょう。

【M&Aブティックに転職する際の注意点】

  1. ハードワークであることを理解する
  2. 幅広い知識を覚えていく必要がある

1.ハードワークであることを理解する

基本的にM&Aブティックの仲介業務は激務です。年収が高い分、1人あたりの業務量は多くなっており、ハードワークに慣れていない人や覚悟できていない人は挫折してしまうこともあります。

一方で、とにかく仕事がしたいという人にとっては働きがいがあって、高年収を実現できる最適な職場環境ともいえるでしょう。

2.幅広い知識を覚えていく必要がある

M&A仲介業務では、M&Aに関する知識以外に社会人としての経験・常識も求められます。新卒入社を目指すのではなく、何かしらの業種で社会経験を積んでから中途採用を目指すほうが、結果的に成功する確率は高くなります。

もちろん熱意が認められれば、新卒でも採用の可能性は十分にあります。M&Aの知識を覚えたうえで採用面接に臨めば採用率も上がるでしょう。

【関連】M&Aで公認会計士が果たす役割、仕事内容とは?

M&Aブティックのランキング

M&Aブティックのランキング

M&Aブティックは国内外に数多く存在しますが、それぞれの位置づけはどうなっているのでしょうか。この章では、M&Aブティックのランキングを紹介します。

世界の投資銀行ランキング

投資銀行ランキングを紹介します。アメリカの転職支援サービスVaultが「ブランド力・企業文化・職場環境・平均年収」などを基準にしてランキング付けしたものです。

【世界の投資銀行ランキングTOP5】

1位 ゴールドマン・サックス
2位 モルガン・スタンレー
3位 センタービュー・パートナーズ
4位 エバーコア
5位 JPモルガン

ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーは、金融系として古くから実績を積み重ねているファームです。世界の投資銀行としても名が知られており、今回のランキングも自然な評価と考えられます。

3位のセンタービュー・パートナーズは2006年創業のブティック系投資銀行です。創業当時は50人前後の少数精鋭体制ながら、ニューヨーク・ロサンゼルスにオフィスをもち、ロンドン・サンフランシスコにも拡大するなど、M&Aアドバイザリー業務を中心に著しい成長をみせています。

4位のエバーコアは1995年創業のブティック系投資銀行です。M&Aアドバイザリー業務以外に資産管理サービスも手掛けています。そのサービスは定評を受けているものの、実際の取引経験から前評判ほどではないという酷評を受け4位に留まったようです。

5位のJPモルガンは1799年創業の世界有数の金融大手です。投資銀行・証券・金融など幅広い事業を世界規模で手掛けており、就活生からも人気が高い企業です。グローバル展開の法人向けはJPモルガン、米国内の中小企業・個人向けはJPモルガン・チェースという使い分けをしています。

国内ファームはグローバルで活躍できない?

世界の投資銀行ランキングTOP5では、世界有数の最大手企業が名を連ねています。国内ファームでは、39位に野村ホールディングスがランクインしています。

野村ホールディングスといえば、アジア最大で知られている投資銀行・証券持株会社です。日本企業のグローバル化の先駆け的な存在でもあり、世界規模の強力なネットワークを保有しています。

近年は、日本企業による中国やインドなどのM&A進出も激しくなっており、アジア圏で幅を利かせている野村ホールディングスは強力な国内ファームであるといえるでしょう。世界ランキングでは39位と一つ及ばない結果になりましたが、実力自体は世界に通用するレベルです。

また、野村ホールディングス以外にもグローバルに活躍する国内ファームは沢山あります。M&Aブティックの就職先は外資系でないと実績が付かないということはないので、国内ファームへの転職も十分に検討の余地はあるでしょう。

まとめ

まとめ

M&Aブティックの外資・国内ファーム一覧や転職情報を紹介しました。外資系ファームは母体も大きく事業規模も大きい傾向にあります。外資系ファームの就業経験は自身の付加価値にも繋がるもので、転職先としての人気も非常に高くなっています。

国内ファームはまだまだその数も少なく、世界と比較すると一歩見劣りするのが現状です。ただ、グローバル化を推し進める国内ファームも着実に増えており、外資系に拘る必要性は薄くなってきているように感じられます。

【M&Aブティックの種類】

  • M&A仲介会社
  • 銀行・証券会社
  • 経営コンサルティング会社
  • 税理士法人・監査法人

【M&Aブティックに転職する際のポイント】

  1. 理由・目的を持つこと
  2. 中途採用にはメリットがある
  3. 経営視点を身に着けることができる

【M&Aブティックに転職する際の注意点】

  1. ハードワークであることを理解する
  2. 幅広い知識を覚えていく必要がある

M&A総合研究所は、2018年創業のスタートアップのM&A仲介会社です。中堅・中小規模の案件を着実にこなしながら国内ファームとして急成長しています。

さらなる成長を遂げるためにM&A業界の経験者を積極的に採用しています。転職を検討されている方は下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

採用サイト|M&A・事業承継ならM&A総合研究所